Home > アーカイブ > 2017-09

2017-09

・10/7 憲法講演会「憲法改正を考える 安倍首相の9条改憲が意味するもの」

・10/7 憲法講演会「憲法改正を考える 安倍首相の9条改憲が意味するもの」

・日時:2017年10月7日(土) 13:30~15:30
・会場:カトリック北11条教会(北11東2/ 地下鉄東豊線「北13条東駅」より徒歩5分/地下鉄南北線「北12条駅」より徒歩10分/JR札幌駅から徒歩20分・タクシー5分)
・入場無料

・講師:伊藤 朝日太郎弁護士

安倍首相は5月3日の憲法記念日に「憲法9条の一項、二項を残しつつ、自衛隊を明文で書き込む」という憲法改正を行い、「東京オリンピックの2002年中に施行したい」と公言。その後、本年中に自衛隊を明記する改正案をまとめ、来年の通常国会で国会発議したいとの考えを明らかにしています。
では、安倍首相の改憲はいったい何を意味するのでしようか?それは単なる自衛隊の存在を明記するだけのことなのでしょうか?
さらに10月の総選挙が決まった今、なんとしても「戦争できる憲法」への暴走を止めたいと思います。
今回は、東京から伊藤 朝日太郎弁護士をお招きし、安倍改憲の意味するものをわかりやすく語っていただき、ともに考えたいと思います。
《伊藤 朝日太郎弁護士プロフィール》
滋賀県生まれ。同志社大学法学部、早稲田大学大学院法務研究科 卒業
2009年12月弁護士登録(愛知県弁護士会)、弁護士法人名古屋南部法律事務所にて勤務開始。2013年9月、キーストーン法律事務所に移籍。第二東京弁護士会所属。
業務内容
民事事件、刑事事件、また、在日外国人のビザ(在留資格)の問題、国際結婚のご相談、難民認定申請の手続代理、難民不認定処分取消請求訴訟、外国人を当事者とする離婚事件・労働事件等にも取り組んでいます。

・主催:カトリック札幌地区正義と平和協議会
・共催:日本カトリック正義と平和協議会(問い合わせ松永 011-864-5526)

・10/26 【東京】学習会「 戸籍への個人番号(マイナンバー)導入は何をもたらすのか」

■ 【東京】10・26学習会学習会・ 戸籍への個人番号(マイナンバー)導入は何をもたらすのか
●2017年10月26日(木曜日)18時30分から21時00分まで
●文京区民センター 2階 2-A会議室(会場定員210人)(東京都文京区本郷4-15-14)
●講師 遠藤正敬さん(政治学者・戸籍研究者)
●開催趣旨
政府は電算化した戸籍に個人番号(マイナンバー)制度を導入する方針を固めました。法務省「戸籍制度に関する研究会」の最終報告を基に、9月19日の法制審議会に諮問、2019年通常国会に戸籍法改定法案を提出します。
「家」を単位に編製し「日本人」の国籍・民族・血統を公証する「臣民簿」として存続してきた戸籍制度。その基本骨格を維持したままの番号制度導入は何をもたらすのか、気鋭の戸籍研究者とともにさぐります。
●学習会のチラシ(会場案内図付き)をダウンロードできます
▽カラー版(ミニポスター付き)
http://www.bango-iranai.net/event/parts/pdf/20171026Handbill-Color.pdf
▽モノクロ版
http://www.bango-iranai.net/event/parts/pdf/20171026Handbill-Mono.pdf
●交通
都営地下鉄 大江戸線・三田線「春日駅」A2出口すぐ上
東京メトロ 南北線「後楽園駅」6番出口徒歩5分
東京メトロ 丸ノ内線「後楽園駅」4b出口徒歩5分
JR 中央線「水道橋駅」東口、白山通り徒歩15分
●資料代 500円
●どなたでも参加できます
●主催 共通番号いらないネット
●連絡先・問い合わせ 電話 080-5052-0270(担当:宮崎)
▼詳細情報掲載ページ(リンクはご自由にどうぞ)
http://www.bango-iranai.net/event/eventView.php?n=195
●戸籍事務への番号制度導入に向けた関連資料
▽戸籍制度に関する研究会第22回(2017年8月1日)※最終取りまとめ公表
http://www.moj.go.jp/MINJI/kosekikenkyu22.html
▽戸籍システム検討ワーキンググループ第21回会議(2017年7月28日)
※最終取りまとめ公表
http://www.moj.go.jp/MINJI/koseki_system_21_290728.html
▽法制審議会第179回会議(2017年9月19日開催)
※「戸籍事務へのマイナンバー制度の導入に係る戸籍法等の改正について」
http://www.moj.go.jp/shingi1/shingi03500029.html
●講師プロフィール
早稲田大学台湾研究所非常勤次席研究員。専攻は政治学、日本政治史。
●講師著書など
▽『戸籍と無戸籍-「日本人」の輪郭』(人文書院 2017)
http://www.jimbunshoin.co.jp/book/b281579.html
▽書評 戸籍と無戸籍 「日本人」の輪郭 遠藤正敬 著(礫川全次、東京新聞 2017.8.27)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/book/shohyo/list/CK2017082702000186.html
▽「真正なる日本人」という擬制―蓮舫議員の二重国籍と戸籍公開をめぐって
(SYNODOS 2017.08.04)
https://synodos.jp/society/20253
▽『戸籍と国籍の近現代史-民族・血統・日本人』(明石書店 2013)
http://www.akashi.co.jp/book/b128347.html
▽『近代日本の植民地統治における国籍と戸籍-満洲・朝鮮・台湾』(明石書店 2010)
http://www.akashi.co.jp/book/b66149.html
▼リーフレット No.5 街頭キャンペーン用(アクションシート付き)
共通番号(マイナンバー)制度がはじまって なにか便利になりましたか
http://www.bango-iranai.net/news/newsView.php?n=193
▼情報連携にNO! 自治体に意思表示キャンペーン
http://www.bango-iranai.net/news/newsView.php?n=196

・10/15  平和にYES!改憲にNO!市民が政治を変える!札幌アクション

・10/15 平和にYES!改憲にNO!市民が政治を変える!札幌アクション

・とき:2017年10月15日(日)13:00~15:00

・ところ:札幌大通り公園6丁目広場

○市民・各界からのスピーチ、ライブ&市民パフォーマンス

・呼びかけ団体:戦争させない市民の風・北海道

・共催団体:医療九条の会・北海道、市民連合北広島

・賛同団体:賛同団体を募集中です!(連絡先:q-ko@sea.plala.or.jp /090-2070-4423)

・9/29 「性暴力被害当事者を孤立させない」9.29院内集会

・9/29「性暴力被害当事者を孤立させない」9.29院内集会

https://wan.or.jp/article/show/7427
・日時 9月29日(金) 11時から12時半
・場所 参議院議員会館講堂
・内容
①詩織さんからのメッセージ
②弁護団からの現状報告
③当事者からの発言
④支援者の声
⑤議員からの発言
この院内集会の賛同人・団体を募集します。
賛同される個人・団体は以下のメールアドレスに個人・団体名及び連絡先をお知らせください。
stop.sv@gmail.com

・9/30 憲法カフェ第6回 僕が通った『ウリハッキョ』ってこんなところ

・9/30 憲法カフェ第6回 僕が通った『ウリハッキョ』ってこんなところ
朝鮮学校卒業生のトークをご案内します。
先日、東京では無償化排除の不当判決が出たばかりです。あまりに筋の通らない判決文に、日本はすでに法治国家としては機能していないのではないかと感じました。選挙権を持たない彼らが、その政策の被害だけを受けるのはあまりにも不公平ではないでしょうか。
★☆憲法カフェ第6回 僕が通った『ウリハッキョ』ってこんなところ☆★
何かと偏見で語られることの多い朝鮮学校。
その卒業生の生の声を、多くの方に聞いていただけたらと思います。ぜひ、ご参加ください。
・憲法カフェ第6回 僕が通った『ウリハッキョ』ってこんなところ~北海道朝鮮初中高級学校 卒業生トーク~
・とき:2017 年 9月 30 日(土)14:00〜15:30
・ところ: Y’s Café (北区北7西6北海道クリスチャンセンター1F)
・お話: 呉慶俊さん
・参加費: 500 円(コーヒー/紅茶付き) 学生無料 ☆直接会場へ
*************************************
この街に、北海道唯一の朝鮮学校があることをご存知ですか?
そこで学んでこられた在日コリアンの方のお話を伺い、交流を深めたいと思います。
講師プロフィール:
呉慶俊(オ・キョンジュン)1992年生まれ。北海道朝鮮初中高級学校、朝鮮大学校政治経済学部政経学科卒業。在日本朝鮮青年同盟北海道本部 組織部長  趣味:食べること 特技:サッカー
お問合せ:一般社団法人 札幌 YWCA(担当:石垣)
札幌市北区北 7 西 6 北海道クリスチャンセンター内
TEL & FAX: 011-728-8090
E-Mail: sapporo@ywca.or.jp
URL:  http://www.ywca.or.jp/~ywca0037/home.htm

・10/7&8 講演会開催のお知らせ「日本国憲法の価値を再認識し、絶対に改憲を許さない」 &「安倍総理が求める 憲法9条に3項を設けるとは何か」

・10/7&8 講演会開催のお知らせ「日本国憲法の価値を再認識し、絶対に改憲を許さない」

&「安倍総理が求める 憲法9条に3項を設けるとは何か」

安倍首相がもくろむ憲法改悪について、いま1度しっかり問題点を考えよう。

2つの講演会をご案内します。

(1)「日本国憲法の価値を再認識し、絶対に改憲を許さない」

・講師:上田文雄氏(前札幌市長、戦争をさせない市民の風・北海道共同代表)
・日時:10月7日(土)午後1:30~3:30

・場所:真駒内総合福祉センター(札幌市南区・真駒内駅前通り左側、東急ストア道銀となり)

・会費:500円
・主催:第12回南区憲法フェスティバル実行委員会

(2)「安倍総理が求める 憲法9条に3項を設けるとは何か」

・講師:神保大地氏(弁護士)
・日時:10月8日(日)午後1:30~4:00

・場所:札幌教育文化会館4階講堂(北1西13)

・会費:500円
・主催:9条ネットワーク北海道野党共闘を求める有志の会

連絡先:平和をつくろう南区実行委員会(事務局:TEL/FAX011-581-7299 09082772338)

・10/23 「挑戦——前文部科学省事務次官 前川喜平が語る教育」

・10/23 「挑戦——前文部科学省事務次官 前川喜平が語る教育」

前川喜平前文部科学省事務次官をお招きし、「挑戦——前文部科学省事務次官 前川喜平が語る教育」が開催されます。
萎縮の時代に、なぜ声を上げるのか。
権力者に都合のいい教育になっていないか。
マスコミは権力を監視できているか。
——前川さんと共に、考えましょう。
みなさまのご参加、お知り合いの方々にご案内、拡散していただければ幸いです。
<<<<<<<<<<<<<<<<<<<
・挑戦——前文部科学省事務次官前川喜平が語る教育
1.日時:2017年10月23日(月)18時30分開演(18時開場)
2.会場:札幌エルプラザ3階ホール(札幌市北区北8条西3丁目 札幌市男女共同参画センター)
3.参加費:500円(当日受付)
4.プログラム
第一部:講演「前川喜平、教育を語る」
第二部:ディスカッション
パネリスト:前川喜平、干場信司(前酪農学園大学学長)、徃住嘉文(新聞記者)ほか
5.主催
日本ジャーナリスト会議北海道支部 TEL.011-851-5477
NPO法人さっぽろ自由学校「遊」 TEL.011-252-6752
6.協賛
自由が丘教育と協同の研究所、全国大学高専教職員組合北海道地区協議会、北海道教育大学と地域の未来を考える会、北海道の大学・高専関係者有志アピールの会、北海道平和運動フォーラム、メディアアンビシャス ほか
7.後援
朝日新聞北海道支社、北海道新聞社、毎日新聞北海道支社 ほか
===================================
集団的自衛権の行使を容認する閣議決定に反対する北海道の大学・高専関係者有志アピール運動をすすめる会
(略称:北海道の大学・高専関係者有志アピールの会)
事務局次長:谷井利明
携帯電話:090-9087-1707
e-mail:thunderbird.ta@gmail.com

・9/26 学習会「政府の法的解決済み論のトリックと個人請求権」

・9/26 学習会「政府の法的解決済み論のトリックと個人請求権」
「日本の植民地支配下での徴用工の個人請求権は消滅していない」と文韓国大統領。「1965年日韓基本条約で解決済み」と日本政府。
果たして???
今に続く歴史認識に関しての学習会開催のお知らせです。
★政府の法的解決済み論のトリックと個人請求権★
講師:小林久公さん(強制動員真相究明ネットワーク事務局次長、日本軍「慰安婦」問題解決全国行動資料チーム等)
・日時:9月26日(火) 18時半~20時
・会場:カトリック山鼻教会 (中央区南10西11)
《利用交通機関》:じょうてつバス
①  札幌・大通方面からは下記のバスに乗り南9条西11丁目で降車
・南4(真駒内駅行)・南54(南町4丁目行)・南64(真駒内本町行)
②  真駒内・定山渓方面からは下記のバスに乗り南11条西11丁目で降車
・南4(西11丁目駅・市立病院前行)・南54(大通西4丁目行)・南55(札幌駅行)・南64(札幌駅北口行)
・参加費:無料
・主催:カトリック札幌地区正義と平和協議会
・問合せ:松永 011-864-5526

・9/16 JRの再生と 地域の発展を考える

・9/16 JRの再生と 地域の発展を考える

今、私たちは、この北海道から現在の半分にあたる1200キロ以上の路線がなくなってしまうかもしれない局面に立っています。

一方、ヨーロッパの国々では鉄道は住民の生活を支える基本的なインフラとして維持されているといいます。

地方を切り捨て、農漁業を切り捨て、弱者を切り捨て、「自己責任だ」とうそぶく。安倍政権の姿勢が露骨に表れているのがTPPであり北海道の鉄道切り捨てではないでしょうか。

ぜひ足をお運びください。JR再生と北海道の未来について一緒に考えましょう。

JRについて考えることは、北海道の未来をイメージすること…

JRの再生と 地域の発展

・日時:9月16日(土)18:30~(開場18:00)

・会場:札幌市教育文化会館 研修室403(北1西13)

・講師:宮田和保氏(北海道教育大学名誉教授。「JR北海道問題を考える学者・弁護士の会」代表

立憲野党から、JR再生について、考えを語っていただきます

松木けんこう氏(民進党 衆議院議員)   

金倉まさとし氏(日本共産党 2区国政対策委員長)

豊巻絹子氏(社会民主党北海道連合副代表)

市民ネットワークからのスピーチも予定しています

・主催:市民と野党の共闘をもとめる2区の会(問合せ:inoue520@krc.biglobe.ne.jp)

・9/25 「冬の時代」と宗教者の課題 講演会

・9/25 「冬の時代」と宗教者の課題 講演会
この時代にこそ、「憲法を獲得する人々」や「日の丸、君が代の戦後史」「靖国の戦後史」を書かれたノンフィクションライターの田中伸尚さんのお話は私たちの支えになると思います。
ぜひ講演会にお越しください。
・「冬の時代」と宗教者の課題 講演会のご案内
・日時 9月25日(月)15時~18時
・講演①15時10分~ 共謀罪の原点「大逆事件」
・講演②16時30分~ 「大逆事件死」した僧 高木顕明の信仰と実践
・講師 田中伸尚氏
・場所 本願寺札幌別院(中央区北3条西19丁目2-1 地下鉄東西線西18丁目駅一番出口から北に徒歩7分)
・問合せ:marumi.mameko@gmail.com

Home > アーカイブ > 2017-09

キーワードで抽出する(タグ)
フィード
メタ情報

Return to page top