ホーム > タグ > 小野有五

・6/17 原発を学ぶ講演会 『泊原発 再稼働してはいけない8つの理由』

・6/17 原発を学ぶ講演会 『泊原発 再稼働してはいけない8つの理由』
講師:小野有五さん ( 北星学園大学教授 ・ 北海道大学名誉教授 『行動する市民科学者の会・北海道』事務局長 )
北海道電力泊原発で、もし福島第一原発と同じような事故が起きたらどうなるのでしょうか?
国と道の「避難計画」ではさまざまな対応策が考えられていますが、本当に住民は放射能から逃れて、安全に避難することができるのでしょうか? 地元住民と北海道民の不安を残したままで、泊原発の再稼働は絶対に認めることはできません。
『行動する市民科学者の会・北海道』の事務局長で、北海道大学で長年地球環境科学を教えてこられた小野有五さんに、会で作られた『泊原発 再稼働してはいけない8つの理由』というカラーのパンフレットやスライドを使ってお話しいただき,ともに考えたいと思います。
・日時:6月17日 13:30~15:30
・場所: カトリック山鼻教会 (札幌市中央区南10条西11丁目)
・参加費: 無料
・主催: カトリック札幌地区正義と平和協議会
・問合せ  カトリック札幌地区正義と平和協議会 松永 武 011-864-5526
無題
  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

・5/18 小野有五さん講演会「泊原発 再稼働してはいけない8つの理由」

・5月18日 小野有五さん講演会「泊原発 再稼働してはいけない8つの理由」

小野有五さん講演会「泊原発 再稼働してはいけない8つの理由」

(1)日 時 2017年5月18日(木)19:00~20:30
(2)場 所 札幌市・北海道クリスチャンセンター2階ホール
(3)主 催 行動する市民科学者の会・北海道
(4)参加費 参加費無料、資料代300円

=主催者からのご案内=

去る3月10日の安全審査会合で、原子力規制委員会は、「積丹半島の地盤は安定しており、地震性隆起はありえない」としてきた北海道電力の主張をくつがえし、泊原発に近い海底活断層を認定、地震性隆起を想定すべきとの異例の主張を自ら行いました。
これは、昨年来、「行動する市民科学者の会・北海道」が、2回にわたって原子力規制庁に申し入れを行ってきた意見を、ほぼ踏襲した内容になっています。
北電の主張には、根本的な誤りがあります。また、北海道の電力供給の余裕度は日本一であり、2019年に石狩新港のLNG発電プラントが稼働を始めれば、余裕度はダントツに高くなります。泊原発は、北海道にとって、もはや、まったく不要なのです。
当日は、カラーのわかりやすいパンフレットをプレゼント。どうぞ、お友だちをさそって、おいでください。

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

・5/30 全国の原発訴訟とエネルギーについて知る講演会のお知らせ

5月30日 全国の原発訴訟とエネルギーについて知る講演会のお知らせ

0530講演会

画像クリックでPDFフライヤーを表示

2014年5月30日(金)17:30~19:15(開場17:15)
かでる2・7 かでるホール(大ホール)(札幌市中央区北2条西7丁目)
参加無料(資料代 500円)

4月初旬、福島で「原発と人権」全国集会があり、全国の原発訴訟団が集まりました。原発訴訟では、弁護団の全国組織はあるのですが、原告団の全国組織はまだありません。原発訴訟を戦っている全国の仲間と交流し、お互いに支援しあうため、原告団の全国連絡会の結成をよびかけたところ、多くの賛同を得ました。これを受けて、5月21日に判決が出る大飯原発訴訟の原告団や、全国組織の事務局を担ってくださることになった東海第二の訴訟団、大間原発訴訟の原告団をお招きした講演会を企画しました。

先日、作成したパンフレット「知ってましたか?--原発をやめたほうが得する8つの理由」についての講演も入れながら、4つの原発訴訟の原告団が交流する初めての会となりますので、どうぞご参加ください。

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

Home > タグ > 小野有五

キーワードで抽出する(タグ)
フィード
メタ情報

Return to page top