ホーム > タグ > 改憲手続法

・11/18 第4回憲法を考える札幌市民集会

・11/18  第4回憲法を考える札幌市民集会「世界の流れと憲法9条」
講師 鈴木頌氏
北海道アジア・アフリカ・ラテンアメリカ連帯委員会副理事長/IPPNW(国際反核医師の会)会員
中国の海洋進出や北朝鮮の核開発など安全保障環境の変化から、これに対応する法整備が喫緊の課題になって
いるという主張があります。しかし、本当にそうでしょうか?
講師の鈴木医師は、ラテンアメリカの研究をしております。ラテンアメリカでは、2011年に全ての中南米諸国(33カ国)が参加するSELAC(ラテンアメリカ・カリブ諸国共同体、セラック)が発足し、「核兵器全面廃絶に関する特別声明」を採択して、武力によらない安全保障を目指しています。
今回は、ラテンアメリカをはじめとする国際的な視点から北朝鮮問題を考察し、安全保障と憲法9条改正問題について、みなさんと一緒に考える場を持ちたいと思います。
憲法9条改正で守られるのは国民?それとも・・・。
・とき:2017年11月18日(日)10:00~11:45
・ところ:札幌市教育文化会館講堂(札幌市中央区北1条西13丁目)
・参加無料
・主催:憲法を考える札幌市民集会実行委員会
・事務局・お問い合わせ:
札幌市中央区大通西12丁目喫茶「絆」気付札幌中央区革新懇
090-2057-4150(岩崎) | iwasaki@ktd.biglobe.ne.jp |
  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

・10/7 憲法講演会「憲法改正を考える 安倍首相の9条改憲が意味するもの」

・10/7 憲法講演会「憲法改正を考える 安倍首相の9条改憲が意味するもの」

・日時:2017年10月7日(土) 13:30~15:30
・会場:カトリック北11条教会(北11東2/ 地下鉄東豊線「北13条東駅」より徒歩5分/地下鉄南北線「北12条駅」より徒歩10分/JR札幌駅から徒歩20分・タクシー5分)
・入場無料

・講師:伊藤 朝日太郎弁護士

安倍首相は5月3日の憲法記念日に「憲法9条の一項、二項を残しつつ、自衛隊を明文で書き込む」という憲法改正を行い、「東京オリンピックの2002年中に施行したい」と公言。その後、本年中に自衛隊を明記する改正案をまとめ、来年の通常国会で国会発議したいとの考えを明らかにしています。
では、安倍首相の改憲はいったい何を意味するのでしようか?それは単なる自衛隊の存在を明記するだけのことなのでしょうか?
さらに10月の総選挙が決まった今、なんとしても「戦争できる憲法」への暴走を止めたいと思います。
今回は、東京から伊藤 朝日太郎弁護士をお招きし、安倍改憲の意味するものをわかりやすく語っていただき、ともに考えたいと思います。
《伊藤 朝日太郎弁護士プロフィール》
滋賀県生まれ。同志社大学法学部、早稲田大学大学院法務研究科 卒業
2009年12月弁護士登録(愛知県弁護士会)、弁護士法人名古屋南部法律事務所にて勤務開始。2013年9月、キーストーン法律事務所に移籍。第二東京弁護士会所属。
業務内容
民事事件、刑事事件、また、在日外国人のビザ(在留資格)の問題、国際結婚のご相談、難民認定申請の手続代理、難民不認定処分取消請求訴訟、外国人を当事者とする離婚事件・労働事件等にも取り組んでいます。

・主催:カトリック札幌地区正義と平和協議会
・共催:日本カトリック正義と平和協議会(問い合わせ松永 011-864-5526)

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

・10/15  平和にYES!改憲にNO!市民が政治を変える!札幌アクション

・10/15 平和にYES!改憲にNO!市民が政治を変える!札幌アクション

・とき:2017年10月15日(日)13:00~15:00

・ところ:札幌大通り公園6丁目広場

○市民・各界からのスピーチ、ライブ&市民パフォーマンス

・呼びかけ団体:戦争させない市民の風・北海道

・共催団体:医療九条の会・北海道、市民連合北広島

・賛同団体:賛同団体を募集中です!(連絡先:q-ko@sea.plala.or.jp /090-2070-4423)

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

・10/7&8 講演会開催のお知らせ「日本国憲法の価値を再認識し、絶対に改憲を許さない」 &「安倍総理が求める 憲法9条に3項を設けるとは何か」

・10/7&8 講演会開催のお知らせ「日本国憲法の価値を再認識し、絶対に改憲を許さない」

&「安倍総理が求める 憲法9条に3項を設けるとは何か」

安倍首相がもくろむ憲法改悪について、いま1度しっかり問題点を考えよう。

2つの講演会をご案内します。

(1)「日本国憲法の価値を再認識し、絶対に改憲を許さない」

・講師:上田文雄氏(前札幌市長、戦争をさせない市民の風・北海道共同代表)
・日時:10月7日(土)午後1:30~3:30

・場所:真駒内総合福祉センター(札幌市南区・真駒内駅前通り左側、東急ストア道銀となり)

・会費:500円
・主催:第12回南区憲法フェスティバル実行委員会

(2)「安倍総理が求める 憲法9条に3項を設けるとは何か」

・講師:神保大地氏(弁護士)
・日時:10月8日(日)午後1:30~4:00

・場所:札幌教育文化会館4階講堂(北1西13)

・会費:500円
・主催:9条ネットワーク北海道野党共闘を求める有志の会

連絡先:平和をつくろう南区実行委員会(事務局:TEL/FAX011-581-7299 09082772338)

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

・5/29~ 憲法カフェ@ゆう「私たちの憲法」

・5/29~憲法カフェ@ゆう「私たちの憲法」
http://www.sapporoyu.org/modules/sy_course/index.php?id_course=573
●5月29日(月)開講 全5回 月1回月曜18:45 ~ 20:45
5/29、6/19、7/24、8/21、9/25
●会 場 さっぽろ自由学校「遊」(愛生舘ビル5F 501)
●参加費 一般4,000 円 会員3,200 円 ユース1,600 円
(単発 一般1,000 円 会員800 円 ユース400 円)
●チューター 池田 賢太(いけだ けんた)
1984 年、札幌生まれ。2011 年、弁護士登録。「自らの言葉で憲法を語る」をキーワードに講師活動を行う。
憲法は私たちのもの。国の為政者の勝手な思惑によってないがしろにされることのないよう、その意味を学び、何がどう変えられようとしているのか、それをどのように防いでいけばよいのかを学びあいましょう。
今回は、参加者が各自テキスト等を参考にしながら関心ある条文について調べ、レポートする形式をとりたいと思います。「自らの言葉で憲法を語れる市民」を目指して、学び合いましょう。
●参考テキスト 『加藤晋介の憲法入門』(自由国民社、1,944 円)
『 伊藤真の憲法入門』(日本評論社、1,836円)
*テキストは各自、好みのものをお買い求めください。(上記以外でも構いません)
★さっぽろ自由学校「遊」
〒060-0061 札幌市中央区南1条西5丁目 愛生舘ビル5F 501
TEl:011-252-6752 FAX:011-252-6751 syu@sapporoyu.org 郵便振替:02780-5-47036 自由学校「遊」
  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

・5/3  戦争をさせない北海道委員会5.3「憲法集会」開催のお知らせ

・5/3   5.3「憲法集会」を開催します
日 時 2017年5月3日(水・祝)10:30~12:30 10:30~街頭演説 11:30~デモパレード
会 場 大通公園西3丁目広場 西側(札幌市中央区大通西3丁目)
主 催 北海道平和運動フォーラム、戦争をさせない北海道委員会
多くの方のご参加をよろしくお願いします。
http://peace-forum.org/article-4356.html
※ このフライヤーは、コピーして使用できます。拡散いただければ、幸いです。
  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

第18回 市民意見広告運動スタートしました

第18回 市民意見広告運動スタートしました
2016年11月29日

平和・民主・人権を守る 「憲法を壊すな!」

2017年5月3日(施行70周年・憲法記念日)の “紙上のデモ” に参加しよう

画像

いま、国の最高法規である憲法の内容が大きく変えられようとしています。 安倍政権の下で行われた2014 年12 月の総選挙と2016 年7 月の参議院選挙で、 政府与党の自民・公明両党は衆議院と参議院で憲法「改正」の発議に必要な3 分 の2 以上の議席を占めました。

私たちはこうした憲法「改正」の動きに反対する市民の意見広告を、2017 年5 月3 日の全国紙にご賛同者 のお名前と共に掲載するほか、手段を尽くして私たちの主張を訴えていきます。市民意見広告運動は、さまざ まな事情で集会や街頭デモに参加できない方々も意見表明ができる紙上のデモです。ぜひご参加下さい。  詳細は賛同チラシをご覧ください。

画像賛同チラシ(A4 4頁)のダウンロード

賛同チラシ(A3 2頁)のダウンロード)

広告掲載は5月3日(憲法記念日)

  • だれでも参加できます。
    まわりの方にも市民意見広告運動への参加をすすめてください。 賛同チラシ(点字のチラシもあります)は送 料とも無料でお送りしますので、必要枚数をご請求ください。また、作業にご協力頂ける方はご一報ください。
  • 意見広告の掲載紙
    全国紙ほかへの掲載をめざします。
  • 掲載広告で訴える内容、
    実際に掲載する意見広告の文面は、チラシの考え 方にもとづき、今後の状況の変化を反映して決定します。
  • 賛同金と期限
    賛同金は 個人 一口2000円
    団体 一口4000円
    振り込み期限は2017年4月8日(ゆうちょ銀行受付印有効)です。
  • 賛同金の送り方
    チラシの振替用紙(払込取扱票)に必要事項を記入し、郵便局(ゆうちょ銀行)から送金してください。
  • 名前掲載の可否
    意見広告には賛同者のお名前を掲載します。掲載を希 望されない方は送金の際、払込取扱票の掲載「不可」を必 ず○(丸印)で囲んでください。掲載「不可」のご連絡がない限 り原則としてお名前を掲載致しますのでご了承ください。
  • 広告掲載紙を事前に知りたい方へ
    掲載予定紙は、市民意見広告運動のホームページで事 前にお知らせします。4月20 日までに返信先記入の往復 ハガキをお送り頂いた方には、5 月3 日の掲載紙をご連 絡します。

市民の意見30 の会・東京
第18回市民意見広告運動 担当 野澤信一

〒151-0051   東京都港区三田3-4-17-206   Tel 03-6435-2030 Fax 03-6435-2031
メール info@ikenkoukoku.jp ホームページ http://www.ikenkoukoku.jp
Facebook https://goo.gl/QXgNr4

●この運動は、いかなる政党・政治団体にも属さない市民運動です。
●事務所には常駐の事務員がおりません。ご連絡はなるべくメール、FAX でお願いします。

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

・11/19 11.19戦争をさせない北海道委員会 総がかり行動

・11.19戦争をさせない北海道委員会 総がかり行動
1.日 時 2016年11月19日(土)11:00~
2.場 所 札幌市中央区大通西3丁目広場
3.主 催 戦争をさせない北海道委員会 北海道平和運動フォーラム
4.内 容 集会 11:00~          デモパレード 11:20~
※天候等の事情により、変更がある際は、ホームページにてお知らせします。
http://peace-forum.org/article-3934.html
  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

・10/24  第10回憲法問題連続講座『憲法24条が狙われている~家族条項は美しい?』清末愛砂さん(室蘭工業大学大学院工学研究科准教授)

・10/24  第10回憲法問題連続講座

1.日 時  2016年10月24日(木)集会18:00~

2.場 所  札幌市北区北6条西7丁目 北海道自治労会館 5階大ホール

3.主 催  戦争をさせない北海道委員会 北海道平和運動フォーラム

4.内 容  講演 清末愛砂さん(室蘭工業大学大学院工学研究科准教授)

演題 『憲法24条が狙われている~家族条項は美しい?』

5.参加費    無料 ※事前申込み不要

http://peace-forum.org/article-3934.html

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

・10/1 池田賢太弁護士(北海道合同法律事務所)憲法講演会 『自民党改憲草案』で日本はどうなる?

・10/1 池田賢太弁護士(北海道合同法律事務所)憲法講演会『自民党改憲草案』で日本はどうなる?

今回の参議院選結果から現実味を帯びてきた憲法改正。

現憲法が保障する私たちの平和や人権の危機が気になる。

9条違反の集団的自衛権行使のため11月には、自衛隊が武器使用を認められ南スーダンに派兵される。

全ての権限を首相に集中させる緊急事態条項の新設も浮上している。

この不安状況の中で、「憲法とは何か」「緊急事態条項って?」「自衛隊はどうなる…」「今の憲法ではダメなの」・・・・

池田弁護士のお話しから考えてみましょう。

・日時:2016年 10月1日(土)13:30〜15:30

・会場:カトリック北一条教会 カテドラルホール(札幌市中央区北1条東6丁目  地下鉄東西線「バスセンター前」下車10番出口より徒歩3分 中央体育館向かい)

・入場無料

・主催:札幌地区カトリック正義と平和協議会

・後援:日本カトリック正義と平和協議会

・お問合せ 札幌地区正義と平和協議会 松永  武 011-864-5526

image

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

Home > タグ > 改憲手続法

キーワードで抽出する(タグ)
フィード
メタ情報

Return to page top