ホーム > タグ > 週刊金曜日

・10/27 週刊金曜日(1158号)特集「2017衆議院総選挙」

2017衆議院選挙

  • http://www.kinyobi.co.jp/
  • 大勝なのに高揚感欠く改憲翼賛会政治
    本誌取材班10月22日投開票の衆議院選挙は、自民、公明両党で改憲の発議に必要な「3分の2」を確保した。改憲に前向きな希望の党・日本維新の会とあわせると、強大な改憲勢力が出現したことになるが、安倍晋三自民党総裁に高揚感は感じられない。むしろ、改憲阻止を掲げる立憲民主、共産、社民に勢いが増している。
  • 野党・市民共闘、注目の8選挙区ルポ
    「アベ政治打倒」の共闘が拡がる問われたのはアベ政治の継続か否かだった。自民大勝に終わった2017年衆議院議員選挙だが、「安倍政権打倒」を掲げたリベラル・革新勢は野党・市民共闘によって各地で熱戦を展開。注目の8選挙区をリポートした。

    【埼玉】リベラル支持の受け皿に 枝野「立憲」が大勝利(坂本洋子)
    【新潟】野党共闘の成功モデル 4勝2敗で競り勝つ(横田一)
    【愛知】薄氷の当選支えた市民の力 「中道リベラルの接着剤に(井澤宏明)
    【大阪】「リベラルの砦」の存在感 立憲民主に確かな手応え(粟野仁雄)
    【北海道】立憲民主旋風で「全勝」 見えた野党共闘の課題(長谷川綾)
    【沖縄】「辺野古反対」の民意示す オール沖縄が3戦1敗(渡瀬夏彦)
    【山口】加計学園疑獄の解明訴え 落選しても追及の手緩めず(浅野健一)
    【千葉】「市民連合」選挙を掲げ 善戦も比例復活ならず(平井康嗣)

  • この衆議院選挙は、何だったの?!第48回衆議院選挙(10月22日投開票)。有権者はそれでも“この人”たちに投票した。「何だったんだ、この選挙」。8人の方に緊急寄稿してもらった。

    異常な出来事で始まった選挙戦(白井聡)
    立憲民主党躍進に見た一条の光(望月衣塑子)
    選挙制度が生んだ政党の離合集散(大山礼子)
    立民躍進で「ファシズムvs.デモクラシー」鮮明に(想田和弘)
    「排除」と「包摂」それ以前の大問題(畠山理仁)
    争点から抜け落ちた福島原発事故への対応(白石草)
    自分にとって譲れないものをあらためて確認(朴慶南)
    民主主義蘇生のための歴史的な闘いが始まる(金子勝)

  • 追及!国際医療福祉大学の誘致疑惑 6
    転貸された市有地で収益事業をやっていいのか 片岡伸行
  • 「釣り船責任説」の海自輸送艦衝突事故に新事実
    「おおすみ」が危険認識しながら全速航行し衝突か 三宅勝久
  • 幻の銘酒復活プロジェクト
    「花の香楽会」──人と季節と体験の物語 世古一穂/土田 修
  • 吉見俊哉・東京大学大学院教授と考える
    宗教改革500年と21世紀 平井康嗣
  • フィリピンの貧困
    16歳の母ローサン 写真・文 吉田尚弘
  • 写真ルポ 7年目迎えた「経産省前テントひろば」
    強制撤去後もつづく人々の交流 豊田直巳
  • 愛知県日進市・崩壊する教育現場
    小学生のピアス問題が在日コリアン差別落書きに 成田俊一
  • 個人情報は守られるのか
    札幌市が計画するICT実証実験 加藤やすこ
  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

・4/8&4/15「週刊金曜日」読者会(札幌・札幌西・室蘭・旭川)のお知らせ

・4/8&4/15 「週刊金曜日」読者会のおしらせ(札幌西読者会/札幌読者会/旭川読者会/室蘭読者会)

「週刊金曜日」読者会:札幌市内に2つ、そして旭川、室蘭…にあります。

毎回、金曜日記事に限らずそれぞれいろいろな問題をざっくばらんに話し合っています。

定期購読者も、ときどき購読者もぜひ一度立ち寄ってご参加ください。いろいろな情報も受け取れます。

【札幌西読者会】(開催日は「週刊金曜日」読者会コーナーに掲載します)

・4月8日(土)14:00~16:30

・札幌市・西区民センター(西区琴似2条7丁目 西区役所となり 地下鉄東西線琴似駅下車徒歩5分)

・参加費:200円

・世話人連絡先:011-691-0143

【札幌読者会】(毎月《原則として第三土曜日》18:30~札幌エルプラザ内で開催しています)

・4月15日(土)18:30~21:00

・札幌エルプラザ4階(研修室2)(札幌市北区北8西3 札幌駅北口正面・地下直結)

・参加費:300円(ミニコミ代つき)

・連絡先eメール:ameironeko@nifty.com

【旭川読者会】開催問合せeメール:yoskose@gmail.com

【室蘭読者会】

・4月8日(土)18:30~

・室蘭市中小企業センター

・問合せ連絡先:0143-22-4714

『週刊金曜日』公式ホームページ:http://www.kinyobi.co.jp/

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

・8/15 「不戦の日! 8.15北海道集会~歴史修正主義と闘うジャーナリストの報告~私は「捏造記者」ではない」

・8/15 「不戦の日! 8.15北海道集会」

「歴史修正主義と闘うジャーナリストの報告~私は「捏造記者」ではない」

日 時 2016年8月15日(月)18:00~20:00
会 場 北海道自治労会館 4F会議室(札幌市北区北6条西7丁目)
内 容 元朝日新聞記者の植村隆さんは、1991年に書いた元日本軍「慰安婦」に関する記事がもとで「捏造記者」というレッテルを貼られ、いまもなお誹謗中傷を受けています。非常勤講師を務めていた北星学園大学にも脅迫・嫌がらせのメールや電話が押し寄せられ、何者かが娘を「殺す」という脅迫状まで送ってきました。なぜ植村さんは狙われたのか。不当なバッシングと闘う植村隆さんが報告します。
主 催 8.15北海道集会実行委員会、北海道平和運動フォーラム
※ 入場無料。当日、直接会場へお越し下さい。

http://peace-forum.org/article-3563.html

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

・7/29  植村札幌訴訟 第3回口頭弁論&報告集会

7月29日(金)
元朝日新聞記者の植村隆さんがジャーナリスト櫻井よしこさんと新潮社などを訴えた名誉棄損訴訟
◆◇ 植村札幌訴訟 第3回口頭弁論&報告集会 ◇◆
◆第3回口頭弁論
15:30開廷 札幌地裁805法廷
※傍聴抽選が15:00から予定されています。
早めの来場をお願いします。
◆報告集会
16:30~ 札幌市教育文化会館301号室
◇報告
小野寺信勝弁護士(植村裁判弁護団事務局長)
植村隆さん(韓国カトリック大学校)
◇「日本軍の性暴力」
野田正彰さん(精神病理学者 評論家)
※傍聴抽選にはずれた方は、301号室で15:00すぎからお待ちいただけます。
・主催/連絡先 植村裁判を支える市民の会
uemurasasaeru@gmail.com
TEL:090-9755-6292
・ブログ http://sasaerukai.blogspot.jp
「植村裁判を支える市民の会」より 書店で買えない「週刊金曜日」集刷版発行のお知らせ
植村隆さんをペンの力で支え、励ましてきたメディア「週刊金曜日」が、これまでの関連記事を総まとめした特別号(集刷版)「私は『捏造記者』ではない 検証・植村バッシング」(定価600円)を発行しました。
本文全66ページ、収録記事は掲載日付順に25本。植村さんへのバッシングがいかに虚妄に満ちたものであるかが、この2年間の動きとともによくわかる構成になっています。
◆この集刷版(正式には抜き刷り版と呼びます)は、「植村裁判を支える市民の会」(略称・支える会)が編集人となっています。たくさんの方にこの雑誌を読んでいただき、植村さんへの理解と支援をさらに盛り上げることを目指します。限定出版のため、書店では買えません。東京、札幌の裁判報告集会などのイベント会場か、「支える会」から郵送でお求めいただけます。
◆◆郵送をご希望の方は、
郵便振り込み用紙に
・お名前、ご住所、電話番号
通信欄に
・冊数
を明記のうえ、
郵便振り込みで料金をお振込みください。
・振替口座 02700‐3‐70778
「植村裁判を支える市民の会」
・料金(本代+郵送料)
1冊  780円(600+180)
2冊 1500円(600×2+300)
3冊 2100円(600×3+300)
4冊 2750円(600×4+350)
5冊 3350円(600×5+350)
入金確認後、郵送いたします。
6冊以上は、支える会のメール uemurasasaeru@gmail.com または、電話 090-9755-6292 までご連絡ください。
  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

・6/11 JCJ日本ジャーナリスト会議北海道支部主催講演会「メディアの自主規制と権力の報道統制」~北海道内の言論の危機を議論しよう~

・6/11 JCJ日本ジャーナリスト会議北海道主催講演会「メディアの自主規制と権力の報道統制」

~北海道内の言論の危機を議論しよう~

・2016,6,11(土)18:30~(開場18:00)

・演者:小笠原 淳さん(おがさわら じゅん ジャーナリスト)

≪2013年北方ジャーナル「倶楽部は踊る 記者クラブはどこへ」で第2回自由報道協会アワード受賞。

現在も北方ジャーナル誌などに執筆中。≫

・札幌市民ホール2階会議室(札幌市中央区北1西1)

・参加費:500円(事前申し込み不要)(JCJ会員無料)

・主催:JCJ日本ジャーナリスト会議北海道支部(問合せ:011-851-5477岩井)

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

・4/1 第7期沖縄意見広告に賛同を!

・4/1 第7期沖縄意見広告に賛同を

沖縄・宜野湾市長選挙は残念な結果に終わりましたが、闘いは続きます。私たちは翁長雄志県知事の大浦湾埋め立て承認取り消しの決定を支持し、米海兵隊の普天間基地の即時閉鎖・返還と辺野古新基地建設計画の断念を求めます。

安倍晋三首相は翁長知事の取り消し処分は違法だとして、処分撤回に向け代執行訴訟を起こしましたが、これを許すことはできません。しかも安倍首相は現地では警視庁機動隊を派遣して、シュワブゲート前で非暴力の抗議行動を続ける人々を暴力的に排除し、海でも海上保安庁職員が抗議のカヌーを沈没させて乗員を危険にさらすなど、暴虐の限りを尽くしていますが、こうしたやり方に屈するわけにはいきません。

昨年の戦争法制定と、辺野古新基地建設は新たな日本の軍事化と侵略国家化において一体の動きであり、今こそ沖縄の闘いと結び、怒りの声を上げましょう。そのため今年も沖縄2紙と国内紙向けに、第7期の「沖縄意見広告」掲載の賛同金を募集中です。

締め切りは5月10日までを予定。

賛同金の目標額は2000万円。個人は1口1000円、団体は1口5000円ですが、できれば2口以上をお願いいたします。振替用紙付のチラシ郵送可。

振替口座加入者名:意見広告、 口座番号:00920-3-281870。問合せは、東京TEL・03・6382・6537、大阪TEL・06・6328・5677まで。URL・http://www.okinawaiken.org/

■お問い合わせ

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

・4/1 『週刊金曜日』電子版始めます!4月1日【1082号】から

・4/1 『週刊金曜日』電子版始めます!

http://www.kinyobi.co.jp/news/?p=3560

手のひらから社会を変える!

読者の皆さまからの多数の要望にお応えし、本誌は2016年4月1日号[1082号]から、電子版を同時刊行することになりました。
※アプリの公開と販売は4月1日からです。

電子化することで『週刊金曜日』をスマートフォンやタブレットで持ち歩くことが可能になり、読み方の幅が広がります。お近くに書店がない場合でも、お手元のスマートフォンやタブレットで読むことができます。
※パソコンでは利用できません。

<電子版販売価格>
1冊:600円(税込)
1ヶ月購読:2200円(税込)
※対応アプリにより異なる場合があります。

<電子版発売日>
毎週金曜日(午前7時ごろ配信)

<電子版購入方法>
お手持ちのスマートフォン、タブレット(iOSはAPP Store、AndroidはGoogle Play Store)などから『週刊金曜日』アプリをダウンロードしていただき、そちらからお申し込みください。
※購入は4月1日から可能になります。

※ご購入までのプロセスは、iOS、Android端末で異なります。
お持ちの端末で『週刊金曜日』電子版が快適に読めるか、事前に「試し読み」をご利用されることをお勧めします。

問い合わせは、「金曜日」電子メディア部まで
henshubu@kinyobi.co.jp

※紙版の定期購読からの乗り換えはできません。
(紙版の契約満了後、別途電子版のお申し込み方法で電子版をご契約ください)

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

・2/19週刊金曜日1076号「アマリにもおそまつ!」

・2/19週刊金曜日1076号 特集 アマリにもおそまつ!
http://www.kinyobi.co.jp/
ぜひご一読を!(580円)

「いい人とばかり付き合っていては、選挙に受からない」−−甘利明・前経済再生担当相は1月28日の辞任会見でこう開き直った。小選挙区制で選挙にカネはかからなくなった、とは真っ赤な嘘。自民党の「政治とカネ」を追う。

  • 民主、証拠の録音データを公開
    深まる甘利議員の口利き疑惑
    本誌取材班
  • 民主党の疑惑追及チーム座長・大西健介議員に聞く
    甘利、遠藤両代議士のクビを取る
    天城慶
  • 仕組まれた辞任劇にだまされた世論
    したたかで恐ろしいまでの安倍官邸”コミ戦”
    鈴木哲夫
  • 激白 小沢一郎衆議院議員
    おごりたかぶった安倍政権は腐敗する「政治とカネ」について最も詳しい一人が小沢一郎衆院議員だ。”国策捜査”で政治生命を絶たれそうになったベテランは、今回の甘利スキャンダルをどう見るか−−。
  • 疑惑の構図そのものが否定された陸山会事件
    編集部
  • 絵に描いたようなあっせん利得!?
    恣意的な捜査を繰り返す地検特捜部の堕落
    横田一「絵に描いたようなあっせん利得」とされながらも、甘利明前大臣への検察の動きは、なぜか鈍い。国策捜査を繰り返してきた検察は、安倍政権の中枢に踏み込むのか。
  • 汚職や政治資金規正法違反などで
    国会議員が逮捕・起訴された最近の主な事件
    編集部
  • 甘利明代議士に流れ込む「原発マネー」
    電力9社がパーティー券を
    1000万円購入した年も
    明石昇二郎甘利明衆議院議員のパーティー券を買っていたのは、あの建設会社だけではない。電力会社の購入額はケタ違いなのだ。
  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

・2/12号 「週刊金曜日」(1075号)TPPで日本は地獄

・2/12号 「週刊金曜日」(1075号)TPPで日本は地獄

2月4日にTPP(環太平洋戦略経済連携協定)参加国12カ国の代表団が署名のため、ニュージーランドのオークランド市に集まった。これに抗議して、約1000人の市民が市内の道路を封鎖した。日本にとってもこの協定は、安倍内閣による「日本の対米売り渡し計画」だ。メディアの賛美報道に騙されてはならない。TPPを批准させたら、国民の生存基盤は破壊される。

  • 日本は収奪されるだけだ
    米国の米国による米国のためのTPP
    首藤信彦
  • 議会の年内批准は絶望的だが
    米国が狙う次の一手
    内田聖子米国議会は大統領選挙一色で、到底年内のTPP批准は無理だ。だが米国通商代表部(USTR)は大企業の意を受けながら、日本との裏の二国間協議で要求を突きつけようとしている。

    ◆米韓自由貿易協定で利益は大企業に
    鄭クル

  • 「国民皆保険崩壊はまぬがれた」も大ウソ
    医薬品は高価格 米製薬会社の利益は拡大
    芝田英昭一体、どこの誰が得をするのか。TPP協定の概要を読み込むと、医療分野も米企業に都合の良い内容であることがわかる。日本にとって“改悪”の制度なのだ。
  • 近代的設備を捨て、対話と触診で患者と向き合う–
    地域医療のパイオニア・増田進医師の警鐘
    中村富美子TPPを推進する経済思想が、医療や福祉といかに矛盾するか。「人を見る医療」を実践する、一人の医師の重い言葉がここに。
  • 結局、米国企業が得する仕組みだ
    国民の知らないISDの本当の怖さ
    三雲崇正TPPを批准してしまうと、一国の法律や制度よりも米国等の多国籍企業の利害が優先されかねない。それを可能にするISDこそ、TPPの本質を示す最悪の条項だ。
  • TPPで加速する“GM作物”の脅威
    “危険な商品”を圧しつける米国企業
    河田昌東遺伝子組み換え作物の“輸入大国”である日本に、新たな脅威が迫っている。TPP推進の背景には、米国GM企業の巧みな仕掛けがある。
  • なぜ、EUのように、住民の命を守る安全基準を
    作れないのか
    中村富美子TPPで打撃を受けることが予想される酪農業。現場はどう考えているのか。東京で牧場を営み、「牛と人の出会いから広がる牧畜文化」を考え続ける酪農家・磯沼正徳さんを訪ねた。
  • 新作『牡蠣工場』が公開 想田和弘監督と考える
    過疎、貧困、グローバリゼーション、そしてTPP
    斉藤円華過疎に悩む瀬戸内の漁村にも「グローバリズム」はやってきた–。人もモノも世界的に流動する時代は、TPPでさらに勢いを増すだろう。近代と経済成長の行き着く先に希望は描けるか。監督の想田和弘さんに聞いた。

TPP~どうも関心が薄いようですが実は・・・。

このほか、「ヘイトクライム」、神社本庁の「神社乗っ取り事件」などなど・・・・1冊580円。ぜひご一読ください。

http://www.kinyobi.co.jp/

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

・3/7 生きさせろ!サヨナラ貧困倍増内閣。―雨宮処凛(作家)&池田賢太(弁護士)トークセッション

・3/7 生きさせろ!サヨナラ貧困倍増内閣。

―雨宮処凛(作家)&池田賢太(弁護士)トークセッション―

派遣法改悪で生涯派遣のまま?6人に1人が貧困って地獄でしょ。奨学金は学生ローン地獄・・・破産地獄へ。このままじゃ結婚もムリゲー。未来が見えない。だったら、どうする・・・どう動けばいい。

元祖いきづらさ作家雨宮処凛と憲法・法律困りごと橋渡し弁護士池田賢太と一緒に出口を探すイベントです。

ぜひご参加ください!(※野党統一候補達成になっているかも・・・乞うご期待!)

https://www.facebook.com/events/1018736184850938/

・とき:2016,3,7(月)18:30~21:00

・ところ:札幌エルプラザ4階大研修室(札幌駅北口正面)

・参加費:500円(学生無料)※申し込み不要

・主催:「週刊金曜日」札幌読者会(問合せ:090-6448-1646)

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

Home > タグ > 週刊金曜日

キーワードで抽出する(タグ)
フィード
メタ情報

Return to page top