ホーム > タグ > 南スーダン

・1/25 護憲ネットワーク北海道・新年講演会緊急企画「南スーダンPKO自衛隊派遣問題を考える」 ~現地南スーダン駐在からの報告~

・1/25 護憲ネットワーク北海道・新年講演会緊急企画
「南スーダンPKO自衛隊派遣問題を考える」
~現地南スーダン駐在からの報告~
昨年、南スーダンPKOに派遣されている自衛隊に対して、憲法違反の「駆けつけ警護」と「宿営地防衛」の新任務付与が強行されてしまいました。憲法が禁ずる武力行使への道そものです。憲法施行70年を迎える今年、自衛隊の新任務付与の問題点と今後の憲法を巡る動向を踏まえ、南スーダンの実際の情勢と自衛隊派遣や新任務が必要とされているのかなど、現地で支援活動に従事し現場を最も熟知している今井高樹さんの一時帰国にあわせて、今回緊急企画として開催いたします。
講演会次第
・演題 「南スーダンPKO自衛隊派遣問題を考える」
~現地南スーダン駐在からの報告~
・講師 今井高樹さん(日本国際ボランティアセンタースーダン事務所代表)
・日時 1月25日(水) 18:00~20:00
・会場 札幌市教育文化会館 3階 研修室305(札幌市中央区北1条西13丁目 電話011-271-5821)
・参加費 資料代として500円を申し受けます。
・主催:護憲ネットワーク北海道
・連絡先:電話011-676-5862 FAX011-590-0316
~今井高樹さんのプロフィール~
【日本国際ボランティアセンター(JVC)スーダン駐在スタッフ現地代表】
会社員生活のかたわらJVCの活動にボランティアとして関わる。2004年に会社を退職、アメリカの公立小学校にインターンとして勤務した後、2007年よりJVCスーダン現地代表。スーダン南部自治体(現南スーダン)ジュバに3年にわたり駐在。2010年よりスーダン(北部)の南コルドファン州に移動。2011年の紛争勃発後は、首都ハルツームに駐在する。
  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

・1/26 南スーダンの現地情勢と自衛隊派遣を考える ~NGOの支援現場から~

・1/26 【NGO非戦ネット関連企画】
南スーダンの現地情勢と自衛隊派遣を考える
~NGOの支援現場から~
・日 時 2017 年1月26日(木)  18:30 ~ 20:30
・会 場 札幌市民ホール(わくわくホリデーホール) 第1会議室(札幌市中央区北1西1)

・参加費 500 円(学生および北海道NGOネットワーク協議会会員は無料)

・主 催 北海道NGOネットワーク協議会 TEL.011-211-5028(事務局・岡田)
・協 力 NGO非戦ネット・北海道有志の会

●報告
今井 高樹(いまい たかき)さん

日本国際ボランティアセンター(JVC)スーダン事務所代表
北海道大学文学部卒業後、大手スーパーマーケットに勤務しながらJVCの活動にボランティアとして関わる。退職後、アメリカの
公立小学校でのインターン勤務を経て、2007 年5月よりJVCスーダン現地代表。

内戦に揺れる南スーダンでは、250 万人もの人が国内外で避難民になる事態となっています。
日本政府は、安保法制の成立に基づき、今年11 月から南スーダンのPKOに派遣する自衛隊の部隊に「駆けつけ警護」等の新任務を付与しましたが、実際の現地情勢はどのようになっているのでしょうか?
今年7月の首都ジュバでの戦闘激化以降、NGOスタッフとして唯一現地入りし、緊急支援活動に取り組んでいる日本国際ボランティアセンター(JVC)スーダン事務所現地代表の今井高樹さんをお迎えし、南スーダンの実際の状況はどうなっているのか、そして、自衛隊のPKO派遣や「駆けつけ警護」等の活動が現地から見てどのように映るのか、お話しして頂きます。
貴重な機会ですので、皆さまぜひご参加ください。

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

・11/15 総がかり緊急行動を実施!(戦争をさせない北海道委員会緊急行動)

・11月15日総がかり緊急行動を実施!

11.15戦争をさせない北海道委員会 緊急行動

1.日 時 2016年11月15日(火)18:00~

2.場 所 札幌市中央区大通西3丁目広場

3.主 催 戦争をさせない北海道委員会 北海道平和運動フォーラム

4.内 容 集会 18:00~          デモパレード 18:20~

7月には首都ジュバで大規模な戦闘があり、死傷者が多数でた中、このような危険な地域への派遣や「自衛隊員のリスクが高まる」情勢下、政府は、次回より派遣する南スーダンのPKOの派遣部隊に安保法に基づく新任務「駆けつけ警護」などを付与する方針を固めたもようです。15日にも閣議決定する考えを、複数の与党幹部に伝えました。昨年9月の戦争法成立後、海外での自衛隊任務が拡大する初めてのケースとなり、「駆けつけ警護」の閣議決定に抗議するため「戦争をさせない北海道委員会」緊急行動を展開します。
※天候等の事情により、変更がある際は、ホームページにてお知らせします。

http://peace-forum.org/article-3934.html

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

・8/27 「戦争させない市民の風・北海道」を設立~活動予定を紹介します

「戦争させない北海道をつくる市民の会」と「安保法制の廃止と立憲主義の回復をめざす市民の風・北海道」は、一緒になりました!

新しい市民団体「戦争させない市民の風・北海道」を設立。

http://xn--u9j258kr2ivo7b.com/

市民の風.com でお知らせします。

憲法改悪を阻止し、安保法制の廃止と立憲主義の回復をめざし、安倍政権の暴走にストップをかけるために、昨年11月、1000人以上もの賛同人を集めて、「戦争させない北海道をつくる市民の会」が市民団体として活動を開始しました。

また、市民と野党が統一して推す候補の実現とその勝利のために力を合わせるとともに、それぞれが具体的に選挙活動・政治活動に協力・連携して取り組むために、政治団体「安保法制の廃止と立憲主義の回復をめざす市民の風・北海道」が立ち上げられました。

「戦争させない市民の風・北海道」は、この二つの団体の理念や目的、その活動と成果を引き継いで、新たな市民団体として一緒になり活動していきます。

連絡先:事務局090-2070-4423  メール 1-siminmado@freeml.com

【賛同金・カンパ】(一口1000円より)

郵便振替口座 02750-4-48691 加入者名 市民の風・北海道

【当面の活動予定】

《南スーダンからの自衛隊撤退》

・9/3 11:00~千歳(千歳神社近く)でスタンディング

・9/17,10/1,10,15  11:00~千歳グリーンベルト・スタンディング

・9/17 札幌:予定午後2時~北部方面総幹部前スタンディング

《新聞を読んで語ろう会》新聞記事を持ち寄って語り合ってみませんか?

記事など15枚ほどコピーしてお持ちください。参加費は任意で200円程度。

・9/7 18:30~20:30 かでる2,7 6階和室「すずらん」

・9/21   〃    札幌エルプラザ4階 研修室1

・10/5   〃    札幌エルプラザ4階 研修室3

・10/19  〃     かでる2,7 6階和室「あかなら」

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

・2016,1/30 自衛隊を活かす21世紀の憲法と防衛を考える会・シンポジウム新安保体制の予想される発動事例の検証②「南スーダン―駆けつけ警護で自衛隊はどう変わるのか」

・2016,1/30 自衛隊を活かす21世紀の憲法と防衛を考える会シンポジウム新安保体制の予想される発動事例の検証②「南スーダン―駆けつけ警護で自衛隊はどう変わるのか」

・2016,1,30(土)午後1時半~(開場:午後1時)

・札幌国際ビル国際ホール(札幌駅地下鉄8番出口横)

・参加費:1000円(資料代)申し込み不要、どなたでも参加できます。

報告者とテーマ

・渡邊 隆(元陸将・第一次カンボジア派遣施設大隊長)「駆けつけ警護と邦人救出を現場から考える」

・モハメド・オマル・アブディン(東京外大特任助教、スーダン出身)「戦争現場の人びとは日本に何を求めているのか」

・伊勢崎賢治(東京外大教授、自衛隊を活かす会呼びかけ人)「劇的な変貌を遂げる国連PKOと日本の役割」

<以下、討論に参加する「自衛隊を活かす会」メンバー>

・加藤朗(桜美林大学教授)・柳澤協二(元内閣官房副長官補)

・主催:自衛隊を活かす会・正式名称「自衛隊を活かす:21世紀の憲法と防衛を考える会」

http://kenpou-jieitai.jp

・後援/「『自衛隊を活かす会』の札幌シンポを成功させる会

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

Home > タグ > 南スーダン

キーワードで抽出する(タグ)
フィード
メタ情報

Return to page top