ホーム > タグ > 平和

・2/10 憲法講座「今知らないと大変なことになる こわ~い憲法改正」

2月10日「今知らないと大変なことになる  こわ~い憲法改正」

東京オリンピックまでに国民投票?
「今知らないと大変なことになる こわ~い憲法改正」
講師 清末 愛砂さん 室蘭工業大学大学院 准教授
日 時: 2月10日(土) 10:30~12:30
場 所: 札幌エルプラザ2階 消費者サロン1・2(札幌市北区北8西3)
参加費: 無料(定員35名)
・事前連絡なしの当日の参加もOKです!
主 催:生活クラブ文化委員会

https://www.s-coop.or.jp/HpContents/TopicDetailDisp?id=293

憲法は皆さんにとってどんな存在でしょうか。普段意識することがあまりないかもしれませんが、とても大切なものです。基本的人権、平和主義、国民主権を高らかに謳った日本国憲法は、今まで静かに国民の側に立ってきました。憲法は法律と違って、国民ではなく、国が勝手気ままなことをしないように国を縛るものだからです。これを立憲主義といいます。
今、憲法改正がいよいよ視野に入ってきました。自民党の憲法改正草案によれば国と国民の立場が入れ替わるかもしれません。これは私たちにとってピンチです。今こそ、憲法とその改正案を学習して、自分の立ち位置をしっかりとさせ、国民投票に備えましょう。

・連絡・問合せ:生活クラブ生活協同組合 札幌市西区発寒9条13丁目1-10 TEL 011-665-1717(川瀬) fax665-2325

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

・12/19 講演会「ヒロシマ・ナガサキから平和を考える」

・12/19 講演会「ヒロシマ・ナガサキから平和を考える」
北海道に321名もの被爆者がいることをご存知でしょうか。その被爆者の平均年齢は82.6歳になりました。しかし被爆者は「再び被爆者をつくらない」ために、生きている限りあの地獄を語り伝えなければと考えています。
今年、国連で核兵器禁止条約が採択されICAN(核兵器廃絶国際キャンペーン)にノーベル平和賞が授与されることになりました。この出来事は長年の被爆者の願いにこたえるものでもあります。世界史はいまようやく核兵器廃絶に向けて新しい1ページを開こうとしています。
ところが他方で、日本を再び戦争できる国に作り変えようとする動きが次々と出てきています。また核開発と核脅迫のエスカレートも顕著です。世界はいったいどこに向かおうとしているのでしょうか。
広島・長崎への原爆投下から72年、戦争と原爆の記憶はしだいに実感から遠くなってきています。いま私たちにできることは何なのでしょうか。
ヒロシマ・ナガサキから平和について考えてみたいと思います。

・日時:2017年12月19日(火) 18:30~20:00
・会場:カトリック山鼻教会(中央区南10西11)
・講師~北明邦雄 さん
利用交通機関:じょうてつバス
①札幌・大通り方面からは、下記のバスに乗り、南9条西11丁目で降車。
・南4(真駒内駅行) ・南54(南町4丁目行) ・南55(硬石山、藻岩高校前行) ・南64(真駒内本町行)
②真駒内・定山渓方面からは、下記のバスに乗り、南11条西11丁目で降車。
・南4(西11丁目駅・市立病院前行)・南54(大通西4丁目行 )・南55(札幌駅行) ・南64(札幌駅北口行)
・入場無料
・主催:カトリック札幌地区正義と平和協議会
(問い合わせ松永 011-864-5526)

〈講師ブロフィール〉
1947年名寄市風連町に生まれる。
大学卒業後北海高校に社会科教師として勤める。
4年前に退職し、北海道被爆者協会の仕事を手伝う。
現在同会事務局次長。
  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

・12/18 市民自治を創る会「おしゃべりサロン」開催

・12/18 年末最後の「おしゃべりサロン」のご案内です。
日時 12月18日(月)18時~
会場 エルプラザ4階
会場費 500円おねがいいたします
話題提供 守田恵美子さん
主催(&問合せ) 市民自治を創る会(070-5065-5014)
今回は特に講師はお願いしていませんが
今年一年ふりかえり、カンカンガクガク、ケンケンゴウゴウ、おしゃべりします。
もり・かけ・問題、、、総選挙、、、改憲、、、新しい年へのエネルギーにできたら
と思います。お忙しいところとは思いますが、いらしてください!

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

・10/27 週刊金曜日(1158号)特集「2017衆議院総選挙」

2017衆議院選挙

  • http://www.kinyobi.co.jp/
  • 大勝なのに高揚感欠く改憲翼賛会政治
    本誌取材班10月22日投開票の衆議院選挙は、自民、公明両党で改憲の発議に必要な「3分の2」を確保した。改憲に前向きな希望の党・日本維新の会とあわせると、強大な改憲勢力が出現したことになるが、安倍晋三自民党総裁に高揚感は感じられない。むしろ、改憲阻止を掲げる立憲民主、共産、社民に勢いが増している。
  • 野党・市民共闘、注目の8選挙区ルポ
    「アベ政治打倒」の共闘が拡がる問われたのはアベ政治の継続か否かだった。自民大勝に終わった2017年衆議院議員選挙だが、「安倍政権打倒」を掲げたリベラル・革新勢は野党・市民共闘によって各地で熱戦を展開。注目の8選挙区をリポートした。

    【埼玉】リベラル支持の受け皿に 枝野「立憲」が大勝利(坂本洋子)
    【新潟】野党共闘の成功モデル 4勝2敗で競り勝つ(横田一)
    【愛知】薄氷の当選支えた市民の力 「中道リベラルの接着剤に(井澤宏明)
    【大阪】「リベラルの砦」の存在感 立憲民主に確かな手応え(粟野仁雄)
    【北海道】立憲民主旋風で「全勝」 見えた野党共闘の課題(長谷川綾)
    【沖縄】「辺野古反対」の民意示す オール沖縄が3戦1敗(渡瀬夏彦)
    【山口】加計学園疑獄の解明訴え 落選しても追及の手緩めず(浅野健一)
    【千葉】「市民連合」選挙を掲げ 善戦も比例復活ならず(平井康嗣)

  • この衆議院選挙は、何だったの?!第48回衆議院選挙(10月22日投開票)。有権者はそれでも“この人”たちに投票した。「何だったんだ、この選挙」。8人の方に緊急寄稿してもらった。

    異常な出来事で始まった選挙戦(白井聡)
    立憲民主党躍進に見た一条の光(望月衣塑子)
    選挙制度が生んだ政党の離合集散(大山礼子)
    立民躍進で「ファシズムvs.デモクラシー」鮮明に(想田和弘)
    「排除」と「包摂」それ以前の大問題(畠山理仁)
    争点から抜け落ちた福島原発事故への対応(白石草)
    自分にとって譲れないものをあらためて確認(朴慶南)
    民主主義蘇生のための歴史的な闘いが始まる(金子勝)

  • 追及!国際医療福祉大学の誘致疑惑 6
    転貸された市有地で収益事業をやっていいのか 片岡伸行
  • 「釣り船責任説」の海自輸送艦衝突事故に新事実
    「おおすみ」が危険認識しながら全速航行し衝突か 三宅勝久
  • 幻の銘酒復活プロジェクト
    「花の香楽会」──人と季節と体験の物語 世古一穂/土田 修
  • 吉見俊哉・東京大学大学院教授と考える
    宗教改革500年と21世紀 平井康嗣
  • フィリピンの貧困
    16歳の母ローサン 写真・文 吉田尚弘
  • 写真ルポ 7年目迎えた「経産省前テントひろば」
    強制撤去後もつづく人々の交流 豊田直巳
  • 愛知県日進市・崩壊する教育現場
    小学生のピアス問題が在日コリアン差別落書きに 成田俊一
  • 個人情報は守られるのか
    札幌市が計画するICT実証実験 加藤やすこ
  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

・10/15 『平和にYES!改憲にNO!市民が政治を変える!札幌アクション』

・10/15 『平和にYES!改憲にNO!市民が政治を変える!札幌アクション』

・2017年10月15日(日)13:00~15:00

・札幌大通り公園6丁目広場

○市民・各界からのスピーチ、ライブ&市民パフォーマンス

・呼びかけ団体:戦争させない市民の風・北海道

・共催団体:医療九条の会・北海道、市民連合北広島

・賛同団体:(現在。賛同団体を募集中です!)

・連絡先:小林(q-ko@sea.plala.or.jp 090-2070-4423)

【番外編】

この日、東京の市民連合の菱山南帆子さんがきます。27歳。国会前の集会で司会や、コールを担当しています。

小学校のころ、先生の差別的発言に抗議してストをやったり、嵐をよぶ少女とよばれていました。「『市民運動』という生き方―嵐を呼ぶ少女とよばれて」という本も出版されています。東京の「市民連合」や「許すな改憲市民連絡会」「総がかり行動」からも、『菱山さんのスピーチやコールはこのところ、いっそう磨きがかかっています』。ぜひ磨きのかかった応援コール&スピーチを聴きにいらしてください。

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

・10/7 憲法講演会「憲法改正を考える 安倍首相の9条改憲が意味するもの」

・10/7 憲法講演会「憲法改正を考える 安倍首相の9条改憲が意味するもの」

・日時:2017年10月7日(土) 13:30~15:30
・会場:カトリック北11条教会(北11東2/ 地下鉄東豊線「北13条東駅」より徒歩5分/地下鉄南北線「北12条駅」より徒歩10分/JR札幌駅から徒歩20分・タクシー5分)
・入場無料

・講師:伊藤 朝日太郎弁護士

安倍首相は5月3日の憲法記念日に「憲法9条の一項、二項を残しつつ、自衛隊を明文で書き込む」という憲法改正を行い、「東京オリンピックの2002年中に施行したい」と公言。その後、本年中に自衛隊を明記する改正案をまとめ、来年の通常国会で国会発議したいとの考えを明らかにしています。
では、安倍首相の改憲はいったい何を意味するのでしようか?それは単なる自衛隊の存在を明記するだけのことなのでしょうか?
さらに10月の総選挙が決まった今、なんとしても「戦争できる憲法」への暴走を止めたいと思います。
今回は、東京から伊藤 朝日太郎弁護士をお招きし、安倍改憲の意味するものをわかりやすく語っていただき、ともに考えたいと思います。
《伊藤 朝日太郎弁護士プロフィール》
滋賀県生まれ。同志社大学法学部、早稲田大学大学院法務研究科 卒業
2009年12月弁護士登録(愛知県弁護士会)、弁護士法人名古屋南部法律事務所にて勤務開始。2013年9月、キーストーン法律事務所に移籍。第二東京弁護士会所属。
業務内容
民事事件、刑事事件、また、在日外国人のビザ(在留資格)の問題、国際結婚のご相談、難民認定申請の手続代理、難民不認定処分取消請求訴訟、外国人を当事者とする離婚事件・労働事件等にも取り組んでいます。

・主催:カトリック札幌地区正義と平和協議会
・共催:日本カトリック正義と平和協議会(問い合わせ松永 011-864-5526)

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

・10/15  平和にYES!改憲にNO!市民が政治を変える!札幌アクション

・10/15 平和にYES!改憲にNO!市民が政治を変える!札幌アクション

・とき:2017年10月15日(日)13:00~15:00

・ところ:札幌大通り公園6丁目広場

○市民・各界からのスピーチ、ライブ&市民パフォーマンス

・呼びかけ団体:戦争させない市民の風・北海道

・共催団体:医療九条の会・北海道、市民連合北広島

・賛同団体:賛同団体を募集中です!(連絡先:q-ko@sea.plala.or.jp /090-2070-4423)

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

・9/30 憲法カフェ第6回 僕が通った『ウリハッキョ』ってこんなところ

・9/30 憲法カフェ第6回 僕が通った『ウリハッキョ』ってこんなところ
朝鮮学校卒業生のトークをご案内します。
先日、東京では無償化排除の不当判決が出たばかりです。あまりに筋の通らない判決文に、日本はすでに法治国家としては機能していないのではないかと感じました。選挙権を持たない彼らが、その政策の被害だけを受けるのはあまりにも不公平ではないでしょうか。
★☆憲法カフェ第6回 僕が通った『ウリハッキョ』ってこんなところ☆★
何かと偏見で語られることの多い朝鮮学校。
その卒業生の生の声を、多くの方に聞いていただけたらと思います。ぜひ、ご参加ください。
・憲法カフェ第6回 僕が通った『ウリハッキョ』ってこんなところ~北海道朝鮮初中高級学校 卒業生トーク~
・とき:2017 年 9月 30 日(土)14:00〜15:30
・ところ: Y’s Café (北区北7西6北海道クリスチャンセンター1F)
・お話: 呉慶俊さん
・参加費: 500 円(コーヒー/紅茶付き) 学生無料 ☆直接会場へ
*************************************
この街に、北海道唯一の朝鮮学校があることをご存知ですか?
そこで学んでこられた在日コリアンの方のお話を伺い、交流を深めたいと思います。
講師プロフィール:
呉慶俊(オ・キョンジュン)1992年生まれ。北海道朝鮮初中高級学校、朝鮮大学校政治経済学部政経学科卒業。在日本朝鮮青年同盟北海道本部 組織部長  趣味:食べること 特技:サッカー
お問合せ:一般社団法人 札幌 YWCA(担当:石垣)
札幌市北区北 7 西 6 北海道クリスチャンセンター内
TEL & FAX: 011-728-8090
E-Mail: sapporo@ywca.or.jp
URL:  http://www.ywca.or.jp/~ywca0037/home.htm
  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

・9/12 第14回憲法問題連続講座「水島朝穂さん(早稲田大学教授)講演会」

9月12日 第14回憲法問題連続講座

掲載日:2017.09.05

9月12日 第14回憲法問題連続講座を開催します!

1.集会名 第14回憲法問題連続講座(安倍改憲)

2.日 時 2017年 9月12日(火)18:00~20:00

3.場 所 北海道自治労会館 4Fホール 札幌市北区北6条西7丁目

4.主 催 北海道平和運動フォーラム、戦争をさせない北海道委員会

5.講 演 『改憲論の現状をどう読み解くか-「お試し改憲」から「加憲」まで』

講師 水 島 朝 穂 さん(早稲田大学教授)

6.入場無料 当日、会場へ直接おこしください

集会のフライヤー(PDF形式)  クリックすると開けます⇒2017.9.12 フライヤー(PDF形式) ※拡散可能

水島朝穂さん 早稲田大学教授水島朝穂さん 早稲田大学教授

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

・8/15  「不戦の日8.15北海道集会」

8月15日 「不戦の日8.15北海道集会」

8月15日 「不戦の日8.15北海道集会」を開催します!

http://peace-forum.org/article-4506.html
安倍首相は、憲法施行70年を迎えた5月3日、戦争放棄を定めた9条1項と、戦力不保持と交戦権の否認を定めた9条2項を残したまま、新たに自衛隊の存在を明記する明文改憲を表明しました。また、東京都議選の自民党惨敗を受けても、秋の臨時国会が終了する前に、衆参の憲法審査会に自民党の改憲案を提出する行程は変わらないと表明しました。

道平和運動フォーラムは、今年の「8.15北海道集会」で、9条をはじめとする憲法「改正」の動向について学習を深め、改めて「不戦の誓い」を決意したいと考えています。つきましては、下記のとおり集会を開催しますので、ご案内いたします。

1.日 時  2017年 8月15日(火)18:00~20:00

2.場 所  北海道自治労会館 4Fホール 札幌市北区北6条西7丁目

3.主 催  北海道平和運動フォーラム、8.15北海道集会実行委員会

4.内 容 ① 講 演『明文改憲構想を読み解く-優先4項目プラスのゆくえ』

講 師 清末 愛砂さん(室蘭工業大学大学院准教授)

② 対 談  飯島滋明さん(名古屋学院大学教授)、清末愛砂さん

集会のフライヤー(PDF形式)  クリックすると開けます⇒2017.8.15 フライヤー 拡散可能

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

Home > タグ > 平和

キーワードで抽出する(タグ)
フィード
メタ情報

Return to page top