Home > アーカイブ > 2017-03

2017-03

・4/2&4/8 「女性と子供の貧困を考えるつどい」のお知らせ

・4/2&4/8 「女性と子供の貧困を考えるつどい」ダブル・イケダ講演会
・講師は両日とも、池田まきさん(ソーシャルワーカー)「女性と子どもの貧困ーその実際と解決の糸口」
池田賢太さん(弁護士)「憲法と子どもの貧困ー母子家庭を中心に」
ぜひご参加ください。
・4月2日(日)午後2:00~ 厚別区民センター(ホール)札幌市厚別区厚別中央1条5丁目
・4月8日(土)午後2:00~ 江別野幌公民館(ホール)江別市野幌町3-6
・各資料代:500円(子どもと学生は無料)
・いずれの会場も託児あり。お子さんをお連れになってご参加ください。 お待ちいたしております。
・主催:市民の風・えべつ
・問合せ:090-8373-2456

・4/1 「テロ等準備罪(共謀罪)の本質をまなぶ」講演会@旭川

・4/1  「テロ等準備罪(共謀罪)の本質をまなぶ」講演会@旭川のお知らせ

テロ等準備罪(共謀罪)の本質をまなぶ、講演会開催のお知らせです。
旭川近郊・道北地方のかたのご参加を期待してます。参加費は無料です。

日時:2017年4月1日(土)13時~15時
場所:ときわ市民ホール1F研修室 (旭川市5条4丁目)
講師:畑地雅之弁護士(あかつき法律事務所)

・4/8&4/15「週刊金曜日」読者会(札幌・札幌西・室蘭・旭川)のお知らせ

・4/8&4/15 「週刊金曜日」読者会のおしらせ(札幌西読者会/札幌読者会/旭川読者会/室蘭読者会)

「週刊金曜日」読者会:札幌市内に2つ、そして旭川、室蘭…にあります。

毎回、金曜日記事に限らずそれぞれいろいろな問題をざっくばらんに話し合っています。

定期購読者も、ときどき購読者もぜひ一度立ち寄ってご参加ください。いろいろな情報も受け取れます。

【札幌西読者会】(開催日は「週刊金曜日」読者会コーナーに掲載します)

・4月8日(土)14:00~16:30

・札幌市・西区民センター(西区琴似2条7丁目 西区役所となり 地下鉄東西線琴似駅下車徒歩5分)

・参加費:200円

・世話人連絡先:011-691-0143

【札幌読者会】(毎月《原則として第三土曜日》18:30~札幌エルプラザ内で開催しています)

・4月15日(土)18:30~21:00

・札幌エルプラザ4階(研修室2)(札幌市北区北8西3 札幌駅北口正面・地下直結)

・参加費:300円(ミニコミ代つき)

・連絡先eメール:ameironeko@nifty.com

【旭川読者会】開催問合せeメール:yoskose@gmail.com

【室蘭読者会】

・4月8日(土)18:30~

・室蘭市中小企業センター

・問合せ連絡先:0143-22-4714

『週刊金曜日』公式ホームページ:http://www.kinyobi.co.jp/

・3/26 『日韓の間で考える“表現の不自由” —検閲、規制、自粛 と 抵抗のアート』

・3/26 『日韓の間で考える“表現の不自由”—検閲、規制、自粛 と 抵抗のアート』

2015年、「表現の不自由展」を企画し、今月も韓国に取材に行っている岡本有佳さんを講師にお迎えし、日韓の”検閲と自主規制”について、最新の韓国の状況も交えてお話いただきます。
なぜ韓国は「検閲」で、日本は「自粛」なのか、今の政治状況を考える上で、ヒントになることがたくさんあるのではないかと思います。是非、ご参加ください。
◎3月26日(日)13:30開催!(開場・13:00)
『日韓の間で考える“表現の不自由”—検閲、規制、自粛 と 抵抗のアート』
◎会場:さっぽろ自由学校「遊」
(札幌市中央区南1西5愛生舘ビル6階)
◎参加費:予約1000 円(当日1200 円)
◎ご予約・お問合せ:whats.everything@gmail.com
主催:What’s   http://whats-everything.jimdo.com
********************************
日本は「自粛」・韓国は「検閲」
―表現の不自由を巡って、東アジアのYASUKUNISM展共同代表で編集者の岡本有佳さんが、12月から、2月にかけて、たびたび韓国を取材してきたことをもとに、語ります!
ニコンサロン「慰安婦」写真展中止事件裁判を支援する仲間たちと2015年に開催した「表現の不自由展」の経験から、検閲、・規制・自粛と抵抗のアート、朴槿恵大統領退陣を求める抗議の表現や、検閲への抵抗表現、〈少女像〉の深化など現場レポート。
そして、韓国政府の市民監視が明るみになった「ブラックリスト」問題、NHKクローズアップ現代の平和の少女像の偏向報道など、最新の話題を交えた盛りだくさんの内容で、私たちの置かれている「不自由さ」について考えます。
●講師プロフィール:岡本有佳(おかもと ゆか)さん
編集者。文化企画。風工房主宰。Fight for Justice「慰安婦」問題webサイト運営委員。表現の不自由展共同代表。東アジアのYASUKUNISM展共同代表。ドキュメンタリー映画『60万回のトライ』共同プロデューサー。 共著に、『Q&A 朝鮮人「慰安婦」と植民地支配責任~あなたの疑問に答えます』(御茶の水書房、韓国版サムチャン刊行)、編著『増補改訂版〈平和の少女像〉 、なぜ座り続けているのか』(世織書房)、編著『東アジアのヤスクニズム――洪成潭〈靖国の迷妄〉』(唯学書房)、『光州「五月連作版画‐夜明け」ひとがひとを呼ぶ』(夜光社)など。

・3/29 『マイナンバー・ホットライン』を開設します!

・3/29 ■『マイナンバー・ホットライン』を開設します!(3/29)
https://www.aiben.jp/about/katsudou/jyouhou/news/2017/03/post-1.html

対象:マイナンバーに関するお困り事・お悩み事
相談日時:2017(平成29)年3月29日(水) 午前10時~午後3時
相談方法:電話相談 (2回線 TEL 052-223-2355)
主催:愛知県弁護士会(情報問題対策委員会)

・3/29 ■ 監視社会を考える連続学習会第4回「 共通番号(マイナンバー)と個人番号カード」@東京文京区民センターのお知らせ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 監視社会を考える連続学習会 第4回
■ 共通番号(マイナンバー)と個人番号カード
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●2017年3月29日(水曜日)18時30分から21時00分まで
●文京区民センター 2階 2-A会議室(会場定員210人)
(東京都文京区本郷4-15-14)
▼文京区民センター案内図
http://www.bango-iranai.net/event/parts/map/BunkyoKuminCenterMap2.png

━━━━ 講師 ━━━━
清水勉さん(弁護士)
━━━ 開催趣旨 ━━━
●番号利用の拡大を模索
2016年1月から共通番号(マイナンバー)の利用が始まりました。その目的は個人に番号をつけ、生涯追跡することをできるようにするとともに、現在様々な機関が管理している個人情報をデータマッチングし、個人の生活を丸見えにすることです。このような各機関を超えて個人を識別する番号がつけられるのは日本では初めてのことです。対象分野はスタート時点では、税、社会保障、災害対策に限定されていますが、2016年9月には「預金口座との紐付け」に向けて番号法の改悪が行われるなど民間分野にまでその利用範囲は拡大されようとしています。
●カードもいらない!
そして、重大なことは、政府が生体認証機能を持つ個人番号カードを全員に持たせようとしていることです。個人番号カードを普及させるために、共通番号の利用範囲を拡大し、社員証・職員証など本人証明として活用し、ワンカード化の促進を図ろうとしています。政府はオリンピックが開催される2020年をターゲットイヤーとして全市民が個人番号カードを保有できるようにするとしています。監視社会にとって番号・カードの持つ意味を考えていきます。
━━━━ 交通 ━━━━
都営地下鉄 大江戸線・三田線「春日駅」A2出口すぐ上
東京メトロ 南北線「後楽園駅」6番出口徒歩5分
東京メトロ 丸ノ内線「後楽園駅」4b出口徒歩5分
JR 中央線「水道橋駅」東口、白山通り徒歩15分

●資料代 500円
●どなたでも参加できます
━ 連続学習会の予定 ━
第5回 2017年5月下旬 「改悪盗聴法廃止へ!」
第6回 2017年7月下旬 「東京オリンピックと市民監視強化」
━━━━ 共催 ━━━━
共通番号いらないネット
盗聴法廃止ネットワーク
「秘密保護法」廃止へ!実行委員会
━━━ 連絡先 ━━━
電話 080-5052-0270(担当:宮崎)
▼詳細情報掲載ページ
http://www.bango-iranai.net/event/eventView.php?n=156

▼この学習会のチラシをダウンロードできます
http://www.bango-iranai.net/event/parts/pdf/20170329handbill.pdf

▼マイナンバー強制などの事例をお寄せください
http://www.bango-iranai.net/news/forcedExample.php?n=138

▼確定申告等のマイナンバー記載を国税庁に確認
http://www.bango-iranai.net/news/newsView.php?n=158

・3/22 13時~札幌市ICT活用戦略&「チカホ顔認証ビッグデータ実証実験」審議(札幌市まちづくり対策予算委員会)

・3/22 13時~札幌市ICT活用戦略&チカホ顔認証ビッグデータ実証実験審議
~札幌市まちづくり対策予算委員会審議されます~
市議会「まちづくり政策予算委員会」を傍聴しませんか?(どなたでも傍聴できます)
・とき:3月22日(水)13時~札幌市議会「まちづくり政策局」予算委員会
・ところ:札幌市役所16階第1特別委員会会議室
【審議内容】まちづくり対策局関係
・札幌市ICT活用戦略
・チカホ顔認証ビッグデータ実証実験
札幌市のまちづくり対策予算委員会が開催さます。
《チカホ(札幌駅前通地下歩行空間)で顔認証ビッグデータ実証実験》
NHK(全国)ニュース、HTB、北海道新聞、朝日新聞などの報道では、札幌市の担当者インタビューで、デジタル看板の前だけで限定してデータを取る、データは削除する(?)、などといいましたが、データ削除や具体的な使用目的は検討中でした。
さらにニュースでは、たとえば、子どもが実験掲示した通路のデジタル看板前を通れば動物園の広告を流す(→顔認証・認識)、と札幌市担当者が答えていました。
札幌市は、デジタルサイネージ(看板)、人感センサー、ビーコンのみ設置で、センサー・カメラは設置せず、になった?(札幌市は個人情報収集に加担?)データはどこへ?どのように利用される?
さらにセンサー・カメラは札幌市ではなく「民間」が設置するかも??民間ならいいのか?→チカホは札幌市が管理する通路(道路)です。それはそれで無責任体制では?(通行人のデータを収集するとは!市役所内で職員のデータを収集したらとの意見もあります)
※かつてJR大阪駅ステーションシティでの顔認証データ実証実験ではプライバシー侵害の惧れありで市民が反対し、個人情報保護第三者委員会を立ち上げて、実験は延期、大幅に縮減した経緯もあります。
あなたは安心して「チカホ」を歩きますか?
「札幌市議会まちづくり政策予算委員会」を、ぜひ傍聴してください
そもそも顔認証実証実験は、(政令指定)札幌市が「税金」でおこなうことなのか、市議会では民進、公明、共産、市民ネットも質問し、また政令指定都市で(税金で)なぜこのような実験をおこなうのか?と全国的にも問題になっています!
ぜひ傍聴を!
http://www.city.sapporo.jp/gikai/html/kaiginittei.html
第一部予算特別委員会/3月22日(水曜日)13時00分/第一特別委員会/会議室(16階)/議案の審査/[まちづくり政策局 関係]
・会議の問合せについて:
札幌市議会事務局政策調査課
〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎16階
電話番号:011-211-3164 ファクス番号:011-218-5143

・3/21 「共謀罪」閣議決定撤回!緊急総がかり行動

・3.21 「共謀罪」閣議決定撤回!「戦争をさせない北海道委員会」緊急総がかり行動
政府は、話し合うだけで罪になる「共謀罪」の閣議決定を21日(火)にも行おうとしています。
「戦争をさせない北海道委員会」は、閣議決定した日に「緊急総がかり行動」を実施します。
日時 2017年3月21日(火)18:00~
会場 大通西4丁目東側
内容 スピーチ、デモパレード
※ なお、21日(火)に閣議決定を行わなかった場合は延期とします。
http://peace-forum.org/article-4295.html

・4/5 STOP!共謀罪 札幌市民集会

・4/5 STOP!共謀罪 札幌市民集会

「共謀罪法案の真の狙いを浮き彫りに 市民の力で共謀罪にレッドカードを!!」

クリックすると拡大します

新聞報道によりますと、政府は、過去3回廃案になった共謀罪法案を「テロ等組織犯罪準備罪」と名称を改め、本国会に提出しようとしています。
法案の名称を変えても、共謀罪の危険性は何ら変わるものではありません。
しかし、テロ対策等の美名のもと、多くの市民が、その危険性を十分に理解できていない状況であると考えられます。
そこで、当会は、共謀罪法案の問題点を市民の皆様とともに考えるため、以下の日程において「STOP!共謀罪 札幌市民集会」を開催することと致しました。
多くの方に共謀罪の問題点について知っていただきたいと考えておりますので、ご家族・ご友人をお誘いあわせの上、ご参加いただけますと幸いです。

日時 2017年(平成29年)4月5日(水曜日)
開場 18時
開会 18時30分
閉会 20時30分
場所 札幌市教育文化会館小ホール
イベント概要 パネリストとして上田信太郎氏(北海道大学教授)、外岡秀俊氏(元朝日新聞記者)、原田宏二氏(元北海道警察幹部)をお招きして、共謀罪法案の問題点についてパネルディスカッションをしていく中で、政府の共謀罪法案の真の狙いを浮き彫りにします。
定員 350人(予定)
参加方法 事前申込は不要です
参加費 無料
主催 札幌弁護士会
共催 日本弁護士連合会 北海道弁護士会連合会
問い合わせ先 札幌弁護士会(011-281-2428)

・3/28 あなたにとって『共謀罪』って? なんで政府は制定を急ぐの?

・3/28 あなたにとって『共謀罪』って? なんで政府は制定を急ぐの?

講師:神保 大地 弁護士

日時:3月28日(火) 18時半~20時

会場:聖ベネディクトハウス (中央区北1条東6丁目 北1条教会・東隣)

参加費:無料

主催:カトリック札幌地区正義と平和協議会

問合せ:松永 011-864-5526

Home > アーカイブ > 2017-03

キーワードで抽出する(タグ)
フィード
メタ情報

Return to page top