ホーム > タグ > 人権

・2018 1/22 アーサー・ビナードさん、田丸正幸さんに聞く! きょうの沖縄、あしたの日本

・1/22 アーサー・ビナードさん、田丸正幸さんに聞く!
きょうの沖縄、あしたの日本

沖縄にはなぜ原発がないの?
どうして、むりやり基地がつくられるの?
東村高江のヘリパット新設中、反対する住民たちの抗議行動に何度も参加したアーサー・ビナードさんと、現地に暮らす田丸正幸さん。
おふたりに、マスコミ報道では分からない、沖縄の真実を聞きませんか。
そして、政府がねらう憲法改正の本当の目的を探りませんか。
沖縄と北海道の距離を理由に、知らんぷりはしたくない!
私たちに何ができるのか。みんなで一緒に考えましょう。
■とき:2018年1月22日(月)18:30〜20:00(18:00開場)
■ところ:札幌エルプラザ 4F 大研修室
(札幌市北区北8条西3丁目:札幌駅北口地下歩道12番出口横から直通)
■参加料:当日申し込み1,000円  事前申し込み 800円(学生は無料)
■申し込み先:TEL(011)-280-8722、280-5225  FAX (011)-280-5226
メールa-sasaki@roukyou.gr.jp (ワーカーズコープ佐々木まで)
▲アーサー・ビナードさん
米国ミシガン州生まれ。ニューヨーク州コルゲート大学英米文学部を卒業後、22歳で来日。翻訳や日本語での詩作を始める。詩人、エッセイスト、絵本作家、ラジオパーソナリティーなど幅広く活躍中。新作絵本『ドームがたり』のほか、『知らなかった、ぼくらの戦争』など著書多数。広島市在住。
▲田丸正幸さん
福岡生まれ。5歳で父親が営む採石場で事故にあい、片手首より先を失う。2014年夏、初めて高江に行きヘリパッド建設反対運動を始める。現在は、個人での講演を全国で行いながら、裁判の救援隊を担う。高江で山羊を飼う酪農家。
■主催/「アーサー・ビナードさん&田丸正幸さん講演会」実行委員会
■共催/ 医療九条の会・北海道  一般社団法人日本社会連帯機構  ワーカーズコープ北海道事業本部
■協賛/ 札幌YWCA

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

・11/17 佐藤真紀さん講演会「イラク情勢最前線 チョコ募金で何ができるか?」

・11/17 佐藤真紀さん講演会「イラク情勢最前線  チョコ募金で何ができるか?」
長年イラク支援をされている佐藤真紀さんのイラクについてのお話会があります。
日本の報道では、海外の情報が極端に少ないと言われています。海外で直接活動されている方のお話を聞くと、国内にいるとなかなか知ることができない、海外での日本政府の動向を知ることができます。ぜひ、ご参加ください。
*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*
●イラク情勢最前線  チョコ募金で何ができるか?●
講演   佐藤真紀さん(JIM-NET 日本イラク医療支援ネットワーク事務局長)
*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*
・日時 : 2017年11月17日(金)19:00〜 (開場18:30)
・会場 :札幌 エルプラザ2F環境研修室1・2(札幌市北区北8西3 札幌駅直結)
・参加費 : 500円
・主催 : 札幌イラクチョコ募金の会
・連絡先 : kurageyaro@msn.com 070-5619-8558 千葉
  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

・11/7 「第16回憲法問題連続講座(明文改憲)」

・11月7日に「第16回憲法問題連続講座(明文改憲)」を開催します

【第16回憲法問題連続講座(明文改憲)】
http://peace-forum.org/article-4769.html

日時 2017年11月7日(火)18:30~20:30
会場 北海道自治労会館4Fホール(札幌市北区北6条西7)
主催 北海道平和運動フォーラム、戦争をさせない北海道委員会
入場無料 事前申込不要、当日直接会場へお越しください
内容 講演(問題提起)/パネルディスカッション
「明文改憲ちょっと待った!!-9条自衛隊明記問題と私たちの未来」
★問題提起Ⅰ「9条明文改憲の問題」/清末愛砂さん(室蘭工業大学大学院准教授)
★問題提起Ⅱ「教育の無償化・参院合区解消の問題」/池田賢太さん(弁護士)
★問題提起Ⅲ「『緊急事態条項・「知る権利」の問題』/岩本一郎さん(北星学園大学教授)
★パネルディスカッション
清末愛砂さん、池田賢太さん、岩本一郎さん

フライヤー ※拡散希望
  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

・10/27~さっぽろ自由学校「遊」講座開講:「共謀罪」のある暮らし ―監視される市民社会

・10/27~さっぽろ自由学校「遊」講座開講:「共謀罪」のある暮らし ―監視される市民社会
今年、与党の強行採決によって成立してしまった「共謀罪」法(改正組織的犯罪処罰法)。この法律によって、市民社会はどのような影響を被るのか、監視社会化の圧力に、私たちはどう抗していけばよいのか、皆さんと一緒に考えたいと思います。
ふるってご参加ください。
===============================
「共謀罪」のある暮らし―監視される市民社会
http://www.sapporoyu.org/modules/sy_course/index.php?id_course=588

「テロ対策だ」「オリンピックだ」などと目くらませをくらわせ、むりくり成立させた「改悪組織的犯罪処罰法」。7 月11 日には施行され、わたしたちのくらしは「監視」のもとにおかれはじめた。具体的なことは曖昧なまま、「一般人には及ばない」との喧伝が「性質が変わったら及ぶことも」になり、詰まる所、為政者に不都合なことは何でも犯罪にされかねない「共謀罪のあるくらし」は、さてどうなるのだろう。

●10月27日(金)開講 全5回 金曜18:45 ~ 20:45
●会 場 さっぽろ自由学校「遊」(愛生舘ビル5F 501)
●受講料 一般5,000 円 会員4,000 円 ユース2,000 円
(単発 一般1,500 円 会員1,000 円 ユース500 円)

・10月27日(金) 第1回いま改めて「共謀罪」とは~いったい何が問題なの?
●桝井 妙子(ますい たえこ)
弁護士、札幌弁護士会共謀罪対策本部委員
6月15日に強行採決され、7月11日に施行された共謀罪。共謀罪のあるくらしの中で、私たちが自由に生きていくためには? もう一度、共謀罪を見つめ直しましょう。

・12月1 日(金) 第2回「記者よ、お前は自由か?」~やられたらやり返せ・監視報道
●徃住 嘉文(とこすみ よしふみ)
日本ジャーナリスト会議北海道支部事務局長。北海道生まれ。元新聞記者。共著に『沖縄密約をあばく』(日本評論社)、『緊急事態条項で暮らし・社会はどうなるか』(現代人文社)など。
国連の表現の自由特別報告者デビッド・ケイは言う。記者は政府だけでなく会社からも自由でなければならない、と。記者を監視しているのは会社だから。答えは市民の中にある。

・1月19日(金) 第3回「秘密保護法」から「共謀罪」まで~私たちをどうしようというのか?
●齋藤 耕(さいとう こう) 弁護士
2012 年12 月第2次安倍政権成立後、制定された諸法令から安倍政権の狙いを検討する。

・2月16日(金) 第4回治安維持法と共謀罪~専制と暴力をくりかえすの?
●荻野 富士夫(おぎの ふじお)小樽商科大学特任教授
共謀罪法は「現代の治安維持法」といわれます。どのような意味で治安維持法は悪法であり、社会運動と思想の弾圧にどのような猛威を振るったのでしょうか。監視社会化への流れを大きく加速し、まっとうな社会や政治への批判や疑義を萌芽のうちに摘みとろうとする共謀罪法のめざすものを考えます。

・3月16日(金) 第5回「監視時代」の社会運動と共謀罪~「対テロ」法政策に抗して
●清末 愛砂(きよすえ あいさ)室蘭工業大学大学院准教授
9.11 以降、世界各地で軍事主義の拡大と民衆弾圧を正当化するための「対テロ」政策が唱えられてきた。同政策が生み出した各種の人権侵害や共謀罪に抗する運動のあり方を考える。
===============================
NPO法人さっぽろ自由学校「遊」
札幌市中央区南1条西5丁目愛生舘ビル5F 501
*2017年4月より6Fから5Fに移転しました。
TEL.011-252-6752 FAX.011-252-6751
syu@sapporoyu.org
http://sapporoyu.org/
https://www.facebook.com/sapporoyu

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

・10/21 札幌市に人種差別撤廃条例をつくる市民会議 設立シンポジウム 「人権がまもられ、差別のない社会をつくる」

・10/21 札幌市に人種差別撤廃条例をつくる市民会議 設立シンポジウム
「人権がまもられ、差別のない社会をつくる」
・日時:2017年10月21日(土)18:00~20:45
・会場:かでる2・7(中央区北2西7) 520 研修室
・参加費:1,000 円(当日受付)
街頭行動やインターネット上の書き込みなど、特定の民族等を標的とするヘイト・差別表現が後を絶ちません。札幌市においても、大通公園等でのヘイトスピーチや公共施設での差別的展示など、特定の民族やマイノリティを標的とした差別表現・行動が公然と行われています。これらは対象とされた人々の個人の尊厳を傷つけるのみならず、市民に深刻な被害をもたらすものであり決して放置すべきではありません。
2016年5月、「本邦外出身者に対する不当な差別的言動の解消に向けた取組の推進に関する法律」(ヘイトスピーチ解消法)が成立し、条例制定にむけた各自治体での取組がひろがっています。国際都市を標榜する札幌市においても、民族差別解消に向けた取組が求められます。市民が力を合わせて、条例づくりに向けて動き出しましょう。
《プログラム》
・基調講演:前田朗 (東京造形大学教授)「なぜ、条例が必要なのか?」
・演奏と歌、トーク:石井ポンペ(主催者代表)
・パネルトーク: 「人種差別撤廃条例を実現させるには?」
パネリスト:上田文雄(前札幌市長)・前田朗 (東京造形大学教授)・金時江(主催者代表)/司会 石川さわ子
・主催:札幌市に人種差別撤廃条例をつくる市民会議・準備会
<プログラム>
18:00 開会/設立経緯と趣旨の説明(主催者代表 金 時江)
18:15 基調講演「なぜ、条例が必要なのか?」 前田 朗さん
18:55 演奏と歌、トーク(主催者代表 石井ポンペ)
19:05 休憩
19:10 パネルトーク「人種差別撤廃条例を実現させるには?」
パネリスト:上田 文雄さん、前田 朗さん、金 時江  司会:石川 さわ子
20:10 会場との意見交流
20:40 設立宣言/閉会あいさつ
20:45 閉会
【スピーカー・プロフィール】
・前田 朗(まえだ あきら)さん <ゲスト>
1955 年札幌生まれ。札幌西高卒業。中央大学法学部、同大学院法学研究科を経て現在、東京造形大学教授。著書に『戦争犯罪論』(青木書店)、『軍隊のない国家』(日本評論社)、『非国民がやってきた!』(耕文社)、『人道に対する罪』(青木書店)、『9条を生きる』(青木書店)、『増補 新版ヘイト・クライム』(三一書房)、『なぜ、いまヘイト・スピーチなのか』(三一書房)、『 国民を殺す国家』(耕文社)、『ヘイト・スピーチ法 研究序説』(三一書房)など。近年は国連人権理事会や人権条約委員会などに参加し、ウォッチを続けている。
・上田 文雄(うえだ ふみお)さん <ゲスト>
1948 年、幕別町生まれ。帯広三条高校、中央大学法学部卒業。1978 年、札幌弁護士会登録し弁護士活動開始。特徴的取り扱い事件としては、労働者事件、医療過誤訴訟、少年事件、教育訴訟など。2003 年、札幌市長就任。3 期12 年間「市民の力みなぎる文化と誇りあふれる町」を施政方針に掲げ、情報共有と市民参加を基本とする「自治基本条例」、「市民まちづくり活動促進条例」「子どもの最善の利益を実現する権利条例」を制定、市民自治と創造都市発展を目指した。PMF 組織委員会会長・「戦争させない市民の風・北海道」共同代表。
・金 時江(きむ しがん) <主催者代表>
北海道生まれの在日2世。在日の視点から差別と歴史を考える茶門セミナー・ハンマダン主宰。日本軍「慰安婦」問題の解決をめざす北海道の会共同代表。ひとり芝居「オンマの白いチョゴリ」公演。
・石井 ポンペ(いしい ぽんぺ) <主催者代表>
1945 年、勇払郡穂別町イナエップ生まれ。1969 年、札幌市職員となると同時に、北海道ウタリ協会(現・北海道アイヌ協会)入会。1973 年、札幌支部結成に参加。以後、支部長、文化部長、人権部長などを歴任。2015 年、札幌市アイヌ文化交流センター・アドバイザー勤務。現在、原住・アイヌ民族の権利を取り戻すウコチャランケ(話し合い)の会・会長。
・石川 さわ子(いしかわ さわこ) <パネルトーク・意見交流の司会>
市民ネットワーク北海道共同代表。札幌市議会議員。
《問い合わせ先》
【主 催】札幌市に人種差別撤廃条例をつくる市民会議・準備会
facebookページ
https://www.facebook.com/sapporohumanrights/
〈連絡先〉
TEL.011-252-6752  syu@sapporoyu.org
( さっぽろ自由学校「遊」・小泉)
  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

・10/9 樺太・真岡郵便局1945年8月20日 ―映画上映―

・10/9 樺太・真岡郵便局1945年8月20日9人の乙女―なぜ自決?―映画上映―
1945年8月9日ソ連軍が平和条約を破棄し参戦した。政府から、特に女性たちを優先して緊急疎開させるようにと、疎開命令が出ていた。その疎開を効果的に実現するためには、電話交換業務を継続しなければならなかった。
そのため残って交換業務を続ける人を求めた。20日当日は11人の交換手が残った。
9人の乙女―なぜ自決?
職場を放棄するこは、兵士の脱走に等しい行為と教え込まれ、誇りを抱いて業務に就き、たとえ自らの命を投げうっても職場を守った。
貴方は、戦争に送り出す子供・孫を育てますか!
教育勅語・緊急事態条項・共謀罪(治安維持法)・秘密保護法は戦争への道へ導く人を育てる。
2018年度から教科書に教育勅語(道徳)が取り入れられます。
・日時:2017年10月9日(月・祝日)13時より
・場所:カトリック月寒教会(白石区栄通り2丁目11-15)
・主催:北海道3区市民の会―白石の会(連絡先:090-7656-8577)
・後援:鳥居明子・松永武(カトリック月寒教会信徒)
・資料代:300円(高校生以下は無料)

※カトリック月寒教会=地下鉄白石駅から徒歩5分/駐車場:20台程度

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

・10/9 シンポジウム「台湾はなぜアジア初の同性婚を実現できたのか」のご案内

シンポジウム「台湾はなぜアジア初の同性婚を実現できたのか」のご案内

クリックすると拡大します

札幌弁護士会では,10月9日に開催されるシンポジウム「台湾はなぜアジア初の同性婚を実現できたのか」を後援することになりました。

主催団体である「コミュニティセンター・にじいろほっかいどう」は,北海道に住んでいる性的マイノリティ当事者への差別や偏見,社会的な孤立をなくすために,当事者とその支援者が連携して,すべての人たちが安心して地域で生活できる社会を作るために設立された団体です。

本年5月に台湾で同性間での婚姻を認めない制度を違憲とする判決が出されたことについて,これに尽力された台湾の活動家・呂欣潔氏をお招きして,ご講演頂きます。
日本の制度を考えるためにとても参考になるお話だと思われますので,皆様是非ご参加下さい。

日時 2017年10月9日(月祝)
13時30分~16時30分(開場13時)
場所 北海道大学 文系総合教育研究棟W202
(札幌市北区北10条西7丁目)
イベント概要 *講演「婚姻平等化への道:台湾の経験から」
講師 呂欣潔 氏(台湾同志熱線研究員、元立法委員候補者)
通訳 劉霊均 氏(三重大学特任講師)

*講演「婚姻平権プラットホームの活動について」
講師 鄧筑媛 氏(婚姻平権プラットホームロビー活動責任者)
通訳 劉霊均 氏

*講演「台湾の同性婚運動に学ぶ」
講師 鈴木 賢(明治大学教授・北海道大学名誉教授)

*鼎談・呂欣潔 氏、鄧筑媛 氏、鈴木 賢

対象 どなたでもご参加頂けます。
参加方法 入場無料。事前申込不要。
参加費 無料
主催 コミュニティセンター・にじいろほっかいどう
科学研究費萌芽研究「台湾・中国におけるLGBT権利保護法制整備への道」(鈴木賢研究代表)
北海道大学法学研究科附属高等法政教育研究センター
問い合わせ先 コミュニティセンター・にじいろほっかいどう  事務局 国見亮佑
nijiirohokkaido@gmail.com
  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

・10/26 【東京】学習会「 戸籍への個人番号(マイナンバー)導入は何をもたらすのか」

■ 【東京】10・26学習会学習会・ 戸籍への個人番号(マイナンバー)導入は何をもたらすのか
●2017年10月26日(木曜日)18時30分から21時00分まで
●文京区民センター 2階 2-A会議室(会場定員210人)(東京都文京区本郷4-15-14)
●講師 遠藤正敬さん(政治学者・戸籍研究者)
●開催趣旨
政府は電算化した戸籍に個人番号(マイナンバー)制度を導入する方針を固めました。法務省「戸籍制度に関する研究会」の最終報告を基に、9月19日の法制審議会に諮問、2019年通常国会に戸籍法改定法案を提出します。
「家」を単位に編製し「日本人」の国籍・民族・血統を公証する「臣民簿」として存続してきた戸籍制度。その基本骨格を維持したままの番号制度導入は何をもたらすのか、気鋭の戸籍研究者とともにさぐります。
●学習会のチラシ(会場案内図付き)をダウンロードできます
▽カラー版(ミニポスター付き)
http://www.bango-iranai.net/event/parts/pdf/20171026Handbill-Color.pdf
▽モノクロ版
http://www.bango-iranai.net/event/parts/pdf/20171026Handbill-Mono.pdf
●交通
都営地下鉄 大江戸線・三田線「春日駅」A2出口すぐ上
東京メトロ 南北線「後楽園駅」6番出口徒歩5分
東京メトロ 丸ノ内線「後楽園駅」4b出口徒歩5分
JR 中央線「水道橋駅」東口、白山通り徒歩15分
●資料代 500円
●どなたでも参加できます
●主催 共通番号いらないネット
●連絡先・問い合わせ 電話 080-5052-0270(担当:宮崎)
▼詳細情報掲載ページ(リンクはご自由にどうぞ)
http://www.bango-iranai.net/event/eventView.php?n=195
●戸籍事務への番号制度導入に向けた関連資料
▽戸籍制度に関する研究会第22回(2017年8月1日)※最終取りまとめ公表
http://www.moj.go.jp/MINJI/kosekikenkyu22.html
▽戸籍システム検討ワーキンググループ第21回会議(2017年7月28日)
※最終取りまとめ公表
http://www.moj.go.jp/MINJI/koseki_system_21_290728.html
▽法制審議会第179回会議(2017年9月19日開催)
※「戸籍事務へのマイナンバー制度の導入に係る戸籍法等の改正について」
http://www.moj.go.jp/shingi1/shingi03500029.html
●講師プロフィール
早稲田大学台湾研究所非常勤次席研究員。専攻は政治学、日本政治史。
●講師著書など
▽『戸籍と無戸籍-「日本人」の輪郭』(人文書院 2017)
http://www.jimbunshoin.co.jp/book/b281579.html
▽書評 戸籍と無戸籍 「日本人」の輪郭 遠藤正敬 著(礫川全次、東京新聞 2017.8.27)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/book/shohyo/list/CK2017082702000186.html
▽「真正なる日本人」という擬制―蓮舫議員の二重国籍と戸籍公開をめぐって
(SYNODOS 2017.08.04)
https://synodos.jp/society/20253
▽『戸籍と国籍の近現代史-民族・血統・日本人』(明石書店 2013)
http://www.akashi.co.jp/book/b128347.html
▽『近代日本の植民地統治における国籍と戸籍-満洲・朝鮮・台湾』(明石書店 2010)
http://www.akashi.co.jp/book/b66149.html
▼リーフレット No.5 街頭キャンペーン用(アクションシート付き)
共通番号(マイナンバー)制度がはじまって なにか便利になりましたか
http://www.bango-iranai.net/news/newsView.php?n=193
▼情報連携にNO! 自治体に意思表示キャンペーン
http://www.bango-iranai.net/news/newsView.php?n=196

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

・10/15  平和にYES!改憲にNO!市民が政治を変える!札幌アクション

・10/15 平和にYES!改憲にNO!市民が政治を変える!札幌アクション

・とき:2017年10月15日(日)13:00~15:00

・ところ:札幌大通り公園6丁目広場

○市民・各界からのスピーチ、ライブ&市民パフォーマンス

・呼びかけ団体:戦争させない市民の風・北海道

・共催団体:医療九条の会・北海道、市民連合北広島

・賛同団体:賛同団体を募集中です!(連絡先:q-ko@sea.plala.or.jp /090-2070-4423)

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

・9/29 「性暴力被害当事者を孤立させない」9.29院内集会

・9/29「性暴力被害当事者を孤立させない」9.29院内集会

https://wan.or.jp/article/show/7427
・日時 9月29日(金) 11時から12時半
・場所 参議院議員会館講堂
・内容
①詩織さんからのメッセージ
②弁護団からの現状報告
③当事者からの発言
④支援者の声
⑤議員からの発言
この院内集会の賛同人・団体を募集します。
賛同される個人・団体は以下のメールアドレスに個人・団体名及び連絡先をお知らせください。
stop.sv@gmail.com

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

Home > タグ > 人権

キーワードで抽出する(タグ)
フィード
メタ情報

Return to page top