Home > アーカイブ > 2016-08

2016-08

・8/30 市民自治を創る会主催おしゃべりサロン~日本の過去清算を考えるシリーズ№27「10億円で『慰安婦』問題は解決できるか」

・8/30  市民自治を創る会主催おしゃべりサロン~日本の過去清算を考えるシリーズ№27「10億円で『慰安婦』問題は解決できるか」

市民自治を創る会のおしゃべりサロン「日本の過去清算を考えるシリーズ」を再開することにしました。
★8月30日に「10億円で「慰安婦」問題は解決できるか」をテーマに行いますのでどうぞご参加ください。
昨年末の日韓合意での10億円の支払いが8月中にも行われようとしています。
日本政府は、この10億円について「賠償ではない」と言い、韓国政府は「賠償に近いものである」と言っています。
「賠償」ではないので、被害者本人の損害賠償請求権は消滅しません。
10億円を受け取る被害者も、受け取らない被害者も損害賠償請求権に影響がないので、ひきつづきどちらの被害者も今後、日本政府に損害賠償を求めることが出来ます。
結局今回の「10億円の支払い」も、「慰安婦」問題の解決にならないと思われます。
それでは「慰安婦」問題はどのようにしたら解決出来るでしょうか。
参加の方々とともに話し合いたいと思います。
・と き: 2016年8月30日(火) 18:30~21:00
・ところ:札幌エルプラザ4階 研修室4
(札幌市男女共同参画センター 札幌駅北口)
・参加費:500円/学生300円(申し込み不要です)
・お話:小林久公さん(こばやし ひさとも 日本軍「慰安婦」問題解決全国行動 資料チーム)
・主催:市民自治を創る会 (問合せ 090-2070-4423)

・8/15 「不戦の日! 8.15北海道集会~歴史修正主義と闘うジャーナリストの報告~私は「捏造記者」ではない」

・8/15 「不戦の日! 8.15北海道集会」

「歴史修正主義と闘うジャーナリストの報告~私は「捏造記者」ではない」

日 時 2016年8月15日(月)18:00~20:00
会 場 北海道自治労会館 4F会議室(札幌市北区北6条西7丁目)
内 容 元朝日新聞記者の植村隆さんは、1991年に書いた元日本軍「慰安婦」に関する記事がもとで「捏造記者」というレッテルを貼られ、いまもなお誹謗中傷を受けています。非常勤講師を務めていた北星学園大学にも脅迫・嫌がらせのメールや電話が押し寄せられ、何者かが娘を「殺す」という脅迫状まで送ってきました。なぜ植村さんは狙われたのか。不当なバッシングと闘う植村隆さんが報告します。
主 催 8.15北海道集会実行委員会、北海道平和運動フォーラム
※ 入場無料。当日、直接会場へお越し下さい。

http://peace-forum.org/article-3563.html

・8/27 スノーデンの警告・ここまできている日本の監視社会@東京

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
8・27集会:スノーデンの警告・ここまできている日本の監視社会
初めてスノーデンに単独インタビューした日本のジャーナリスト・小笠原みどりさんのお話し
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
日 時 8月27日(土) 13時30分〜16時30分
会 場 渋谷勤労福祉会館 第一洋室
参加費 500円
━━━集会内容━━━
第1部 講演 小笠原みどりさん

(小笠原さんの紹介)
ジャーナリストとして活動する一方でカナダ・クィーンズ大学大学院で監視社会研究を続ける。今年6月から7月にかけて『サンデー毎日』にスノーデンとの単独インタビューを連載。
・単著『世界中のひまわり姫へー未来をひらく女性差別撤廃 条約』(ポプラ社)
・共著『共通番号制なんていらない!―監視社会への対抗と個人情報保護のために』(航思社)
・翻訳『監視スタディーズ――「見ること」「見られること」の社会理論』(岩波書店)

第2部 シンポジウム
海渡雄一さん(「秘密保護法」廃止へ!実行委員会)
宮崎俊郎さん(共通番号いらないネット)
小倉利丸さん(盗聴法廃止ネット)
小笠原みどりさん

第3部 参加者との討論

━━━集会趣旨━━━
米国元CIA、NSAの職員、エドワード・スノーデンによって暴露された米国のグローバルな諜報活動は、私たちの想像を超えるものでした。2013年のこの暴露以降、多くの国のジャーナリストや反監視運動は、隠蔽されてきたグローバルな監視社会化に歯止めをかける運動に取り組み始めています。

日米同盟の強化にひた走るこの国は、秘密保護法、戦争法制定、盗聴法改悪を矢継ぎ早に実現させ、テロ対策を口実とした日常生活への監視強化から個人番号制度に至るまで、監視社会化の蔓延は歯止めがきかない状態に陥っているように見えます。

本集会では、日本のジャーナリストとして初めてスノーデンとの単独インタビューを実現した小笠原みどりさんをゲストにお招きして、スノーデンが警告する監視社会の現実についてお話いただきます。監視社会化に憂慮し、市民的自由を闘いとる運動に関心を持つ多くの皆さんの参加を呼びかけます。
━━━共    催━━━━
秘密保護法」廃止へ!実行委員会(090−6138−9593・中森)
盗聴法廃止ネット (070-5553-5495・小倉)
共通番号いらないネット(080-5052-0270・宮崎)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

・8/12 JCJ講演会「子どもたちに自由・平等・平和のバトンを~今、学校で何が起きているのか~」

・8/12 JCJ講演会「子どもたちに自由・平等・平和のバトンを~今、学校で何が起きているのか~」

教科書問題に詳しい札幌の中学校教師・平井敦子さんの講演会
「子どもたちに自由・平等・平和のバトンを~今、学校で何が起きているのか~」
・8月12日(金)午後6時~ 札幌市教育文化会館(研修室402)
・500円(申し込み不要です)
・主催・問合せ:日本ジャーナリスト会議北海道支部(011-851-5477岩井)
*平井さんは子どもと教科書北海道ネット21共同代表、北海道歴史教育者協議会研究委員長。
・参議院選挙の出口調査によると、18歳~19歳の新有権者の半数近くが、安倍自公政権を支持したと見られます。
他方、自民党は、政治的中立を損なう学校の先生の情報を本部に通報するようネットで呼び掛け始めました。
学校で今何が起きているのか、私達はどうすればよいのか、平井先生と参加者で話し合います。

・8/6 ■マイナンバーって本当に大丈夫?第24回「歴史を語る、平和を語る」学習会@相模原

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■マイナンバーって本当に大丈夫?
■第24回「歴史を語る、平和を語る」学習会
http://www.bango-iranai.net/event/eventView.php?n=128
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今年1月に始まったマイナンバー制度。赤ちゃんからお年寄りまですべての国民に番号がふられ、今一番身近な問題のはずですね。でも、テレビでは全然とりあげられていません。マイナンバーってどうなってるの? 漏洩の危険は?
会社や役所に提出しなくちゃだめなの? そんな疑問にすっきり答えます。マイナンバーがこれからどうなっていくのか、私たちはどうしたいのか、一緒に考えましょう!
●日時 2016年8月6日(土曜日)14時00分から16時00分まで
●会場 ソレイユさがみ セミナールーム6
相模原市緑区橋本6-2-1 シティ・プラザはしもと(イオン橋本店6階)
http://www.soleilsagami.jp/access/images/map.jpg
●交通 JR横浜線・相模線、京王相模原線「橋本駅」北口徒歩1分
●講師 宮崎俊郎さん(「共通番号いらないネット」事務局。「マイナンバー違憲訴訟神奈川」原告代表。住基ネット以来番号制度の持つ市民管理・監視に反対する市民運動を行ってきた。)
●資料代 500円
●定員 30名
●主催 学習グループコスモス
※学習グループコスモスは橋本公民館の女性学級終了後スタートした自主学習グループです。旧西ドイツ、ヴァイツゼッカー大統領の「過去に目を閉ざすものは、結局のところ現在にも盲目となります」という言葉を胸に刻み、地域から歴史の事実を語り伝えようと活動しています。
●お問合せ Tel.090-4378-9257(担当・浅賀) Tel.090-4001-8745(担当・吉田)
▼この学習会のチラシ(手描きイラスト入り)をダウンロードできます。
http://www.bango-iranai.net/event/parts/pdf/20160806handbill.pdf

Home > アーカイブ > 2016-08

キーワードで抽出する(タグ)
フィード
メタ情報

Return to page top