ホーム > タグ > 松下圭一

・5/24~さっぽろ自由学校「遊」連続講座・松下圭一『市民自治の憲法理論』を読む

5/24~連続講座・松下圭一『市民自治の憲法理論』を読む

森啓さんによる松下圭一さんの著作を読むシリーズ、今回は岩波新書『市民自治の憲法理論』をテキストに行ないます。
ぜひ、ご参加ください。
松下圭一『市民自治の憲法理論』( 岩波新書) を読む
http://www.sapporoyu.org/modules/sy_course/index.php?id_course=567
本書は「憲法は、国家のものか市民のものか」と問い、「国家統治の観念」に「市民自治の理念」を対置して「憲法は市民自治の基本法であるのだ」と明快に論述した。本書が1975年9月に刊行されたとき「松下ショック」と言われた。かくて憲法理論と行政法理論は180度の転換が必要になった。だが学者は「国家観念」に疑念を抱くことも厳しく禁圧されており、さりとて誰も正面きって松下理論に反論もできなかった。だが市民は「ここに書いてあるとおりだ」と快哉して理解した。本書は松下市民政治理論の入門書である。
●5月24日(水)開講 全5回 月1回水曜18:45 ~ 20:45
●会 場 さっぽろ自由学校「遊」(愛生舘ビル5F 501)
●受講料 一般5,000 円 会員4,000 円 ユース2,000 円(単発 1,000 円 ユース500 円)
●講 師 森 啓(もり けい)
中央大学法学部卒、神奈川県自治総合研究センター研究部長、北海道大学法学部教授、現在・北海学園大学法科大学院講師。主な著作「文化の見えるまち」「新自治体学入門」「自治体学とはどのような学か」 。
詳細はhttp://jichitaigaku.blog75.fc2.com/ 参照。
●テキスト 松下圭一『市民自治の憲法理論』岩波新書 (1975年、720 円)
●参考書  森 啓 『新自治体学入門』時事通信社  (2008年、2.300 円)
大塚信一『松下圭一日本を変える』トランスビュー(2014年、3.600 円)
◎5月24日(水) 第1回 憲法と対立する法学的思考
戦後民主主義は、行政体質の革新をなさずして( 旧来の行政論理のままで)、憲法理論・行政法理論を手直して啓蒙した。そのため( 驚くべき) 時代錯誤の官治型・集権型の理論構成になっている。
・憲法学者、行政法学者はなぜ松下理論( 著作) を読まないことにしているのか
・行政法学の秘密とは ①行政機構の優越性、②行政法の段階構造 ③行政行為の公定性
◎6月21日(水) 第2回 分節政治システム―地方政府論
自民党の橋本竜太郎内閣のとき、菅直人議員が「憲法65 条の内閣の行政権限は(どこからどこまでか)」と質問した。「内閣の(つまり国の) 行政権限は憲法第八章の地方公共団体の権限を除いたものです」と、内閣法制局長官が答弁した。これが公式政府答弁である。すなわち、自治体は独自の行政権限を有しているのである。自治体行政を行うに必要な法規範を制定する権限も憲法によって保持しているのである。
・ところが、大学では「自治体立法権・自治体行政権・自治体解釈権」の講義をしていない。なぜであろうか。
◎7月19日(水) 第3回 国民主権と国家主権
日本はポツダム宣言を受諾して1946 年に「新憲法」を制定した。しかしながら、帝国大学の学者が「国家統治」の観念から自由になることはできる筈もなかった。
・憲法は「天皇主権」から「国民主権」に変わった。ところが大学では今も「憲法とは国家統治の基本法である」と教説している。何故であろうか。
・学者は「国家主権」と「国民主権」曖昧に( 意図的に)混同する。なぜであろうか。
◎8月23日(水) 第4回 国家法人理論と政府信託理論
大学の憲法講義は「国家」を統治主体と教説するがその「国家の観念」は曖昧である。なぜ日本の憲法理論(学会)は今も国家理論を踏襲するのか。主権者は国民(People・Citizen) である。国民が政府を構成し代表権限を信託し制御するのである。これが民主主義の理論である。
・国民と市民と概念を明晰にしよう。
・市民と住民の違いを認識しよう。
◎9月20日(水) 第5回 自治体は地方政府―政府三分化
1970年代に「自治体の発見」ということが言われた。都市問題・公害問題の激化に伴って市民運動が台頭し革新自治体が叢生した。主権の所在は国家に非ず。市民が主権主体である。自治体は市民生活に身近な地方政府である。「国家理論」の呪縛から自らを解放するのが市民学習である。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
NPO法人さっぽろ自由学校「遊」
札幌市中央区南1条西5丁目愛生舘ビル5F 501
*2017年4月より6Fから5Fに移転しました。
TEL.011-252-6752 FAX.011-252-6751
syu@sapporoyu.org
http://sapporoyu.org/
https://www.facebook.com/sapporoyu
  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

・5/21 「市民自治を考える集い~松下圭一理論に学ぶ~」

・5/21 「市民自治を考える集い~松下圭一理論に学ぶ~」

■開催趣旨

現在日本には、国家統治の明治憲法を郷愁する「国家主義」の動きが増大しており、国民主権・基本的人権・平和主義の憲法を改変する主張が強まっている。松下理論(著作)が多くの方々に伝わることが、松下先生への何よりの追悼である。併せて我々は「松下理論」を正当に理解しているであろうか、を自身に問う。

■日時

2017年5月21日(日)13:00~16:00(開場12:30)

■プログラム

・講演:森啓「松下理論とは」

・論点提起:政策型思考研究会会員などからの発言

・会場討論:「松下理論」から学んだこと

■会場

北海道自治労会館(3階)第1会議室(北6西7)

■参加費:300円

■定員:60名

■主催:「松下圭一理論に学ぶ」実行委員会

■申込先

メール:matusitarironkenkyukai@gmail.com

電話:090-9081-3454(今川)

*当日参加も可能ですが、できるだけ5月15日までにお申込みください。

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

Home > タグ > 松下圭一

キーワードで抽出する(タグ)
フィード
メタ情報

Return to page top