ホーム > タグ > ジェンダー

・7/15 やめない!負けない!あきらめない! 女性労働者の集い パート14

・7/15 やめない!負けない!あきらめない! 女性労働者の集い パート14
・と き:2017年7月15日(土) 14:00〜
・ところ:かでる2・7 1050号室
・内 容:基調講演 女性の視点から「働き方改革」を問う  講師 上田 絵理さん
・当事者から闘いの報告
・意見交換
・参加費:¥500
・主催:北海道ウイメンズ・ユニオン
http://blog.goo.ne.jp/hokkaiwu
  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

・6/8 スタンディング&トーク「あったことをなかったことにはできない」緊急アクション

・6/8 スタンディング&トーク「あったことをなかったことにはできない」緊急アクション
森友、加計、そして、安倍友のジャーナリスト山口某のレイプもみ消し、お友達のお友達によるお友達だけのための政治が、これほど、あきらかになっても、安倍はやめません。
怒りを通り越して、悲しくさえなってきます。
「女も男もともに生きる社会をめざす会」と「戦争させない市民の風」では以下のアクションを企画しています。
★「あったものをなかったことにはできない!」緊急アクション★
ぜひご参加ください。
※※※※※
・スタンディング&トーク
・日時 6月8日(木)13時~ と 18時~
・場所 紀伊國屋書店まえ(紀伊國屋書店札幌本店・札幌駅西口)
・趣旨 「あったことをなかったことにはできない」緊急アクション
私たちは準強姦事件不起訴に対し、検察審査会に不服申し立てをした詩織さんを応援します!
5月29日、準強姦(ごうかん)罪で告訴したジャーナリストの山口敬之氏が不起訴処分となったことを不服として、ジャーナリストの詩織さんが、検察審査会に審査を申し立て、素顔を出して記者会見をおこないました。
【経緯】
2015年4月3日。当時、ジャーナリスト志望だった詩織さんは、TBS在職中の山口氏と飲食中に意識を失い、山口氏の宿泊先ホテルに連れていかれ、準強姦の被害にあいます。
準強姦とは、女性の心神喪失・抗拒不能に乗じた強姦をさし、3年以上20年以下の有期懲役が課される重罪です。(刑法177条、178条2項)被害にあった詩織さんはこの件を警察(高輪署)に告発し、ホテル入口の防犯カメラ映像などの検証の上、逮捕状が発付されました。しかし6月8日、帰国する山口氏を成田空港で逮捕しようとした寸前で、中村格・警視庁刑事部長(当時)の指示により逮捕状の執行が取り止められました。
中村格氏は2015年3月まで菅義偉官房長官 の秘書官も務めており、現警察庁刑事局組織犯罪対策部長です。自分が逮捕状の執行を止めたことを、中村氏は週刊新潮の取材で認めています。その時、捜査員は詩織さんに電話でこう話したそうです。
『いま、(山口氏が)目の前を通過していきましたが、上からの指示があり、逮捕をすることはできませんでした』『私も捜査を離れます』
その後、事件は高輪署から、逮捕状の執行を止めた中村刑事部長(当時)のいる警視庁捜査一課に移され、8月に書類送検されましたが、東京地検は16年7月、東京地検が嫌疑不十分を理由に不起訴を決定しました。
その間、TBSを退社していた山口敬之氏は 幻冬舎から、安倍総理の写真が表紙を飾る『総理』を、2016年6月9日に出版しています。
東京地検の不起訴を受け、詩織さんは17年5月29日に検察審議会に不服申請をし、素顔を隠さずに記者会見に臨みました。
詩織さんは言います。「不起訴処分後は暫く塞ぎこんでいました。そこから気持ちを前向きにし、検察審査会に向けて調査を続け、証拠開示にも時間を要したのです」
この詩織さんの事件については、2日の衆院本会議で、民進党と共産党の議員が取りあげ、捜査の経緯についての検証が求められましたが、松本純国家公安委員長は「検証することは考えていない」と拒否しました。
山口敬之氏は、詩織さんをホテルに連れて行き性行為に及んだことは認めていますが、自身のフェイスブックで「私は法に触れることは一切していません」と述べ、詩織さんがまるで売名行為で不服申請を行っているかのように述べています。
【私たちの抗議・要請】
私たちは女性の人権を軽視する準強姦事件不起訴に強く抗議し、 検察審査会に不服申し立てをした詩織さんを応援します!
また、逮捕状が執行されなかった経緯を明らかにすることを求めます。
趣旨は以上です。
東京では同日、同趣旨で、院内集会、銀座アクションが行われます
このアクションについての問い合わせ:090-9524-7531
  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

・5/12~ さっぽろ自由学校「遊」講座・シリーズ「天皇制ってなに?」開始のご案内

・5/12(金)よりスタート~シリーズ「天皇制ってなに?」のご案内です。
初回は、「天皇制と家族主義」をテーマに清末愛砂さんにお話していただきます。
当日受付も可能ですので、お誘いあわせの上、ぜひご参加ください。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
天皇制ってなに?~退位の大意
http://www.sapporoyu.org/modules/sy_course/index.php?id_course=564
ありていにいえば「自分なりに考え、務めをしてきたが、年を取り覚束ないこともままあり、近々後継に立場を譲りたい」ということだろうか。それがNHK のスクープとして皆の知るところとなり、TV でメッセージを読み聞かせるという成り行き。その行為の一切は「内閣の助言と承認」に基づき、その責任もまた「内閣」が負うはずが、それらは殆ど話題にならず、専ら「譲り方」に話が向いています。一方、「来てくれて元気づけられた」と感激する人の姿が繰り返し紹介されもする。「天皇・天皇制」について、あらためて様々な視点から考えてみましょう。
●5月12日(金)開講 全5回 月1 回 金曜18:45 ~ 20:45
●会 場 さっぽろ自由学校「遊」(愛生館ビル5F 501)
●参加費 一般5,000 円 会員4,000 円 ユース2,000 円
(単発 一般1,500 円 会員1,000 円 ユース500 円)
5月12日(金) 第1回天皇制と家族主義~憲法24 条の理念はどこに?
●清末 愛砂(きよすえ あいさ)室蘭工業大学准教授
象徴天皇制といえど、男性支配と家族主義は続いている。個人の尊厳と両性の本質的平等を謳う憲法24 条に着目しながら、ジェンダー平等と平和主義の観点から天皇制を貫く家族主義の問題を語る。
・6月16日(金) 第2回 在日韓国人とアイヌ民族から天皇制を考える
●林 炳澤(いむ ぴょんてく)さっぽろ自由学校「遊」共同代表
●清水 裕二(しみず ゆうじ)北大開示文書研究会共同代表
国家権力の象徴として利用され機能し続けてきた天皇・天皇制。その一端を朝鮮との関わりで見ると共に、時代を経ても変わらぬ天皇制の根本的問題を皆さんと考えてみたい。(朴)
いつ頃からか我が名前が気になりだした。それは「御料牧場地」内での出生と関係があるのかと。また教員として「日の丸・君が代」は必要ないと主張、管理職になってからもそれを貫いたことなど、皆さんと話し合いたい。(清水)
・7月21日(金) 第3回 捉えどころのない天皇制
●北村 巌(きたむら いわお)北海道文教大学講師
人が造った単なる制度なら、「止めたり変えたり」できそうだが…。でも、現に在る。その過去が過去だけに、どこか恐ろしくもあるこの「天皇制」について、語りあってみませんか。
・8月18日(金) 第4回 退位・憲法・皇室典範
●池田 賢太(いけだ けんた)弁護士。「自らの言葉で憲法を語る」をキーワードに講師活動を行う。
明らかに国政に影響を与えたメッセージは、「象徴としてのつとめ」なる新たな定義までしようとしています。退位の意思表明を機に憲法第1 章や皇室典範と日本国憲法との整合性などを考えてみましょう。
・9月15日(金) 第5回 私たちと天皇、天皇制~みんなで話そう
今また、前面に出ようとしている「天皇・天皇制」。私たちはそれにどう関わってきたか。このシリーズを振り返りながら、さらに何を学び考え行動すればよいのか、一緒に語り合いましょう。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
NPO法人さっぽろ自由学校「遊」
札幌市中央区南1条西5丁目愛生舘ビル5F 501
*2017年4月より6Fから5Fに移転しました。
TEL.011-252-6752 FAX.011-252-6751
syu@sapporoyu.org
http://sapporoyu.org/
https://www.facebook.com/sapporoyu
  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

・4/29 青年法律家協会憲法フェスティバル2017「家族ー憲法ー国家 どうして、憲法改正の標的に!?」

・4/29 青年法律家協会憲法フェスティバル2017「家族ー憲法ー国家 どうして、憲法改正の標的に!?」

・日時:2017,4,29(土)13:00~15:30(開場12:30)

・場所:かでる2,7 4階大会議室(札幌市中央区北2西7)

・資料代:500円(予約不要)

・講師:中里見 博(なかさとみ ひろし 大阪電気通信大学教授 憲法学 ジェンダー法学)

打越さく良(うちこし さくら 弁護士 夫婦別姓訴訟弁護団事務局長)

第一部 講師基調講演

第二部 パネルディスカッション

・主催:青年法律家協会北海道支部

・問合せ:さっぽろ法律事務所(011-272-1900川上)

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

・3/8 国際女性デー・「戦争・暴力・格差のない社会を!高里鈴代さん講演会」&「島洋子さん『いのち輝く平和な沖縄・日本を』講演」国際女性デー全道集会

・3/8  国際女性デー札幌地区集会講演会と2017年 国際女性デー全道集会のお知らせ
【戦争・暴力・格差のない社会を!高里鈴代さん講演会】
・日時 2017年3月8日(水)18:15~20:00
・会場 ホテルポールスター札幌 2Fセレナード
・集会テーマ: 戦争・暴力・格差のない社会を!
「知らされていない真実~沖縄を考える・沖縄を感じる~」
・講演テーマ 「女たちは、暴力・戦争に抗し、座り込み、声を上げる!」
・講師:高里鈴代さん(基地・軍隊を許さない女たちの会)
・参加費:500円
・主催:国際女性デー実行委員会
・事務局:℡251-8800
【2017年 国際女性デー全道集会】
島洋子さん講演 3月8日(水) in 札幌 国際女性デー全道集会
記念講演:島洋子さん
『いのち輝く平和な沖縄・日本を』
日時:2017年3月8日(水) 18:20~
場所:札幌かでる2.7(札幌市中央区北2条西7丁目 道民活動センタービル)
電話番号:011-204-5100
参加費:一般1000円 学生500円
お問合せ:国際女性デー全道集会 実行委員会 ℡011-241-0956
  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

・7/16 やめない!負けない!あきらめない! 女性労働者の集い「女の労働を問う 女性活躍推進法の罠!」

・7/16  やめない!負けない!あきらめない!女性労働者の集いパート13
「女の労働を問う 女性活躍推進法の罠!」
基調講演:清末愛砂さん(室蘭工業大学大学院 准教授)
とき:2016年7月16日(土) 13:30〜
と こ ろ:札幌市教育文化会館 302号室(札幌市中央区北1条西13丁目 地下鉄東西線西11丁目駅 1番出口徒歩5分)
参加費:¥500
主催:北海道ウィメンズユニオン(011-221-2180)
http://blog.goo.ne.jp/hokkaiwu
やめない!負けない!あきらめない!女性労働者の集い2016 チラシ・最終版.jpg を表示しています

国際女性デー札幌地区集会での講演、戦争をさせない北海道委員会の呼びかけ人でもあり、同総がかり行動のスピーチなど、北海道内だけでなくあちこちでひっぱりだこの、室蘭工業大学の清末愛砂さんにご講演いただきます!!
集会の後半は、当事者からの闘いの報告もあります。
初夏の爽やかな一日、みなさまお誘い合わせのうえ、女性労働者の集いにぜひご参加ください。

やめない!負けない!あきらめない!女性労働者の集い2016 チラシ・最終版.jpg を表示しています

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

・4/22 植村札幌訴訟第一回口頭弁論&報告集会(講師:佐高信さん&上田文雄さん)

・4/22 植村札幌訴訟第一回口頭弁論&報告集会

・2016,4,22(金)15:30開廷(札幌地裁805法廷)30分前に傍聴券抽選

【報告集会】

・2016,4,22(金)18:30~20:30

・かでる2,7 4階大会議室(札幌市中央区北2条西7丁目)

・入場無料

《講演》

・佐高 信さん(さたかまこと 評論家)

・上田文雄さん(うえだふみお 前札幌市長・弁護士)

・主催:植村裁判を支える市民の会

・協力:さっぽろ自由学校「遊」

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

・3/6 第58回国際女性デー札幌地区集会戦争・暴力・格差のない社会を!ー民主主義って何だ!アベ政治を許さないー「法の支配とジェンダー差別」&トーク・トーク

・3/6 第58回国際女性デー札幌地区集会のお知らせ
・日時 2016年3月6日(日)13:30~15:30
・会場 ホテルポールスター札幌 2Fコンチェルト
・集会テーマ 戦争・暴力・格差のない社会を!
ー民主主義って何だ!アベ政治を許さないー
・講師 清末愛砂さん(室蘭工業大学大学院准教授)
・講演テーマ「法の支配とジェンダー差別」
・トーク・トーク 清末愛砂さん・下郷沙季さん・立木ちはやさん
・参加費 500円(当日参加できます)
・主催 国際女性デー札幌地区集会実行委員会
・連絡先 I女性会議札幌(011-251-8800)
  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

・2/8 さっぽろ自由学校「遊」主催「池田まきさんと対話講座」を開催

・2/8  さっぽろ自由学校「遊」で「池田まきさんと対話講座」を開催
2月8日(月)の夜に池田まきさんとの対話講座を開催します。

事前にパンフレットなどを読み質問表に記入していただく予習タイムを設けます。その後、主催者で回収整理し、分類別の質問にして、池田さんと話し合う機会を設け、池田さん退出後に参加者同士の意見交流をも行います。
2月8日(月)18:30~20:45
南1西5愛生館ビル6階・愛生館サロン(奥の部屋)
主催:自由学校遊
参加費:500円
大筋のタイムテーブル
18:15 受付開始
18:30 予習タイム・質問表記入
19:00 池田まきさんからお話
19:15 池田さんとの話し合い
20:00 参加者同士の意見交流
20:45 終了予定
大きめの会場を用意しましたが、先着50名で締切とさせていただきます。
参加ご希望の方は、以下の連絡先までお願いします。
電話 011-252-6752
FAX 011-252-6751
メアド syu@sapporoyu.org

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

・2/6 「週刊金曜日」札幌西読者会&2/20 札幌読者会

・2/6 「週刊金曜日」札幌西読者会

「週刊金曜日」購読者の西読者会を行っています。

「金曜日」をご持参の上、話し合いましょう。初めての方も、どうぞお越しください。

・とき:2016,2,6(土)14:00~16:30

・ところ:札幌西区民センター(札幌市西区琴似2条7丁目 駐車場あり 最寄り駅:地下鉄東西線琴似駅)

・参加費:200円

・世話人連絡先:011-691-0143(矢田)

【札幌読者会】原則として毎月第三土曜日に札幌エルプラザで開催・・・・・

札幌読者会にもぜひ、ご参加ください。初めての方も歓迎です。

・2016,2,20(土)18:30~

・ところ:札幌エルプラザ4階 特別会議室(札幌市北区北8西3 札幌駅北口正面)

・参加費:ミニコミ「カリカリ金曜日」代こみ300円

・世話人連絡先:011-695-7344

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

Home > タグ > ジェンダー

キーワードで抽出する(タグ)
フィード
メタ情報

Return to page top