Home > 詳細 > ・9/11 第60回人権擁護大会 プレシンポジウム 「民主主義の危機に立ち向かう 報道現場から語るメディアと知る権利」

・9/11 第60回人権擁護大会 プレシンポジウム 「民主主義の危機に立ち向かう 報道現場から語るメディアと知る権利」

第60回人権擁護大会 プレシンポジウム 「民主主義の危機に立ち向かう 報道現場から語るメディアと知る権利」

クリックすると拡大します

情報公開は民主主義の基礎です。
現在の社会では十分な情報公開がなされているでしょうか。
特定秘密保護法が施行された今、メディアが真実を報道できているでしょうか。
メディアには、そして私たちには、十分な討論の機会が保証されていますか?

ニュース専門インターネット放送局「ビデオニュース・ドットコム」を主宰し、現代の社会問題に鋭い問題提起を続ける神保哲生(じんぼう てつお)氏を講師に迎え、メディアの現状とこれからの社会を展望します。

本年10月に滋賀県大津市で行われる、日本弁護士連合会人権擁護大会シンポジウム「情報は誰のもの?~監視社会と情報公開を考える~」に先立つプレシンポジウムとして開催します。

日時 2017年9月11日(月) 18時開演(17時30分開場)
場所 札幌エルプラザ 3階ホール 札幌市北区北8条西3丁目
イベント概要 第1部 ジャーナリスト神保哲夫氏の講演
第2部 神保氏と、弁護士との質疑応答、討論。
対象 どなたでも
定員 320名
参加方法 予約不要
参加費 無料
主催 札幌弁護士会
共催 日本弁護士連合会、北海道弁護士会連合会
問い合わせ先 札幌弁護士会 TEL:011-281-2428

Home > 詳細 > ・9/11 第60回人権擁護大会 プレシンポジウム 「民主主義の危機に立ち向かう 報道現場から語るメディアと知る権利」

キーワードで抽出する(タグ)
フィード
メタ情報

Return to page top