ホーム > タグ > 過去と現在を考えるネットワーク

9/12 戦後補償問題の新たな展開を学ぶ市民集会

9/12  戦後補償問題の新たな展開を学ぶ市民集会

最近の韓国大法院・高等法院判決、国際司法裁判所判決などにより、強制連行・強制徴用・「慰安婦」などの、戦後補償問題に関する日本を取り巻く国際的環境は劇的な変化を遂げつつあります。

国内でも、西松建設が強制連行被害者と訴訟外の和解解決を

しています。

今後、わたしたちが進むべき道は何か・・・・を考えます。

・2013,9,12(木)18:00~

・北海道高等学校教職員センター4階会議室(札幌市中央区南大通西12丁目)

・報告:中国人強制連行問題に関する愛知の取り組みと岩田地崎建設交渉について

・講演:川上詩朗弁護士(中国人戦争被害者訴訟弁護団)

共催:中国人強制連行事件の解決をめざす北海道の会、

中国人強制連行・強制労働事件北海道弁護団、

愛知・大府飛行場中国人強制連行被害者を支援する会

連絡先:札幌おおぞら法律事務所(011-261-5715)

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

Home > タグ > 過去と現在を考えるネットワーク

キーワードで抽出する(タグ)
フィード
メタ情報

Return to page top