ホーム > タグ > 安田浩一

・6/29 《【国策】としての日本軍「性奴隷(慰安婦)」問題》検証 “国策”で進められる「奴隷」労働???≪外国人研修制度≫を考える。

・6/29 《【国策】としての日本軍「性奴隷(慰安婦)」問題》検証
“国策”で進められる「奴隷」労働???≪外国人研修制度≫を考える。
講師:安田浩一さん(ジャーナリスト)

「研修生」という名目にも関わらず、実際には劣悪な環境の中低賃金で働かされているという「外国人研修生」。
この問題について語られるとき、ひどい雇用主に焦点があてられがちです。でもそもそも、労働者としての受け入れを拒否しながら、実際に「研修生」という抜け道を作って日本の雇用主が都合よく使えるような制度を整えたのは日本政府です。今回の学習会では、ジャーナリストの安田浩一さんに外国人研修制度の実態についてお話いただき、その後この制度と同様、戦前“国策”として進められた日本軍「慰安婦」制度と比較し【国の政策】として実施されることの具体的な影響について考えたいと思います。ぜひご参加ください。
◎日時:2017629日(木)1900~(開場1845
◎会場:エルプラザ4階『大研修室A』(札幌市北区北8西3 札幌駅地下直結)
◎参加費:予約1000円(当日1200円)
◎お申込み・お問合せ:whats.everything@gmail.com

・主催:what’s
・共催:札幌YWCAピースアクション委員会/nabi action japan iam

********************
講師プロフィール:安田浩一 (やすだこういち・ジャーナリスト)
********************
安田浩一(やすだこういち・ジャーナリスト)1964年生まれ。『週刊宝石』『サンデー毎日』の記者を経てフリージャーナリストに。主に外国人労働者問題などをテーマに取材活動を続け、「ネトウヨ」とされる在特会を取材した『ネットと愛国』(講談社)で2012年の講談社ノンフィクション賞を受賞。2015年、『ルポ 外国人『隷属』労働者』(「G2」vol.17)で第46回大宅壮一ノンフィクション賞雑誌部門受賞。著書に『ルポ 差別と貧困の外国人労働者』(光文社新書)、『ヘイトスピーチ』(文春新書)、『沖縄の新聞は本当に「偏向」しているのか』(朝日新聞出版)など多数

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

・7/1 日本ジャーナリスト会議北海道支部主催 シンポジウム「闘う平和学」

・7/1 日本ジャーナリスト会議北海道支部主催 シンポジウム「闘う平和学」

・とき:2017年7月1日(土)午後6時30分~

・場所:札幌教育文化会館3階(札幌市中央区北1西13)

・資料代:500円(大学生以下無料)・申し込み不要

[パネリスト]

・安田浩一(ジャーナリスト)「軍事化と報道統制」

・木村朗(鹿児島大)「繰り返される誤判・冤罪・弾圧―志布志事件は終わらない」

・原田宏二(元北海道警察)「市民監視の3点セットとは」

・前田朗(東京造形大)「平和は権利だ」

・主催:日本ジャーナリスト会議北海道支部(011-851-5477)

・協力:東アジア共同体・沖縄(琉球)研究会、札幌ヒューマンライツ、What‘s

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

・6/30 東アジア共同体・沖縄(琉球)研究会主催シンポジウム「反差別・反ヘイト 自己決定権を問う」

・6/30 シンポジウム「反差別・反ヘイト 自己決定権を問う」

東アジアの平和を目指して学者、ジャーナリスト、市民運動家らで2016年9月「東アジア共同体・沖縄(琉球)研究会」を作りました。北海道初上陸です。共に語り合いましょう。

・とき:6月30日(金)午後6時30分~

・場所:札幌エルプラザ3階ホール(北区北8条西3丁目)

・資料代:500円(大学生以下無料)・申し込み不要

[パネリスト]

・安田浩一(ジャーナリスト)「なぜ人は憎しみを煽るのか」

・結城幸司(アイヌアートプロジェクト代表)「アイヌに対する差別に抗して」

・島袋純(琉球大学)「琉球(沖縄)に対する差別に抗して」

・宮城隆尋(琉球新報編集委員)「琉球・アイヌ、連帯の可能性」

・木村朗(鹿児島大)「自発的対米従属からの脱却を」

・司会:前田朗(東京造形大)・清水竹人(桜美林大)

・主催:東アジア共同体・沖縄(琉球)研究会

・協賛:What‘s、日本ジャーナリスト会議北海道支部

[問合せ]090-2856-0955

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

・10/28 札幌弁護士会シンポジウム「ヘイトスピーチを許さない!~差別のない社会を目指して~」

札幌弁護士会シンポジウム「ヘイトスピーチを許さない!~差別のない社会を目指して~」

クリックすると拡大します

近年、日本で、在日朝鮮人等のマイノリティを対象としたいわゆるヘイトスピーチが多く行われるようになり、深刻な社会問題となっています。
平成28年5月24日、国会で全会派の賛成により「本邦外出身者に対する不当な差別的言動の解消に向けた取組の推進に関する法律」(いわゆるヘイトスピーチ解消法)が成立しました。同法は、ヘイトスピーチの解消を「喫緊の課題」と位置付けた点に大きな意義がありますが、あくまで理念法にとどまり、実効性という観点からは未知数のものです。
他方、ヘイトスピーチに対する法的規制は、表現の自由との関係で緊張関係を孕みうるものであり、公権力による濫用のおそれも懸念されます。
ヘイトスピーチ解消のためには、市民全体の取り組みが必要不可欠であるため、ヘイトスピーチの被害実態、ヘイトスピーチ解消法制定に至る経緯、今後の課題等について認識を共有し、ヘイトスピーチ根絶に向けて一丸となって取り組んでいきましょう。

日時 2016年10月28日(金)
17:30 開場
18:00 開演
場所 札幌市教育文化会館 4F講堂
(札幌市中央区北1条13丁目)
概要 パネリスト:
香山リカ 氏(精神科医・立教大学現代心理学部教授)
金尚均 氏(龍谷大学外学院法務研究科教授)
安田浩一 氏(ジャーナリスト)

コーディネーター:
島田度(札幌弁護士会人権擁護委員会副委員長)

定員 150名・先着順
参加方法 事前申込不要
入場料 無料
共催 日本弁護士連合会、北海道弁護士会連合会
後援 北海道、札幌市、北海道教育委員会、札幌市教育委員会、札幌法務局、札幌人権擁護委員会協議会
問い合わせ先 札幌弁護士会 011-281-2428
  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

Home > タグ > 安田浩一

キーワードで抽出する(タグ)
フィード
メタ情報

Return to page top