ホーム > タグ > 上映会

・10/9 樺太・真岡郵便局1945年8月20日 ―映画上映―

・10/9 樺太・真岡郵便局1945年8月20日9人の乙女―なぜ自決?―映画上映―
1945年8月9日ソ連軍が平和条約を破棄し参戦した。政府から、特に女性たちを優先して緊急疎開させるようにと、疎開命令が出ていた。その疎開を効果的に実現するためには、電話交換業務を継続しなければならなかった。
そのため残って交換業務を続ける人を求めた。20日当日は11人の交換手が残った。
9人の乙女―なぜ自決?
職場を放棄するこは、兵士の脱走に等しい行為と教え込まれ、誇りを抱いて業務に就き、たとえ自らの命を投げうっても職場を守った。
貴方は、戦争に送り出す子供・孫を育てますか!
教育勅語・緊急事態条項・共謀罪(治安維持法)・秘密保護法は戦争への道へ導く人を育てる。
2018年度から教科書に教育勅語(道徳)が取り入れられます。
・日時:2017年10月9日(月・祝日)13時より
・場所:カトリック月寒教会(白石区栄通り2丁目11-15)
・主催:北海道3区市民の会―白石の会(連絡先:090-7656-8577)
・後援:鳥居明子・松永武(カトリック月寒教会信徒)
・資料代:300円(高校生以下は無料)

※カトリック月寒教会=地下鉄白石駅から徒歩5分/駐車場:20台程度

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

・10/24 ドキュメンタリー映画「『知事抹殺』の真実」上映会

・10/24 ドキュメンタリー映画「『知事抹殺』の真実」上映会

2006年9月、5期18年にわたり福島県知事をつとめた佐藤栄佐久氏は、実弟が経営する会社に絡む身に覚えのない収賄事件によって東京地検特捜部に逮捕され、知事の座を追われました。過酷な取り調べで自白に追い込まれた佐藤元知事に、裁判所は前代未聞の「収賄額0円」の有罪判決を出します。

下記に映画の予告編が見られます。
https://youtu.be/ZC78mYQZaoQ?t=8
佐藤氏は知事在任中、福島県に立地する原子力発電所の安全対策に厳しく臨み、地方の暮らしを守る立場から国主導の市町村合併や道州制に意義を唱えるなど「闘う知事」と呼ばれました。
元知事は、なぜ「抹殺」されたのでしょうか。政府が原発再稼働を急ぐ今、この映画を通して、東京電力福島第1原発事故がなぜ起きたのか、あらためて市民のみなさんとともに日本の国家権力、司法、メディアのありようについて考えてみたいと思います。
この度の上映会は市民有志の実行委員会が主催します。
皆さまには、この映画を知っていただきたい。ご来場いただきたいと、願っております。
■イベント内容
ドキュメンタリー映画「『知事抹殺』の真実」上映会
【日程】2017年10月24日(火)1日4回の上映、安孫子監督の講演(3回)があります。
開場  10:00  ①10:30 ②13:30 ③15:30 ④19:00
【会場】札幌エルプラザ・2階・環境研修室(80席)(北8西3 札幌駅北口直結)
【入場 前売り券】★一般・シニア/1,000円(当日1,200円) ★高校生以下/500円(当日共)
・前売りチケット取り扱い:市内プレイガイド(大丸藤井セントラル・道新・教文)
・主催:『知事抹殺の真実』上映実行委員会
・協力:札幌映画サークル
・問合せ:090-8426-5262・090-2875-8362
e-mail:fumfumkawamura@gmail.com
  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

・7/16,17 森の映画社3本立てオスプレイと海兵隊を考える札幌上映会『This is a 海兵隊』(57分)/『This is a オスプレイ』(60分)/『ONE SHOT ONE KILL』(68分)

・7/16,17   森の映画社3本立て上映会『This is a 海兵隊』(57分)/『This is a オスプレイ』(60分)/『ONE SHOT ONE KILL』(68分)

森の映画社最新作、『This is a 海兵隊』と『This is a オスプレイ』を『ONE SHOT ONE KILL』(2011年製作)と3本立てで、7月16日と17日、札幌エルプラザで上映いたしますので、ご案内します。

8月には、道東の矢臼別演習場で、米海兵隊が新型輸送機オスプレイを使って陸上自衛隊と共同訓練を行うと伝えられています。

『This is a オスプレイ』は、オスプレイがどのような飛行機なのか、なぜ落ちたのか、配備が強行された沖縄で何が起きたのか、人々の暮らしがどうなったのかを描きます。オスプレイは、米海兵隊の輸送機ですが、沖縄の米軍基地の3分の2は、海兵隊のものです。

「ONE SHOT ONE KILL」は、彼らが沖縄に来る前、ブートキャンプ(新兵訓練所)でどのような訓練を受けるのかを描きます。

「This is a 海兵隊」は、沖縄で彼らがどのような訓練を受けて、どのような戦場へ行くのか、元海兵隊員が語ります。

ぜひ、ご覧ください。会場でお待ちしています。

●●●オスプレイと海兵隊を考える札幌上映会●●●

上映作品:

『This is a 海兵隊』(57分)

『This is a オスプレイ』(60分)

『ONE SHOT ONE KILL』(68分)

*3本立て上映

・日にち:7/16(日)、7/17(月・休)

*両日とも、3作品を終日、上映します。上映順が、16日と17日で異なりますので、タイムテーブルは以下からご確認ください。

森の映画社・札幌編集室 http://america-banzai.blogspot.com/

・場所:札幌エルプラザ 2F環境研修室 (北8西3)

・入場料:1作品 1000円 / 1日券 1500円

*いずれも当日券のみ。1日券はその日に限り有効

主催・問い合わせ:ドキュメンタリー映画を観る会

e-mail: marinesgohome@gmail.com

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

・4/8~10 沖縄東村ヘリパッドいらない住民の会「田丸正幸さん北海道講演」と『いのちの森 高江』同時上映会のお知らせ

・4/8~10 沖縄東村ヘリパッドいらない住民の会「田丸正幸さん北海道講演」と『いのちの森 高江』上映会のお知らせ

【札幌】

・2017年4月8日(土)13:30~

・かでる2・7 730研修室(札幌市中央区北2条西7丁目)

・入場料:1000円

・主催:生活クラブ西連絡協議会(090-7055-6729)

【苫小牧】

・2017年4月8日(土)18:30~

・苫小牧市文化交流センター(アイビー・プラザ)2階講習室(苫小牧本庁1丁目6-1)

・入場料:500円

・主催:戦争に反対する市民行動・苫小牧会議(0144-73-4369)

【室蘭】「春の憲法の集い」

・2017年4月9日(日)14:00~

・東町・中小企業センター2階大研修室(室蘭市東町4丁目29-1)

・入場料:500円

・主催:憲法を守る室蘭地域ネット(0143-22-4714)

【函館】

・2017年4月10日(月)18:30~

・函館市民会館 大会議室(函館市湯川町1丁目32-1)

・参加費:500円

・主催:高江住人・田丸正幸さんの話を聞く会(090-6696-5781)

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

・2/28 反貧困ネット北海道・映画上映会『オキュパイ・ベーカリー~ファストフード労働者の闘い』と講演

・2/28 映画上映会『オキュパイ・ベーカリー~ファストフード労働者の闘い』
・日時 2月28日(火)18:30~
・会場 エルプラザ3Fホール (札幌市北区北8西3)
-映画概要-
ニューヨークにある24 時間営業のカフェ・ベーカリー「Hot & Crusty」
で働く非合法移民労働者たちの闘いを追ったドキュメンタリー。
労働者としての権利、正義を勝ち取るため、強制国外退去の危険性もある中で、団結しピケを張る。
アメリカファストフード労働者による賃金・生活底上げ運動の先がけとなる歴史的な闘いは、声を上げることの大切さを教えてくれる。
2015年ペンシルバニア州レディング映画祭ドキュメンタリー映画最優秀賞、
2016年 SIMA賞最優秀賞その他カナダやスコットランドの映画祭でも数多くの賞を受賞。
監督:レイチェル・リアーズ、ロビン・ブロチュニック 2014年/84分/アメリカ
原題「The Hand that feeds」(日本語字幕)*日本語版制作=レイバーネット国際部
上映会終了後、労働運動についてのトークを行います。(北海学園大学 川村雅則教授)
・前売り・事前申し込み 900円(申し込みはメールでお願いします)
・当日 1000円
・反貧困ネット北海道会員・学生 700円
・申し込みメールアドレス hanhinkondo@yahoo.co.jp
Facebookイベントページもご覧ください
https://www.facebook.com/events/136744373492612/?active_tab=discussion
・主催:反貧困ネット北海道
・事務局・連絡先
〒064-0808 札幌市中央区南8条西2丁目 市民活動プラザ星園 305号室
電話・FAX 011(533)3778   Email: hanhinkondo@yahoo.co.jp
  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

・3/5 「遺伝子組み換えルーレット」上映会のお知らせ

・3/5 「遺伝子組み換えルーレット」上映会のお知らせ

トランプ大統領のTPP離脱宣言により、TPP発効は遠のきましたが、先日の日米首脳会談を経て二国間協定の可能性が大きくなってきました。となると、TPP以上に厳しい条件を求められることが予想されます。
今でさえ日本は遺伝子組み換え作物の輸入大国ですが、さらに輸入量が増えることを警戒しています。
遺伝子組み換えとは、遺伝子操作で農薬に強い作物を作り、害虫や雑草だけが農薬で処理され、作物の収穫量を上げるための操作という認識でいました。
ところがこの他に作物自体に殺虫成分のある遺伝子を組み込んだものがあることを、この映画で知りました。
遺伝子組み換え作物を食べた虫の消化器官が破壊されていくということでした。
こういう作物が人間の食物となっていることにがく然とします。
今後アメリカからどんな食物が入ってくるのか、自分や家族の身を守るためにも消費者はのんびりしていられないと感じています。
本来は国が止めてくれるものだと思いますが、今の米国従属日本にはそれは望めないと思います。
映画を通して、遺伝子組み換え作物のこと、安全な食物について考えてみませんか。

・とき:3月5日(日)13:00開場 13:30~16:00 ※上映後、トークタイムを設けます。
・ところ:札幌エルプラザ3階 工芸室(北8条西3丁目、JR札幌駅北口より徒歩3分)
・料金:500円(申込不要)
※会場にてコーヒー・紅茶の販売もあります。(1杯200円)

尚、当日会場にて置きチラシ受け付けます。宣伝したいチラシをご持参の上お越し下さい。たくさんのご参加お待ちしています。

・主催:戦争させない市民の風・北海道TPP検討チーム 後援:さっぽろ市民放射能測定所はかーる・さっぽろ

(問合せ:090-2174-6867 090-5982-3867)

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

・1/16 オスプレイにおびえ 怒り 闘う 沖縄やんばるの記録 ドキュメンタリー映画「いのちの森 高江」 緊急上映会

・1/16 オスプレイにおびえ 怒り 闘う 沖縄やんばるの記録
ドキュメンタリー映画「いのちの森 高江」 緊急上映会(監督:謝名元慶福 65分)
上映後、北海道沖縄クラブ会長の堀元進さん(札幌・旭町医院院長、琉球大医学部卒)の講話「沖縄の自然と基地問題」(仮題)、高江に行った人たちの体験談のほか、参加者との意見交換などを予定しています。遅れてもかまいません。ぜひ会場にお越しください。
・日時:1月16日(月曜日) 午後6時30分~9時ごろ
・会場:札幌エルプラザ2階 環境研修室(奥側にあります)
(札幌市北区北8条西3丁目、JR札幌駅北口から徒歩3分)
・資料代:300円(高校生以下無料)
・主催:札幌・平和と環境を考える会
・問い合わせ先:旭町医院 電話011・811・0345、FAX 811・0399
事前申し込みは必要ありません。希望者は直接会場へお越しください。
  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

・10/29~30 ドキュメンタリー「二十歳の無言館」上映会@岩内&札幌

・10/29~30 ドキュメンタリー「二十歳の無言館」上映会@岩内&札幌

http://www.rakudastudio.com/hatachinomugonkan/theater.html

・10/30 札幌りんゆうホール(北海道)

会場 札幌りんゆうホール
住所 札幌市東区北9条東2丁目 (株)りんゆう観光2階
日程 2016年10月30日(日)
時間 13:30 上映 14:00 トークショー 15:40
(トークショー:窪島誠一郎×森内康博)
料金 前売券 1500円・当日券 2000円
主催 碑の会
予約 道新プレイガイド・大丸プレイガイド・関係団体
Tel: 090-1528-1334(國田)
E-Mail: eiga.mugonkan@gmail.com
共催 札幌窪島会
後援 札幌市、北海道新聞社
協力 北海道平和婦人会
・10/29岩内町老人福祉センター(北海道)
会場 岩内町老人福祉センター
住所 北海道岩内郡岩内町字清住167
日程 2016年10月29日(土)
時間 開場 13:30 上映 14:00 トークショー 15:40
(トークショー:窪島誠一郎×森内康博)
料金 前売券 1500円・当日券 2000円
主催 碑の会
予約 道新プレイガイド・大丸プレイガイド・関係団体
Tel: 080-3267-4012(大石)
E-Mail: eiga.mugonkan@gmail.com
共催 札幌窪島会
後援 北海道新聞社
協力 北海道平和婦人会
  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

・10/10,12,13,14 =映画で観る 高江と辺野古=@札幌 連続上映会

◎10/10(月・休)、12(水)・13(木)・14(金) 札幌 連続上映会
=映画で観る 高江と辺野古=
各回、藤本幸久監督と影山あさ子監督が舞台挨拶します。
http://america-banzai.blogspot.jp/2016/10/blog-post.html
  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

・9/24 8.14日本軍「慰安婦」メモリアル・デー 9・24上映会

・9/24 8.14日本軍「慰安婦」メモリアル・デー   9・24上映会
『記憶と生きる』 土井 敏邦 監督 作品
「この胸の痛みは誰にもわからない―」 深く刻まれた傷を抱え、壮絶な戦後の半生を送った6人のハルモニのありのままの声と日常
一部  分かち合いの家
二部  姜徳景(カンドッキョン)
・日時:2016年  9月24日(土)
・1回目    一部10:00~11:15  休憩  二部11:25~12:40
・2回目    一部13:30~14:45  休憩  二部14:55~16:10
・3回目    一部17:00~18:15  休憩  二部18:25~19:40
・会場:札幌市教育文化会館4階講堂 (中央区北Ⅰ西13)
・料金:前売り券1000円  当日券1200円  ユース料金(25歳以下) 500円
・チケット販売  道新  大丸  教文  各プレイガイド
・主催:日本軍「慰安婦」問題の解決を目ざす北海道の会
・問合せと予約:011-711-1910  ギャラリー茶門 (12時~17時)
☆1991年に韓国の金学順さんが日本軍「慰安婦」被害者として初めて名乗り出た日で、この被害と闘いの歴史を忘れないために、8月14日を「日本軍『慰安婦』メモリアル・デー」とし、さらにこの日を国連記念日にしようと、各国で市民の取り組みが続いています。
☆毎回、土井監督からのビデオメッセージを上映します。
  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

Home > タグ > 上映会

キーワードで抽出する(タグ)
フィード
メタ情報

Return to page top