Home > アーカイブ > 2017-02

2017-02

・3/18 平成28年度 北海道原子力防災訓練 視察報告会

・3/18 平成28年度 北海道原子力防災訓練 視察報告会
昨年(2016年)11月13・14日と今年(2017年)2月4日に行われた、国と北海道合同の原子力防災訓練。果たしてその訓練内容とは?
現実に即した訓練となっているのか?
万が一、泊原発が事故をおこしたら、周辺住民は安全に避難できるのか?
皆さんと一緒にこの問題を考えていきたいと思います。
・日時:2017年3月18日(土)18:30~
・会場:札幌エルプラザ2F 環境研修室(札幌市北区北8条西3丁目 札幌駅北口地下直結)
・参加費:資料代
・主催:北海道原子力防災訓練 道民視察団
・後援:ベクレルフリー北海道、地方自治を考える市民の会、脱原発をめざす北電株主の会、Shut泊
===================
泊原発の廃炉をめざす会
〒060-0808
札幌市北区北8条西6丁目2-23-806号
TEL:011-594-8454 月、水、金(10時から13時)
FAX:011-594-8455
E-mail: info@tomari816.com
HP: http://tomari816.com

・2/28 反貧困ネット北海道・映画上映会『オキュパイ・ベーカリー~ファストフード労働者の闘い』と講演

・2/28 映画上映会『オキュパイ・ベーカリー~ファストフード労働者の闘い』
・日時 2月28日(火)18:30~
・会場 エルプラザ3Fホール (札幌市北区北8西3)
-映画概要-
ニューヨークにある24 時間営業のカフェ・ベーカリー「Hot & Crusty」
で働く非合法移民労働者たちの闘いを追ったドキュメンタリー。
労働者としての権利、正義を勝ち取るため、強制国外退去の危険性もある中で、団結しピケを張る。
アメリカファストフード労働者による賃金・生活底上げ運動の先がけとなる歴史的な闘いは、声を上げることの大切さを教えてくれる。
2015年ペンシルバニア州レディング映画祭ドキュメンタリー映画最優秀賞、
2016年 SIMA賞最優秀賞その他カナダやスコットランドの映画祭でも数多くの賞を受賞。
監督:レイチェル・リアーズ、ロビン・ブロチュニック 2014年/84分/アメリカ
原題「The Hand that feeds」(日本語字幕)*日本語版制作=レイバーネット国際部
上映会終了後、労働運動についてのトークを行います。(北海学園大学 川村雅則教授)
・前売り・事前申し込み 900円(申し込みはメールでお願いします)
・当日 1000円
・反貧困ネット北海道会員・学生 700円
・申し込みメールアドレス hanhinkondo@yahoo.co.jp
Facebookイベントページもご覧ください
https://www.facebook.com/events/136744373492612/?active_tab=discussion
・主催:反貧困ネット北海道
・事務局・連絡先
〒064-0808 札幌市中央区南8条西2丁目 市民活動プラザ星園 305号室
電話・FAX 011(533)3778   Email: hanhinkondo@yahoo.co.jp

・3/2 さっぽろ自由学校「遊」講座「札幌市における人種差別をなくすための方策とは?」

・3/2 レイシズム(人種差別)を放置しないまちをつくろう

第6回 ディスカッション
「札幌市における人種差別をなくすための方策とは?」
日時 3月2日(木) 18:45 ~ 20:45
会場 さっぽろ自由学校「遊」
( 札幌市中央区南1西5 愛生舘ビル6F604)
 これまでに出された問題や、議論を踏まえながら、札幌というまちからレイシズムをなくしていくためにどのような取り組みが必要
なのか、市議会議員の方々も交えて話し合いたいと思います。
●特別ゲスト 師岡 康子(もろおか やすこ)さん
 弁護士。大阪経済法科大学アジア太平洋研究センター客員研究員、国際人権法学会所属。著書に『ヘイト・スピーチとは何か』(岩波新書)など。
*参加費
一般1,500 円 会員1,000 円 ユース(25 歳以下)500 円
【主催】NPO 法人さっぽろ自由学校「遊」
TEL.011-252-6752 FAX.011-252-6751
syu@sapporoyu.org
札幌市中央区南1条西5丁目愛生舘ビル6F

・3/3 ■ 共通番号(マイナンバー)制度の強制に反対し廃止を求める院内集会(東京・永田町)   

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 共通番号(マイナンバー)制度の強制に反対し
■ 廃止を求める院内集会(東京・永田町)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
省庁交渉の報告に始まり、番号・カードの強制や7月から稼動予定の情報連携に対する取り組みについて意見交換し、今後の運動を展望します。
●2017年3月3日(金曜日) 17時30分から19時30分まで
●参議院議員会館  1階 101会議室(会場定員100人)
(東京都千代田区永田町2-1-1)
●どなたでも参加できます(参加費無料)。
━━ 交通 ━━
東京メトロ有楽町線・半蔵門線・南北線「永田町駅」1番出口徒歩1分
東京メトロ丸の内線・千代田線「国会議事堂前駅」議員会館通路出口徒歩6分
東京メトロ銀座線・南北線「溜池山王駅」5番出口徒歩12分
━━ 内容 ━━
○全体情勢報告
○省庁交渉報告
○自治体予算調査報告
○世話人から
○マイナンバー制度反対連絡会から
○地域から
○違憲訴訟報告
○国会議員から
○会場参加者を交えて意見交換

●省庁交渉●
同じ会場で15時00分から17時00分まで省庁交渉を行います。
今回は個人番号・カードの具体的な強制事例をもとに、国税庁・総務省・厚生労働省・個人情報保護委員会へ事前に質問を提出し、その回答についてやりとりします。発言はできませんが、どなたでも傍聴参加できます。
◆通行証について
議員会館正面入口でメンバーが通行証をお渡しします。
(院内集会:17時15分~18時00分、省庁交渉:14時40分~15時10分)
遅れた方は受付から101会議室に電話してもらい 通行証を受け取って下さい。
▼会場案内図付きのチラシをダウンロードできます
http://www.bango-iranai.net/event/parts/pdf/20170303Handbill.pdf

▼詳細情報掲載ページ
http://www.bango-iranai.net/event/eventView.php?n=153

主 催  共通番号いらないネット
(共通番号・カードの廃止をめざす市民連絡会)
連絡先  電話 080-5052-0270(宮崎)

▼マイナンバー強制などの事例をお寄せください
http://www.bango-iranai.net/news/forcedExample.php?n=138

・3/3  確定申告でも個人番号(マイナンバー)書かない 全国街頭キャンペーン(東京)    

・3/3   確定申告でも個人番号(マイナンバー)書かない

■ 全国街頭キャンペーン
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
番号法は市民に個人番号(マイナンバー)の提供を強制していません。各省庁もQ&Aなどで番号の提供を強制できないことを認めています。
2月16日から受付が始まった確定申告も、その例外ではありません。ところが国税庁は、昨年に比べて確定申告に個人番号(マイナンバー)が「必要」であることを強調する広告を多用しています。
共通番号いらないネットでは、具体的根拠を示しながら、番号提供が強制されないことを訴えるリーフレット No.4を作成しました。このリーフレットを使って、個人番号を書かなくても税務申告できることを全国各地で街頭宣伝し、「書かない番号! 持たないカード!」を広めていきましょう!
東京では、下記の日程で街頭キャンペーンを行います。
●2017年3月3日(金曜日) 13時00分から14時00分まで
●有楽町マリオン前
━━ 交通 ━━
JR 山手線・京浜東北線「有楽町駅」中央口または銀座口
東京メトロ有楽町線「有楽町駅」D7出口
東京メトロ日比谷線・千代田線、都営地下鉄三田線「日比谷駅」A0出口
東京メトロ銀座線・日比谷線・丸ノ内線「銀座駅」C4出口

配布に必要なリーフレット No.4は共通番号いらないネットのホームページか
ら申し込みできます。費用は1枚5円です。
▼リーフレット No.4詳細・申込ページ
http://www.bango-iranai.net/news/newsView.php?n=151

宣伝活動を行ったら必ず共通番号いらないネットまでご連絡ください。全国展
開の状況をまとめるのに必須です。ご協力をお願いします。

▼街頭キャンペーン詳細ページ
http://www.bango-iranai.net/event/eventView.php?n=155

主 催  共通番号いらないネット
(共通番号・カードの廃止をめざす市民連絡会)
連絡先  電話 080-5052-0270(宮崎)

▼マイナンバー強制などの事例をお寄せください
http://www.bango-iranai.net/news/forcedExample.php?n=138

・3/18 講演会「みほこさんとまきさんの3.11~原発事故が私たちにもたらしたもの・生きよ!~」@江別

・3/18 講演会「みほこさんとまきさんの3.11~原発事故が私たちにもたらしたもの・生きよ!」
・日時:3月18日(土)13:30開場 14:00開演
・場所:江別市野幌公民館(ホール)江別市野幌町13-6
・講演:「みほこさんとまきさんの3.11~原発事故が私たちにもたらしたもの・生きよ!~」
・講師:
小河原 美保子 さん(ファイナンシャルプランナー 5年前福島から江別へ移住)
池田 まき さん(フリーソーシャルワーカーとして災害福祉、権利擁護、人材育成など幅広く活動し現在に至る)
・資料代:500円(学生無料)
・共催:脱原発!子どもたちを放射能から守ろう!!江別実行委員会、市民の風・えべつ
・連絡先:島田(090-8373-2456)※託児があります

3.11の大震災の日、福島ではあたり前のおだやかな朝を迎えました。それは突然やってきて、多くの物を飲み込み、家族は離れ離れを余儀なくされました。原発の爆発を知ったのは12日の午後BBC(イギリスの放送局)のニュースサイトでした。当時3歳の娘がいた長女、妊婦だった次女は、次女の夫が運転する車で西へ逃げて行きました。その1年半後、自らも北海道江別市に移住し、あれから6年の月日が経ちました。(小河原 美保子さんのお話しより)

・3/8 国際女性デー・「戦争・暴力・格差のない社会を!高里鈴代さん講演会」&「島洋子さん『いのち輝く平和な沖縄・日本を』講演」国際女性デー全道集会

・3/8  国際女性デー札幌地区集会講演会と2017年 国際女性デー全道集会のお知らせ
【戦争・暴力・格差のない社会を!高里鈴代さん講演会】
・日時 2017年3月8日(水)18:15~20:00
・会場 ホテルポールスター札幌 2Fセレナード
・集会テーマ: 戦争・暴力・格差のない社会を!
「知らされていない真実~沖縄を考える・沖縄を感じる~」
・講演テーマ 「女たちは、暴力・戦争に抗し、座り込み、声を上げる!」
・講師:高里鈴代さん(基地・軍隊を許さない女たちの会)
・参加費:500円
・主催:国際女性デー実行委員会
・事務局:℡251-8800
【2017年 国際女性デー全道集会】
島洋子さん講演 3月8日(水) in 札幌 国際女性デー全道集会
記念講演:島洋子さん
『いのち輝く平和な沖縄・日本を』
日時:2017年3月8日(水) 18:20~
場所:札幌かでる2.7(札幌市中央区北2条西7丁目 道民活動センタービル)
電話番号:011-204-5100
参加費:一般1000円 学生500円
お問合せ:国際女性デー全道集会 実行委員会 ℡011-241-0956

・2/18(2/25)映画「母 小林多喜二の母の物語」公開

・2/18(2/25) 「母 小林多喜二の母の物語」公開上映

http://www.gendaipro.com/haha/

http://eiga.com/theater/1/10101/1003/

ストーリー
秋田県釈迦内村、小作農と小さなそば屋で生計を立てる貧しい家の娘にセキは生まれた。
当時の小作人は、地主に50%もの地代を払わねばならなかった。貧しい農家の娘たちは身売りするより仕方がない。セキの幼なじみの少女も売られていった。
学校へ行きたくても、学校は男の行くところだと親からは相手にされない。
15歳で小林の家に嫁いだセキは三男三女を生み育てたが、長男は病死。次男が多喜二である。セキは優しい母親であった。自分は字も書けなかったが、多喜二は叔父の世話で小樽高商(現小樽商科大学)まで卒業させてもらい、銀行に勤める。
当時の銀行は大変な高給で、一生涯楽に暮らせる程であった。しかし多喜二は貧しい人の味方となって小説を書き、武器を作るお金で皆に白い米のご飯を!と反戦を訴え続けた。
そんな彼の小説は危険思想とみなされ、遂に多喜二は国家権力によって殺されてしまう。
セキは自分の息子が悪い事なぞするわけがないと多喜二を信じ続けていた。
そんな折、娘のチマに教会へと誘われる。そこでイエスの死について話を聞かされたセキは、何も悪い事をしていないのに殺されたイエスと多喜二の姿を重ね合わせ、 思いを巡らす・・・。

タイトル『母 小林多喜二の母の物語』/原作:三浦綾子(「母」角川文庫)

監督:山田火砂子/ 脚本:重森孝子 山田火砂子 坂田俊子/制作:(株)現代ぷろだくしょん

出演:寺島しのぶ  塩谷瞬  山口馬木也  佐野史郎  渡辺いっけい

上映時間:1時間50分

ディノスシネマズ札幌劇場2月24日までの上映時間↓(以降の問合せは011-221-3802)

母 小林多喜二の母の物語

2/19
(日)
2/20
(月)
2/21
(火)
2/22
(水)
2/23
(木)
2/24
(金)
2/25
(土)
11:45
16:30
11:45
16:30
11:45
16:30
11:45
16:30
11:45
16:30
12:00
16:30

このほかの北海道内上映館は…

ディノスシネマズ旭川:0166-21-1233

イオンシネマ小樽:0134-21-5777

ディノスシネマズ苫小牧:0144-52-1201

イオンシネマ北見:0157-23-0101

2017,2,25から上映↓

イオンシネマ釧路:0154-36-5533

シネマアイリス函館:0138-31-6761

・3/5 沖縄タイムス伊集記者緊急報告会 「基地被害の現場から~オスプレイ墜落・辺野古・高江など~」

・3/5 沖縄タイムス伊集記者緊急報告会
「基地被害の現場から~オスプレイ墜落・辺野古・高江など~」
・日時:3月5日(日)午前10時〜(9時45分開場)
・場所:札幌市民(わくわくホリデー)ホール2階第2会議室(札幌市中央区北1西1 地下鉄大通駅31番出口)
・報告:伊集竜太郎(いじゅ  りゅうたろう)沖縄タイムス記者
(※2016年メディア・アンビシャス大賞活字部門でオスプレイ墜落現場の写真と記事が「アンビシャス賞受賞」)
・参加料:500円(予約はいりません。会場へ直接おこしください)
・主催:メディア・アンビシャス(問合せ:090-9755-6292)
・共催:JCJ日本ジャーナリスト会議北海道支部、医療9条の会・北海道、市民自治を創る会

・2/15 さっぽろ自由学校・遊「市民と政治~参加の新たな地平を拓く 政治参加の可能性と課題」

・2/15 さっぽろ自由学校・遊講座「政治参加の可能性と課題」

10月19日から開講してきた「市民と政治~参加の新たな地平を拓く」第4回のご案内です。
最終回の今回は、遠藤泰弘さん(松山大学法学部教授)をゲスト講師にお迎えして、本田宏さんとともにお話しいただきます。
(遠藤泰弘さんは、飛行機が遅れなければおいでいただける予定です)
遠藤さんはドイツのワイマール共和国時代の政治思想の研究者で、四国の状況とか、戦前のドイツで野党共闘がうまくいかずにナチスにやられてしまったことについてお話しいただきます。
野党共闘がなぜうまくいかなかったのか、教訓を汲み取り、これからの運動に活かしていく議論をしたいと思っています。
市民の政治参加の可能性と課題を考える講座最終回に、ぜひご参加ください。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「市民と政治~参加の新たな地平を拓く」
http://www.sapporoyu.org/modules/sy_course/index.php?id_course=520
日々の暮らしと政治は深く関わっています。それはわかっているけど、でもどうしたらいいのか、何ができるのか…。そんな迷いや悩みや無力感から一歩抜け出して、市民によるさまざまな参加の試みが広がっています。5区補選、参議院選挙で、これまでなかった形の政治参加、選挙運動に取り組んだ方々を囲んで、運動の手法や経験、現場から見えたことなどを手がかりに、政治参加の新しい地平を拓きたいと思います。
●2月15日(水) 第4回 18:45 ~ 20:45
●会 場 さっぽろ自由学校「遊」(愛生舘ビル6F 604)
●受講料  一般1,500 円 会員1,000 円 ユース500

「政治参加の可能性と課題」
●本田 宏(ほんだ ひろし)
北海学園大学経済学部教授
諸外国、特にドイツとの比較をしながら、これからの政治参加のあり方の可能性と課題を考え、新たな地平を拓く手がかりを探ります。

主催:さっぽろ自由学校「遊」

札幌市中央区南1条西5丁目 愛生舘ビル6F
TEl:011-252-6752 FAX:011-252-6751 syu@sapporoyu.org

Home > アーカイブ > 2017-02

キーワードで抽出する(タグ)
フィード
メタ情報

Return to page top