ホーム > タグ > 原発

・2/19~ 「脱原発イベント情報」のお知らせ

・2/19~脱原発イベント情報

HP「サヨナラ原発けいじばん」⇒ http://www7b.biglobe.ne.jp/~keijiban/

2月19日(月)
<札幌>
泊原発の廃炉をめざす会 チカホイベント
と き:10:00~18:00
ところ:札幌駅前通地下広場「チカホ」
憩いの広場 E-3 E-4 (1番出口付近)
プログラム:
「泊廃炉訴訟の今」
菅澤紀生(廃炉の会弁護団 事務局長)
11:30~12:00 14:00~14:30
「かわはら先生の原発出前授業」
13:00~13:50 15:00~15:50
原発スライドショー (終日)
署名活動・新規会員募集など

2月22日(木)
<札幌>
いちえふ裁判
福島第一原発元従業員損害賠償請求訴訟 口頭弁論

と き:14:00 第13回口頭弁論期日(労災不支給取消)
※国に対する労災不支給決定の取消訴訟です。
ところ:札幌地方裁判所8階 805号法廷(札幌市中央区大通西11丁目)
問合せ先:いちえふ弁護団団長 弁護士 高崎暢(011-261-7738)
◇高線量がれき抱え撤去…発がん。多数の傍聴をお待ちしています。
◇14:30ごろ~ 札幌弁護士会館で報告集会があります

<札幌>
Shut泊連続講座⑮いま泊原発はどうなっているのか
「いま泊原発廃炉訴訟はどうなっているのか」
講 師:佐々木泰平さん(弁護士・泊原発の廃炉をめざす会弁護団)
と き:18:30~20:30
ところ:札幌エルプラザ2F環境研修室(札幌市北区北8条西3丁目)
主 催:自然エネルギーと泊原発を考える市民の会(Shut泊)
共 催:福島の子どもたちを守る会・
北海道、脱原発をめざす女たちの会、北海道反原発連合
料金 参加費500円(資料代含む)

2月23日(金)

<岩内>
添田孝史氏講演会
講師 添田 孝史(そえだ たかし)さん
「原発と大津波 警告を葬った人々」(岩波新書)
「東電原発裁判―福島原発事故の責任を問う」(岩波新書)著者
と き:18:30~(開場18:00)
ところ:岩内地方文化センタ― 岩内町万代51-7
資料代:500円
主 催: 後志・原発とエネルギーを考える会

2月24日(土)
<札幌>
添田孝史さん講演会「福島原発事故は避けられなかったのか」
と き:13:30~
ところ:北海道クリスチャンセンター 2階ホール(北7条西6丁目)
参加費:500円
主 催:日本ジャーナリスト会議北海道支部

2月25日(日)
<帯広>
司法と原発 ~近時の重要判決を踏まえて
講師:菅澤紀生さん
と き:13:30~
ところ:とかちプラザ402(帯広市西4条南13丁目1
参加費:500円
主催:泊原発の廃炉をめざす会 十勝連絡会・市民フォーラム十勝

3月1日(木)
<札幌>
いちえふ裁判
福島第一原発元従業員損害賠償請求訴訟 口頭弁論

と き:11:00 第5回口頭弁論期日 (企業責任)
※東電ら企業に対する訴訟です。
ところ:札幌地方裁判所8階 805号法廷(札幌市中央区大通西11丁目)
問合せ先:いちえふ弁護団団長 弁護士 高崎暢(011-261-7738)
◇高線量がれき抱え撤去…発がん。多数の傍聴をお待ちしています。
◇11:30ごろ~ 札幌弁護士会館で報告集会があります

<札幌>
~福島を忘れない・原発を動かさない~
泊原発を再稼働させない 3・1集会

と き:18:30~ (開場 18:00)
ところ:わくわくホリデーホール(札幌市民ホール)
大ホール(北1条西3丁目)
第一部 アーサービナード講演会
知らなかった、ぼくらの原発 「アトミックの奥にひそむモノ」
第二部 上田文雄&川原茂雄 対談
「原発のない北海道をつくるために」
参加費:500円(高校生以下無料・事前予約不要)
主 催:泊原発を再稼働させない北海道連絡会

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

・3/1 泊原発を再稼働させない3・1集会

・3/1 泊原発を再稼働させない3・1集会

東日本大震災そして福島第一原発事故から7年が過ぎようとしています。いまだに原発事故の原因も究明されていないのに、電力会社と政府は原発をつぎつぎと再稼働させています。ここ北海道の泊原発は、敷地内に活断層の存在が指摘されているにも関わらず北電は再稼働への方針を変えようとしていません。福島で起きたことを忘れず、原発のない北海道をつくるためにどうすればよいのか、みなさんと一緒に考えていきたいと思います。
主催者は、全道の60近い団体が参加する「泊原発を再稼働させない北海道連絡会」(会長は泊原発の廃炉をめざす会、弁護団長市川守弘)で、廃炉の会は幹事団体の一つです。
皆さま、ぜひご参集ください!

・とき:2018年3月1日(木)18:30から(開場18時)
・参加費:500円(高校生以下は無料・事前予約は不要)
・会場:わくわくホリデーホール(札幌市民ホール)大ホール(札幌市中央区北1条西1丁目)

第一部 アーサー・ビナード 講演会
知らなかった、ぼくらの原発「アトミックの奥にひそむモノ」
第二部 上田文雄&川原茂雄 対談
「原発のない北海道をつくるために」

主催:泊原発を再稼働させない北海道連絡会
連絡先:泊原発を再稼働させない北海道連絡会3・1集会事務局
TEL 090-8278-4990
E-mail skawahara1217@nifty.com
チラシは、ホームページをご覧ください。
http://tomari816.com/blog/?p=2254

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

・12/18 市民自治を創る会「おしゃべりサロン」開催

・12/18 年末最後の「おしゃべりサロン」のご案内です。
日時 12月18日(月)18時~
会場 エルプラザ4階
会場費 500円おねがいいたします
話題提供 守田恵美子さん
主催(&問合せ) 市民自治を創る会(070-5065-5014)
今回は特に講師はお願いしていませんが
今年一年ふりかえり、カンカンガクガク、ケンケンゴウゴウ、おしゃべりします。
もり・かけ・問題、、、総選挙、、、改憲、、、新しい年へのエネルギーにできたら
と思います。お忙しいところとは思いますが、いらしてください!

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

・2018 1/22 アーサー・ビナードさん、田丸正幸さんに聞く! きょうの沖縄、あしたの日本

・1/22 アーサー・ビナードさん、田丸正幸さんに聞く!
きょうの沖縄、あしたの日本

沖縄にはなぜ原発がないの?
どうして、むりやり基地がつくられるの?
東村高江のヘリパット新設中、反対する住民たちの抗議行動に何度も参加したアーサー・ビナードさんと、現地に暮らす田丸正幸さん。
おふたりに、マスコミ報道では分からない、沖縄の真実を聞きませんか。
そして、政府がねらう憲法改正の本当の目的を探りませんか。
沖縄と北海道の距離を理由に、知らんぷりはしたくない!
私たちに何ができるのか。みんなで一緒に考えましょう。
■とき:2018年1月22日(月)18:30〜20:00(18:00開場)
■ところ:札幌エルプラザ 4F 大研修室
(札幌市北区北8条西3丁目:札幌駅北口地下歩道12番出口横から直通)
■参加料:当日申し込み1,000円  事前申し込み 800円(学生は無料)
■申し込み先:TEL(011)-280-8722、280-5225  FAX (011)-280-5226
メールa-sasaki@roukyou.gr.jp (ワーカーズコープ佐々木まで)
▲アーサー・ビナードさん
米国ミシガン州生まれ。ニューヨーク州コルゲート大学英米文学部を卒業後、22歳で来日。翻訳や日本語での詩作を始める。詩人、エッセイスト、絵本作家、ラジオパーソナリティーなど幅広く活躍中。新作絵本『ドームがたり』のほか、『知らなかった、ぼくらの戦争』など著書多数。広島市在住。
▲田丸正幸さん
福岡生まれ。5歳で父親が営む採石場で事故にあい、片手首より先を失う。2014年夏、初めて高江に行きヘリパッド建設反対運動を始める。現在は、個人での講演を全国で行いながら、裁判の救援隊を担う。高江で山羊を飼う酪農家。
■主催/「アーサー・ビナードさん&田丸正幸さん講演会」実行委員会
■共催/ 医療九条の会・北海道  一般社団法人日本社会連帯機構  ワーカーズコープ北海道事業本部
■協賛/ 札幌YWCA

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

・10/13&14 元京都大学原子炉実験所助教・小出裕章さんの講演会が札幌と岩内町で開催

・10/13&14 元京都大学原子炉実験所助教・小出裕章さんの講演会が札幌と岩内町で行われます!
◎第63回札幌市母と女性教員のつどい
『原発事故から6年 今、何が起きているのか?』
日時 : 2017年10月14日(土)13:00〜17:00(受付12:30〜)
場所 :教育会館 7階 大雪
(札幌市中央区南3条西12丁目 TEL:011-561-8759)
アクセス:地下鉄 西11丁目下車・市電 中央区役所前
参加費:無料(男性の参加も歓迎します)
連絡先:札幌市母と女性職員の会 事務局TEL:011-561-2278
http://healing-goods.info/koide/2017/09/20171014/
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
◎『小出裕章氏 講演会』
日時 : 2017年10月13日(金)18:30開演(18:00開場)
場所 :岩内地方文化センター 2階 研修室
(岩内郡岩内町万代51−7 TEL:0135-62-0001)
アクセス:最寄りバス停  岩内ターミナルより約295m徒歩で約4分
入場料:500円(資料代として)
問合せ:090-8899-9240
主 催:後志・原発とエネルギーを考える会
http://healing-goods.info/koide/2017/09/20171013/

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

・10/9 「STOP! 再稼働 さよなら原発北海道集会」

・10/9 「STOP! 再稼働 さよなら原発北海道集会」
・日時:2017年10月9日(月・祝)13:00~
・場所:札幌市大通公園西8丁目
・主催:「さよなら原発1000万人アクション北海道」
・スピーチ:西尾正道、小野有五、麻田信二、鎌田 慧、上田文雄(敬称略)
・デモパレード  大通西7丁目北⇒駅前通り左折⇒北4条通り左折⇒日本生命ビル付近流れ解散(予定)
http://peace-forum.org/article-4393.html

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

・10/7 学習会『事実と資料で読み解く自然エネルギー~自然エネルギーは原発の「裏の顔」』

・10/7 『事実と資料で読み解く自然エネルギー~自然エネルギーは原発の「裏の顔」』

原発の代替手段とされ、ここ数年急速に増えた風力発電や太陽光パネル等の自然エネルギー。でも実は、原発と同様、『国策』としてすすめられているのをご存知でしょうか。例えば、私たちが支払う「再生可能エネルギー発電促進賦課金」を資金源とした「固定価格買い取り制度」や、2014年に「農山漁村再生可能エネルギー法」を施行し、県や指定市町村が同意すればこれまで転用できなかった農地や森林・自然公園でも設置ができるように関連法が改正されました。

どちらも、廃棄物の処理方法等、確立されないまま、時の政府により進められた「政策」です。

今回の学習会では、自然エネルギーの仕組みを解説し、この政策がどう変遷してきたかを、年表と資料で読み解きます。目からウロコの学習会、ぜひ、ご参加下さい。

・講師:山田征(やまだ せい)さん

《講師プロフィール》1938年生まれ。40年以上前から市民の立場で原発反対の活動をすると同時に、沖縄県石垣島白保の空港建設反対、内モンゴル植林、イラクやパレスチナ・ガザへの支援等、多様な活動を行う。 著書に『山田さんのひとりNGO』、『ただの主婦にできたこと』ほか

◎日時:2017年10月7日(土)  10:00~17:00(13時ころ、食事休憩をはさみます。)

◎会場:かでる27 8階 道立市民活動促進センター内A~D(札幌市中央区北2西7)

◎参加費:予約1300円/当日1500円(資料の準備があるのでなるべくご予約ください)

※参加費は講師招聘の経費等として、What’sが徴収するものです。

・ お申込み・お問合せ: whats.everything@gmail.com

・主催:What’s  http://whats-everything.jimdo.com

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

・10/24 ドキュメンタリー映画「『知事抹殺』の真実」上映会

・10/24 ドキュメンタリー映画「『知事抹殺』の真実」上映会

2006年9月、5期18年にわたり福島県知事をつとめた佐藤栄佐久氏は、実弟が経営する会社に絡む身に覚えのない収賄事件によって東京地検特捜部に逮捕され、知事の座を追われました。過酷な取り調べで自白に追い込まれた佐藤元知事に、裁判所は前代未聞の「収賄額0円」の有罪判決を出します。

下記に映画の予告編が見られます。
https://youtu.be/ZC78mYQZaoQ?t=8
佐藤氏は知事在任中、福島県に立地する原子力発電所の安全対策に厳しく臨み、地方の暮らしを守る立場から国主導の市町村合併や道州制に意義を唱えるなど「闘う知事」と呼ばれました。
元知事は、なぜ「抹殺」されたのでしょうか。政府が原発再稼働を急ぐ今、この映画を通して、東京電力福島第1原発事故がなぜ起きたのか、あらためて市民のみなさんとともに日本の国家権力、司法、メディアのありようについて考えてみたいと思います。
この度の上映会は市民有志の実行委員会が主催します。
皆さまには、この映画を知っていただきたい。ご来場いただきたいと、願っております。
■イベント内容
ドキュメンタリー映画「『知事抹殺』の真実」上映会
【日程】2017年10月24日(火)1日4回の上映、安孫子監督の講演(3回)があります。
開場  10:00  ①10:30 ②13:30 ③15:30 ④19:00
【会場】札幌エルプラザ・2階・環境研修室(80席)(北8西3 札幌駅北口直結)
【入場 前売り券】★一般・シニア/1,000円(当日1,200円) ★高校生以下/500円(当日共)
・前売りチケット取り扱い:市内プレイガイド(大丸藤井セントラル・道新・教文)
・主催:『知事抹殺の真実』上映実行委員会
・協力:札幌映画サークル
・問合せ:090-8426-5262・090-2875-8362
e-mail:fumfumkawamura@gmail.com
  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

・10/15  平和にYES!改憲にNO!市民が政治を変える!札幌アクション

・10/15 平和にYES!改憲にNO!市民が政治を変える!札幌アクション

・とき:2017年10月15日(日)13:00~15:00

・ところ:札幌大通り公園6丁目広場

○市民・各界からのスピーチ、ライブ&市民パフォーマンス

・呼びかけ団体:戦争させない市民の風・北海道

・共催団体:医療九条の会・北海道、市民連合北広島

・賛同団体:賛同団体を募集中です!(連絡先:q-ko@sea.plala.or.jp /090-2070-4423)

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

・7/1 講演会「こどもをめぐる環境を考える~3,11から6年・福島のこどもの保養から見えてきたもの~」

・7/1 「こどもをめぐる環境を考える~3,11から6年福島のこどもの保養から見えてきたもの~」

東日本大震災とそれに伴う福島第一原発事故からまる6年が過ぎました。
福島の子どもたちを守る会は2011年夏から保養活動に取り組む中で、これまで500名を超える福島からの親子の保養(一時避難)の受け入れに取り組み、2014年からは常設の保養所「かおりの郷」を開設しました。
また、沖縄の久米島では、2011年から、福島のこどもたちのための保養施設「球美の里」(くみのさと)が設立され、これまで1000名を超える方たちの保養を受け入れてきました。
当会ではこれまで球美の里の設立者である広河隆一氏を札幌にお招きし、今後の保養の在り方について講演会を開催してきました。
このたび、新たに理事長になられた、向井雪子さんをお招きしこれまでの活動から見えて来た課題・展望について伺います。
福島のこどもたちが置かれている現状や、今後の保養の課題について、理解が深まれば幸いです。
・とき:2017年7月1日(土)開演13時30分
・ところ:札幌エルプラザ2F環境研修室2(札幌市北区北8条西3丁目 札幌駅北口直結)
・講師:向井雪子さん(球美の里理事長)
・入場料:500円
・主催 NPO法人福島の子どもたちを守る会・北海道
・問合せ連絡先 090-6990-5447   mail:fkmamoru@gmail.com
  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

Home > タグ > 原発

キーワードで抽出する(タグ)
フィード
メタ情報

Return to page top