ホーム > タグ > 盗聴法

・12/8 監視社会を考える連続学習会 第2回 GPS捜査と名古屋高裁判決(東京・文京区)

東京・文京区■2016.12.8(木)18時30分〜
監視社会を考える連続学習会 第2回「GPS捜査と名古屋高裁判決」
監視社会を考える連続学習会の第2回は、GPSの位置情報を利用した監視に焦点をあてます。2016年6月29日、名古屋高裁は、令状なしに捜査対象者の車にGPS端末を取り付けた捜査手法について違法と判断し、「プライバシー侵害の危険性が相当程度現実化している」と指摘しました。一方、お隣りの韓国では、GPSを使った市民運動や労働運動に対する電子監視が、情報人権をめぐる問題として顕在化しています。
http://www.bango-iranai.net/event/eventView.php?n=141
●日時●2016年12月8日(木) 18時30分〜
●会場●文京区民センター 2階2-A会議室
●参加費・資料代●500円
開催趣旨
令状もなく、車にGPS取り付け捜査機関が、裁判所の令状もなく、勝手に捜査対象者の車に衛星利用測位システム(GPS)を取り付け、位置確認をおこなっています。
このGPS捜査は秘密に行われているため、どのくらいの規模で行われているか、全くわかりません。はじめてGPS捜査の違法を指摘した名古屋高裁の事件においては、3カ月半で1653回の位置確認がおこなわれていました。恐るべきプライバシー侵害です。
最高裁、大法廷で審理へ
名古屋高裁の判決は、GPS捜査のプライバシー侵害性の大きさに踏まえ国に「立法的措置」の検討を求めてさえいます。令状のないGPS捜査の判断をめぐり最高裁も事の重大性の前に、大法廷で審理することを決定しています。車へのGPS取り付け、携帯GPSをつかった位置確認などGPSを利用した捜査機関の権限乱用を許してはなりません。
プログラム
●開会●18時30分
●お話●佐竹靖紀さん(弁護士)「GPS 捜査と名古屋高裁判決」
●報告●白石孝さん(プライバシー・アクション代表)「市民運動・労働運動監視にGPS使用~韓国版盗聴法の実態」
●アクセス●
所在地住所:〒113-0083 東京都文京区本郷4-15-14 文京区民センター2階
都営地下鉄大江戸線・三田線「春日駅」A2出口すぐ上
東京メトロ南北線「後楽園駅」6番出口徒歩5分、丸ノ内線「後楽園駅」4b出口徒歩5分
JR中央線「水道橋駅」東口、白山通り徒歩15分
●共催●
盗聴法廃止ネットワーク
共通番号いらないネット
「秘密保護法」廃止へ!実行委員会
●連絡先・問合せ●
Tel.090-2669-4219(盗聴法廃止ネットワーク・担当久保)
Tel.080-5052-0270 (共通番号いらないネット・担当宮崎)
http://www.bango-iranai.net/event/eventView.php?n=141
  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

・3/22 ブックレット「止めよう!市民監視 五本の矢-秘密保護法/盗聴法/共謀罪/マイ ナンバー/監視カメラ-」(樹花舎)

・3/22 「止めよう!市民監視 五本の矢-秘密保護法/盗聴法/共謀罪/マイナンバー/監視カメラ-」(樹花舎)が出版されました。

ブックレット 「止めよう!市民監視 五本の矢 秘密保護法/盗聴法/共謀罪/マイナンバー/監視カメラ」 A5判176ページ 定価800円+税   企画 盗聴法廃止ネットワーク 編者 海渡雄一 発行 樹花舎

盗聴法の拡大案の法案審議は続いています。どうせ反対してもだめだとあきらめてしまえば、何ごとも起きません。盗聴が横行し、市民が相互に密告しあう監視社会は人々が物言えぬ社会を作ります。私たちは、このような社会を望みません。本書が、過去の経緯を振り返り、提案されている法案の内容と問題点を明らかにし、反対の声を強めるきっかけとなることを強く願っています。(編者/海渡雄一)
【内容】
表現の自由を破壊する盗聴法拡大を食い止めよう(海渡雄一)
盗聴法の改悪で私たちの人権はどうなるのか?(川崎英明)
「盗聴先進国」イタリア実態報告(清水忠史)
取り調べ全面可視化を一日も早く実現へ(桜井昌司)
虚構に満ちた刑訴法「改正」案の、隠された企図(今井恭平)
マイナンバー制度で監視社会へ(白石孝)
情報統制と監視に向かう日本(田島泰彦+監視社会を拒否する会)
NSAの内部文書からはっきりしはじめた日本の関与(小倉利丸)
こんな警察を信用できますか!(鈴木猛)
日本版プリズムへの道狙う盗聴法大改悪(角田富夫)
〈資料〉
犯罪捜査のための通信傍受に関する法律(平成11 年法律第137 号)改正案

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

・3/31 盗聴法・刑訴法改悪法の廃案を求める院内集会 -止めよう!市民監視 5本の矢- (秘密法、盗聴法、共謀罪、共通番号、監視カメラ)@東京

・3/31盗聴法・刑訴法改悪法の廃案を求める院内集会

-止めよう!市民監視 5本の矢-(秘密法、盗聴法、共謀罪、共通番号、監視カメラ)

昨年、盗聴法・刑訴法改悪法は衆議院を通過しましたが、参議院では野党の反対で趣旨説明だけに終わり、継続審議になっています。政府、検察・法務、警察庁は、捜査機関の施設で大規模盗聴を可能とする盗聴法・刑訴法改悪法をなんとしても今国会で制定しようとしています。
これまで盗聴は薬物や銃器関係の重大な犯罪に対象を限定され、また通信事業者の施設で通信事業者などの立会いのもとにおいておこなわれてきました。盗聴法改悪法は、対象を窃盗、詐欺などの日常的な犯罪にまで大幅に拡大するとともに、盗聴を捜査機関の施設でできるようにしようとするものです。

この盗聴法改悪を許すならば、盗聴、秘密保護法、共謀罪、共通番号、監視カメラが一体となり、市民監視社会化が一挙に進むでしょう。
通信の秘密、言論・表現の自由を守るため、市民監視社会を阻止するために、盗聴法・刑訴法改悪法を廃案に追い込みましょう。ぜひ、院内集会にご参加ください。

■とき  3月31日(木)17時~19時30分
■ところ 参議院議員会館101室
■挨拶 国会議員
■対談/討論
海渡雄一さん(弁護士)×青木理さん(ジャーナリスト)×田島泰彦さん(上智大学教員)
■発言 市民団体
白石 孝さん(共通番号いらないネット)
桜井昌司さん(布川事件冤罪被害者)
鈴木 猛さん(日本国民救援会)
今井恭平さん(なくせ冤罪!市民評議会理事)
高田 健さん(解釈で憲法9条を壊すな!実行委員会)
■資料代  500円
■主催 盗聴法廃止ネットワーク
■協賛団体 「秘密保護法」廃止へ!実行委員会
共通通番号いらないネット
解釈で憲法9条を壊すな!実行委員会
■連絡先 盗聴法に反対する市民連絡会090-6138-9593(中森)/東京共同法律事務所(海渡・中川)03-3341-3133/日本国民救援会/03-5842-5842/ 反住基ネット連絡会090-2302-4908(白石)/許すな!憲法改悪・市民連絡会03-3221-4668

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

・12/5 憲法改悪-司法制度(裁判・検察・警察)はどうなる? -戦前・戦中の治安立法・弾圧から考える-

・12/5  憲法改悪-司法制度(裁判・検察・警察)はどうなる?
-戦前・戦中の治安立法・弾圧から考える-

戦争法案が強行採決され、さらに安倍政権は憲法「改悪」に向けて執念を燃やしています。
戦前・戦中は国民に対する総動員だけでなく、その国民を監視する体制として治安維持法と軍機保護法がありました。司法がどのように関わってくるのかを検証します。

日時 2015年12月5日(土)

開場 12:30

開演 13:00(終了予定16:00)
場所 かでる2・7 研修室730(札幌市中央区北2条西7丁目)
資料代  500円
講演 荻野富士夫さん(小樽商科大学教授)
主な著作  『思想検事』岩波新書、2000年
『戦前文部省の治安機能―「思想統制」から「教学錬成」へ 』校倉書房、2007年
『特高警察』岩波新書、2012年

主催 北海道裁判員制度を考える会(事務局:011-272-9555)

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

Home > タグ > 盗聴法

キーワードで抽出する(タグ)
フィード
メタ情報

Return to page top