ホーム > タグ > 安倍政権

・11/18 第4回憲法を考える札幌市民集会

・11/18  第4回憲法を考える札幌市民集会「世界の流れと憲法9条」
講師 鈴木頌氏
北海道アジア・アフリカ・ラテンアメリカ連帯委員会副理事長/IPPNW(国際反核医師の会)会員
中国の海洋進出や北朝鮮の核開発など安全保障環境の変化から、これに対応する法整備が喫緊の課題になって
いるという主張があります。しかし、本当にそうでしょうか?
講師の鈴木医師は、ラテンアメリカの研究をしております。ラテンアメリカでは、2011年に全ての中南米諸国(33カ国)が参加するSELAC(ラテンアメリカ・カリブ諸国共同体、セラック)が発足し、「核兵器全面廃絶に関する特別声明」を採択して、武力によらない安全保障を目指しています。
今回は、ラテンアメリカをはじめとする国際的な視点から北朝鮮問題を考察し、安全保障と憲法9条改正問題について、みなさんと一緒に考える場を持ちたいと思います。
憲法9条改正で守られるのは国民?それとも・・・。
・とき:2017年11月18日(日)10:00~11:45
・ところ:札幌市教育文化会館講堂(札幌市中央区北1条西13丁目)
・参加無料
・主催:憲法を考える札幌市民集会実行委員会
・事務局・お問い合わせ:
札幌市中央区大通西12丁目喫茶「絆」気付札幌中央区革新懇
090-2057-4150(岩崎) | iwasaki@ktd.biglobe.ne.jp |
  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

・10/15 『平和にYES!改憲にNO!市民が政治を変える!札幌アクション』

・10/15 『平和にYES!改憲にNO!市民が政治を変える!札幌アクション』

・2017年10月15日(日)13:00~15:00

・札幌大通り公園6丁目広場

○市民・各界からのスピーチ、ライブ&市民パフォーマンス

・呼びかけ団体:戦争させない市民の風・北海道

・共催団体:医療九条の会・北海道、市民連合北広島

・賛同団体:(現在。賛同団体を募集中です!)

・連絡先:小林(q-ko@sea.plala.or.jp 090-2070-4423)

【番外編】

この日、東京の市民連合の菱山南帆子さんがきます。27歳。国会前の集会で司会や、コールを担当しています。

小学校のころ、先生の差別的発言に抗議してストをやったり、嵐をよぶ少女とよばれていました。「『市民運動』という生き方―嵐を呼ぶ少女とよばれて」という本も出版されています。東京の「市民連合」や「許すな改憲市民連絡会」「総がかり行動」からも、『菱山さんのスピーチやコールはこのところ、いっそう磨きがかかっています』。ぜひ磨きのかかった応援コール&スピーチを聴きにいらしてください。

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

・10/7 憲法講演会「憲法改正を考える 安倍首相の9条改憲が意味するもの」

・10/7 憲法講演会「憲法改正を考える 安倍首相の9条改憲が意味するもの」

・日時:2017年10月7日(土) 13:30~15:30
・会場:カトリック北11条教会(北11東2/ 地下鉄東豊線「北13条東駅」より徒歩5分/地下鉄南北線「北12条駅」より徒歩10分/JR札幌駅から徒歩20分・タクシー5分)
・入場無料

・講師:伊藤 朝日太郎弁護士

安倍首相は5月3日の憲法記念日に「憲法9条の一項、二項を残しつつ、自衛隊を明文で書き込む」という憲法改正を行い、「東京オリンピックの2002年中に施行したい」と公言。その後、本年中に自衛隊を明記する改正案をまとめ、来年の通常国会で国会発議したいとの考えを明らかにしています。
では、安倍首相の改憲はいったい何を意味するのでしようか?それは単なる自衛隊の存在を明記するだけのことなのでしょうか?
さらに10月の総選挙が決まった今、なんとしても「戦争できる憲法」への暴走を止めたいと思います。
今回は、東京から伊藤 朝日太郎弁護士をお招きし、安倍改憲の意味するものをわかりやすく語っていただき、ともに考えたいと思います。
《伊藤 朝日太郎弁護士プロフィール》
滋賀県生まれ。同志社大学法学部、早稲田大学大学院法務研究科 卒業
2009年12月弁護士登録(愛知県弁護士会)、弁護士法人名古屋南部法律事務所にて勤務開始。2013年9月、キーストーン法律事務所に移籍。第二東京弁護士会所属。
業務内容
民事事件、刑事事件、また、在日外国人のビザ(在留資格)の問題、国際結婚のご相談、難民認定申請の手続代理、難民不認定処分取消請求訴訟、外国人を当事者とする離婚事件・労働事件等にも取り組んでいます。

・主催:カトリック札幌地区正義と平和協議会
・共催:日本カトリック正義と平和協議会(問い合わせ松永 011-864-5526)

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

・10/15  平和にYES!改憲にNO!市民が政治を変える!札幌アクション

・10/15 平和にYES!改憲にNO!市民が政治を変える!札幌アクション

・とき:2017年10月15日(日)13:00~15:00

・ところ:札幌大通り公園6丁目広場

○市民・各界からのスピーチ、ライブ&市民パフォーマンス

・呼びかけ団体:戦争させない市民の風・北海道

・共催団体:医療九条の会・北海道、市民連合北広島

・賛同団体:賛同団体を募集中です!(連絡先:q-ko@sea.plala.or.jp /090-2070-4423)

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

・10/7&8 講演会開催のお知らせ「日本国憲法の価値を再認識し、絶対に改憲を許さない」 &「安倍総理が求める 憲法9条に3項を設けるとは何か」

・10/7&8 講演会開催のお知らせ「日本国憲法の価値を再認識し、絶対に改憲を許さない」

&「安倍総理が求める 憲法9条に3項を設けるとは何か」

安倍首相がもくろむ憲法改悪について、いま1度しっかり問題点を考えよう。

2つの講演会をご案内します。

(1)「日本国憲法の価値を再認識し、絶対に改憲を許さない」

・講師:上田文雄氏(前札幌市長、戦争をさせない市民の風・北海道共同代表)
・日時:10月7日(土)午後1:30~3:30

・場所:真駒内総合福祉センター(札幌市南区・真駒内駅前通り左側、東急ストア道銀となり)

・会費:500円
・主催:第12回南区憲法フェスティバル実行委員会

(2)「安倍総理が求める 憲法9条に3項を設けるとは何か」

・講師:神保大地氏(弁護士)
・日時:10月8日(日)午後1:30~4:00

・場所:札幌教育文化会館4階講堂(北1西13)

・会費:500円
・主催:9条ネットワーク北海道野党共闘を求める有志の会

連絡先:平和をつくろう南区実行委員会(事務局:TEL/FAX011-581-7299 09082772338)

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

・10/23 「挑戦——前文部科学省事務次官 前川喜平が語る教育」

・10/23 「挑戦——前文部科学省事務次官 前川喜平が語る教育」

前川喜平前文部科学省事務次官をお招きし、「挑戦——前文部科学省事務次官 前川喜平が語る教育」が開催されます。
萎縮の時代に、なぜ声を上げるのか。
権力者に都合のいい教育になっていないか。
マスコミは権力を監視できているか。
——前川さんと共に、考えましょう。
みなさまのご参加、お知り合いの方々にご案内、拡散していただければ幸いです。
<<<<<<<<<<<<<<<<<<<
・挑戦——前文部科学省事務次官前川喜平が語る教育
1.日時:2017年10月23日(月)18時30分開演(18時開場)
2.会場:札幌エルプラザ3階ホール(札幌市北区北8条西3丁目 札幌市男女共同参画センター)
3.参加費:500円(当日受付)
4.プログラム
第一部:講演「前川喜平、教育を語る」
第二部:ディスカッション
パネリスト:前川喜平、干場信司(前酪農学園大学学長)、徃住嘉文(新聞記者)ほか
5.主催
日本ジャーナリスト会議北海道支部 TEL.011-851-5477
NPO法人さっぽろ自由学校「遊」 TEL.011-252-6752
6.協賛
自由が丘教育と協同の研究所、全国大学高専教職員組合北海道地区協議会、北海道教育大学と地域の未来を考える会、北海道の大学・高専関係者有志アピールの会、北海道平和運動フォーラム、メディアアンビシャス ほか
7.後援
朝日新聞北海道支社、北海道新聞社、毎日新聞北海道支社 ほか
===================================
集団的自衛権の行使を容認する閣議決定に反対する北海道の大学・高専関係者有志アピール運動をすすめる会
(略称:北海道の大学・高専関係者有志アピールの会)
事務局次長:谷井利明
携帯電話:090-9087-1707
e-mail:thunderbird.ta@gmail.com

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

・8/13 対談:外岡秀俊さん&山口二郎さん「メディアと政治、そして市民。」

・8/13「メディアと政治、そして市民。」

ジャーナリスト外岡秀俊さん(元朝日新聞東京本社編集局長)と行動する政治学者で法政大学教授の山口二郎さんとの公開対談

「メディアと政治、そして市民」

・8月13日(日)午後6時~(開場:午後5時40分)

・北海道自治労会館3階ホール(北6西7、札幌駅から徒歩5分)

・参加費:500円(直接会場へ)

現在の政治状況を踏まえ、メディアの現状、あるべき姿、市民としての対し方など多岐に論じてもらいます。

皆様の参加をお待ちしています。

・主催:メディアアンビシャス、日本ジャーナリスト会議北海道、さっぽろ自由学校「遊」

問合せ:090-9755-6292(山本)

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

・7/29 安倍政権による改憲を考える 憲法9条3項[自衛隊]明記ってどういうこと?

・7/29 安倍政権による改憲を考える

憲法9条3項[自衛隊]明記ってどういうこと?

講師:猪野 亨氏(弁護士)

・日時:7月29日(土)18:00~(開場17:30)

・会場:札幌市民ホール 2階第一会議室(北1西1)

・参加費:500円(学生無料)

2012年発表の自民党憲法改正草案では、「国防軍」の創設が謳われています。

しかし今年5月、安倍首相は憲法9条1項2項はそのままにして3項に自衛隊を明記すると言い始めました。

その問題点を中心に、新たな自民党改憲案の危険性について、かねてより安倍政権の暴走に警鐘を鳴らし続けてきた猪野亨弁護士に話していただきます。

☆立憲野党のみなさまのスピーチ等も予定しています。

主催:市民と野党の共闘をもとめる2区の会

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

・7/25 豊中市議木村真さん「森友学園国有地払い下げ疑惑・あったことを無かったことにはできない!」トーク&戦争をさせない市民の風ライヴ

・7/25 豊中市議木村真さん「森友学園国有地払い下げ疑惑・あったことを無かったことにはできない!トーク」&ライヴ

森友学園に関わる国有地払い下げ疑惑を次ぎ次ぎに暴いた木村真さん(大阪・豊中市議)の講演と、「戦争させない市民の風・北海道」スタッフたちが歌う、安倍退陣を求める替え歌リレーライブを行います。

・2017年7月25日(火)午後7時~

・札幌エルプラザ3階大ホール(札幌市中央区北8西3・札幌駅北口直結)

・参加費500円(直接会場へ)

アベ政治を許さない!安倍退陣の機運を一気に盛り上げる企画です。

平日の夜ですが、多くの参加をお待ちしています。
(市民の風・北海道) 市民の風.com

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

・6/8 スタンディング&トーク「あったことをなかったことにはできない」緊急アクション

・6/8 スタンディング&トーク「あったことをなかったことにはできない」緊急アクション
森友、加計、そして、安倍友のジャーナリスト山口某のレイプもみ消し、お友達のお友達によるお友達だけのための政治が、これほど、あきらかになっても、安倍はやめません。
怒りを通り越して、悲しくさえなってきます。
「女も男もともに生きる社会をめざす会」と「戦争させない市民の風」では以下のアクションを企画しています。
★「あったものをなかったことにはできない!」緊急アクション★
ぜひご参加ください。
※※※※※
・スタンディング&トーク
・日時 6月8日(木)13時~ と 18時~
・場所 紀伊國屋書店まえ(紀伊國屋書店札幌本店・札幌駅西口)
・趣旨 「あったことをなかったことにはできない」緊急アクション
私たちは準強姦事件不起訴に対し、検察審査会に不服申し立てをした詩織さんを応援します!
5月29日、準強姦(ごうかん)罪で告訴したジャーナリストの山口敬之氏が不起訴処分となったことを不服として、ジャーナリストの詩織さんが、検察審査会に審査を申し立て、素顔を出して記者会見をおこないました。
【経緯】
2015年4月3日。当時、ジャーナリスト志望だった詩織さんは、TBS在職中の山口氏と飲食中に意識を失い、山口氏の宿泊先ホテルに連れていかれ、準強姦の被害にあいます。
準強姦とは、女性の心神喪失・抗拒不能に乗じた強姦をさし、3年以上20年以下の有期懲役が課される重罪です。(刑法177条、178条2項)被害にあった詩織さんはこの件を警察(高輪署)に告発し、ホテル入口の防犯カメラ映像などの検証の上、逮捕状が発付されました。しかし6月8日、帰国する山口氏を成田空港で逮捕しようとした寸前で、中村格・警視庁刑事部長(当時)の指示により逮捕状の執行が取り止められました。
中村格氏は2015年3月まで菅義偉官房長官 の秘書官も務めており、現警察庁刑事局組織犯罪対策部長です。自分が逮捕状の執行を止めたことを、中村氏は週刊新潮の取材で認めています。その時、捜査員は詩織さんに電話でこう話したそうです。
『いま、(山口氏が)目の前を通過していきましたが、上からの指示があり、逮捕をすることはできませんでした』『私も捜査を離れます』
その後、事件は高輪署から、逮捕状の執行を止めた中村刑事部長(当時)のいる警視庁捜査一課に移され、8月に書類送検されましたが、東京地検は16年7月、東京地検が嫌疑不十分を理由に不起訴を決定しました。
その間、TBSを退社していた山口敬之氏は 幻冬舎から、安倍総理の写真が表紙を飾る『総理』を、2016年6月9日に出版しています。
東京地検の不起訴を受け、詩織さんは17年5月29日に検察審議会に不服申請をし、素顔を隠さずに記者会見に臨みました。
詩織さんは言います。「不起訴処分後は暫く塞ぎこんでいました。そこから気持ちを前向きにし、検察審査会に向けて調査を続け、証拠開示にも時間を要したのです」
この詩織さんの事件については、2日の衆院本会議で、民進党と共産党の議員が取りあげ、捜査の経緯についての検証が求められましたが、松本純国家公安委員長は「検証することは考えていない」と拒否しました。
山口敬之氏は、詩織さんをホテルに連れて行き性行為に及んだことは認めていますが、自身のフェイスブックで「私は法に触れることは一切していません」と述べ、詩織さんがまるで売名行為で不服申請を行っているかのように述べています。
【私たちの抗議・要請】
私たちは女性の人権を軽視する準強姦事件不起訴に強く抗議し、 検察審査会に不服申し立てをした詩織さんを応援します!
また、逮捕状が執行されなかった経緯を明らかにすることを求めます。
趣旨は以上です。
東京では同日、同趣旨で、院内集会、銀座アクションが行われます
このアクションについての問い合わせ:090-9524-7531
  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

Home > タグ > 安倍政権

キーワードで抽出する(タグ)
フィード
メタ情報

Return to page top