ホーム > タグ > 清水雅彦

・4/13 「共謀罪法案」に反対する研究団体&法律家団体 院内集会のお知らせ

・4/13  「共謀罪法案」に反対する研究団体&法律家団体 院内集会参加のお誘い
4月6日に「共謀罪(テロ等準備罪)法案」が国会に上程され、審議入りしました。この間、この法案については、閣議決定以前からも含め、様々な研究団体、法律家団体が反対の意見表明をしています。最近では、3月27日に、あらゆる法分野を含む研究団体である民主主義科学者協会法律部会(略称・民科法律部会)が反対声明を発表しました。
そこで、下記のような記者会見を開催し、これら研究団体の声明や法律家団体の取り組みを紹介しつつ、法律学の立場から法案の問題点を明らかにしたいと思います。
なお、記者会見ののち、院内集会として、参加者の懇談を予定しています。ご多忙中とは存じますが、ご都合のつく方は、よろしくご参加の程、お願いいたします。
・日時:4月13日(木)13時30分~16時
・記者会見13時30分~14時30分頃
・院内集会14時30分頃~16時00分
・場所:参議院議員会館地下1階B109会議室
・記者会見での発言予定者(順不同)
・小沢隆一(東京慈恵会医科大学教授・民科法律部会声明の紹介ほか)
・新倉 修(青山学院大学教授 刑事法学からの発言)
・白鳥晃司(平和と民主主義のための研究団体連絡会議(平民研連)代表委員 平民研連・歴史教育者協議会の声明紹介)
・清水雅彦(日本体育大学教授 憲法学からの発言)
・米倉洋子(弁護士 法律家団体の取り組み紹介)
・大江京子(弁護士 同)
*参議院議員会館への入構証は、当日13時頃から係の者がお渡しします。
(なお係の者は、記者会見開始後の13時30分過ぎには撤収しますので、ご注意ください)
【問い合わせ】
小澤隆一 〒182-8570 東京都調布市国領町8-3-1東京慈恵会医科大学内小澤研究室
TEL03-3430-8686(内線2241) FAX03-3280-4591(小澤宛と表記ください)
Eメール:jrozawa@jikei.ac.jpwp
  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

・3/7 衆議院会館院内集会“テロ等準備罪”の閣議決定を止めよう! 共謀罪創設に反対する百人委員会結成!

・3/7 “テロ等準備罪”の閣議決定を止めよう! 共謀罪創設に反対する百人委員会結成! 3.7院内集会

共謀罪をめぐる激しい攻防が続いています。既に国会審議のなかで法相が答弁不能になっているにもかかわらず、逆に安倍首相は法案の閣議決定・国会上程に突進しています。現代版の治安維持法の制定を絶対に許すことはできません。

様々な立場から反対の声をあげたいと思います。是非ともご参加ください。

■日時 3 月 7日(火)13時~15時(開場:12時30分)

*12時30分から議員会館入口で係の者が入館証をお渡しします。

■場所 衆議院第一議員会館1階 多目的ホール

■交通  永田町駅・国会議事堂前駅 下車 約5分

■資料代 500円

■集会内容

司会:山口正紀さん(フリージャーナリスト)、星山京子さん(日本基督教団牧師)

○経過説明と法案の問題点 足立昌勝さん(関東学院大学名誉教授)

○呼びかけ人の一人として 斎藤貴男さん(フリージャーナリスト)

○百人委員会参加者からの発言

・憲法的視点から 清水雅彦さん(日本体育大学教授)

・刑事法的視点から 新倉 修 さん(青山学院大学教授)

・弁護士の立場から  神 洋明さん(第一東京弁護士会)、弓仲忠昭さん(第一東京弁護士会)

・ジャーナリストの立場から 小林基秀さん(新聞労連委員長)

・写真家の立場から 豊田 直巳さん(フォトジャーナリスト)

・映画監督の立場から 山際 永三さん(映画監督)

・ブロガーの立場から 山崎 康彦さん(ネットジャーナリスト)

・出版社の立場から/宗教者の立場からなど

○国会議員からの発言

○行動提起  林克明さん(フリージャーナリスト)

○閉会の言葉  岩村智文さん(神奈川県弁護士会)

主催:共謀罪創設に反対する百人委員会

〔お問い合わせ先〕090-7723-1386

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

・2/15 「武力で平和は創れない! 憲法を活かし教育を創る十勝集会」(清水雅彦日体大教授講演)

・2/15 「武力で平和は創れない! 憲法を活かし教育を創る十勝集会」
【と き】2017年2月15日(水) 開場18:00、開会18:30、終了20:00
【ところ】帯広市市民文化ホール(小ホール)
【日 程】 18:10「高江一森が泣いている2」DVD上映
18:30 開会 主催者あいさつ 講師紹介
18:35 講演「戦争法・南スーダン自衛隊PKO活動の問題点と対抗諭」
講師 清水雅彦さん(日本体育大学体育学部教授)
19:50 集会アピール
20:00 閉会
【主 催】子どもたちの未来を考える十勝連絡会
連絡先 平和運動フォーラム十勝ブロック(事務局団体) 電話 0155-22-4334
  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

・1/27 今こそ読もう![憲法を変えて「戦争のボタン」を押しますか? 「自民党憲法改正草案」の問題点]

憲法を変えて「戦争のボタン」を押しますか?

「自民党憲法改正草案」の問題点

憲法を変えて「戦争のボタン」を押しますか?

どうなる? 日本国憲法の三大原理

著者:清水雅彦日体大教授(憲法学)

2013年8月13日高文研 定価:1200円

本書の特徴は、まず、どの部分を自民党が変えようとしているのかを知るために、自民党のHPで公開されている「日本国憲法改正草案」と現行の「日本国憲法」の条文対照表を掲載。その対照表を見ながら、「前文」から「最高法規」まで各章ごとに最も重要な問題点を解説。
今まさに、自民党の改憲草案に目を通し、ツッコミを入れていかなければなりません!

●担当編集者より

自民党は、サンフランシスコ講和条約発効から60年目となる昨年(2012年)4月に「日本国憲法改正草案」を発表しました。

そして12月の衆議院選挙、今年7月の参議院選挙を経て安定多数を獲得して、党是である「憲法改正」にいよいよ乗り出してきます。

自民党の「憲法改正草案」の問題点について批判する本は参院選前までに数多く出版されました。本書の特徴は、まず、どの部分を自民党が変えようとしているのかを知るために、自民党のHPで公開されている「日本国憲法改正草案」と現行の「日本国憲法」の条文対照表を掲載しました。その対照表を見ながら、「前文」から「最高法規」まで各章ごとに最も重要な問題点を解説しました。

なお、解説部分は、上段の本文で問題のポイントがどこにあるかを明確にし、下段の註釈部分は、本文中に出てくる用語や概念の補足説明とさらに突っこんだ議論ができるような論考を配置しました。
読者にはどの章からでも、関心のあるところから読んでもらえるような構成にしました。
今後、本格的な「憲法改正」論議に向き合うためのハンドブックとして、多くの人に活用していただければと思います。(真鍋かおる)

★自民党改憲草案には・・・

その第9章に「緊急事態」が新設されています!

ぜひご一読ください。

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

★「週刊金曜日」1041号(5/29)平和憲法最大の危機~首相官邸で嗤う安保マフィアたち~

★「週刊金曜日」1041号(5/29)平和憲法最大の危機~首相官邸で嗤う安保マフィアたち~

徹底分析:戦争法案11本。

安倍政権が米国で勝手に約束し、無理やりすすめる「戦争法」…安全保障と軍備増強は同じなのか?

「戦争は平和だ」・・・積極的平和主義…ジョージ・オーエル「1984年」「ビッグブラザー」。

清水雅彦教授(日体大・憲法学)に聞く「なにからなにまで憲法違反だ!」

ほくそ笑む軍需産業の好機到来

軍事がわからない安倍政権の暗愚…田岡俊次(軍事評論家)

http://www.kinyobi.co.jp/

選挙で勝てば何をやってもいい?

●週刊金曜日は定期購読者が支える雑誌です。

(大型)書店で本誌をご覧ください、一読ください。

※国民の7割が知らない、10月から送られてくる12ケタ「マイナンバー国民総背番号」。準備もできないうちにどんどん拡大利用。戦争事態になれば、徴兵徴用、国家総動員に使われる…?

《きんようびのはらっぱで》(情報欄)

「いちからわかる! 12ケタ共通番号・マイナンバー」

・6/2(火)18:30~20:30

・札幌市民ホール2階 第2会議室(地下鉄大通駅31番出口正面)

・講師:白石孝(共通番号いらないネット代表世話人、プライバシー・アクション代表)

・参加費(資料代):500円(申し込み不要)

・共催:市民自治を創る会(℡070-5065-5014)、プライバシーアクション・札幌など

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

・8/24 シリーズ「天皇制を考える」第4回「西暦、元号 あなたはどっち派? 天皇制と私たちの暮らし。憲法になんて書いてある?」

・8/24 シリーズ「天皇制を考える」第4回「西暦、元号 あなたはどっち派? 天皇制と私たちの暮らし。憲法になんて書いてある?」

普段、生年月日などを書くとき、あなたは《西暦》?それとも《元号》(昭和、平成など)?

元号は天皇が変わるたびに新しく作られます。

そのほかにも、君が代や祝日など、天皇制は意外に私たちの日常に密接に繋がっています。

今回、憲法学の清水雅彦日本体育大学教授に大日本帝国憲法と日本国憲法を比較しながら、憲法がどのように天皇制を規定し、私たちの暮らしにどんな影響を及ぼしているかをお話いただきます。

・2014,8,24(日)10時~12時(受付9:45)

・札幌エルプラザ4階大研修室(札幌駅北口)

・講師:清水雅彦・日本体育大学教授

・参加費:予約1000円(当日1200円)

・申し込み:sisken2014@gmail.com

・共催:システム研究会/日本の尊厳を回復する会

・協力:WHAT‘S

http://sisken2014.blog.fc2.com/blog-entry-1.html

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

・8/23 ご一緒しませんか?秘密保護法退治フェス!! 秘密保護法が施行されたら・・・「え?自由がなくなっちゃう!?」(講演&ディスカッション)

・8/23 ご一緒しませんか? 秘密保護法退治フェス!!

秘密保護法が施行されたら・・・「え?自由がなくなっちゃう!?」(講演&パネルディスカッション)

秘密保護法+集団的自衛権=戦争!?

秘密保護法運用基準素案などへ、「法廃止」のパブリックコメントを!(8月24日まで!!!)

検索:「STOP!秘密保護法」にパブリックコメント文案あります!

・2014,8,23(土)13:30~16:30

・北海道自治労会館5階 大ホール(札幌市北区北6西7 札幌駅徒歩5分)

プログラム(予定)
13:30 ごあいさつ「秘密保護法って?」
13:35 「秘密保護法、ここが問題!(仮)」伊藤絢子さん(弁護士)
13:55 「秘密保護法、警察のネライ(仮)」原田宏二さん(市民の目フォーラム代表)
14:25 休憩
14:55 ゲストによるパネルディスカッションとQ&A 「この法律で、どうなるの?」(仮)
原田宏二さん、清水雅彦さん(日体大教授・憲法学)、徃住嘉文さん(北海道新聞編集委員)、竹信航介さん(弁護士)
16:25 パブリックコメントについて
16:30 終了

今後の追加情報は、実行委員会のブログをご覧ください。
http://himitsuhogohoutaiji.blog.fc2.com/

・参加費:500円 高校生300円 中学生以下無料

★今後、徴兵制も?・・・お子さん、お孫さん、ご友人…とご一緒にご参加ください。★

主催:秘密保護法退治フェス実行委員会

協賛:北海道平和運動フォーラム

ただいま、企画進行中。詳細は・・・

http://himitsuhogohoutaiji.blog.fc2.com/

問合せ:a2014@freeml.com  ℡050-3594-2951 fax020-4624-0571

出展・出店一覧****

自然食ホロ・ほっかいどうピーストレード・みんたる・おきなわ工房・Y‘S CAFE・札幌映画サークル・フェアビジョン編集局・土環倶楽部・国民監視番号を許さない市民の会***

議員アンケートも掲示!

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

・3/8 国際女性デー札幌地区集会「清水雅彦(日体大准教授・憲法学)」講演会

・3/8 国際女性デー札幌地区集会「安倍政権は日本を『戦争する国』にするのか~清水雅彦(日体大准教授・憲法学)」講演会

・2014,3,8(土)13:30~15:30

・北海道自治労会館4階ホール(北6西7)

・講師:清水雅彦(日体大准教授・憲法学)さん

「安倍政権は日本を『戦争する国』にするのか~国家安全保障会議設置法、秘密保護法制定、集団的自衛権行使容認解禁論、そして改憲へ向かう中で」

・参加費:500円

・主催:集会実行委員会(I女性会議札幌 011-251-8800)

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

12/10 「裁判所における所持品検査を考える」シンポジウム

12/10 「裁判所における所持品検査を考える」

シンポジウム

本年3月1日から、札幌高等裁判所では、来庁者に対する「所持品検査」を実施しています。
札幌弁護士会は、札幌高等裁判所に対し、所持品検査実施の目的を明らかにするよう求めました。しかし、裁判所は「所持品検査の目的を明らかにすることは、警備上差し支えが生じる」として、その目的を明らかにしません。
来庁者に対して所持品検査を行うことは、国民に開かれた裁判所の基本理念に反するばかりでなく、プライバシー権の侵害、裁判を受ける権利など憲法上保障された人権を制約するものであるとして、札幌弁護士会は札幌高等裁判所に対し所持品検査の中止を求めてきました。また8月7日には「会長談話」を発表しました。しかし、札幌高等裁判所は、現在もなお所持品検査を継続しています。
この「所持品検査」には毎月約220万円(年間2640万円)の費用がかかっています。「目的」を明らかにしなまま、このような膨大な予算を使うことについて、札幌高等裁判所は説明責任を果たしていません。

そこで、札幌弁護士会では、所持品検査について、憲法学の視点から研究者にご意見を伺い、所持品検査の問題点を会員、市民の皆さんとともに裁判所における所持品検査を考えるために「シンポジウム」を開催することと致しました。
講師には、元札幌学院大学教授であり、現在、日本体育大学准教授で憲法学を教えておられる清水雅彦先生をお招きすることになりました。
シンポジウムでは、参加者の方からもいろいろご意見をお聞きし、今後の取組みの方向性などについても、ともに考えたいと思います。

多くの皆さんのご参加をお願いします。

 
日時

場所

平成25年12月10日(火)午後6時~
札幌弁護士会館5階会議室(札幌市中央区北1条西10丁目)
イベント概要 裁判所における所持品検査を考えるためのシンポジウム。講師として清水雅彦日本体育大学准教授(憲法学)をお招きしています。
参加方法 事前申し込みは不要です
参加費 無料
主催 札幌弁護士会
問い合わせ先 011-281-2428

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

11/21 秘密法に反対するすべての人たち大集合 stop!「秘密保護法」11.21大集会

11/21 秘密法に反対するすべての人たち大集合 stop!「秘密保護法」11.21大集会

「何が秘密? それは秘密」それはイヤだ!

「特定秘密保護法」が国会に提案されました。

「秘密」がどこにあるのかは、誰にも知らされません。

「秘密」を漏らしたり、漏らすように求めたりした人は懲役10年。

誤って漏らした人も同様です。

公務員やジャーナリストだけの問題ではありません。

原発の情報やTPP交渉のような、命や暮らしにかかわる情報もすべて隠されてしまうでしょう。・・・・

国の情報は政治家や官僚のものではありません。

必要なのは情報公開です。こんな法律を作ろうとしているのは、先進国では日本だけです。・・・・

・2013,11,21(木)18:30開会 19:30国会請願デモ

・会場:日比谷野外音楽堂(東京都千代田区日比谷公園1-5)

(地下鉄「霞ヶ関」「日比谷」「内幸町」下車) 

■主催:STOP!「秘密保護法」大集会実行委員会

http://himituho.com

(最新情報はHPでチェックしてください)

★2013,11,18(月) 18:00~

札幌・大通公園4丁目東側でも、大集会あります!

北海道平和運動フォーラム主催の「特定秘密保護法案」の廃案を求める緊急行動が11月18日に、札幌市・大通西4丁目東側で開かれます。

「特定秘密保護法案」は、11月7日に衆議院において審議に入りました。国民の「知る権利」が侵害され、政府が恣意的に秘密の範囲を拡大し、都合の悪い情報を隠蔽する可能性がある極めて問題のある法案です。「特定秘密保護法案」の廃案を求める緊急街頭行動が行われます。積極的な参加をお願いします。また、道平和フォーラムと中央フォーラムと連携し、11月25日(月)~27日(水)に中央行動を行います。

◇と き   2013年11月18日(月) 18:00~19:00

◇場 所  大通西4丁目東側

◇内 容  18:00~街頭宣伝行動、18:20~デモ行進

 

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

Home > タグ > 清水雅彦

キーワードで抽出する(タグ)
フィード
メタ情報

Return to page top