ホーム > タグ > 生物多様性

11/17・コッシーに聞く!「生物多様性(生きもの)会議とは?」

市民自治を創る会主催

コッシーに聞く!「生物多様性(生きもの)会議とは?」~COP10会議報告~

報道でも話題になった、日本が議長国を担った「COP10/生物多様性条約会議」(生きもの会議)が名古屋で開催されました。これまで利益を享受してきた先進国と、途上国の「利害」対立だけが浮き彫りにされたように見えます。一方で、この地球上の「絶滅危惧種」はどんどん増えるばかり…。
市民自治を創る会主催「ピース☆カフェおしゃべりサロン」では8月に、沖縄に生息する希少生物などについて話し合いましがた、今回、このCOP10会議に参加した越田さんに、会議の模様やその結果について報告をしていただき、みなさんで考えます。申込み不要、多数ご参加ください。

●とき: 2010年11月17日(水) 18:30~20:30

●ところ: 札幌市民ホール 第4会議室(札幌市中央区北1西1 地下鉄大通31番出口)

●テーマ: 「COP10名古屋会議報告」

●お話: 越田清和さん(ほっかいどうピーストレード事務局長)

●参加費: 500円(申込み不要)

「ピース☆カフェおしゃべりサロン」は、平和・人権・自治・環境などの問題を、いろいろな方を迎えてお話を聞き、皆さんと考えます。不定期ですが、どなたでも参加できます。

●主催: 市民自治を創る会(代表 山口たか)
●問い合わせ: 011-214-0031(月・水・金 午後 ピース☆カフェ気付)

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

9/18・森と暮らす人々~生物多様性と明日のご飯~

森と暮らす人々 ~生物多様性と明日のご飯~

http://www.sapporoyu.org/modules/sy_myevent/index.php?id_event=255

生物多様性条約第10回締結国会議の日本開催を目前に、話題に上ることの多い生物多様性。日本では、この言葉から小笠原などの「特別な場所」を思い浮かべる人も多いかも知れません。一方、ラオスの農村では、生物多様性の豊かさは明日の食事の豊かさに直結します。自給的側面の強いラオスの農村の暮らしと、貧困削減の名のもと進められる商品作物栽培などの経済開発を対比させながら、「豊かさ」とは何か考えてみたいと思います。

●日 時 9月18日(土) 14:00~16:30
●会 場 さっぽろ自由学校「遊」
●参加費 一般1,000円 会員・学生800円

●講 師 平野将人さん
1974年生まれ、東京都出身。早稲田大学卒業後、サッポロビール営業職として愛知県に勤務。カンボジアでのNGO勤務を経て英国大学院留学。2008年 11月よりJVCラオス事務所勤務。南部サワナケート県において、住民主体の森林保全活動と、循環型農業のプロジェクトに携わっている。

【お申込・お問合せ】
さっぽろ自由学校「遊」
TEL.011-252-6752 FAX.011-252-6751
syu@sapporoyu.org

主催:NPO法人さっぽろ自由学校「遊」
共催:北海道NGOネットワーク協議会

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

9/18・世界先住民族ネットワークAINU 第3回学習会「北海道の自然の恵み」

世界先住民族ネットワークAINU 第3回学習会

2010年に名古屋で開催される「生物多様性条約第10回締約国会議」(COP10)において、WIN-AINUは関わっていきます。第一弾として、7月に実施された第2回目学習会が帯広市で行われました。
「WIN-AINUの関わり/経緯~行動と発信」をテーマに講師:WIN-AINU事務局長の秋辺日出男から講義がありました。また、今回の学習会は第2弾です。
COP10にむけ、COP10パートナーシップ事業に共催をしていきます。アイヌ民族を中心に、世界の先住民族・SATOBITO(里人)の国際的連携、COP10に連携し、愛・地球博(環境共生と多文化共生)の理念を継承することを趣旨としています。
また、「先住民族サミットinあいち2010」(主催:愛知県立大学・朝日新聞・WIN-AINU):10月15日~18日フォーラム「先住民族文化と生物多様性:研究と実践」&マウコピリカ音楽交流祭に参加します。
みなさんの多数のご参加をお待ちしております。詳細は下記のとおりです。
【第3回 学習会のお知らせ】
◆と き 2010年9月18日(土)14:00~16:00
◆ところ かでる2・7 8F「特別会議室」札幌市中央区北1条西7丁目
◆講 師 山岸 喬(やまぎしたかし)
◆テーマ 「北海道の自然の恵み」
先人のアイヌ民族の自然に対する知識も交えながら、北海道の自然の恵みについてお話をされます。
参加費:無料  資料代500円
○講師プロフィール
山岸 喬(やまぎしたかし)1945年生まれ
現在、北見工業大学教授。東京理科大学薬学部卒業、北海道立衛生研究所研究員、ノースカロライナ大学客員研究員、住友金属工金属(株)HQL研究所、薬剤師、薬学博士。
問い合わせ 世界先住民族ネットワークAINU
札幌事務局:島崎(電話090-2056-0272 FAX011-593-0655)
阿寒事務局:秋辺(電話090-9519-9392 FAX0154-67-2457)

http://www.frpac.or.jp/event_s/event_s_SearchDetail.aspx?ID=2492

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

4/24・道家哲平さん「生物多様性条約と私たち」

生物多様性条約と私たち
―名古屋COP10へ向けて日本の市民ができること

●講師 道家 哲平(どうけ てっぺい)さん
日本自然保護協会、国際自然保護連合(IUCN)日本委員会事務局担当、生物多様性条約市民ネットワーク(CBD市民ネット)運営委員、生物多様性フォーラム評議員。

■ 日 時 4月24日(土) 14:00~16:00
■ 会 場 さっぽろ自由学校「遊」(札幌市中央区南1西5愛生舘ビル2F)
■ 参加費 1,000円
*この講座は、連続講座「生物多様性と私たちの社会」(全5回)のプレ企画となります(料金は別)。

1992年に採択された生物多様性条約の解説や最近の締約国会議(COP)の様子、CBD-COP10の主要議題と期待される成果、CBD-COP10に向けた国際社会の動向、それに対するCBD市民ネットを中心とする日本の市民の取組み状況などを紹介し、考えます。


  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

Home > タグ > 生物多様性

キーワードで抽出する(タグ)
フィード
メタ情報

Return to page top