ホーム > タグ > 憲法

・2/19 「戦争をさせない北海道委員会」総がかり行動

・2.19「戦争をさせない北海道委員会」総がかり行動

日 時 2018年 2月19日(月)18:00~19:15(予定)
場 所 北海道自治労会館4Fホール(札幌市北区北6条西7丁目)
主 催 戦争をさせない北海道委員会
共 催 北海道平和運動フォーラム・北海道憲法改悪反対共同センター
内 容 「安倍9条改憲NO!憲法を生かす全国統一署名」をやり抜こう!
基調提起 フォーラム・人権・環境 代表 福山真劫さん ほか
※デモパレードは行いません。
入場無料、事前申込み不要

http://peace-forum.org/article-4866.html

安倍首相は1月22日の施政方針演説で「各党が憲法の具体的な案を国会に持ち寄り、憲法審査会において、議論を深め、前に進めていくことを期待」すると、今国会での改憲論議加速に意欲を示し、3月自民党大会にむけて、原案をまとめる動きとなっています。
「戦争をさせない北海道委員会」では、引き続き改憲反対を訴えるとともに、「安倍9条改憲NO!憲法を生かす全国統一署名」を成功させ、「改憲阻止」「戦争法」の廃止にむけ、「総がかり行動」を開催します。ぜひ、ご参加ください。

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

・2/11 「第41回紀元節復活反対2・11道民集会」開催

「第41回紀元節復活反対2・11道民集会」を開催します。

http://peace-forum.org/article-4854.html

【第41回紀元節復活反対2・11道民集会】
日時:2018年2月11日(日)13:30~15:30(受付13:00~)
会場:ホテルライフォート札幌2F「ライフォートホール」
(札幌市中央区南10西1)
主催:靖国神社国営化阻止道民連絡会議
内容:講演「憲法の未来」
講師 木村 草太さん(首都大学東京教授)
※入場無料、事前申込み不要
★2.11道民集会チラシ

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

・2/9  2月の戦争させない北海道委員会の総がかり行動

2月の戦争させない北海道委員会の総がかり行動

・日時 2月19日(月) 午後6時から

・場所 北海道自治労会館4階 中ホール

東京から、市民連合の中心的な担い手である戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会」の福山真劫さん(平和フォーラム・共同代表)と小田川義和さん(憲法共同センター・全労連事務局長)が来られてお話しが聞けます。

このお二人がそろつて集会で話されるのは北海道では初めてのことです。

どうぞお集まりください。

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

・2/10 憲法講座「今知らないと大変なことになる こわ~い憲法改正」

2月10日「今知らないと大変なことになる  こわ~い憲法改正」

東京オリンピックまでに国民投票?
「今知らないと大変なことになる こわ~い憲法改正」
講師 清末 愛砂さん 室蘭工業大学大学院 准教授
日 時: 2月10日(土) 10:30~12:30
場 所: 札幌エルプラザ2階 消費者サロン1・2(札幌市北区北8西3)
参加費: 無料(定員35名)
・事前連絡なしの当日の参加もOKです!
主 催:生活クラブ文化委員会

https://www.s-coop.or.jp/HpContents/TopicDetailDisp?id=293

憲法は皆さんにとってどんな存在でしょうか。普段意識することがあまりないかもしれませんが、とても大切なものです。基本的人権、平和主義、国民主権を高らかに謳った日本国憲法は、今まで静かに国民の側に立ってきました。憲法は法律と違って、国民ではなく、国が勝手気ままなことをしないように国を縛るものだからです。これを立憲主義といいます。
今、憲法改正がいよいよ視野に入ってきました。自民党の憲法改正草案によれば国と国民の立場が入れ替わるかもしれません。これは私たちにとってピンチです。今こそ、憲法とその改正案を学習して、自分の立ち位置をしっかりとさせ、国民投票に備えましょう。

・連絡・問合せ:生活クラブ生活協同組合 札幌市西区発寒9条13丁目1-10 TEL 011-665-1717(川瀬) fax665-2325

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

・12/19 講演会「ヒロシマ・ナガサキから平和を考える」

・12/19 講演会「ヒロシマ・ナガサキから平和を考える」
北海道に321名もの被爆者がいることをご存知でしょうか。その被爆者の平均年齢は82.6歳になりました。しかし被爆者は「再び被爆者をつくらない」ために、生きている限りあの地獄を語り伝えなければと考えています。
今年、国連で核兵器禁止条約が採択されICAN(核兵器廃絶国際キャンペーン)にノーベル平和賞が授与されることになりました。この出来事は長年の被爆者の願いにこたえるものでもあります。世界史はいまようやく核兵器廃絶に向けて新しい1ページを開こうとしています。
ところが他方で、日本を再び戦争できる国に作り変えようとする動きが次々と出てきています。また核開発と核脅迫のエスカレートも顕著です。世界はいったいどこに向かおうとしているのでしょうか。
広島・長崎への原爆投下から72年、戦争と原爆の記憶はしだいに実感から遠くなってきています。いま私たちにできることは何なのでしょうか。
ヒロシマ・ナガサキから平和について考えてみたいと思います。

・日時:2017年12月19日(火) 18:30~20:00
・会場:カトリック山鼻教会(中央区南10西11)
・講師~北明邦雄 さん
利用交通機関:じょうてつバス
①札幌・大通り方面からは、下記のバスに乗り、南9条西11丁目で降車。
・南4(真駒内駅行) ・南54(南町4丁目行) ・南55(硬石山、藻岩高校前行) ・南64(真駒内本町行)
②真駒内・定山渓方面からは、下記のバスに乗り、南11条西11丁目で降車。
・南4(西11丁目駅・市立病院前行)・南54(大通西4丁目行 )・南55(札幌駅行) ・南64(札幌駅北口行)
・入場無料
・主催:カトリック札幌地区正義と平和協議会
(問い合わせ松永 011-864-5526)

〈講師ブロフィール〉
1947年名寄市風連町に生まれる。
大学卒業後北海高校に社会科教師として勤める。
4年前に退職し、北海道被爆者協会の仕事を手伝う。
現在同会事務局次長。
  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

・12/18 市民自治を創る会「おしゃべりサロン」開催

・12/18 年末最後の「おしゃべりサロン」のご案内です。
日時 12月18日(月)18時~
会場 エルプラザ4階
会場費 500円おねがいいたします
話題提供 守田恵美子さん
主催(&問合せ) 市民自治を創る会(070-5065-5014)
今回は特に講師はお願いしていませんが
今年一年ふりかえり、カンカンガクガク、ケンケンゴウゴウ、おしゃべりします。
もり・かけ・問題、、、総選挙、、、改憲、、、新しい年へのエネルギーにできたら
と思います。お忙しいところとは思いますが、いらしてください!

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

・2018 1/22 アーサー・ビナードさん、田丸正幸さんに聞く! きょうの沖縄、あしたの日本

・1/22 アーサー・ビナードさん、田丸正幸さんに聞く!
きょうの沖縄、あしたの日本

沖縄にはなぜ原発がないの?
どうして、むりやり基地がつくられるの?
東村高江のヘリパット新設中、反対する住民たちの抗議行動に何度も参加したアーサー・ビナードさんと、現地に暮らす田丸正幸さん。
おふたりに、マスコミ報道では分からない、沖縄の真実を聞きませんか。
そして、政府がねらう憲法改正の本当の目的を探りませんか。
沖縄と北海道の距離を理由に、知らんぷりはしたくない!
私たちに何ができるのか。みんなで一緒に考えましょう。
■とき:2018年1月22日(月)18:30〜20:00(18:00開場)
■ところ:札幌エルプラザ 4F 大研修室
(札幌市北区北8条西3丁目:札幌駅北口地下歩道12番出口横から直通)
■参加料:当日申し込み1,000円  事前申し込み 800円(学生は無料)
■申し込み先:TEL(011)-280-8722、280-5225  FAX (011)-280-5226
メールa-sasaki@roukyou.gr.jp (ワーカーズコープ佐々木まで)
▲アーサー・ビナードさん
米国ミシガン州生まれ。ニューヨーク州コルゲート大学英米文学部を卒業後、22歳で来日。翻訳や日本語での詩作を始める。詩人、エッセイスト、絵本作家、ラジオパーソナリティーなど幅広く活躍中。新作絵本『ドームがたり』のほか、『知らなかった、ぼくらの戦争』など著書多数。広島市在住。
▲田丸正幸さん
福岡生まれ。5歳で父親が営む採石場で事故にあい、片手首より先を失う。2014年夏、初めて高江に行きヘリパッド建設反対運動を始める。現在は、個人での講演を全国で行いながら、裁判の救援隊を担う。高江で山羊を飼う酪農家。
■主催/「アーサー・ビナードさん&田丸正幸さん講演会」実行委員会
■共催/ 医療九条の会・北海道  一般社団法人日本社会連帯機構  ワーカーズコープ北海道事業本部
■協賛/ 札幌YWCA

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

・11/23 第48回靖国神社問題北海道キリスト教連絡会議 講演会『宗教改革から「信教の自由」へ』

・11/23 第48回靖国神社問題北海道キリスト教連絡会議
講演:『宗教改革から「信教の自由」へ』
・日時:2017年11月23日(木曜・休) 10:20~
・場所:北海道クリスチャンセンター、チャペルにて(札幌市北区北7条西6丁目 011-736-3388)
・集会名:第48回靖国神社問題北海道キリスト教連絡会議
・講演:『宗教改革から「信教の自由」へ』
・講師:大西晴樹氏(明治学院大学教授、キリスト教史学会理事長)
・参加費:500円(高校生以下無料)
10:00受付開始
10:20~10:40礼拝
10:45~12:20講演・質疑応答

・主催:靖国神社国営化阻止北海道キリスト教連絡会

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

・11/7 「第16回憲法問題連続講座(明文改憲)」

・11月7日に「第16回憲法問題連続講座(明文改憲)」を開催します

【第16回憲法問題連続講座(明文改憲)】
http://peace-forum.org/article-4769.html

日時 2017年11月7日(火)18:30~20:30
会場 北海道自治労会館4Fホール(札幌市北区北6条西7)
主催 北海道平和運動フォーラム、戦争をさせない北海道委員会
入場無料 事前申込不要、当日直接会場へお越しください
内容 講演(問題提起)/パネルディスカッション
「明文改憲ちょっと待った!!-9条自衛隊明記問題と私たちの未来」
★問題提起Ⅰ「9条明文改憲の問題」/清末愛砂さん(室蘭工業大学大学院准教授)
★問題提起Ⅱ「教育の無償化・参院合区解消の問題」/池田賢太さん(弁護士)
★問題提起Ⅲ「『緊急事態条項・「知る権利」の問題』/岩本一郎さん(北星学園大学教授)
★パネルディスカッション
清末愛砂さん、池田賢太さん、岩本一郎さん

フライヤー ※拡散希望
  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

・11/25 布施祐仁講演会「憲法九条と自衛隊の在り方を考える-朝鮮半島の緊張の中で」

・11/25 布施祐仁講演会「憲法九条と自衛隊の在り方を考える-朝鮮半島の緊張の中で」

総選挙の結果を受けて、九条改憲と自衛隊、北朝鮮問題が、この国の将来を決める大問題となっております。

医療九条の会・北海道は下記の要領で、布施祐仁氏講演会を開催いたします。

演者の布施氏は「いま北朝鮮が対話で核・ミサイル開発を中止するとは思えない。しかし外交のチャンスは必ずやってくる。その時に向けて今から対話のチャンネルをつくるのだ。妥協するという話ではない。「対話の呼びかけは無駄骨」と言うことこそ無意味だと思う。日本は何もしません、と言っているに等しい」と述べています。

きわめてタイムリーな内容になると考えますので、出来るだけ多くの方々のご参加をお願いいたします。

・日時:2017年11月25日(土)午後3~5時

・会場:TKP札幌ビジネスセンター赤レンガ前「はまなす」(道庁北側)北4条西6丁目1毎日札幌会館5階

・参加費:500円

【プロフィール】布施祐仁(ふせ・ゆうじん):ジャーナリスト・平和新聞編集長1976年、東京生まれ。昨年9月防衛省にかけた情報公開請求がきっかけとなって南スーダン日報問題が明らかになった。著書に「日米密約 裁かれない米兵犯罪」、「ルポ イチエフ」(岩波書店)など。共著に「沖縄 基地問題を知る事典」、「Q&Aで読む日本軍事入門」(吉川弘文館)、「経済的徴兵制」(集英社新書) 等。

・主催:医療九条の会・北海道

・問合せ:011-758-4585

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

Home > タグ > 憲法

キーワードで抽出する(タグ)
フィード
メタ情報

Return to page top