ホーム > タグ > 北海道大学

・12/7 宮澤・レーン事件、秘密保護法廃止市民集会―安倍暴走政権はこの国をどこへ?―

・12/7  宮澤・レーン事件、秘密保護法廃止市民集会―安倍暴走政権はこの国をどこへ?―

73年前、札幌で起きた「スパイ冤罪事件」の無残を再度見つめ、安倍政権の暴走を阻止する決意を・・・。

そして北大に、今後この事件を風化させず、大学が戦争に加担することが無い証として「心の会の碑」)仮称)の建立を!

・2014、12,7(日)14:00~約2時間

・北海道大学学術交流会館1階 大会議室(札幌市北区北8条西5丁目・北大正門から入って左の建物)

・基調報告:山本玉樹 (北大生宮澤弘幸「スパイ冤罪事件」の真相を広める会代表)

・問題提起:齋藤耕弁護士「宮澤・レーン事件から考える特定秘密保護法」この国はどこへ向かおうとしているのか?

など

・主催:北大生宮澤弘幸「スパイ冤罪事件」の真相を広める会

・問合せ:090-6994-2524、090-1527-9009

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

11/23 映画「ショック・ドクトリン」上映&講演会

11/23 映画『ショック・ドクトリン』上映会&講演会

 ミルトン・フリードマンらによって提唱された新自由主義(ネオリベラリズム)。政府による市場への介入を否定し、福祉国家の解体を唱えるそのラディカルな経済思想が、いかにして世界を席巻するようになったのか?
 ナオミ・クラインの世界的ベストセラー『ショック・ドクトリン――惨事便乗型資本主義の正体を暴く』を原作とするドキュメンタリー映画『ショック・ドクトリン』を視聴し、軍事独裁政権下のチリから9・11以降のイラクまで、戦争やインフレ、自然災害などの危機を利用しながら推進された新自由主義的資本主義の歴史をふり返ります。
 上映後は、三宅芳夫さん(千葉大学教員)に「ショック・ドクトリン・・・民主主義VS新自由主義」というタイトルでご講演いただきます。1973年のチリの軍事クーデター以後、アメリカの国家権力を背景に推進された新自由主義的資本主義が、「社会」を崩壊させ、格差と貧困を爆発させるとともに、「民主主義」体制を空洞化させるプロセスでもあったことをふまえて、解体の危機にある「民主主義」をめぐる状況について考察します。

日時 11月23日(土)14:00~17:00(開場13:30)
会場 北海道大学
    人文・社会科学総合教育研究棟(W棟)103
入場料 無料
講師 三宅芳夫さん
   千葉大学教員。専攻は哲学・思想史。著書に『知識人と社会――J=P.サルトルの政治と実存』(岩波書店)、編著に『移動と革命――ディアスポラたちの「世界史」』 (論創社)など。現在、編著『新自由主義グローバリズムと近代世界システム』を準備中(作品社から近刊)。
主催 「現代社会運動のアジェンダ」研究会
連絡先 shockdoctrine.sapporo@gmail.com

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

3/24 シリーズ「組織と人間」⑤『組織と組織、その間の個人』

3/24 シリーズ「組織と人間」⑤『組織と組織、その間の個人』

・2013,3,24(日)18:30~20:30

・札幌エルプラザ4階 研修室1(札幌駅北口直結)

・講師:佐藤 一さん(北海道新聞記者)

・参加費:一般1000円、大学生以下500円

・なるべく予約してください。

・主催連絡先:What`s&学生グループ

naoki.yamada@gmail.com

tamtamsaber1936@rose.ocn.ne.jp

whats.everything@gmail.com

090-6269-4529

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

・2/22 特別セミナー「紛争後の復興と開発における日本の役割」~アフガニスタンとカンボディアの経験を踏まえて~

・2/22 特別セミナー「紛争後の復興と開発における日本の役割」~アフガニスタンとカンボディアの経験を踏まえて~

・2013,2,22(金)午前9時~11時

・会場:北海道大学スラブ研究センター4階大会議室

・参加無料・事前申し込み不要・どなたでも参加できます。

【報告】山本忠通さん(駐ハンガリー日本大使 元アフガニスタン・パキスタン支援担当 特命全権大使)

コメンテーター:小林知さん(京都大学東南アジア研究所准教授)

・主催:スラブ研究センター(家田研究室090-2813-4907)

・共催:北大国際法研究会(大学院法学研究科)

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

1/9 北大スラブ研究センター主催 一緒に考えましょう講座⑫「相馬看花:第一部奪われた土地の記憶」上映会

1/9 北大スラブ研究センター主催 一緒に考えましょう講座⑫「相馬看花:第一部奪われた土地の記憶」上映会

(松林要樹監督、2011年、109分)映画と解説

・2013,1,9(水)18:00~20:00

・北海道大学 学術交流会館(北大正門 左手すぐ)

・参加無料(事前申し込み不要)

主催・連絡先:北海道大学スラブ研究センター家田研究室

(090-2813-4907 veritas-sanitas@hotmail.co.jp)

共催:北海道の命と自然のネットワーク

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

Home > タグ > 北海道大学

キーワードで抽出する(タグ)
フィード
メタ情報

Return to page top