Home > アーカイブ > 2016-07

2016-07

・7/13 学習会・マイナンバー(共通番号) 不安だらけの情報連携@東京

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 学習会・マイナンバー(共通番号) 不安だらけの情報連携
http://www.bango-iranai.net/event/eventView.php?n=116
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●日時 2016年7月13日(水曜日)18時30分から21時00分まで

●会場 文京シビックセンター 5階 区民会議室A+B
(所在地:東京都文京区春日1-16-21)

●講師 原田富弘さん(共通番号いらないネット)

●開催趣旨
2017年から、マイナンバー制度の情報提供ネットワークシステムがスタートしようとしています。マイナンバー制度は、個人情報を行政や民間で共有し活用するために、正確に個人を識別して生涯追跡可能にするシステムです。その仕組みは複雑で、公開されている情報が乏しい上に、あらたな情報連携の仕方が検討されるなど、市民には大変わかりにくいものになっています。

2015年6月には年金システムから個人情報が大量漏洩し、日本年金機構の情報連携は延期されています。現在、マイナンバー・システムの要となるJ-LIS(地方公共団体情報システム機構)のシステムトラブルで、マイナンバーカードの交付が大幅に滞っています。

システムは一度はじまると、止めるのは難しくなります。いったい情報連携は大丈夫なのか、私たちの人権は守られるのか、国民監視強化にならないのか、こんな仕組みは必要なのか、市民の目で検討しストップをかけるために、いまどのようなことが計画されているか紹介します。

▼会場案内図
http://www.bango-iranai.net/event/parts/map/BunkyoCivicCenterMap.png

▼集会チラシ(会場案内図付き)をダウンロードできます
http://www.bango-iranai.net/event/parts/pdf/20160713Handbill.pdf

●交通
・東京メトロ南北線「後楽園駅」5番出口徒歩1分
・東京メトロ 丸ノ内線「後楽園駅」4a・5番出口徒歩1分
・都営地下鉄 大江戸線・三田線「春日駅」文京シビックセンター連絡口1分
・JR 中央線「水道橋駅」東口、白山通り徒歩10分

●資料代 500円

●主催 共通番号いらないネット

●連絡先・問い合わせ 電話 080-5052-0270(担当・宮崎)

▼リーフレット No.3 Q&A特集
「書かない番号! 持たないカード!」発行のご案内
http://www.bango-iranai.net/news/newsView.php?n=117

▼マイナンバー訴訟の関連情報(リンク集)
http://www.bango-iranai.net/suit/suitInfoList.php

▼ふんさんタグ リフレッシュ販売中!
http://www.hunsanproject.sakuraweb.com

・7/8 劇団東京フェスティバル「テレビが一番つまらなくなる日」DVD上映会

********************************
7/8(金)19:00 「選挙」を考えるDVD上映会!

劇団東京フェスティバル  「テレビが一番つまらなくなる日」
********************************

7月10日は参議院選ですね!今回からは選挙権が18歳からになりましたが、18歳ならずとも、どこに入れたらよいか、 迷っている方も多いのでは?
ということで、改めて、選挙について考えよう!と、テレビ局の選挙報道の舞台裏をテーマにした名作演劇「テレビが一番つまらなくなる日」の上映会を開催することにしました。
選挙どうしよう~、ほかの人の意見も聞いてみたい、と思っている皆さん、ただただお芝居がすき!という皆さん、一緒に観て、笑って、楽しみながら、考えてみませんか?

http://www.tokyofestival.com/

作・演出:きたむらけんじ

<作品解説>放送作家としてTV局の裏側を知る作・演出のきたむらけんじが描くノンストップ・ワンシチュエーションコメディ。政治評論家や選挙プランナーの方にも、リアルな描写と物語だと太鼓判を押してもらったという選挙とテレビとネット選挙を描いた「テレビが一番つまらなくなる日」。練りに練られた脚本に思わず唸る!そして笑う!会場では爆笑の渦を巻き起こし、観客動員も口コミで徐々に広がり公演終盤には連日大入りだったという語り継がれる傑作!(三谷幸喜作品が好きな方にはぜひ観て欲しい!)

◎日時:2016年7月8日(金) 19:00~ (上映時間1時間50分)
◎会場:Y‘s Cafe(ワイズ カフェ)
(北海道札幌市北区北7条西6丁目北海道クリスチャンセンター内(1階))
◎参加費:800円(珈琲または紅茶付) 学生500円 (学生証提示)
主催:What’s お申込み・お問合せ:050-5275-9256 whats.everything@gmail.com
http://whats-everything.jimdo.com

・7月4日発売の『週刊ビッグコミックスピリッツ』特別付録に[憲法]

・7月4日発売の『週刊ビッグコミックスピリッツ』32号に、特別付録として日本国憲法全文の綴じ込み冊子がついています。単に条文を載せるだけでなく、本誌連載漫画家13人の描き下ろしイラストも付いています。また、グラビアには18歳の全国ご当地アイドル6人が登場しているのですが、18歳選挙権と憲法条文についてのインタビューが載っているのです。さらに、ノンフィクション・ライターの神田憲行さんが日本国憲法のポイントについて書いた文章(4ページ)が、本誌連載漫画との関係からいかに私たちに憲法がかかわってくるのかを説明しており、よく工夫されています。

・7/9 いまを感じる『映画の夕べ』 ~「アメリカばんざい」&アニメーション「浪江町消防団物語『無念』」上映会

・7/9 <札幌>いまを感じる『映画の夕べ』

①「アメリカ ばんざい」(2008年 118分)

アニメーション「浪江町消防団物語『無念』」(新作アニメ 60分)

・と き:2016,7,9(土) 上映開始時間:①17:30~ ②19:40~ (終了20:40)
・ところ:札幌市教育文化会館 403号室(札幌市中央区北1条西13丁目 地下鉄東西線西11丁目徒歩5分)
・料 金:25歳以下無料。26歳以上一日1000円
・主 催:戦争させない北海道をつくる市民の会

・問合せ:090-2070-4423    notwar-tsukurukai-1@freeml.com

②作品参考HP「サヨナラ原発けいじばん」http://www7b.biglobe.ne.jp/~keijiban/

・7/9  「東日本大震災・福島第一原発事故5年間の軌跡─浪江町 町民の場合」講演

・7/9  「東日本大震災・福島第一原発事故5年間の軌跡─浪江町 町民の場合」講演

とき:7月9日(土)午後2時~札幌全日空ホテルで反核医師の会・医療九条の会北海道共催、福島の子どもたちを守る会後援の講演会を開催します。

渓仁会札幌西円山病院名誉院長、現浪江町国民健康保険仮設津島診療所で奮闘しておられる峯廻攻守先生が「東日本大震災・福島第一原発事故5年間の軌跡─浪江町 町民の場合」と題しての講演です。

******************************************

image001.jpg を表示しています東日本大震災・福島第一原発事故 5年間の軌跡ー浪江町 町民の場合

・7/16 やめない!負けない!あきらめない! 女性労働者の集い「女の労働を問う 女性活躍推進法の罠!」

・7/16  やめない!負けない!あきらめない!女性労働者の集いパート13
「女の労働を問う 女性活躍推進法の罠!」
基調講演:清末愛砂さん(室蘭工業大学大学院 准教授)
とき:2016年7月16日(土) 13:30〜
と こ ろ:札幌市教育文化会館 302号室(札幌市中央区北1条西13丁目 地下鉄東西線西11丁目駅 1番出口徒歩5分)
参加費:¥500
主催:北海道ウィメンズユニオン(011-221-2180)
http://blog.goo.ne.jp/hokkaiwu
やめない!負けない!あきらめない!女性労働者の集い2016 チラシ・最終版.jpg を表示しています

国際女性デー札幌地区集会での講演、戦争をさせない北海道委員会の呼びかけ人でもあり、同総がかり行動のスピーチなど、北海道内だけでなくあちこちでひっぱりだこの、室蘭工業大学の清末愛砂さんにご講演いただきます!!
集会の後半は、当事者からの闘いの報告もあります。
初夏の爽やかな一日、みなさまお誘い合わせのうえ、女性労働者の集いにぜひご参加ください。

やめない!負けない!あきらめない!女性労働者の集い2016 チラシ・最終版.jpg を表示しています

・7/29  植村札幌訴訟 第3回口頭弁論&報告集会

7月29日(金)
元朝日新聞記者の植村隆さんがジャーナリスト櫻井よしこさんと新潮社などを訴えた名誉棄損訴訟
◆◇ 植村札幌訴訟 第3回口頭弁論&報告集会 ◇◆
◆第3回口頭弁論
15:30開廷 札幌地裁805法廷
※傍聴抽選が15:00から予定されています。
早めの来場をお願いします。
◆報告集会
16:30~ 札幌市教育文化会館301号室
◇報告
小野寺信勝弁護士(植村裁判弁護団事務局長)
植村隆さん(韓国カトリック大学校)
◇「日本軍の性暴力」
野田正彰さん(精神病理学者 評論家)
※傍聴抽選にはずれた方は、301号室で15:00すぎからお待ちいただけます。
・主催/連絡先 植村裁判を支える市民の会
uemurasasaeru@gmail.com
TEL:090-9755-6292
・ブログ http://sasaerukai.blogspot.jp
「植村裁判を支える市民の会」より 書店で買えない「週刊金曜日」集刷版発行のお知らせ
植村隆さんをペンの力で支え、励ましてきたメディア「週刊金曜日」が、これまでの関連記事を総まとめした特別号(集刷版)「私は『捏造記者』ではない 検証・植村バッシング」(定価600円)を発行しました。
本文全66ページ、収録記事は掲載日付順に25本。植村さんへのバッシングがいかに虚妄に満ちたものであるかが、この2年間の動きとともによくわかる構成になっています。
◆この集刷版(正式には抜き刷り版と呼びます)は、「植村裁判を支える市民の会」(略称・支える会)が編集人となっています。たくさんの方にこの雑誌を読んでいただき、植村さんへの理解と支援をさらに盛り上げることを目指します。限定出版のため、書店では買えません。東京、札幌の裁判報告集会などのイベント会場か、「支える会」から郵送でお求めいただけます。
◆◆郵送をご希望の方は、
郵便振り込み用紙に
・お名前、ご住所、電話番号
通信欄に
・冊数
を明記のうえ、
郵便振り込みで料金をお振込みください。
・振替口座 02700‐3‐70778
「植村裁判を支える市民の会」
・料金(本代+郵送料)
1冊  780円(600+180)
2冊 1500円(600×2+300)
3冊 2100円(600×3+300)
4冊 2750円(600×4+350)
5冊 3350円(600×5+350)
入金確認後、郵送いたします。
6冊以上は、支える会のメール uemurasasaeru@gmail.com または、電話 090-9755-6292 までご連絡ください。

・7/7 平和集会 盧溝橋事件から79年 ・講演「日本軍『慰安婦』問題とどう向き合うか」

7・7平和集会 盧溝橋事件から79年
・講演「日本軍『慰安婦』問題とどう向き合うか」
・講師:加藤圭木氏(一橋大大学院専任講師、YOSHIMI裁判いっしょにアクション事務局長)
・特別報告「安保法制の今、そして、これから?」池田賢太弁護士(北海道合同法律事務所)
・とき:7月7日(木)午後6時30分
・場所:かでる2・7 820研修室(札幌市中央区北2西7、電話011-204-5100)
・資料代500円(学生300円)
・主催、問い合わせ先=7・7平和集会実行委員会(事務局:瀧澤正011-778-6346)

Home > アーカイブ > 2016-07

キーワードで抽出する(タグ)
フィード
メタ情報

Return to page top