ホーム > タグ > 朝鮮学校

・2/28 レイシズムのない社会を作り出すために~番外編 なぜ朝鮮学校は襲撃されたのか?~共にくらす社会のためにヘイト・スピーチを考える~

・2/28 ~レイシズムのない社会を作り出すために~

番外編 なぜ朝鮮学校は襲撃されたのか? ~共にくらす社会のためにヘイト・スピーチを考える~

在特会らによる京都朝鮮第一初級学校裁判が5年の歳月を経て2014年12月9日上告棄却で確定した。名誉毀損並び業務妨害の不法行為及び被告人らの動機並び無形損害の根拠として人種差別が認定され、高額の損害賠償命令が下された。彼らはなぜ襲撃したのであろうか?それは朝鮮学校だったから。なぜ、朝鮮学校に襲撃したのか?朝鮮人のこどもたちの民族教育を行っているから。これが「下からの攻撃」であるとすると、補助金の停止及び高校無償化制度からの排除は、「上からの攻撃」と言える。ヘイト・スピーチは歴史的文脈に対する無理解ないし否定を背景にして発せられる。ヘイト・スピーチが蔓延すると、ターゲットにされた人々・集団に対する社会からの排除が当然視されるようになる。日本政府による朝鮮学校に対する不当な取り扱いはまさにその典型といえる。人間の尊厳と植民地支配によって奪われた民族的アイデンティティの回復のために、排外主義を克服しなければならない。

日時 2016年2月28日(日)開始10時~12時(受付9時40分)

会場 男女共同参画センター札幌エルプラザ2階環境研修室

講師 金 尚均(キム サンギョン)龍谷大学法科大学院教授(専門:刑法)

参加費 800円

在日する背景、裁判の経過や勝訴の持つ意義、専門の刑法とヘイトについて講演いただき、私たちの問題としても排外主義とどの様に向き合うのか考えて見たいと思います。

講師プロフイール

現在、2人のこどもを朝鮮学校に送る父母。2009年、京都朝鮮第一初級学校に対数在特会メンバーらの襲撃事件の際に、現場にいた。

1967年、大阪生まれ1990年、立命館大学卒業、1994年、ボン大学並び立命館大学大学院博士後期課程中退。山口大学、西南学院大学を経て現職。
著書:「ヘイト・スピーチの法的研究」、「危険社会と刑法」、「ドラッグの刑事規制」、「刑罰論と刑罰正義」

主催・問い合わせ先:ハンマダン

札幌市東区北9条東7丁目1 ギャラリー茶門 TEL/FAX011-711-1910(12時~17時)

賛同 eyes action・女のスペース・おん・さっぽろ自由学校「遊」北海道労働組合総連合・70年の今を見つめ、未来を考える会

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

Home > タグ > 朝鮮学校

キーワードで抽出する(タグ)
フィード
メタ情報

Return to page top