ホーム > タグ > 労働

・10/9 樺太・真岡郵便局1945年8月20日 ―映画上映―

・10/9 樺太・真岡郵便局1945年8月20日9人の乙女―なぜ自決?―映画上映―
1945年8月9日ソ連軍が平和条約を破棄し参戦した。政府から、特に女性たちを優先して緊急疎開させるようにと、疎開命令が出ていた。その疎開を効果的に実現するためには、電話交換業務を継続しなければならなかった。
そのため残って交換業務を続ける人を求めた。20日当日は11人の交換手が残った。
9人の乙女―なぜ自決?
職場を放棄するこは、兵士の脱走に等しい行為と教え込まれ、誇りを抱いて業務に就き、たとえ自らの命を投げうっても職場を守った。
貴方は、戦争に送り出す子供・孫を育てますか!
教育勅語・緊急事態条項・共謀罪(治安維持法)・秘密保護法は戦争への道へ導く人を育てる。
2018年度から教科書に教育勅語(道徳)が取り入れられます。
・日時:2017年10月9日(月・祝日)13時より
・場所:カトリック月寒教会(白石区栄通り2丁目11-15)
・主催:北海道3区市民の会―白石の会(連絡先:090-7656-8577)
・後援:鳥居明子・松永武(カトリック月寒教会信徒)
・資料代:300円(高校生以下は無料)

※カトリック月寒教会=地下鉄白石駅から徒歩5分/駐車場:20台程度

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

・10/15  平和にYES!改憲にNO!市民が政治を変える!札幌アクション

・10/15 平和にYES!改憲にNO!市民が政治を変える!札幌アクション

・とき:2017年10月15日(日)13:00~15:00

・ところ:札幌大通り公園6丁目広場

○市民・各界からのスピーチ、ライブ&市民パフォーマンス

・呼びかけ団体:戦争させない市民の風・北海道

・共催団体:医療九条の会・北海道、市民連合北広島

・賛同団体:賛同団体を募集中です!(連絡先:q-ko@sea.plala.or.jp /090-2070-4423)

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

・9/26 学習会「政府の法的解決済み論のトリックと個人請求権」

・9/26 学習会「政府の法的解決済み論のトリックと個人請求権」
「日本の植民地支配下での徴用工の個人請求権は消滅していない」と文韓国大統領。「1965年日韓基本条約で解決済み」と日本政府。
果たして???
今に続く歴史認識に関しての学習会開催のお知らせです。
★政府の法的解決済み論のトリックと個人請求権★
講師:小林久公さん(強制動員真相究明ネットワーク事務局次長、日本軍「慰安婦」問題解決全国行動資料チーム等)
・日時:9月26日(火) 18時半~20時
・会場:カトリック山鼻教会 (中央区南10西11)
《利用交通機関》:じょうてつバス
①  札幌・大通方面からは下記のバスに乗り南9条西11丁目で降車
・南4(真駒内駅行)・南54(南町4丁目行)・南64(真駒内本町行)
②  真駒内・定山渓方面からは下記のバスに乗り南11条西11丁目で降車
・南4(西11丁目駅・市立病院前行)・南54(大通西4丁目行)・南55(札幌駅行)・南64(札幌駅北口行)
・参加費:無料
・主催:カトリック札幌地区正義と平和協議会
・問合せ:松永 011-864-5526
  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

・9/16 JRの再生と 地域の発展を考える

・9/16 JRの再生と 地域の発展を考える

今、私たちは、この北海道から現在の半分にあたる1200キロ以上の路線がなくなってしまうかもしれない局面に立っています。

一方、ヨーロッパの国々では鉄道は住民の生活を支える基本的なインフラとして維持されているといいます。

地方を切り捨て、農漁業を切り捨て、弱者を切り捨て、「自己責任だ」とうそぶく。安倍政権の姿勢が露骨に表れているのがTPPであり北海道の鉄道切り捨てではないでしょうか。

ぜひ足をお運びください。JR再生と北海道の未来について一緒に考えましょう。

JRについて考えることは、北海道の未来をイメージすること…

JRの再生と 地域の発展

・日時:9月16日(土)18:30~(開場18:00)

・会場:札幌市教育文化会館 研修室403(北1西13)

・講師:宮田和保氏(北海道教育大学名誉教授。「JR北海道問題を考える学者・弁護士の会」代表

立憲野党から、JR再生について、考えを語っていただきます

松木けんこう氏(民進党 衆議院議員)   

金倉まさとし氏(日本共産党 2区国政対策委員長)

豊巻絹子氏(社会民主党北海道連合副代表)

市民ネットワークからのスピーチも予定しています

・主催:市民と野党の共闘をもとめる2区の会(問合せ:inoue520@krc.biglobe.ne.jp)

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

・8/4 最低賃金上げろデモin札幌

・8/4 最低賃金上げろデモin札幌

日時:2017年8月4日(金) 集会 19:00 | デモ 19:15

集合:札幌大通公園西3丁目 最賃審議会に向けて声をあげます✊⤴︎⤴︎⤴︎ #最低賃金を1500円に #中小企業に税金回せ

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

・6/29 《【国策】としての日本軍「性奴隷(慰安婦)」問題》検証 “国策”で進められる「奴隷」労働???≪外国人研修制度≫を考える。

・6/29 《【国策】としての日本軍「性奴隷(慰安婦)」問題》検証
“国策”で進められる「奴隷」労働???≪外国人研修制度≫を考える。
講師:安田浩一さん(ジャーナリスト)

「研修生」という名目にも関わらず、実際には劣悪な環境の中低賃金で働かされているという「外国人研修生」。
この問題について語られるとき、ひどい雇用主に焦点があてられがちです。でもそもそも、労働者としての受け入れを拒否しながら、実際に「研修生」という抜け道を作って日本の雇用主が都合よく使えるような制度を整えたのは日本政府です。今回の学習会では、ジャーナリストの安田浩一さんに外国人研修制度の実態についてお話いただき、その後この制度と同様、戦前“国策”として進められた日本軍「慰安婦」制度と比較し【国の政策】として実施されることの具体的な影響について考えたいと思います。ぜひご参加ください。
◎日時:2017629日(木)1900~(開場1845
◎会場:エルプラザ4階『大研修室A』(札幌市北区北8西3 札幌駅地下直結)
◎参加費:予約1000円(当日1200円)
◎お申込み・お問合せ:whats.everything@gmail.com

・主催:what’s
・共催:札幌YWCAピースアクション委員会/nabi action japan iam

********************
講師プロフィール:安田浩一 (やすだこういち・ジャーナリスト)
********************
安田浩一(やすだこういち・ジャーナリスト)1964年生まれ。『週刊宝石』『サンデー毎日』の記者を経てフリージャーナリストに。主に外国人労働者問題などをテーマに取材活動を続け、「ネトウヨ」とされる在特会を取材した『ネットと愛国』(講談社)で2012年の講談社ノンフィクション賞を受賞。2015年、『ルポ 外国人『隷属』労働者』(「G2」vol.17)で第46回大宅壮一ノンフィクション賞雑誌部門受賞。著書に『ルポ 差別と貧困の外国人労働者』(光文社新書)、『ヘイトスピーチ』(文春新書)、『沖縄の新聞は本当に「偏向」しているのか』(朝日新聞出版)など多数

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

・2/20 市民自治を創る会おしゃべりサロン「非正規雇用問題と労働組合のあり方について考える!」

・2/20 市民自治を創る会おしゃべりサロン「非正規雇用問題と労働組合のあり方について考える!」

過重労働・過重残業・過労自殺などが問題となった2016年・・・
働き方、賃金のあり方、時間・生命、労働組合のあり方・・・を考えていくためにおしゃべりサロンを開催します。
ぜひお誘いあわせて、ご参加ください。
************************

「非正規雇用問題と労働組合のあり方について考える!」

◆と き: 2017年2月20日(月) 18:30~20:30
◆ところ:札幌エルプラザ4階 研修室1(札幌市男女共同参画センター 札幌駅北口正面・地下直結)

◆参加費:500円・学生300円(申し込み不要)

◆お話:川村雅則さん(北海学園大学経済学部教授・労働経済学)

毎年いっせいに始まる「新卒就職活動(シュウカツ)」……

夢と希望を持って就職……最近では(新入社員の)過重残業・過労自殺のニュースも。

労働契約は? 労働組合は?

日本の非正規雇用は、いまや労働者の4割(女性は6割)とも。

政府の働き方改革「同一労働・同一賃金」の意味するものは。

◇  ◇  ◇

今回、労働経済学がご専門の川村雅則北海学園大学教授に、

非正規雇用問題と労働組合のあり方についてお話をうかがいます。

お子さんが、お孫さんが、ご自分が非正規雇用で、将来が不安…

考えてみませんか?どなたでも参加できます。

事前申し込み不要です、ぜひ、ご参加ください。

・主催:市民自治を創る会

・連絡先 Eメール: shiminzichi@gmail.com

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
~川村雅則さん プロフィール~
川村 雅則(カワムラ マサノリ)
北海学園大学経済学部 経済学科 教授
北海道大学大学院教育学研究科教育学専攻博士後期課程 修了
所属学会 社会政策学会 交通権学会 日本社会医学会/評議員
過労死防止学会
NPO法人建設政策研究所/副理事長
NPO法人官製ワーキングプア研究会
非正規公務労働問題研究会
(公益社団法人北海道地方自治研究所内に設置)/主査
専門分野 労働経済
研究テーマ 北海道の雇用・労働の実証的研究
著書
共著『日本の保育労働者--せめぎあう処遇改善と専門性』ひとなる書房、2015年
共著『ブラック企業に負けない!学校で労働法・労働組合を学ぶ』きょういくネット、2014年
共著・交通権学会編『交通基本法を考える』 かもがわ出版社 2011年
公的社会活動 (任意団体)反貧困ネット北海道/副代表
  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

・共通番号いらないネット~マイナンバー強制事例を募集しています!

共通番号いらないネットでは・・・・・・

▼マイナンバー記入の強制等の事例を集めています!
10月終わりに収集サイトがスタートしました。

http://www.bango-iranai.net/news/forcedExample.php?n=138

年末調整などで提供を強制されて悩んでいる(いやいやながら提出してしまった)・・・。

講演料などで委託(再委託)会社から番号要求された・・・セキュリティは大丈夫か心配・・・・。

少しずつですが以下のような事例が寄せられています。
・マイナンバーを提出しないことで職場で中傷された
・マイナンバー記入に協力することが給料支払いの前提と説明
・証券会社から、3年の猶予期間後もマイナンバー提出がなければ取引制限もありうると説明
・マイナンバー記入なければバイト雇用できないと説明
・保育園入園申請で、マイナンバー記入なければ手続きできないと説明

※ちなみにマイナンバーカード取得強制の事例としては、文科省は非常勤職員(時間雇用職員)の採用案内で、「採用後は、個人番号(マイナンバー)カードを身分証として使用しますので、あらかじめカードの取得手続きをお願いいたします。」と明記しています。
http://www.mext.go.jp/b_menu/saiyou/hijyoukin/index.htm

このサイトの趣旨は、事例を集めて関係機関に是正を求める働きかけをしていくことです。
私たちは昨年暮れ、数少ない事例でしたが省庁に指摘したことで、2月12日の省庁との話し合い前の2月10日に、厚生労働省はサイトに「「マイナンバーを提供しないことを理由とする不利益な取扱いは、労働関係法令に違反又は民事上無効となる可能性がある」という注意喚起を掲載しました。

▼地方公共団体情報システム機構 J-LIS post at 2016.10.25 #139
地方公共団体情報システム機構(J-LIS)からの回答
http://www.bango-iranai.net/news/newsView.php?n=139

▼金融機関4団体 全国銀行協会 日本証券業協会 日本損害保険協会 生命保険協会 post at 2016.10.25 #140
金融機関4団体への質問と回答
http://www.bango-iranai.net/news/newsView.php?n=140

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

・8/15 「不戦の日! 8.15北海道集会~歴史修正主義と闘うジャーナリストの報告~私は「捏造記者」ではない」

・8/15 「不戦の日! 8.15北海道集会」

「歴史修正主義と闘うジャーナリストの報告~私は「捏造記者」ではない」

日 時 2016年8月15日(月)18:00~20:00
会 場 北海道自治労会館 4F会議室(札幌市北区北6条西7丁目)
内 容 元朝日新聞記者の植村隆さんは、1991年に書いた元日本軍「慰安婦」に関する記事がもとで「捏造記者」というレッテルを貼られ、いまもなお誹謗中傷を受けています。非常勤講師を務めていた北星学園大学にも脅迫・嫌がらせのメールや電話が押し寄せられ、何者かが娘を「殺す」という脅迫状まで送ってきました。なぜ植村さんは狙われたのか。不当なバッシングと闘う植村隆さんが報告します。
主 催 8.15北海道集会実行委員会、北海道平和運動フォーラム
※ 入場無料。当日、直接会場へお越し下さい。

http://peace-forum.org/article-3563.html

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

・7/16 やめない!負けない!あきらめない! 女性労働者の集い「女の労働を問う 女性活躍推進法の罠!」

・7/16  やめない!負けない!あきらめない!女性労働者の集いパート13
「女の労働を問う 女性活躍推進法の罠!」
基調講演:清末愛砂さん(室蘭工業大学大学院 准教授)
とき:2016年7月16日(土) 13:30〜
と こ ろ:札幌市教育文化会館 302号室(札幌市中央区北1条西13丁目 地下鉄東西線西11丁目駅 1番出口徒歩5分)
参加費:¥500
主催:北海道ウィメンズユニオン(011-221-2180)
http://blog.goo.ne.jp/hokkaiwu
やめない!負けない!あきらめない!女性労働者の集い2016 チラシ・最終版.jpg を表示しています

国際女性デー札幌地区集会での講演、戦争をさせない北海道委員会の呼びかけ人でもあり、同総がかり行動のスピーチなど、北海道内だけでなくあちこちでひっぱりだこの、室蘭工業大学の清末愛砂さんにご講演いただきます!!
集会の後半は、当事者からの闘いの報告もあります。
初夏の爽やかな一日、みなさまお誘い合わせのうえ、女性労働者の集いにぜひご参加ください。

やめない!負けない!あきらめない!女性労働者の集い2016 チラシ・最終版.jpg を表示しています

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

Home > タグ > 労働

キーワードで抽出する(タグ)
フィード
メタ情報

Return to page top