ホーム > タグ > 民主主義

・10/18~さっぽろ自由学校「遊」講座「市民自治 ―現在日本は民主主義か」

・10/18~さっぽろ自由学校「遊」講座「市民自治 ―現在日本は民主主義か」開講
森啓さんによる松下圭一さんの著作を読むシリーズの流れで、今回は森啓さんご自身の著作をテキストに「市民自治」とは何か、民主主義とは何かを深めたいと思います。当日受付も可能ですので、ふるってご参加ください。
===============================
市民自治
―現在日本は民主主義か
http://www.sapporoyu.org/modules/sy_course/index.php?id_course=585
現在日本は民主主義と言えるであろうか。いつの時代も、権力の座についた者は「言葉で人々を騙す」。アメリカの( トランプ) と日本の( 二枚舌安倍内閣) は同じである。安倍内閣は多数議席で秘密保護法( 取材禁圧法)、安保法制( 戦争法制)、共謀罪法( 言論弾圧法) を強行議決し、メディアは内閣官房の監視干渉で腰の引けた報道を繰り返し、官僚は「文書は廃棄しました」「記憶にありません」を繰り返す。日本は民主主義と言えないではないか。
本講座は、民主主義に不可欠な市民自治の実践理論の習得を目指す。
●10月18日(水)開講 全5回 月1回水曜18:45 ~ 20:45
●会 場 さっぽろ自由学校「遊」(愛生舘ビル5F 501)
●受講料 一般5,000 円 会員4,000 円 ユース2,000 円
(単発  1,000 円 ユース500 円)
●講 師 森 啓(もり けい)
中央大学法学部卒、神奈川県自治総合研究センター研究部長、北海道大学法学部教授、現在・北海学園大学法科大学院講師。主な著作「文化の見えるまち」「自治体学とはどのような学か」『自治体学の二十年・自治体学会の設立経緯』(公人の友社、2006 年)。詳細はhttp://jichitaigaku.blog75.fc2.com/ 参照。
●テキスト 森 啓『新自治体学入門』時事通信社 (2008年、2.300 円= アマゾン450 円)
・10月18日(水) 第1回
自治体
1) 自治体とは役所( 行政機構) のことか
2) 自治体と地方公共団体は同じか
3) 省庁は自治体の上級団体か
4) 自治体には独自の立法権・行政権・国法解釈権があるか
・11月15日(水) 第2回
市民と首長( 知事、市長、町長、村長)
1) 首長は当選すると( 大人数の自治体は車で) 役所に迎え入れられて役所側の人になる。
2) 首長は選挙のときに言っていたこと( 公約) を次第に実行しなくなる。なぜであろうか。
3) 首長は庁内( 行政内) を統括しているか、外ばかり見てはいないか
4) 首長は( 在任中のふるまい) と( 退任後に言うこと)が異なるのは何故であろうか
・12月20日(水) 第3回
市民と議員
1) 議会は信用されているか
2) 改めるべき議会改革の問題点は何か
3) 議会の会派とは何か-会派の決定と議員の評決権
4) 議会基本条例は議員だけで決定するものか
・1月24日(水) 第4回
市民と行政職員
1) 市民と住民は同じか
2) 自治体職員と地方公務員は同じか
3) 市民と行政職員との連携・協働は可能か
4) 職員が( 無難に大過無く) になり( 上司の意向を忖度する) のはなぜか
・2月21日(水) 第5回
市民自治
1) 市民自治と国家統治の違い
2) 国民主権と国家主権の違い
3) 市民と国民の違い
4) 自治基本条例は( 首長と議会) だけで制定するものか
=========================
NPO法人さっぽろ自由学校「遊」
札幌市中央区南1条西5丁目愛生舘ビル5F 501
*2017年4月より6Fから5Fに移転しました。
TEL.011-252-6752 FAX.011-252-6751
syu@sapporoyu.org
http://sapporoyu.org/
https://www.facebook.com/sapporoyu
  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

・9/11 第60回人権擁護大会 プレシンポジウム 「民主主義の危機に立ち向かう 報道現場から語るメディアと知る権利」

第60回人権擁護大会 プレシンポジウム 「民主主義の危機に立ち向かう 報道現場から語るメディアと知る権利」

クリックすると拡大します

情報公開は民主主義の基礎です。
現在の社会では十分な情報公開がなされているでしょうか。
特定秘密保護法が施行された今、メディアが真実を報道できているでしょうか。
メディアには、そして私たちには、十分な討論の機会が保証されていますか?

ニュース専門インターネット放送局「ビデオニュース・ドットコム」を主宰し、現代の社会問題に鋭い問題提起を続ける神保哲生(じんぼう てつお)氏を講師に迎え、メディアの現状とこれからの社会を展望します。

本年10月に滋賀県大津市で行われる、日本弁護士連合会人権擁護大会シンポジウム「情報は誰のもの?~監視社会と情報公開を考える~」に先立つプレシンポジウムとして開催します。

日時 2017年9月11日(月) 18時開演(17時30分開場)
場所 札幌エルプラザ 3階ホール 札幌市北区北8条西3丁目
イベント概要 第1部 ジャーナリスト神保哲夫氏の講演
第2部 神保氏と、弁護士との質疑応答、討論。
対象 どなたでも
定員 320名
参加方法 予約不要
参加費 無料
主催 札幌弁護士会
共催 日本弁護士連合会、北海道弁護士会連合会
問い合わせ先 札幌弁護士会 TEL:011-281-2428
  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

・10/8「戦争法廃止デモと民主主義」パネルディスカッション~21名参加で終了しました

・10/8 「戦争法廃止デモと民主主義」パネルディスカッション

8.30国会10万人・全国100万人大行動に呼応して開催した紀伊国屋書店札幌本店でのリレートーク・一斉コールには150人以上の市民と、そして今後の自衛隊の活動を心配する若い自衛官も・・・。

連日の市民デモにもかかわらず、安保関連法(戦争法)が強行成立してから、政府は次々と武器製造・輸出…「軍事国家」への道を突き進んでいます…。

3割の得票でも選挙で多数を取れば、なにをやってもいいのか?

また、10月5日からは住民登録のあるすべての人に、12ケタ共通番号の「番号通知」が始まります。

そして安倍政権は祖父(岸信介)の自民党憲法の実現へ・・・。

戦争法廃止活動の継続とその方法を考えるために、(次回の選挙でどう行動するか)下記を開催します。

…終了しました。

【戦争法廃止デモと民主主義】パネルディスカッション

・2015,10,8(木)18:30~20:30

・札幌エルプラザ2階 環境研修室(1)(40人)

・予定:パネリスト ふるえるデモの千夏さん、戦争法反対座り込みの宗教者、大学教員、デモに参加している人々…

・参加費:(会場代)500円(事前申し込み不要)

・主催:市民自治を創る会

なお、当日参加の方は「置きチラシ」可です。

問合せ:市民自治を創る会事務局(070-5065-5014)

shiminzichi@gmail.com

※台風23号の余波低気圧・悪天候にもかかわらず、21人の方々(若者も)が集まり、次回選挙に向けて熱く語りました。ご参加ありがとうございました。

※次回10月19日(月)市民自治を創る会・日本の政治を変えようシリーズ

「政党と話してみよう第1回民主党」にぜひご参加ください。

・10月19日(月)18:30~20:30

・札幌エルプラザ4階研修室2(札幌駅北口正面)

・参加費:500円申し込み不要(高校生以下無料)

※その次は11月9日「共産党と話してみよう」の予定です。


  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

・1/23 日本ジャーナリスト会議主催講演会「福島を教訓に原発を止めた米国市民―慰安婦問題にも異なる視点」@東京

・1/23  日本ジャーナリスト会議(JCJ)主催講演会「福島を教訓に原発を止めた米国市民―慰安婦問題にも異なる視点」@東京

フォトジャーナリスト・中村梧郎の現地リポート

・市民が原発を止める。米国内にある大きな流れだ。2014年9月末から10月初めにかけて現地を訪れた中村梧郎さんは地域に息づく民主主義、住民パワーを肌で感じ、カメラに収めてきた。福島原発事故が起きてから、世界各地で原発の安全性を問う動きが広がった。…2013年、米国カリフォルニア州のサンオノフレ原発が廃炉になった。それ以前の1989年に米国の市民は、住民投票によって同州ランチョセコ原発も廃炉に・・・。

・2015,1,23(金)18:30~21:00

・会場:日本橋公会堂・第4洋室(東京都中央区日本橋蛎殻町1-31-1)

・講師:中村梧郎さん(フォトジャーナリスト・JCJ代表委員)

・資料代:要予約500円(学生無料)

・主催:日本ジャーナリスト会議(JCJ)

・申し込み:氏名・メルアドを明記して・・・・

メール jcj@tky.3web.ne.jp  ファクス 03-3291-6478まで。

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

・10/31 負けるな北星!の会(略称マケルナ会)主催緊急シンポジウム「今、民主主義が危ない!~守ろう!北星学園~」

・10/31 負けるな北星!の会(略称マケルナ会)主催緊急シンポジウム
「今、民主主義が危ない!~守ろう!北星学園~」
・日時:2014,10,31(金)18:45~(18:15開場)
・会場:かでる2.7 4階 大会議室(札幌市中央区北2西7)
・参加費:500円(定員200人・予約不要)
☆発言者
荻野富士夫(小樽商大教授・マケルナ会呼びかけ人)
鈴木 賢  (北大大学院法学研究科教授・マケルナ会呼びかけ人)
ほか、弁護士の方などを予定
☆主な内容
1、ネット攻撃などの犯罪性について
2、大学の自治と学問の自由、報道の自由について
3、歴史的、社会的な位置づけについて
4、私たちに何ができるか
北星学園大学非常勤講師(元朝日記者)の解雇を要求する一連の脅迫は大学の自治、学問の自由、言論の自由を脅かす言論テロであり、民主主義への攻撃にほかなりません。
この緊急シンポジウムでは、これまでの経緯、現状、問題点を確認し、卑劣な攻撃から北星学園を守るために何ができるのか、意見交換を交えて考えます。
連絡先:makerunakai@yahoo.co.jp
  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

11/21 秘密法に反対するすべての人たち大集合 stop!「秘密保護法」11.21大集会

11/21 秘密法に反対するすべての人たち大集合 stop!「秘密保護法」11.21大集会

「何が秘密? それは秘密」それはイヤだ!

「特定秘密保護法」が国会に提案されました。

「秘密」がどこにあるのかは、誰にも知らされません。

「秘密」を漏らしたり、漏らすように求めたりした人は懲役10年。

誤って漏らした人も同様です。

公務員やジャーナリストだけの問題ではありません。

原発の情報やTPP交渉のような、命や暮らしにかかわる情報もすべて隠されてしまうでしょう。・・・・

国の情報は政治家や官僚のものではありません。

必要なのは情報公開です。こんな法律を作ろうとしているのは、先進国では日本だけです。・・・・

・2013,11,21(木)18:30開会 19:30国会請願デモ

・会場:日比谷野外音楽堂(東京都千代田区日比谷公園1-5)

(地下鉄「霞ヶ関」「日比谷」「内幸町」下車) 

■主催:STOP!「秘密保護法」大集会実行委員会

http://himituho.com

(最新情報はHPでチェックしてください)

★2013,11,18(月) 18:00~

札幌・大通公園4丁目東側でも、大集会あります!

北海道平和運動フォーラム主催の「特定秘密保護法案」の廃案を求める緊急行動が11月18日に、札幌市・大通西4丁目東側で開かれます。

「特定秘密保護法案」は、11月7日に衆議院において審議に入りました。国民の「知る権利」が侵害され、政府が恣意的に秘密の範囲を拡大し、都合の悪い情報を隠蔽する可能性がある極めて問題のある法案です。「特定秘密保護法案」の廃案を求める緊急街頭行動が行われます。積極的な参加をお願いします。また、道平和フォーラムと中央フォーラムと連携し、11月25日(月)~27日(水)に中央行動を行います。

◇と き   2013年11月18日(月) 18:00~19:00

◇場 所  大通西4丁目東側

◇内 容  18:00~街頭宣伝行動、18:20~デモ行進

 

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

11/7⇒14 公開講座「政治不信の解消策を探る」開講

11/7⇒14 公開講座「政治不信の解消策を探る」開講

自治体政策研究所とさっぽろ自由学校「遊」との共催で、
以下の3回連続講座を行います。

・参加無料です。お気軽にご参加ください。

==========================

公開講座「政治不信の解消策を探る」を明日、11月7日から開講します。
 参加して発言頂きたくご案内いたします。

・期  日 2013年11月7日・11日・14日 19時 ー 21時

・参加無料

 第1講 「民主政治の蘇生策~課題解決への現実方策」 (11月7日)
       秋山 孝二 (北海道市民環境ネットワーク理事長)

 第2講 「代表権限逸脱の制御策」  (11月11日)
      森  啓 (自治体政策研究所理事長)

 第3講 「政治不信の解消策を探る」 (11月14日)
      Ⅰ 対論   秋山 孝二 VS 森 啓
      Ⅱ 会場討論 

主 催  NPO法人自治体政策研究所
      NPO法人さっぽろ自由学校「遊」  
    
 場 所  愛生舘ビル6階 愛生舘サロン
      〒060-0061 札幌市中央区南1条西5丁目 

詳細は http://jichitaigaku.blog75.fc2.com/:

をご覧ください。

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

3/1 秘密のヒミツ 国民の自由、日本の民主主義をつぶすのか!「秘密保全法」制定に反対する札幌集会

3/1 秘密のヒミツ 国民の自由、日本の民主主義をつぶすのか!「秘密保全法」制定に反対する札幌集会(参加無料)

・2013,3,1(金)18:00開会(17:30開場)

・札幌市教育文化会館3F305研修室(札幌市中央区北1西13)

…最高で懲役10年という厳しい刑罰を科すという、「秘密保全法案」とは何か。

情報公開の必要性が強調される中、この法案は重要な情報を国民から遠ざけようとする、国民主権に反し、民主主義を根底から揺るがしかねません。今回の市民集会では、秘密保全法のヒミツに迫り、法案の問題点を探ります。

・参加無料

【プログラム】

・パネルディスカッション「秘密保全法案のヒミツに迫る」

・パネラー:高田昌幸(高知新聞記者・元北海道新聞記者)、

清水雅彦(日体大准教授・元札幌学院大教授・憲法学)、

三木正俊(弁護士・日弁連秘密保全法制対策本部副本部長)

・コーディネーター:竹之内洋人(弁護士・札幌弁護士会秘密保全法制対策本部事務局)

◎札幌弁護士会2012年度人権賞授与式(冒頭に約20分程度行ないます)

・主催・問合せ:札幌弁護士会(℡011-281-2428)

http://www.satsuben.or.jp

共催:日本弁護士連合会、北海道弁護士連合会

後援:日本新聞労働組合連合会、日本ジャーナリスト会議北海道支部

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

10/22・『市民の自治力』番外講座

テーマ「自治基本条例と議会基本条例の正しい考え方」

日本の民主主義は名ばかりのものだとよく言われます。市民が政治に参加するのは選挙のみで、市民がまちの課題を議論し政策に反映する習慣と土壌がありません。
道・市議会で何をしているのか市民からは見えにくく、多くの市民が関心を持つきっかけがありません。選挙で選ばれたはずなのに、「当選すればこっちのもの」とばかりに振舞う議員も少なからずいます。このため、道政や市政に対して不信感が蔓延しています。
このような議会や議員の問題点を改善するための新しい機能として、近年、「自治基本条例」「議会基本条例」が注目され、自治体業界では大流行しています。しかし、多くの市民はこのことを知りません。
この新しい動きを、市民は手放しで歓迎できるのでしょうか? この講座で検証し、将来への道筋を考えたいと思います。

●日時:10月22日(金)18:30~20:30
●講師: 森 啓(もり・けい)  NPO法人自治体政策研究所理事長
ゲスト 栗山町会議員の方(予定)
●受講料 一般 1,500円 会員 1,000円 学生 500円
●会場 さっぽろ自由学校「遊」

http://www.sapporoyu.org/modules/sy_myevent/index.php?id_event=263

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

Home > タグ > 民主主義

キーワードで抽出する(タグ)
フィード
メタ情報

Return to page top