ホーム > タグ > 先住民族

6/30~7/1 フェアトレードフェスタinさっぽろ

6/30~7/1 フェアトレードフェスタ2012inさっぽろ

2012,6,30(土)11:00~18:00

7,1(日)10:00~17:00

会場:札幌市大通公園1丁目

ふだんなかなかお目にかかれない、フェアトレードのお店が、毎年たくさん出ます。

ぜひ、参加して、楽しんでください。

問合せ:fairfessapporo@gmail.com

主催:フェアトレード北海道 フェアフェス2012実行委員会

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

3/11 東日本大震災の1年をふりかえる「3,11メモリアルコンサート」&報告会・佐野眞一講演会

3/11 東日本大震災の1年をふりかえる「3,11メモリアルコンサート」&報告会・佐野眞一講演会

2012,3,11(日)10:00~16:50

札幌市民ホール(札幌市中央区北1西1 地下鉄大通駅)

参加費:1000円(高校生以下無料)

プログラム

10:00…開場 ロビーで展示

12:00…メモリアル開場

12:30…むすびば報告

13:15…廃炉の会 報告(小野有五さん)

13:30…講演 「津波と原発」佐野眞一さん

14:30…休憩

14:46…黙祷

14:47…メモリアルコンサート

16:50…閉会

主催:むすびば(東日本大震災市民ネットワーク・札幌)

泊原発廃炉をめざす会

連絡:080-4049-4622(むすびば)

311info@shien-do.com

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

9/26・紋別の産廃処分場建設をめぐって(仮題)

紋別のモベツ川支流域に産業廃棄物最終処分場がつくられようとしており、地元のアイヌ民族がこれに反対をしています。

既に北海道は建設を許可、9月より着工され、9月29日には着工式が予定されています。この問題については、先住民族の権利という観点から国連の先住民常設フォーラムや人権理事会に声明が提出されています。

この産廃処分場建設の問題点は何なのか、多くの方々と共有するために緊急集会を開きます。
ふるってご参加ください。

===============
緊急集会
紋別の産廃処分場建設をめぐって(仮題)

日 時:9月26日(日)13:30~15:45
会 場:札幌市教育文化会館
(札幌市中央区北1条西13丁目)
参加費:500円

報告予定:
・畠山敏さん、鷲頭幹夫さん(紋別現地より)
・小野有五さん(環境研究者の立場から)
・藤原寿和さん(全国の産廃をめぐる動きなど)
ETC.

<問合せ先>
モペッ・サンクチュアリ・ネットワーク
さっぽろ自由学校「遊」
小泉雅弘
koizumi@sapporoyu.org

****************

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

9/18・世界先住民族ネットワークAINU 第3回学習会「北海道の自然の恵み」

世界先住民族ネットワークAINU 第3回学習会

2010年に名古屋で開催される「生物多様性条約第10回締約国会議」(COP10)において、WIN-AINUは関わっていきます。第一弾として、7月に実施された第2回目学習会が帯広市で行われました。
「WIN-AINUの関わり/経緯~行動と発信」をテーマに講師:WIN-AINU事務局長の秋辺日出男から講義がありました。また、今回の学習会は第2弾です。
COP10にむけ、COP10パートナーシップ事業に共催をしていきます。アイヌ民族を中心に、世界の先住民族・SATOBITO(里人)の国際的連携、COP10に連携し、愛・地球博(環境共生と多文化共生)の理念を継承することを趣旨としています。
また、「先住民族サミットinあいち2010」(主催:愛知県立大学・朝日新聞・WIN-AINU):10月15日~18日フォーラム「先住民族文化と生物多様性:研究と実践」&マウコピリカ音楽交流祭に参加します。
みなさんの多数のご参加をお待ちしております。詳細は下記のとおりです。
【第3回 学習会のお知らせ】
◆と き 2010年9月18日(土)14:00~16:00
◆ところ かでる2・7 8F「特別会議室」札幌市中央区北1条西7丁目
◆講 師 山岸 喬(やまぎしたかし)
◆テーマ 「北海道の自然の恵み」
先人のアイヌ民族の自然に対する知識も交えながら、北海道の自然の恵みについてお話をされます。
参加費:無料  資料代500円
○講師プロフィール
山岸 喬(やまぎしたかし)1945年生まれ
現在、北見工業大学教授。東京理科大学薬学部卒業、北海道立衛生研究所研究員、ノースカロライナ大学客員研究員、住友金属工金属(株)HQL研究所、薬剤師、薬学博士。
問い合わせ 世界先住民族ネットワークAINU
札幌事務局:島崎(電話090-2056-0272 FAX011-593-0655)
阿寒事務局:秋辺(電話090-9519-9392 FAX0154-67-2457)

http://www.frpac.or.jp/event_s/event_s_SearchDetail.aspx?ID=2492

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

9/12・アシリチェップノミ(豊平川)

[第29回アシリチェップノミ]
日時 9月12日(日)
新しい鮭を迎える儀式です。
神からの贈り物に感謝する、アイヌ民族の伝統行事。
日時 11:00 儀式開始 伝統舞踏
14:00 交流コンサート
会場 豊平川南7条大橋上流左岸河川敷(札幌市中央区南7西1)

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

6/2・グアテマラ内戦中の性暴力を裁く 「先住民族女性の民衆法廷」報告会 in さっぽろ

グアテマラ内戦中の性暴力を裁く
「先住民族女性の民衆法廷」報告会 in さっぽろ
― 2000年から2010年、確かにつないだ「勇気」のバトン ―

報告者:新川志保子(日本ラテンアメリカ協力ネットワーク・グアテマラでの「先住民族女性の民衆法廷」陪審員)

と き:2010年 6月2日(水)午後7時から8時30分
ところ:札幌エルプラザ大研修室B
参加費:500円
主催:世界先住民族ネットワークAINU(WIN-AINU)
問合せ先:電話・FAX 011-596-3683 koshida(アットマーク)jca.apc.org
○●○●○●○○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●

3月4日、5日の2日間、中米グアテマラにおいて、
内戦下の性暴力の責任を問う「民衆法廷」が開催されました。
グアテマラでは1996年まで36年間続いた内戦中、政府軍の叛乱鎮圧作戦の中で、20万人の先住民族が虐殺され、100万人以上が国内外避難民になったとされています。とりわけ多くの女性が家族を殺害されたうえ性暴力を受け、今も深い傷を残しています。
性暴力にさらされた先住民族女性たちが、じぶんたちの力で、その不当性を裁き、自らの尊厳を取り戻していく「民衆法廷」。
グアテマラでの民衆法廷は、2000年に東京で開かれた「女性国際戦犯法廷」に参加した あるグアテマラ女性の発案で生まれました。
報告会では、民衆法廷で陪審員を務めた新川志保子さんからお話を伺います。

10年を経て、旧日本軍の慰安婦にされたアジアの女性たちから、グアテマラ先住民族の女性たちにつながれた「勇気のバトン」。静かに熱いこの感動を多くの方と分かち合えることを願っています。

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

4/21・コッシーのグアム報告会

コッシーのグアム報告会
越田清和さん ~グアム最新情報が聞ける!見ることができる!~
沖縄に常駐している在日米海兵隊が、移駐予定のグアム。
「グアムはチャモロの島だ。先祖の遺跡も、聖地も、われわれの飲むべき水も、文化も、民族としての生存権さえ破壊されてしまう」と、チャモロの民族団体 「Chamorro Tribe Inc.」のフランク・J・シャチャー会長。グアム全土549平方キロの3分の1を米軍用地が占め、米政府はさらに890ヘクタールを軍用地として購入す る意向を示しています
グアムの総人口17万8000人の3分の1を占める、先住民チャモロの人々は、我々の島なのにと「米軍増強は、われわれが現在甘んじている政治的立場とあ いまって、先祖代々受け継いだ文化と民族の誇りに対するジェノサイド(大虐殺)をもたらす」と、移転に強く反対しています
普天間米軍基地の移転先として取り上げられていますが、そのグアムを越田清和さんが現地を訪問し、住民との交流を通じて、チャモロの人々の意見を聞き、 ビデオに記録してきました。
その、グアムの報告会を開催します。
ぜひ大勢でご参加ください!!
・日 時 4月21日(水)18:30~20:30
・場 所 札幌市民ホール2階 第2会議室
(旧市民会館 中央区北1条西1丁目 地下鉄大通駅31番出口)
・参加費 500円
・ 主 催 ほっかいどうピースネット
連絡先 ピース☆カフエ ℡&fax 011-214-0031(月・水・金午後)

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

3/5・ドキュメンタリー「静かなる闘い」緊急上映会@東川

3月5日(金)  ドキュメンタリー「静かなる闘い」緊急上映会@東川

聖地をリゾート開発から守ろうと闘う、カナダのブリティッシュ・コロンビア州の先住民男性を描いたドキュメンタリー映像「静かなる闘い―シュティカ・冬の魂」 。上川初上映。
当農園の玉子焼きと東川で20年以上米の有機栽培をしている佐竹農園のお米のおにぎりを食べながら、お祭り騒ぎの裏にある事実を知りたいと思います。

上映後、床田監督のお話しもあります。

2009年、日本、69分。苫小牧市の映像作家、床田和隆(とこだ・カズタカ)監督最新作。
床田監督のブログ http://japonesia-video.cocolog-nifty.com/blog/

●上映日  3月5日 開場18時15分  上映開始18時30分
●会場   上川郡東川町東4号北2番地 ファーマーズ カフェ 風土
●参加費  大人1500円 学生1300円(高校生以上) ともに おにぎり・玉子焼き・お茶付
●定員    20名様まで 要予約
●主催  ファーマーズ カフェ 風土
●予約・問い合わせ
ファーム レラ 新田由憲 rera.nori@gmail.co.jp

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

2/16・アイヌ民族と漁業権

http://www.sapporoyu.org/modules/sy_course/index.php?id_course=203

アイヌ民族のこれから~奪われた権利の回復に向けて~
第5回アイヌ民族と漁業権~伝統捕鯨の復活をめざして~

紋別で長年漁業に従事してきた畠山さんに、かつて行われていたアイヌの伝統捕鯨の復活への思いや漁業権の考え方についてお話を伺います。

●日時:2月16日(火)18:30~20:30
●会場:さっぽろ自由学校「遊」
●受講料(単発):一般1,500円 会員・学生・アイヌ民族1,000円
●お話:畠山 敏(はたけやま さとし)さん北海道アイヌ協会紋別支部長・漁業者

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

「静かなる闘い」緊急上映会

2010/2/13(Sat)
ドキュメンタリー「静かなる闘い」緊急上映会@札幌
主催者:ピリカ ケウトゥム アプカシ
問い合わせ先:
ピリカ ケウトゥム アプカシ らよち(TEL 080-6061-9564)
もしくは「みんたる」まで。
・日 時 :13時 開演
・入場料 :予約 一般1,500円、学生1,200円(1ドリンク付) (当日300円増)
・定 員 :30名

※会場でDVDを同時発売予定(3,000円)

聖地をリゾート開発から守ろうと闘うカナダの先住民男性を描いたドキュメンタリー映像「静かなる闘い― シュティカ・冬の魂」が、バンクーバー五輪(2010/2/12~28)直前の今こそと、緊急上映が決定。ブリティッシュ・コロンビア州の先住民族領地の山岳地帯で、先祖代々の聖なる山「シュティカ(冬の魂)」をリゾート開発から守るために闘う男ヒュービーの山の生活と、彼を支える人々のインタビューを中心に構成。2009年、日本、69分。苫小牧市の映像作家、床田和隆(とこだ・カズタカ)監督の最新作。

【作品情報】
『静かなる闘い シュティカ-冬の魂』 (2009年/69分)

カナダ・ブリティッシュコロンビア州、西海岸最大の都市バンクーバーから北東300キロの山岳地帯。
きれいな水が湧く神聖な修行の場であり、狩猟の場所や山菜などの食料を与えてくれる、人々にとって大切な場所「シュティカ」。
この地へ、リゾート開発の計画が持ち上がったことを知った人々は2000年春に小さな山小屋を建てた。そこに一人の男が今も住んでシュティカを守り続けている。
男の名はヒュービー。カナダ西部の標高1000メートルの山奥で犬と暮らす。
2010年冬に開催されるバンクーバーオリンピック会場ウィスラーから北へ50キロ。欲深い人間にとってシュティカはリゾート開発にはもってこいの場所だったようだ。「この場所を発見したのは私よ!」と開発業者であり女子スキー競技の元金メダリストはそう叫んだという。
シュティカを知る人々と山小屋でのヒュービーなど16人へのインタビューを中心に構成。

床田監督のブログ http://japonesia-video.cocolog-nifty.com/blog/

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

Home > タグ > 先住民族

キーワードで抽出する(タグ)
フィード
メタ情報

Return to page top