Home > アーカイブ > 2015-07

2015-07

・発表!「敗戦70年市民談話~北の大地から」(実行委員会)

・7月23日 市民による「敗戦70年談話」を発表

札幌エルプラザホールで250人以上の市民が参加し、西山太吉さん(元毎日新聞記者・村山談話を継承し発展させる会共同代表)を迎えて力強い講演を聞いた後、以下の市民談話を会場で発表し、会場いっぱいの皆さんから拍手をいただき、今後各地でぜひ拡げていきたいと思います。(拡散希望)

http://70dan.web.fc2.com/

「敗戦70年市民談話~北の大地から」

アジア・太平洋戦争の敗戦から今年で70年になりました。

アジア諸国で2000万人が犠牲になったといわれている、あの戦争は本当に終わったのでしょうか。台湾、朝鮮を植民地支配したことを踏み台として中国をはじめアジア各国を侵略し、連合軍との戦争にまで進展した太平洋戦争。各地で、奪い尽くし、焼き尽くし、殺し尽くし、いわゆる三光作戦を展開した日本。広島、長崎の“原爆”を経て1945年8月15日ポツダム宣言を受け入れ戦争は終結しました。

ここ北海道だけでも戦争の影をいくつも見出すことができます。朝鮮や中国から強制的に連行され、炭鉱や工場、軍事施設で働かされた十数万人の人々。函館、釧路、室蘭などへの北海道大空襲。先住民族アイヌの人々を含む多くの道民が戦死した沖縄戦。戦争は戦争を産み、途方もない殺戮と破壊しかもたらしませんでした。無念の想いを残したまま北の大地に眠っている人々、胸の奥深く悲しみをしまい込んで生きてきた遺族たち、犠牲になられた内外のすべての方々に想いを馳せる時、私たちは言葉を失います。

日本国憲法は「政府の行為によってふたたび戦争の惨禍が起こることのないやうに」「国権の発動たる戦争と武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては永久にこれを放棄する」とうたっています。これは国民自身の戦争への反省と平和への希求の決意であると共に、アジア各国、世界各国への国際公約でもありました。その後、朝鮮戦争特需による経済復活や、朝鮮半島の分断への加担、沖縄からベトナム戦争への米軍の出撃、過去の清算問題が未解決であることなど、日本が平和国家として一点の誤りもなかったとは言えません。むしろ数々の過ちも犯してきた70年の歩みでした。その意味でも戦争は未だ終わっていないのです。それでも70年間、憲法を変えることなく、戦争を仕掛けることもなかった。これは歴史から学び、憲法9条を実現しようとする人々の願いが底流としてあったからです。

1995年に出された「戦後50周年村山内閣総理大臣談話」は「国策を誤り」「とりわけアジア諸国の人々に多大の損害と苦痛を与えた」「植民地支配と侵略」を謝罪し、「平和の理念と民主主義を押し広め」「国際協調を促進」することを盛り込んだ不戦の誓いでありました。

にもかかわらず、今、侵略や植民地支配を認めない歴史修正主義が大手をふるっています。強制連行、軍隊「慰安婦」、南京虐殺、731石井部隊による人体実験・・・戦争中の数々の殺戮や人権蹂躙を「アジア解放の聖戦」だったとする政治勢力が、多くの人々が反対し憲法違反が指摘されているにも関わらず、集団的自衛権行使を目的とした戦争法案の成立にまい進しています。戦争の最大の犠牲者は、子ども・女性・障がいのある人々です。弱き者、小さき者、いのちを大切にしない政治は、近隣の諸国を敵視し、ヘイトスピーチを容認する今の政権に連なっています。

この夏安倍首相は、侵略、植民地支配や謝罪の文言を入れず、閣議決定しない「個人の70年談話」を発表しようとしています。この姿勢は戦争法案の強行採決に象徴されるように日本国憲法の平和主義を180度転換し、日本を再び戦争する国へ向かわせることに他ならず、決して認めるわけにはいきません。

このような状況を目の当たりにし、黙して語らないことは、再び、戦争への道に加担することであると考えます。

戦争体験者の高齢化、記憶の風化は防ぐべくもありませんが、私たちは、アジア諸国に多大な損害と苦痛を与えた日本人の末裔であることを心に刻みます。最も悲惨な経験をした戦争の被害者は、一方では、戦争を進める国策を支持した加害者でもあったのです。過去に、今に、生きる誰もが歴史に対する責任から免れることはできません。

私たちは、二度と被害者になることも加害者になることも拒否します。そのためにも「村山談話」を継承発展させ、さらにアジアの中の日本として和解と共生の社会を構築し、次世代へバトンを手渡すことを決意しました。

私たちは、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと務めている国際社会において名誉ある地位を占めたいと思います。

私たちは、この崇高な理想と目的を達成し、平和のうちに生存する権利を行使することを、敗戦から70年目の今、この北の大地において高らかに宣言します。

2015年7月23日

「敗戦70年 市民談話を創る」実行委員会一同

各国語にも翻訳しています。

・8/4 丹羽宇一郎先生講演会:日中友好フォーラムin北海道

・8/4 丹羽先生講演会:日中友好フォーラムin北海道
北海道中国会は、今年の主要行事として、日中友好フォーラムを開催します。

・時 間 8月4日(火)18:30-20:30
・場 所 札幌エルプラザ3Fホール(定員300名)

・参加費 1000円
第一部 基調講演 18:30-19:30
講師:前中華人民共和国駐箚特命全権大使
公益社団法人日本中国友好協会会長 丹羽宇一郎
テーマ:「危機を突破する智恵」
・・・休憩10分
第二部 パネルディスカッション19:40-20:30
テーマ:「北海道活性化するため 中国とどう付き合う」
パネラー:前中国大使     丹羽宇一郎
ジヤーナリスト   莫 邦富
(社)北海道日中経済友好協会会長 中田博幸
北海道中国会代表・CIE社長  田 義之
コーデネイター 札幌大学孔子学院学院長 張 偉雄
第三部 名刺交換と自由交流20:30-21:00
主催  北海道中国会
共催  北海道日中友好協会 (社)北海道日中経済協会 札幌大学孔子学院
後援  北海道 札幌市 中華人民共和国駐札幌総領事館 北海道経済産業局 北海道運輸局 北海道開発局 (公社)北海道観光振興機構 (公財)札幌国際ブラザ (公社)北海道国際交流・協力総合センター ジェトロ北海道
北海道武術太極拳連盟 北海道新聞 中文導報社 日本龍之昇中文台 日中交流の会 莫邦富事務所 (株)財界さっぽろ 中国南方航空 東方航空 中国国際航空 NPO北海道活性化センターTACTICS
・問い合わせ
北海道中国会 札幌市東区北6条東2丁目2-7
電話 011-753-6610  Mail: hkdkakyoukazinn@yahoo.co.jp
携帯 090-4873-8074 実行委員長 陶恵栄
日中友好フォーラムin 北海道寄付募集
イベントの運営にあたり寄付金を広く募集致しております
(1 口10,000 円)。寄付をして頂いた個人又は会社様に関しては
寄付者の名前(社名・団体名)を中国会サイト内特設ページと会場の配布資料にてご紹介させて頂きます。
振込先:北海道銀行 札幌駅北口支店 普通 1212435
北海道中国会 代表 田義之
フォーラム参加申込み用紙
*お申し込み期限 7月31 日 先着300 名
名 前
会社・団体名
電話番号
FAX : 011-753-6622
緊急連絡先:090-4873-8074
日中友好フォーラム実行委員長: 陶 恵栄

・8/3 福島の子どもたちを守りたい!「チャリティライブ2015」~福島の親子の保養活動を北海道・札幌で!

・8/5 福島の子どもたちを守りたい!「チャリティライブ2015」~福島の親子の保養活動を北海道・札幌で!

・2015年8月3日(月)

・札幌エルプラザ 3F ホール(札幌市北区北8西3 JR札幌駅北口正面)

・参加協力券:2000円(当日2500円)(昼・夜の部どちらでも参加可能)

・チケット取り扱い:大丸プレイガイド、道新プレイガイド、教文プレイガイド

・チケット予約・問合せ:skawahara1217@nifty.com

※当日の収益はすべて福島の親子のための保養活動の支援に寄付されます。

【第一部 昼の部】

・開場:13寺30分 開演:14時00分

・ライブ:つきのさんぽ3、小林美由紀、朝川繁樹、柳真也

【第二部 夜の部】

・開場:18時00分 開演:18時30分

・ライブ:小林美由紀、小郷正彦、荻野裕二、杉田知子、矢崎友佳

★主催:福島の子どもたちを守りたい!実行委員会

●共催:福島の子どもたちを守る会・北海道、Shut泊、北海道反原発連合、Better Days Project

●後援:札幌市、北海道新聞社、朝日新聞社北海道支社、毎日新聞北海道支社

・8/1 怒れる女子会札幌 このままで、本当にいいの?「上野千鶴子さんと考える 安倍政権」

・8/1 怒れる女子会札幌 このままで、本当にいいの?「上野千鶴子さんと考える 安倍政権」

・2015,8,1(土)9:30~(会場9:10)

・会場:かでる2,7 570研修室(札幌市中央区北2西7 北海道立道民活動センター)

・参加費:500円(学生・一般参加大歓迎!・申し込み先着)

・定員:100名

申し込み:ikajyosapporo@gmail.com

タイムスケジュール:

9:10 開場

9:30 挨拶

9:35~10:35 上野千鶴子さん(社会学者、東大名誉教授)講話

10:35~11:15 ワークショップ

11:15~11:45 グループ発表 上野さんのフィードバック

・主催:怒れる女子会札幌 https://www.facebook.com/ikarerujyoshikaisapporo

・7/25 気鋭の政治学者 栗原康「はらたかないで、たらふく食べたい」出版記念トークショー@紀伊國屋書店札幌本店

・7/25 気鋭の政治学者 栗原康 「はらたかないで、たらふく食べたい」出版記念トークショー@紀伊國屋書店札幌本店

最近、「はらたかないで、たらふく食べたい~生の負債からの解放宣言」(タバブックス)を上梓した栗原康さんに「生きる」とは何か「働く」とはどういうことなのか 熱く語っていただきます!

・2015,7,25(土)16:00~18:00 (参加無料)

・紀伊國屋書店札幌本店1階 インナーガーデン(札幌市中央区北5西5)

・主催:合同会社タバブックス

【栗原康 連続講演会!】

1)7,26(日)14:00~16:00

『大杉栄伝:永遠のアナーキズム』

・会場:さっぽろ自由学校「遊」(札幌市中央区南1条西5 愛生館ビル6階)

・参加費:1000円

・申し込み・問合せ:℡011-252-6752 FAX011-252-6751

2)7,27(月)18:15~

『学生に賃金を』

・北海道大学文系共同講義棟W103(札幌市北区北10西7)

・参加無料

・主催:札幌学生ユニオン

http://sapporo-gakusei-union.jimdo.com/

・7/25,26 長谷川健一さん講演会@札幌&江別

・7/25,26 長谷川健一さん講演会@札幌&江別

・2015,7,25(土)18:15~

・札幌エルプラザ4階 大研修室

・参加費:500円

・主催:医療九条の会北海道

●江別でも7月26日(日)10:00から 江別市民会館21号室にて
長谷川健一さんの講演会をいたします。
参加費:500円(学生無料)

・7/15,17,22 「戦争法案」阻止!総がかり行動のお知らせ

・7/15,17,22  「戦争法案」阻止!総がかり行動のお知らせ

戦争をさせない総がかり行動

政府与党は「安保法案」の審議を打ち切り、数の力で、強引に衆議院を通過

させようと目論んでいます。国民の大多数が望んでいないこの「戦争法案」を

廃案にしなければ、安倍政権の暴走はとまりません。「戦争させない北海道

委員会」は7月9日より総がかり行動を開始します。誰でも参加できますので

市民のみなさんの「反対」の声で、戦争法案を廃案に追い込みましょう。

1.総がかり7.9街頭行動(終了しました)

日 時 2015年7月9日(木)18:00~19:00

場 所 大通西3丁目西側

内 容 18:00~街頭宣伝行動、18:30~デモ行進

2.総がかり7.15街頭行動

日 時 2015年 7月15日(水)18:15~19:30

場 所 大通西3丁目西側

主 催 戦争をさせない北海道委員会

内 容 18:15~街頭宣伝行動、18:45~デモ行進

3.総がかり7.17街頭行動

日 時 2015年 7月17日(金)18:15~19:30

場 所 大通西3丁目西側

主 催 戦争をさせない北海道委員会

内 容 18:15~街頭宣伝行動、18:45~デモ行進

4.総がかり7.22街頭行動

日 時 2015年 7月22日(水)18:00~19:00

場 所 大通西3丁目西側

内 容 18:00~街頭宣伝行動、18:30~デモ行進

・主催:戦争をさせない北海道委員会(事務局:北海道平和運動フォーラム)

・7/13  戦争したくなくてふるえる。~強行採決 なまらムカつく~7,13街頭スピーチin札幌

・7/13  戦争したくなくてふるえる。~強行採決 なまらムカつく~7,13街頭スピーチin札幌

【7/13(月)街頭スピーチします!】
戦争したくなくてふるえる。
強行採決なまらムカつくver.
12:00〜13:00@赤レンガテラス(道庁前)
18:00〜19:00@大通公園西3丁目

・7/20 ガツンと考えよう!憲法連続講座 第1回 「戦争する国でいいんですか?」

・7/20 ガツンと考えよう!憲法連続講座 第1回 「戦争する国でいいんですか?」

・講師:清末愛砂さん(室蘭工業大学大学院准教授)

・日時:2015,7,20(月・休) 13:30~15:30

・場所:かでる2.7 7階 (710) (札幌市中央区北2条西7丁目)

・参加無料

・主催:生活クラブ生協 文化委員会

・申し込み:090-9510-2048江川 (当日参加もOK)

【予告】

第2弾:沖縄から憲法を考える

・2015,8,28(金)10:00~12:00

・札幌エルプラザ2階環境研修室

※シアター・キノにて8月8日(土)映画「戦場ぬ止め」を観ての参加が必要です。

第三弾:飯島滋明さん講演会

「戦争法案と私たちの子ども」(仮称)

・2015,9,12(土)10:00~12:00

・札幌市教育文化会館3階(305)

・7/14 影山あさ子監督「圧殺の海~今、辺野古で何が行われているか(仮)」映像とトークin札幌

・7/14 影山あさ子監督「圧殺の海~今、辺野古で何が行われているか(仮)」 映像とトーク in札幌

~沖縄情報最前線~

・2015,7,14(火)18:30~

・会場:札幌市教育文化会館 4階講堂 (札幌市中央区北1条西13丁目)

・参加費:カンパ制(予約不要・直接会場へ)

・主催:what`t

・問合せ:okinawa.sapporo2015@gmail.com

・森の映画社:http://america-banzai.blogspot.jp/

Home > アーカイブ > 2015-07

キーワードで抽出する(タグ)
フィード
メタ情報

Return to page top