ホーム > タグ > 韓国併合

・2/21 70年ぶりの里帰り 強制労働犠牲者遺骨奉還報告会のご案内

・2/21  70年ぶりの里帰り    強制労働犠牲者遺骨奉還報告会のご案内

強制連行・強制労働犠牲者を考える北海道フォーラム事務局より、遺骨奉還報告会のご案内です。

昨年9月、私どもは、多くの皆様のご協力のおかげで猿払村、朱鞠内、美唄、西本願寺札幌別院等この北の大地に残されていました強制連行・強制労働犠牲者の遺骨115体を韓国のソウル市共同墓地(京畿道坡州市竜尾4里 山65-1)に、パク・ウォンス (ソウル市長)の全面協力のもとで納骨する事が出来ました。この度、韓国側で、この奉還事業に携わって頂いたNPO「平和の踏み石」のメンバーの方々を、迎えて下記の内容にて、報告会を開催致します。お忙しい事と思いますが、慰安婦の問題と共に、加害の歴史に、向きあって頂きたく思い、ご参集願いますよう、ご案内申し上げます。

・日時 2016年2月21日(日)13:00~15:00 (15:30 ~ 懇親・交流会)

・会場 西本願寺札幌別院・本堂(札幌市中央区北3条西19丁目)地下鉄「西18丁目」より徒歩3分

●パネル報告「遺骨奉還と東アジアの未来」

▼  殿平善彦さん(とのひらよしひこ 共同代表・空知民衆史講座)

▼  鄭炳浩さん(チョンビョンホ 韓国側共同代表・漢陽大教授)

▼  尹健次さん(ユンコンチャ 神奈川大学名誉教授)

●プログラム

▼  映像スライド上映・報告

▼  納骨壇デザイン キム・ウンソン、キム・ソギョンさん(ソウル日本大使館前の「平和の少女像」=慰安婦像の製作者)

▼  追悼歌 ペ・チャンウさん(JAZZシンガー)

▼  遺骨奉還を記念するブロンズ銘板披露式

▼ 写真家  ソン・スンヒョンさん写真パネル展 ほか

・ 報告会:参加費 (無料)

・懇親交流会:報告会終了後 15:30~ 1階ホールにて

・参加費 2,000円

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

・8/17 市民自治を創る会主催「おしゃべりサロン~日本の過去清算を考えようシリーズ№26そもそも「慰安婦」問題とは③」

・8/17 市民自治を創る会主催

「おしゃべりサロン~日本の過去清算を考えようシリーズ№26そもそも「慰安婦」問題とは③」

「慰安婦」問題ってなんなのか、今一つ本当のところが分からないと思っている人への入門編として、「慰安婦」問題とは何かを知ってもらう場をつくりました。その3回目(最終回)で、総集編です。発刊されたばかりの『日本軍「慰安婦」関係資料21選』(800円)をテキストにして説明します。

知りたいと思っている方、初めての方もどうぞご自由にいらしてください。(テキストは、当日会場でも販売します)

テーマは、公文書で考える慰安婦問題です。

事前申込み不要です、どうぞご参加ください。

但し、ヘイトスピーチは厳禁です

★日時:2015年8月17日(月) 18:30~20:30

★場所:札幌エルプラザ4階 研修室1 (札幌市男女共同参画センター  札幌駅北口前)

★参加費 500円 ※テキスト『日本軍「慰安婦」関係資料21選』(800円)を使用します。

★報告: 小林久公 さん (過去と現在を考える会 代表)

主催 市民自治を創る会 (連絡先 090-2070-4423)

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

・発表!「敗戦70年市民談話~北の大地から」(実行委員会)

・7月23日 市民による「敗戦70年談話」を発表

札幌エルプラザホールで250人以上の市民が参加し、西山太吉さん(元毎日新聞記者・村山談話を継承し発展させる会共同代表)を迎えて力強い講演を聞いた後、以下の市民談話を会場で発表し、会場いっぱいの皆さんから拍手をいただき、今後各地でぜひ拡げていきたいと思います。(拡散希望)

http://70dan.web.fc2.com/

「敗戦70年市民談話~北の大地から」

アジア・太平洋戦争の敗戦から今年で70年になりました。

アジア諸国で2000万人が犠牲になったといわれている、あの戦争は本当に終わったのでしょうか。台湾、朝鮮を植民地支配したことを踏み台として中国をはじめアジア各国を侵略し、連合軍との戦争にまで進展した太平洋戦争。各地で、奪い尽くし、焼き尽くし、殺し尽くし、いわゆる三光作戦を展開した日本。広島、長崎の“原爆”を経て1945年8月15日ポツダム宣言を受け入れ戦争は終結しました。

ここ北海道だけでも戦争の影をいくつも見出すことができます。朝鮮や中国から強制的に連行され、炭鉱や工場、軍事施設で働かされた十数万人の人々。函館、釧路、室蘭などへの北海道大空襲。先住民族アイヌの人々を含む多くの道民が戦死した沖縄戦。戦争は戦争を産み、途方もない殺戮と破壊しかもたらしませんでした。無念の想いを残したまま北の大地に眠っている人々、胸の奥深く悲しみをしまい込んで生きてきた遺族たち、犠牲になられた内外のすべての方々に想いを馳せる時、私たちは言葉を失います。

日本国憲法は「政府の行為によってふたたび戦争の惨禍が起こることのないやうに」「国権の発動たる戦争と武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては永久にこれを放棄する」とうたっています。これは国民自身の戦争への反省と平和への希求の決意であると共に、アジア各国、世界各国への国際公約でもありました。その後、朝鮮戦争特需による経済復活や、朝鮮半島の分断への加担、沖縄からベトナム戦争への米軍の出撃、過去の清算問題が未解決であることなど、日本が平和国家として一点の誤りもなかったとは言えません。むしろ数々の過ちも犯してきた70年の歩みでした。その意味でも戦争は未だ終わっていないのです。それでも70年間、憲法を変えることなく、戦争を仕掛けることもなかった。これは歴史から学び、憲法9条を実現しようとする人々の願いが底流としてあったからです。

1995年に出された「戦後50周年村山内閣総理大臣談話」は「国策を誤り」「とりわけアジア諸国の人々に多大の損害と苦痛を与えた」「植民地支配と侵略」を謝罪し、「平和の理念と民主主義を押し広め」「国際協調を促進」することを盛り込んだ不戦の誓いでありました。

にもかかわらず、今、侵略や植民地支配を認めない歴史修正主義が大手をふるっています。強制連行、軍隊「慰安婦」、南京虐殺、731石井部隊による人体実験・・・戦争中の数々の殺戮や人権蹂躙を「アジア解放の聖戦」だったとする政治勢力が、多くの人々が反対し憲法違反が指摘されているにも関わらず、集団的自衛権行使を目的とした戦争法案の成立にまい進しています。戦争の最大の犠牲者は、子ども・女性・障がいのある人々です。弱き者、小さき者、いのちを大切にしない政治は、近隣の諸国を敵視し、ヘイトスピーチを容認する今の政権に連なっています。

この夏安倍首相は、侵略、植民地支配や謝罪の文言を入れず、閣議決定しない「個人の70年談話」を発表しようとしています。この姿勢は戦争法案の強行採決に象徴されるように日本国憲法の平和主義を180度転換し、日本を再び戦争する国へ向かわせることに他ならず、決して認めるわけにはいきません。

このような状況を目の当たりにし、黙して語らないことは、再び、戦争への道に加担することであると考えます。

戦争体験者の高齢化、記憶の風化は防ぐべくもありませんが、私たちは、アジア諸国に多大な損害と苦痛を与えた日本人の末裔であることを心に刻みます。最も悲惨な経験をした戦争の被害者は、一方では、戦争を進める国策を支持した加害者でもあったのです。過去に、今に、生きる誰もが歴史に対する責任から免れることはできません。

私たちは、二度と被害者になることも加害者になることも拒否します。そのためにも「村山談話」を継承発展させ、さらにアジアの中の日本として和解と共生の社会を構築し、次世代へバトンを手渡すことを決意しました。

私たちは、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと務めている国際社会において名誉ある地位を占めたいと思います。

私たちは、この崇高な理想と目的を達成し、平和のうちに生存する権利を行使することを、敗戦から70年目の今、この北の大地において高らかに宣言します。

2015年7月23日

「敗戦70年 市民談話を創る」実行委員会一同

各国語にも翻訳しています。

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

・7/8  ネット時代のマッカーシズム キャンパス・ウォッチ  報告「狙われる学園」ー守ろう学問の自由

・7/8  ネット時代のマッカーシズム キャンパス・ウォッチ

報告「狙われる学園」―守ろう学問の自由―

広島大で、慰安婦の映画を教材に取り上げたら、学生が産経新聞に連絡し、問題だと報道された。ネットなどで広島大への攻撃が始まった。

北海道では、高校で弁護士を招いて憲法の授業をしたら、道議会で問題だと取り上げられた。

北星学園大学では、元朝日新聞記者の非常勤講師、植村隆さんに対するネットなどの攻撃が続いている。

キャンパスウォッチ(学園監視)は米国で生まれた大学やメディアに対する監視運動だ。自分たちの意に沿わない教員や記者をネットで監視し、攻撃する。同様の動きが日本でも始まった。自由でのびのびとした教室が危機だ。

・2015,7,8(水)午後6時30分

・札幌市民ホール2階第1会議室

・資料代500円

・講師:崔真碩・広島大准教授/川原茂雄・札幌琴似工業高校教諭/植村隆・北星学園大非常勤講師

・コーディネーター:姉崎洋一・北大大学院名誉教授

・主催:実行委員会

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

・7/16 負けるな北星!の会主催「抵抗の拠点から―メディアの萎縮を考える」青木理さん講演会

・7/16 負けるな北星!の会主催「抵抗の拠点から―メディアの萎縮を考える」青木理さん講演会

・2015,7,16(木)18:30~20:30(受付30分前)

・かでる2.7 520研修室 (札幌市中央区北2条西7丁目)

・参加費:500円(予約不要)

【第1部】青木理さん(ジャーナリスト)講演「メディアとジャーナリズムの今」

【第2部】青木理さんにインタビュー「メディアとジャーナリズムの危機」聞き手:池田賢太さん(弁護士)

・主催:負けるな北星!の会(マケルナ会)

問合せ:makerunakai@yahoo.co.jp

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

・7/23 Stop!戦争法案&安倍政権ー市民による「敗戦70年談話」を創ろう!ー西山太吉さん(元毎日新聞政治部記者)講演の集い

・7/23 「Stop!戦争法案&安倍政権」―市民による「敗戦70年談話」を創ろう!―西山太吉さん(元毎日新聞政治部記者)講演の集い

・とき:2015,7,23(木)18時開場 18:30~

・ところ:札幌エルプラザ3階 ホール(札幌駅北口直結)

・講演:Stop!戦争法案&安倍政権~私たちの過去と未来~

―市民による「敗戦70年談話」を創る―

・講師:西山太吉さん(元毎日新聞政治部記者・村山首相談話を継承し発展させる会共同代表)

・参加費:600円

・集会賛同人を募集します…賛同金1000円でチケット1枚進呈します。(当日でも賛同人に参加できます)

・賛同はこちらへ→ 70nendanwasanka@freeml.com

・メーリングリストに参加を希望するかどうか、チラシに賛同人名の掲載(可・不可)も記載してください。

・賛同人は、市民で創る「敗戦70年談話」に意見を述べ提案することができます。(7月12日締め切り)

・主催:市民による「敗戦70年談話」を創る集い実行委員会(事務局℡090-7649-5828・FAX011-866-6233)

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

・7/7 盧溝橋事件から78年第30回7・7平和集会~戦後70年いま植民地支配・侵略戦争と向き合う~崔真碩さん講演会

・7/7 盧溝橋事件から78年第30回7・7平和集会~戦後70年いま植民地支配・侵略戦争と向き合う~崔真碩さん講演会

・2015,7,7(火)18:30~20:50(開場18:00)

・わくわくホリデーホール(札幌市民ホール)(札幌市中央区北1条西1丁目)

・資料代:500円(学生300円)

・講演 演題「日本の滅亡について」

・講師:崔真碩(ちぇ じんそく)氏

(1073年韓国ソウル生まれ、東京育ち。広島大学教員。文学者。近著に「朝鮮人はあなたに呼びかけている:ヘイトスピーチを越えて」(彩流社2014)

「私は近年、武田泰淳「滅亡について」(1948)を読み返しています。・・・・皆さまとともに、日本の過去と現在の歴史、そして未来について考え、対話したいと思います。」

「従軍慰安婦」のドキュメント映画を資料とした講義を告発する学生の新聞投書からはじまった、国会での「質問」・ウェブでのバッシング。「戦後70年」の貌と向き合う中で。

*講師との対話の時間をもちます

(開催チラシより抜粋)

***************

緊急報告:次世代が学ぶ教科書はいま

報告:教科書ネット21北海道 平井敦子

***************

・主催:7・7平和集会実行委員会(事務局:011-778-6346)

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

・5/16 私の見た「慰安婦」問題と日本のメディア―バッシングを受ける中で―

・5/16  【総会祈念講演会】私の見た「慰安婦」問題と日本のメディア―バッシングを受ける中で―

元朝日新聞記者の植村隆さん・・・バッシングを受ける中で「慰安婦」問題をそのように見てきたか、また元記者という立場からメディアのかかわりについても話していただき、「慰安婦」問題がなぜ攻撃されるのか、メディアの役割、バッシングの正体について一緒に考える場にしたいと思っています。(開催チラシより抜粋)

■2015,5,16(土)16:00~18:00(開場15:30)

総会記念講演

「私の見た『慰安婦』問題と日本のメディア―バッシングを受ける中で―」

講師:植村 隆さん(元朝日新聞記者)

■札幌市教育文化会館 4階講堂(札幌市中央区北1条西13丁目 地下鉄東西線西11丁目駅徒歩5分)

■参加費:前売り800円 当日1000円

・チケット取り扱い:道新プレイガイド、大丸セントラルプレイガイド、教文プレイガイドなど

■主催・問合せ:日本軍「慰安婦」問題の解決をめざす北海道の会

(チケット予約tel/fax011-711-1910 12時~18時)

※集会の主旨に反する人びとの入場はご遠慮願います。

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

・2/14 「植村応援隊」発足記念&植村さん名誉棄損裁判提訴報告集会

・2/14 「植村応援隊」発足記念&植村さん名誉棄損裁判提訴報告集会

・2015年2月14日(土)13:00~15:00(開場12:30)

・会場:札幌市教育文化会館「講堂」(4階)(札幌市中央区北1条西13丁目 地下鉄西11丁目1番出口徒歩5分)

・参加無料(応援される方は、どなたでも参加できます。直接会場へ)

【集会内容】

1.植村応援隊への参加呼びかけ

2.これまでの経緯について

3.札幌訴訟の内容について

4.東京訴訟の現状について

5.激励リレートーク

・主催:植村応援隊

・問合せ:makerunauemura3@gmail.com

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

・2/9 市民自治を創る会主催おしゃべりサロン「『慰安婦』問題・政府が隠した強制連行を証明する文書」

・2/9  市民自治を創る会主催おしゃべりサロン~日本の過去清算を考えようシリーズ№23

テーマ「『慰安婦』問題・政府が隠した強制連行を証明する文書」

「河野談話」の前に、法務省が「いわゆる従軍慰安婦問題に関連する戦争犯罪についての調査報告書」を内閣官房に提出していましたが、政府はその概要を発表したのみで報告書を公表してきませんでした。・・・今回やっと情報公開請求によって出してきました。そこには「慰安婦」被害女性を日本軍が強制連行した事実が書かれていました。・・・・政府はそれを隠したまま文書は無いといい続けてきました・・・。

・2015,2,9(月)18:30~20:30

・札幌エルプラザ4階 研修室2 (JR札幌駅北口地下~直結)

・参加費:500円(申し込み不要)

・報告:小林久公(過去と現在を考えるネットワーク北海道代表)

・主催:市民自治を創る会(090-2070-4423)

※ヘイトスピーチは厳禁します。

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

Home > タグ > 韓国併合

キーワードで抽出する(タグ)
フィード
メタ情報

Return to page top