ホーム > タグ > 被爆者

8/6 映画「Hibakusha」「ひろしま」上映会

8/6 映画「Hibakusha」「ひろしま」上映会

ラルフ・メイヤー、ドロテー・メンツナー共同監督

「Hibakusha]~広島から福島へ続く原子力ビジネス~

「ひろしま」関川秀雄監督作品(1955年ベルリン国際映画祭長編映画賞)

・2012,8,6 (月)札幌エルプラザ3Fホール

①Hibakusha  13:30~

②ひろしま     15:30~

③Hibakusha  18:30~

入場料:1000円(当日1200円)

中学生以下500円(当日600円)

2012,8,9(木)釧路芸術館アートホールでも上映

上映順と開始時間・料金同じ。

主催:上記映画を観る会

問合せ:090・2872・5870(札幌会場)

090・9436・8632(釧路会場)

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

11/19・「平壌からの告発」写真パネル展最終日・伊藤孝司監督トーク

伊藤孝司「平壌からの告発」写真パネル展

●期間: 2010年11月16日(火)~11月19日(金)
●時間: 10:00~20:00
●会場: 札幌市男女共同参画センターエルプラザ 2階フリースペース

伊藤隆監督トーク
●日時: 2010年11月19日 18:30~20:30
●参加費: 500円
●会場: エルプラザ3階工芸室

朝鮮民主主義人民共和国にのこされた、植民地支配、戦争の足跡を探し、被爆者、強制連行被害者、元日本軍「慰安婦」、そして今も残る日本海軍「慰安所」跡を取材、記録した伊藤孝司監督の写真パネル展です。

伊藤孝司監督について
1952年、長野県生まれ。(社)日本写真家協会会員/日本ジャーナリスト会議会員。
日本の過去と現在を、アジアの民衆の視点からとらえようとしている。アジア太平洋戦争で日本によって被害を受けたアジアの人々、日本がかかわるアジアでの大規模な環境破壊を取材し、雑誌・テレビなどで発表してきた。また、日韓・日朝関係に関する取材にも力を入れている。著書には、この映画公開に合わせて上梓した『ヒロシマ・ピョンヤン』(風媒社)や、『地球を殺すな!環境破壊大国・日本』『平壌からの告発』『原爆棄民』など多数。

「ヒロシマ・ピョンヤン~棄てられた被爆者」上映会 11月18日

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

11/18・映画「ヒロシマ・ピョンヤン 棄てられた被爆者」上映会

映画「ヒロシマ・ピョンヤン 棄てられた被爆者」上映と伊藤孝司監督トークの夕べ@札幌市

第二次大戦下の広島で被爆し、現在は北朝鮮に暮らす女性が、被爆者健康手帳の取得を求める姿を追うドキュメンタリー映画「ヒロシマ・ピョンヤン 棄てられた被爆者」を上映、その後に伊藤孝司監督のトークを行います。「被爆者」「原爆」についての映画は数多く制作されてきたが、在朝被爆者を取り上げたものはこの作品が初めて。2009年、日本、90分。上映の詳細は映画公式HPの案内欄で。

●日 時 :2010年11月18日(木)  18:30開場、19:00~21:00
19:00 上映開始、 20:30 伊藤監督のトーク
●会 場 :札幌市・札幌エルプラザホール(北区北8西3) 3F ホール
JR札幌駅,地下鉄さっぽろ駅下車,北口地下通路12番出口直結
●入場料 :一般 前売1,200円(当日1,500円)、高校生500円
●お問合せ:上映実行委員会 TEL&FAX 011-711-1910(ギャラリー茶門:キム)
●同時開催 「平壌からの告発」パネル展
●11月16日(火)~19日(金)  同会場2Fフリースペース
●11月19日(金) 18:30 3F工芸室で伊藤監督のトーク 500円

映画「ヒロシマ・ピョンヤン 棄てられた被爆者」上映@旭川市

・日 時 :2010年11月26日(金)  ①13:30、②16:00、③18:30
・会 場 :旭川市民文化会館 小ホール(7条通9丁目 地図)
・入場料 :1,000円
・主 催 :映画「ヒロシマ・ピョンヤン」上映実行委員会
・お問合せ:あさひ岳法律事務所 TEL 0166-49-7001

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

Home > タグ > 被爆者

キーワードで抽出する(タグ)
フィード
メタ情報

Return to page top