ホーム > タグ > 教科書

・11/5 日本ジャーナリスト会議北海道(JCJ)講演会「学校が危ない 安倍政権と日本会議の狙い」

・11/5 日本ジャーナリスト会議北海道JCJ講演会
「学校が危ない 安倍政権と日本会議の狙い」
・11月5日(土)午前10時~12時
・札幌市教育文化会館 4階講堂(札幌市中央区北1条西13丁目)
・500円(誰でも予約なしで参加できます。)
・講師:俵 義文・子どもと教科書全国ネット21事務局長
小松豊・札幌郷土を掘る会代表
今、日本では「侵略戦争も、日本軍「慰安婦」問題も、南京虐殺も、強制労働も無かった」などと言う政治家、評論家が少しずつ増えています。歴史学会はもとより、世界では通用しない、日本だけのガラパゴス的歴史改ざんです。
俵さんは、家永教科書検定訴訟を支援する全国連絡会常任委員などを歴任、日中韓3国共同歴史編纂委員会共同代表、マスコミ九条の会呼びかけ人などを務めています。安倍政権の後ろ盾として最近話題の日本会議についても、早くから、警鐘を鳴らしてきました。
小松さんは、元中学の歴史の先生です。札幌を中心に郷土の歴史の、よいところも悪いところもきちんと知ろう、と資料の発掘、現場調査を続けてきました。ダムや飛行場の建設で強制労働があったことなど、足で稼いだ歴史は貴重です。
JCJ(日本ジャーナリスト会議)北海道支部は、このお二人を招いて、講演会を企画しました。一緒に、真実を学びましょう。
・問い合わせ(岩井)011・851・5477
  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

・8/7 これでイイの?中学校歴史教科書 明治政府はアイヌに「土地をあたえた」! ?教科書のアイヌ民族記述を考える市民集会

・8/7 これでイイの?中学校歴史教科書 明治政府はアイヌに「土地をあたえた」!?

教科書のアイヌ民族記述を考える市民集会

日 時 8月7日(金) 18:30~20:30

会 場 札幌市民ホール2階会議室1・2(札幌市中央区北1西1)

内 容 Ⅰ 講演 明治政府の土地政策と旧土人保護法…先住民族への過去の不正義補償との関係で
吉田邦彦さん(北海道大学法学部教授)

Ⅱ 報告 日本文教出版歴史教科書の修正は何が問題なのか
〈中学校歴史教科書8社の分析から〉

Ⅲ 意見交流 今年のアイヌ民族教科書検定問題について

Ⅳ 集会アピール採択

・資料代 500円

・主催:教科書のアイヌ民族記述を考える会

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(チラシの呼びかけ)
今年4月、来春から中学生が学ぶ歴史教科書が文科省の検定により「政府はアイヌの人々の土地を取り上げて」から「土地をあたえて」と修正された(日本文教出版)という新聞報道がありました。この正反対の変更に驚いた人は多かったと思います。江戸時代まで北海道は、道南を除いてほとんどアイヌ民族の土地だったはずです。それを明治政府が「あたえる」とは、どういう意味でしょうか。教科書のなかには、育鵬社や自由社のようにアイヌ民族の記述がわずかで、内容に問題の多いものもあります。なぜ、文科省は検定によって正反対の記述にさせたのか、そもそも、歴史教科書にアイヌ民族のことはどのように書かれているのか、私たちが求める歴史記述とは、をみなさんと共に考える集会をもちます。どうぞ、ご参加ください !

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

Home > タグ > 教科書

キーワードで抽出する(タグ)
フィード
メタ情報

Return to page top