ホーム > タグ > 裁判

・1/24 マイナンバー違憲訴訟・東京訴訟 第4回口頭弁論と報告集会

■1/24 マイナンバー違憲訴訟・東京訴訟 第4回口頭弁論と報告集会

いっしょに裁判を傍聴し応援しましょう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
番号制度の安全性をめぐる攻防の始まりです。
前回、マイナンバー制度に客観的な危険性があることを認めた被告国。これに対して原告は、被告には番号制度の安全性を具体的に説明すべき義務があると主張しました。
今回原告は、プライバシー権や人格権に対する番号制度の危険性について被告に説明を求める求釈明書を陳述し、被告がそれに対するに回答書を陳述する予定です。
開廷前にミニ説明、閉廷後に報告集会を開催。いっしょに裁判を傍聴し応援しましょう。
●日時 2017年1月24日(火曜日)11時00分開廷
●場所 東京地方裁判所(裁判所合同庁舎)103号法廷(約100人傍聴可)
(所在地:東京都千代田区霞が関1-1-4)
●交通
・東京メトロ丸の内線・日比谷線・千代田線「霞ヶ関駅」A1出口徒歩1分
・東京メトロ有楽町線「桜田門駅」5番出口徒歩約3分
▼裁判所周辺地図
http://www.bango-iranai.net/event/parts/map/tokyoCourtMapSmall.png

●スケジュール
10時45分 ミニ説明
・東京地裁103号法廷脇の待ち合わせスペースに集まり、当日の期日進行について簡単に説明します。
11時00分 開廷
・直接、東京地裁 103号法廷にお越しください(傍聴券交付予定ありません)。
・原告が、プライバシー権や人格権に対する番号制度の危険性を検討する前提として、被告国に説明を求める事項を記した求釈明書を陳述する予定です。
・これに対して被告国が原告の求釈明に対する回答書を陳述する予定です。
閉廷後 報告集会
・となりの弁護士会館10階1008会議室に移動して報告集会を行います。
★裁判は、どなたでも傍聴できます。一人でも多くの方の傍聴が裁判の支援になります。
★手荷物検査に長蛇の列ができる場合があります。時間に余裕をもって法廷にお入りください。

●マイナンバー違憲訴訟とは?
憲法13条で保障されたプライバシー権(自己情報コントロール権)、人格権を侵害されたことを理由として、国に対し、次の3項目を求める民事訴訟です。
(1) 原告らのマイナンバー(個人番号)の収集、保存、利用及び提供の禁止。
(2) 保存している原告らのマイナンバーの削除。
(3) 原告らに対し、各11万円の慰謝料等の支払い。
2015年12月1日に仙台・新潟・東京・金沢・大阪で、2016年3月24日に神奈川・名古屋・福岡で一斉提訴しました。
●裁判を維持するため広くカンパを募集しています。
〈お振り込み先〉
・りそな銀行 赤坂支店 普通 口座番号1830536
・名義 マイナンバー違憲訴訟東京弁護団預り口弁護士瀬川宏貴
●問い合わせ・連絡先
・マイナンバー違憲訴訟・東京弁護団
・電話03-3586-3651(東京合同法律事務所 担当:瀬川弁護士)
▼裁判のチラシをダウンロードできます
http://www.bango-iranai.net/event/parts/pdf/20170124Handbill.pdf

▼詳細情報掲載ページ
http://www.bango-iranai.net/event/eventView.php?n=147

▼マイナンバー訴訟の関連情報(リンク集)
http://www.bango-iranai.net/suit/suitInfoList.php
・法廷文書や各地マイナンバー訴訟の最新期日などを掲載しています。
●各地訴訟の予定
マイナンバー違憲訴訟・新潟訴訟 第5回口頭弁論
1月19日(木) 10時00分開廷 新潟地裁 1号法廷

マイナンバー違憲訴訟・東京訴訟 第4回口頭弁論
1月24日(火) 11時00分開廷 東京地裁 103号法廷 報告集会あり

マイナンバー違憲訴訟・名古屋訴訟 第4回口頭弁論
1月31日(火) 13時15分開廷 名古屋地裁 1102号法廷

マイナンバー(共通番号)違憲訴訟@神奈川 第3回口頭弁論
2月9日(木) 15時30分集合 16時00分開廷 横浜地裁 101号法廷

マイナンバー違憲九州訴訟 第4回口頭弁論
2月13日(月) 13時30分開廷 福岡地裁 301号法廷

マイナンバー違憲訴訟・大阪訴訟 第5回口頭弁論
2月16日(木) 11時30分開廷 大阪地裁 202号法廷

マイナンバー離脱請求訴訟・金沢訴訟 第6回口頭弁論
3月14日(火) 13時30分開廷 金沢地裁 205号法廷

マイナンバー違憲仙台訴訟 第6回口頭弁論
3月21日(火) 10時30分開廷 仙台地裁 308号法廷

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

・4/14 植村隆第7回口頭弁論「報告集会+トークコンサート(ピアノ)崔善愛さん」

・4/14 植村隆第7回口頭弁論「報告集会+トークコンサート(ピアノ)崔善愛さん」

・2017,4,14(金)17:30~20:00

・第7回口頭弁論弁護団、植村隆さんの報告+トークコンサート

・札幌北光教会(札幌市中央区大通西1丁目・テレビ塔南)

・ピアノ演奏:崔善愛さん(植村裁判を支える市民の会共同代表)

・主催:植村裁判を支える市民の会 uemurasasaeru@gmail.com

※当日第7回口頭弁論:札幌地裁803号法廷 開廷15:30(傍聴抽選15:00~)

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

・7/29  植村札幌訴訟 第3回口頭弁論&報告集会

7月29日(金)
元朝日新聞記者の植村隆さんがジャーナリスト櫻井よしこさんと新潮社などを訴えた名誉棄損訴訟
◆◇ 植村札幌訴訟 第3回口頭弁論&報告集会 ◇◆
◆第3回口頭弁論
15:30開廷 札幌地裁805法廷
※傍聴抽選が15:00から予定されています。
早めの来場をお願いします。
◆報告集会
16:30~ 札幌市教育文化会館301号室
◇報告
小野寺信勝弁護士(植村裁判弁護団事務局長)
植村隆さん(韓国カトリック大学校)
◇「日本軍の性暴力」
野田正彰さん(精神病理学者 評論家)
※傍聴抽選にはずれた方は、301号室で15:00すぎからお待ちいただけます。
・主催/連絡先 植村裁判を支える市民の会
uemurasasaeru@gmail.com
TEL:090-9755-6292
・ブログ http://sasaerukai.blogspot.jp
「植村裁判を支える市民の会」より 書店で買えない「週刊金曜日」集刷版発行のお知らせ
植村隆さんをペンの力で支え、励ましてきたメディア「週刊金曜日」が、これまでの関連記事を総まとめした特別号(集刷版)「私は『捏造記者』ではない 検証・植村バッシング」(定価600円)を発行しました。
本文全66ページ、収録記事は掲載日付順に25本。植村さんへのバッシングがいかに虚妄に満ちたものであるかが、この2年間の動きとともによくわかる構成になっています。
◆この集刷版(正式には抜き刷り版と呼びます)は、「植村裁判を支える市民の会」(略称・支える会)が編集人となっています。たくさんの方にこの雑誌を読んでいただき、植村さんへの理解と支援をさらに盛り上げることを目指します。限定出版のため、書店では買えません。東京、札幌の裁判報告集会などのイベント会場か、「支える会」から郵送でお求めいただけます。
◆◆郵送をご希望の方は、
郵便振り込み用紙に
・お名前、ご住所、電話番号
通信欄に
・冊数
を明記のうえ、
郵便振り込みで料金をお振込みください。
・振替口座 02700‐3‐70778
「植村裁判を支える市民の会」
・料金(本代+郵送料)
1冊  780円(600+180)
2冊 1500円(600×2+300)
3冊 2100円(600×3+300)
4冊 2750円(600×4+350)
5冊 3350円(600×5+350)
入金確認後、郵送いたします。
6冊以上は、支える会のメール uemurasasaeru@gmail.com または、電話 090-9755-6292 までご連絡ください。
  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

・4/22 植村札幌訴訟第一回口頭弁論&報告集会(講師:佐高信さん&上田文雄さん)

・4/22 植村札幌訴訟第一回口頭弁論&報告集会

・2016,4,22(金)15:30開廷(札幌地裁805法廷)30分前に傍聴券抽選

【報告集会】

・2016,4,22(金)18:30~20:30

・かでる2,7 4階大会議室(札幌市中央区北2条西7丁目)

・入場無料

《講演》

・佐高 信さん(さたかまこと 評論家)

・上田文雄さん(うえだふみお 前札幌市長・弁護士)

・主催:植村裁判を支える市民の会

・協力:さっぽろ自由学校「遊」

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

・1/20 講演会「いま改めて 日本軍『慰安婦』問題を」

・1/20 講演会~いま改めて 日本軍『慰安婦』問題を~

「朝日新聞」が8月に出した検証記事を悪用した「慰安婦」問題への歪曲・捏造発言や記事がとまりません。吉田清治氏の「強制連行」証言の取り消しが、すべての強制性を否定し「慰安婦」問題自体がなかったかのような論調です。なぜ今、こうも執拗な朝日バッシング=「慰安婦」問題への攻撃が起きているのか、私たちはこの問題とどう向き合い、そして解決する事の意味をあらためて考えてゆきたいと講演会を企画しました。

・2015年1月20日(火)18:30~ (開場18:00)

・演題「いま改めて 日本軍『慰安婦』問題をどう考えるか」

・講師:吉見義明さん(中央大学商学部教授(日本現代史))

・会場:札幌市教育文化会館4階講堂(札幌市中央区北1条西13丁目)

・参加費:当日1000円 前売り800円(取り扱い:道新プレイガイド・大丸プレイガイド)

・主催:日本軍「慰安婦」問題の解決をめざす北海道の会

℡。FAX:011-711-1910(12:00~18:00)

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

・9/27 「日本語を取り戻す!」~札幌から福島は見えますか~

・9/27  「日本語を取り戻す!」~札幌から福島は見えますか~

・とき:2014,9,27(土)13:30~17:00(開場13:00)

・ところ:札幌北光教会2階「ガリラヤ」(札幌市中央区大通西1丁目 テレビ塔南向かい)

【プログラム】

・13:35~基調講演:武藤類子さん(福島原発告訴団団長)

・14:15~対談 小森陽一さん(九条の会)とアーサー・ビナードさん(詩人・随筆家)

・16:10~アーサー・ビナードさんの絵本のお話とサイン会

・参加費:当日1000円(前売り800円)

・前売りチケット取り扱い:大丸藤井セントラル1階プレイガイド

・主催:日本キリスト教団北海教区宣教部平和部門委員会

・問合せ:090-8426-5262・090-5160-4230

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

・5/30 全国の原発訴訟とエネルギーについて知る講演会のお知らせ

5月30日 全国の原発訴訟とエネルギーについて知る講演会のお知らせ

0530講演会

画像クリックでPDFフライヤーを表示

2014年5月30日(金)17:30~19:15(開場17:15)
かでる2・7 かでるホール(大ホール)(札幌市中央区北2条西7丁目)
参加無料(資料代 500円)

4月初旬、福島で「原発と人権」全国集会があり、全国の原発訴訟団が集まりました。原発訴訟では、弁護団の全国組織はあるのですが、原告団の全国組織はまだありません。原発訴訟を戦っている全国の仲間と交流し、お互いに支援しあうため、原告団の全国連絡会の結成をよびかけたところ、多くの賛同を得ました。これを受けて、5月21日に判決が出る大飯原発訴訟の原告団や、全国組織の事務局を担ってくださることになった東海第二の訴訟団、大間原発訴訟の原告団をお招きした講演会を企画しました。

先日、作成したパンフレット「知ってましたか?--原発をやめたほうが得する8つの理由」についての講演も入れながら、4つの原発訴訟の原告団が交流する初めての会となりますので、どうぞご参加ください。

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

・6/13 市民自治を創る会おしゃべりサロン・日本の政治を変えようシリーズ③「保坂展人世田谷区長講演会~自治体の可能性ー世田谷から変えるエネルギー政策」

・6/13 市民自治を創る会「おしゃべりサロン・日本の政治を変えようシリーズ③~保坂展人世田谷区長講演会~自治体の可能性ー世田谷から変えるエネルギー政策」

2011,3,11福島第一原発過酷事故を経験し、福島の人々が逃げ惑い故郷に戻れない状況を見ても、この国・政府は、また原発を「重要なベースロード電源」として、原発再稼働を進めようとしています。

また、もし事故があったら国民の税金で賄わなければならない契約の「原発輸出」さえも。

福井地裁は大飯原発3,4号機の再稼働を差し止めました。

その判決文は後世に残る内容であり、全国・世界に広めなければなりません。

今回日本の政治を変えようシリーズで迎える、保坂展人世田谷区長は、世田谷区で数々のエネルギー政策に取り組み、「世田谷ヤネルギー」は太陽光パネルを住宅屋根に取り付け、そして区営太陽光発電所設置などなどに取り組みます。

泊原発がある北海道、今建設されようとしている、函館から23km圏内の青森県大間原発(危険なフルモックス燃料発電)・・・。

大飯原発稼働差し止め裁判で示された250km圏内とは、全国の原発から計測すればまさに「日本全土」が入ります。

自治体・札幌市として、自治体ができる安全な再生可能なエネルギー政策は無いのか?

来年の統一地方選挙…知事・市町村長・議会議員…誰を立て、誰を推し、誰を選ぶのか。選ぶのは私たちです。

福島原発事故を教訓にして、次世代にどんな「国土・国富」を残すのか。

みなさんとともに考えます。どうぞ参加してください!

・2014,6,13(金)18:30~20:30

・札幌エルプラザ2階(環境プラザ) 環境研修室(札幌駅北口正面)

・お話:保坂展人さん(東京都世田谷区長・前衆議院議員)

・参加費:500円(申し込み不要)

・主催:市民自治を創る会

連絡先:℡070-5065-5014  Eメール:shiminzichi@gmail.com

・・・・・・【講演会協賛を募集します】・・・・・

この講演会を成功させるため、講演会協賛金を募集します。よろしくお願いします。

☆団体一口2,000円 ☆個人一口1,000円  (何口でもかまいません)

※協賛金2,000円以上で(2,000円ごとに)参加招待券1枚進呈します。

上記までぜひご連絡ください!!

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

・6/11,12 米兵との裁判に勝訴したジェーンさんと語ろう!「1ドルの勝訴~日米地位協定にNO!」

・6/11,12 米兵との裁判に勝訴したジェーンさんと語ろう!「1ドルの勝訴~日米地位協定にNO!」

米兵による暴行事件の被害者、キャサリン・ジェーン・フィッシャーさん(オーストラリア人、日本在住)は2002年4月6日横須賀市で、米海軍キティホーク乗組員から性的暴行を受けました・・・。12年間にも及ぶ正義の追求、裁判、その結果は?

ジェーンさんが提訴した裁判の経緯とその判決について・・・ご本人からお話を聞き、考えます。

【札幌】

・2014,6,11(水)18:30~

・かでる2・7 7階 710会議室(札幌市中央区北2西7 北海道庁隣)

【江別】

・2014,6,12(木)14:00~

・大麻公民館「えぽあ」研修3(江別市大麻中町26-7 JR大麻駅近く)

【資料代】500円(両日とも)

主催:ジェーンさんの話を聞く会(℡011-389-3738五十嵐)

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

・5/24 福島原発事故から子どもを守る「集団疎開裁判」原告団・柳原敏夫弁護士講演会

・5/24 福島原発事故から子どもを守る「集団疎開裁判」原告団・柳原敏夫弁護士講演会

2011,3,11の東京電力福島第一原発過酷事故。

安心してくらしたい、みんなで一緒に避難したいと考えた郡山市の14人の小中学生が訴えた「集団疎開裁判」。

裁判の経過、福島の現状、そして最近問題となった劇画「美味しんぼ」についても考えます。

・2014,5,24(土)13:30~

・札幌エルプラザ2階 (環境プラザ)環境研修室

・お話:柳原敏夫弁護士

・参加費:500円

・主催:NPO法人 福島の子どもたちを守る会・北海道(090・6990・5447)

・共催:ほっかいどうピースネット

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

Home > タグ > 裁判

キーワードで抽出する(タグ)
フィード
メタ情報

Return to page top