ホーム > タグ > 天皇制

・5/12~ さっぽろ自由学校「遊」講座・シリーズ「天皇制ってなに?」開始のご案内

・5/12(金)よりスタート~シリーズ「天皇制ってなに?」のご案内です。
初回は、「天皇制と家族主義」をテーマに清末愛砂さんにお話していただきます。
当日受付も可能ですので、お誘いあわせの上、ぜひご参加ください。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
天皇制ってなに?~退位の大意
http://www.sapporoyu.org/modules/sy_course/index.php?id_course=564
ありていにいえば「自分なりに考え、務めをしてきたが、年を取り覚束ないこともままあり、近々後継に立場を譲りたい」ということだろうか。それがNHK のスクープとして皆の知るところとなり、TV でメッセージを読み聞かせるという成り行き。その行為の一切は「内閣の助言と承認」に基づき、その責任もまた「内閣」が負うはずが、それらは殆ど話題にならず、専ら「譲り方」に話が向いています。一方、「来てくれて元気づけられた」と感激する人の姿が繰り返し紹介されもする。「天皇・天皇制」について、あらためて様々な視点から考えてみましょう。
●5月12日(金)開講 全5回 月1 回 金曜18:45 ~ 20:45
●会 場 さっぽろ自由学校「遊」(愛生館ビル5F 501)
●参加費 一般5,000 円 会員4,000 円 ユース2,000 円
(単発 一般1,500 円 会員1,000 円 ユース500 円)
5月12日(金) 第1回天皇制と家族主義~憲法24 条の理念はどこに?
●清末 愛砂(きよすえ あいさ)室蘭工業大学准教授
象徴天皇制といえど、男性支配と家族主義は続いている。個人の尊厳と両性の本質的平等を謳う憲法24 条に着目しながら、ジェンダー平等と平和主義の観点から天皇制を貫く家族主義の問題を語る。
・6月16日(金) 第2回 在日韓国人とアイヌ民族から天皇制を考える
●林 炳澤(いむ ぴょんてく)さっぽろ自由学校「遊」共同代表
●清水 裕二(しみず ゆうじ)北大開示文書研究会共同代表
国家権力の象徴として利用され機能し続けてきた天皇・天皇制。その一端を朝鮮との関わりで見ると共に、時代を経ても変わらぬ天皇制の根本的問題を皆さんと考えてみたい。(朴)
いつ頃からか我が名前が気になりだした。それは「御料牧場地」内での出生と関係があるのかと。また教員として「日の丸・君が代」は必要ないと主張、管理職になってからもそれを貫いたことなど、皆さんと話し合いたい。(清水)
・7月21日(金) 第3回 捉えどころのない天皇制
●北村 巌(きたむら いわお)北海道文教大学講師
人が造った単なる制度なら、「止めたり変えたり」できそうだが…。でも、現に在る。その過去が過去だけに、どこか恐ろしくもあるこの「天皇制」について、語りあってみませんか。
・8月18日(金) 第4回 退位・憲法・皇室典範
●池田 賢太(いけだ けんた)弁護士。「自らの言葉で憲法を語る」をキーワードに講師活動を行う。
明らかに国政に影響を与えたメッセージは、「象徴としてのつとめ」なる新たな定義までしようとしています。退位の意思表明を機に憲法第1 章や皇室典範と日本国憲法との整合性などを考えてみましょう。
・9月15日(金) 第5回 私たちと天皇、天皇制~みんなで話そう
今また、前面に出ようとしている「天皇・天皇制」。私たちはそれにどう関わってきたか。このシリーズを振り返りながら、さらに何を学び考え行動すればよいのか、一緒に語り合いましょう。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
NPO法人さっぽろ自由学校「遊」
札幌市中央区南1条西5丁目愛生舘ビル5F 501
*2017年4月より6Fから5Fに移転しました。
TEL.011-252-6752 FAX.011-252-6751
syu@sapporoyu.org
http://sapporoyu.org/
https://www.facebook.com/sapporoyu
  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

・4/29 シリーズ「天皇制を考える」 第6回「オウム真理教と 天皇制」

シリーズ「天皇制を考える」
第6回「オウム真理教と 天皇制」
天皇制について考えるこのシリーズの第6回目講師は、元オウム真理教のスポークスマンでその後教団を脱退された上祐史浩さんです。オウム真理教と天皇制? なかなか聞くことのないこのテーマでの講演。
ぜひ、ご参加ください。
講師:上祐史浩(「ひかりの輪」代表)
◎日時:2015年 4月29日(水・祝)
18:30~20:30(受付開始18:15)
◎会場:かでる27 10階 1050会議室 (札幌市中央区北1条西7丁目)
◎参加費:1000円  (要予約) 当日1200円
申し込み: sisken2014@gmail.com

★ 講師プロフィール ★
上祐史浩(じょうゆう ふみひろ)―「ひかりの輪」代表。1962年、福岡県に生まれる。早稲田大学大学院理工学研究科修士課程を修了後、宇宙開発事業団(現・宇宙航空研究開発機構)に就職。大学院在学中にオウム真理教に入信、宇宙開発事業団を1年で退職し出家。地下鉄サリン事件発生時にはモスクワに滞在、事件後に帰国し教団のスポークスマンとなる。偽証罪で逮捕され、出所後「アレフ」代表となるが2007年に脱会し麻原帰依から脱却、「ひかりの輪」を設立した。
著者に『オウム事件 17年目の告白』(扶桑社)、鼎談『終わらないオウム』(鹿砦社)、対談『危険な宗教の見分け方』(ポプラ社)などがある。

主催:システム研究会
  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

・8/24 シリーズ「天皇制を考える」第4回「西暦、元号 あなたはどっち派? 天皇制と私たちの暮らし。憲法になんて書いてある?」

・8/24 シリーズ「天皇制を考える」第4回「西暦、元号 あなたはどっち派? 天皇制と私たちの暮らし。憲法になんて書いてある?」

普段、生年月日などを書くとき、あなたは《西暦》?それとも《元号》(昭和、平成など)?

元号は天皇が変わるたびに新しく作られます。

そのほかにも、君が代や祝日など、天皇制は意外に私たちの日常に密接に繋がっています。

今回、憲法学の清水雅彦日本体育大学教授に大日本帝国憲法と日本国憲法を比較しながら、憲法がどのように天皇制を規定し、私たちの暮らしにどんな影響を及ぼしているかをお話いただきます。

・2014,8,24(日)10時~12時(受付9:45)

・札幌エルプラザ4階大研修室(札幌駅北口)

・講師:清水雅彦・日本体育大学教授

・参加費:予約1000円(当日1200円)

・申し込み:sisken2014@gmail.com

・共催:システム研究会/日本の尊厳を回復する会

・協力:WHAT‘S

http://sisken2014.blog.fc2.com/blog-entry-1.html

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

・7/25  シリーズ「天皇制を考える」第3回「日本は『天皇制』なのか~そして政治制度の諸問題を考える~」

・7/25  シリーズ「天皇制を考える」第3回「日本は『天皇制』なのか~そして政治制度の諸問題を考える~」

ふだんはほとんど意識することのない「天皇制」。

いったいどういうシステムで、私たちとどうつながっているのか、さまざまな方にお話を伺いながら考えていきます。

・日時:2014,7,25(金)18:30~20:30(受付開始:18:15)

・会場:かでる2.7 10階 1030会議室(札幌市中央区北2西7)

・講師:結城洋一郎さん(小樽商大名誉教授・憲法学)

・参加費:1000円(要予約)→当日1200円

予約→sisken2014@gmail.com

・共催:システム研究会/日本の尊厳を回復する会 ・協力:WHAT’S

・月1回のペースで開催します。ご案内はシステム研究会のブログでお知らせします。

http://sisken2014.blog.fc2.com/blog-entry-1.html

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

・5/23 シリーズ「天皇制を考える」第2回女性国際戦犯法廷と昭和天皇(仮)

・5/23 シリーズ「天皇制を考える」第2回女性国際戦犯法廷と昭和天皇(仮)

2000年に女性戦犯法廷を世界の女性たちと共に開催した「戦争と女性への暴力」リサーチ・アクションセンター共同代表西野瑠美子さんにお話を伺います。ぜひご参加ください。

◎日時:2014年 5月23日(金)18:30~20:30(受付開始18:15)
◎会場:かでる27 10階 1040会議室  (札幌市中央区北1条西7丁目)
◎参加費:1000円   (要予約) :sisken2014@gmail.com
共催:システム研究会/日本の尊厳を回復する会(日尊会)

☆★☆ 西野 瑠美子(にしの るみこ)さんプロフィール ☆★☆
フリージャーナリスト。現在戦争と女性への暴力リサーチアクションセンター(VAWW-RAC)共同代表。「戦争と女性への暴力」日本ネットワーク(VAWW-NET ジャパン)元共同代表、「女たちの戦争と平和資料館」元館長。早くから日本軍性奴隷制の問題に取り組み、故松井やよりさんと共に日本軍性奴隷制を裁く2000年女性国際戦犯法廷を世界の女性たちと共に開催。これを取り上げたNHK番組への政治的圧力による不当介入・番組改編問題に対し原告となる。
著書は「七三一部隊のはなし」(1994年)「薬害エイズを生きる」(1996年)など多数あり、近著「戦場の『慰安婦』/拉孟全滅戦を生き延びた朴永心の軌跡」(明石書店)で日本ジャーナリスト会議2004年度「JCJ賞」を受賞した。近編著に『「慰安婦」バッシングを越えてー河野談話と日本の責任ー』がある。

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

11/6 憲法討論会「憲法と天皇制」を考えよう!

11/6 憲法討論会「憲法と天皇制」を考えよう!

・2013,11,6(水)18:00~21:00

・札幌エルプラザ4階大研修室

・講師:加藤多一さん(児童文学者)

・参加費:500円

・主催:護憲ネットワーク北海道(011-709-6212)

http://gokennet.qee.jp

Email:asanotakao@zc.wakwak.com

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

12/23 「天皇誕生日」ー菅孝行講演会

12/23 「天皇誕生日」ー菅孝行講演会

天皇制をなくす道筋ー宣伝運動から陣地戦へ

講師:菅 孝行さん(劇作家、評論家)

・2012,12,23(日)14:00~

・札幌エルプラザ4階 中研修室

・参加費:1000円(高校生以下無料)

・主催:日本の戦後責任を清算するため行動する北海道の会(事務局090-7641-8326)

・協賛:戦後60年北海道行動実行委員会

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

第33回紀元節復活反対2・11道民集会

第33回紀元節復活反対2・11道民集会

●日時:2010年2月11日(木)10:00~12:00(開場9時30分)
●会場:共済ホール(札幌市中央区北4条西1丁目)
●主催:靖国神社国営化阻止道民連絡会議(靖国共闘会議)
●参加費:無料
●内容:
講演「天皇制と歴史認識-過去をふりかえる-」
小森陽一さん(東京大学大学院総合文化研究科教授)

http://www.peace-forum.net/blogeuc/index.php?itemid=304#more

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

Home > タグ > 天皇制

キーワードで抽出する(タグ)
フィード
メタ情報

Return to page top