ホーム > タグ > 遺伝子情報

・1/8 「週刊金曜日」1070号 「独裁」と「民主主義」

・1/8 「週刊金曜日」1070号 「独裁」と「民主主義」

特集「独裁」と「民主主義」

http://www.kinyobi.co.jp/

安倍政権に対して、しばしば冠せられる「独裁」の二文字。だが、「独裁」を懸念するのであれば、この国の「戦後民主主義」を、改めて問い直すべきではないかとの指摘も。年始号にあたって、何が「独裁」への道を開くのかを問い、これに抗う回路を探る。

  • 政治思想史における「独裁」とは何か 国家体制=憲法を維持する仕組みはどうあるべきか
    仲正昌樹 「独裁」と「民主主義」は必ずしも対立する制度ではない−−政治思想史上の「独裁」概念を正確に理解することで、初めて「憲法」の問題も根本から考えられるのではないか。
  • 戦争のトラウマが日本人を現実と向き合わせる 戦後70年 日本の精神分析  樫村愛子
  • 金融独裁を止める市民的不服従・非暴力の牙 「破局の後」を再考する
    中山智香子  2008年の金融危機、11年の地震・津波・原発事故の複合災害からわずか数年というのに、またしてもこの国で大手を振っているのは、株高だけにすがる政府の強引な運営と、これを是とする支持層だ。それではわたしたちはいま、どうしたらいいのか−−筆者はひとつの応答可能性を示す。
  • たえるな、やめろ、したがうな  さようなら、経済 かち割れ、民主主義
    栗原康  「安倍法制」をはじめ、「数の論理」を背景に強行採決される悪法の数々。「民主主義」はどこへ行ったのか。どうすれば、この息苦しさを突破できるのか。気鋭の若手政治学者が“暴力的”に答える。
  • 「真の民主主義」を創り出す社会運動を  古典的な「軍人独裁」と現代的な「金融市場独裁」の狭間で
    太田昌国 「真の民主主義」を求める民衆の声が、スペインから世界中に広がったのは偶然ではない。「独裁」の記憶が、世代を超えてどう継承されるのか。スペインもチリも遠い国の出来事ではないはずだ。
  • 危ない!2016年度防衛予算案  「防衛装備移転三原則」のホントの目玉   まさのあつこ
  • ISの石油密売を放置してきた米軍   田岡俊次
  • サイバー攻撃への懸念も!スマートメーターが原因で日本でも健康被害が発生   加藤やすこ
  • 米国と同盟諸国の「反テロ」というウソ  ISを誰が生み、支援しているのか   ティム・アンダーソン
  • 原発PR標語を起草した大沼勇治さんが抗議看板「原子力明るい未来のエネルギー」撤去   武馬怜子
  • 2016年、ゲノム研究はさらにエスカレート 遺伝子情報ビジネスに歯止めをかけろ(マイナンバーとつながる医療情報) 天笠啓祐

どうぞご一読ください!(580円)

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

Home > タグ > 遺伝子情報

キーワードで抽出する(タグ)
フィード
メタ情報

Return to page top