Home > アーカイブ > 2015-05

2015-05

・6/6 護憲ネットワーク北海道講演会「戦争関連法案と平和的生存権!」

・6/6 護憲ネットワーク北海道講演会「戦争関連法案と平和的生存権!」

・2015,6,6(土)13:00~15:00

・北海道教育会館「ホテルユニオン」4階 大樹(札幌市中央区南3条西12丁目)

・講師:岩本一郎さん(北星学園大学教授)

・参加費:500円

・主催:護憲ネットワーク北海道(011-709-6212)

・後援:北海道平和運動フォーラム

★「週刊金曜日」1041号(5/29)平和憲法最大の危機~首相官邸で嗤う安保マフィアたち~

★「週刊金曜日」1041号(5/29)平和憲法最大の危機~首相官邸で嗤う安保マフィアたち~

徹底分析:戦争法案11本。

安倍政権が米国で勝手に約束し、無理やりすすめる「戦争法」…安全保障と軍備増強は同じなのか?

「戦争は平和だ」・・・積極的平和主義…ジョージ・オーエル「1984年」「ビッグブラザー」。

清水雅彦教授(日体大・憲法学)に聞く「なにからなにまで憲法違反だ!」

ほくそ笑む軍需産業の好機到来

軍事がわからない安倍政権の暗愚…田岡俊次(軍事評論家)

http://www.kinyobi.co.jp/

選挙で勝てば何をやってもいい?

●週刊金曜日は定期購読者が支える雑誌です。

(大型)書店で本誌をご覧ください、一読ください。

※国民の7割が知らない、10月から送られてくる12ケタ「マイナンバー国民総背番号」。準備もできないうちにどんどん拡大利用。戦争事態になれば、徴兵徴用、国家総動員に使われる…?

《きんようびのはらっぱで》(情報欄)

「いちからわかる! 12ケタ共通番号・マイナンバー」

・6/2(火)18:30~20:30

・札幌市民ホール2階 第2会議室(地下鉄大通駅31番出口正面)

・講師:白石孝(共通番号いらないネット代表世話人、プライバシー・アクション代表)

・参加費(資料代):500円(申し込み不要)

・共催:市民自治を創る会(℡070-5065-5014)、プライバシーアクション・札幌など

・6/21 JCJ講演会(日本ジャーナリスト会議北海道支部主催)「作文教育が、なぜ罪に…」~獄中メモを追って~

・6/21 JCJ講演会(日本ジャーナリスト会議北海道支部主催)「作文教育が、なぜ罪に…」~獄中メモを追って~

「戦争の最初の犠牲者は『真実』である」(古代ギリシャの詩人・アイスキュロス)。

日本でもかつて、真実を語り、教えることが罪になりました。・・・・

今日の、政府によるメディア操作、メディアの自粛といった事態、戦争を準備する法律をつくろうとする動きについても、考える機会になるでしょう。

・とき:2015,6,21(日)午後2時から4時頃まで(開場:午後1時40分)

・ところ:北海道クリスチャンセンター ホール(札幌市北区北7条西6丁目)

・講師:佐竹直子さん(北海道新聞社釧路報道部記者)

※著書「獄中メモは問う 作文教育が罪にされた時代」(道新選書 本体価格1296円)

・参加費:500円(申し込み不要)

・主催・問合せ:JCJ日本ジャーナリスト会議北海道支部(011-851-5477)

・6/17 札幌中心街職場9条の会学習講演会「改憲をめぐる情勢」~「安倍政権の暴走を許す社会」

・6/17 札幌中心街職場9条の会学習講演会「改憲をめぐる情勢」

「安倍政権の暴走を許す社会」

・とき:2015,6,17(水)午後6時30分~

・ところ:北海道高等学校教職員センター4階大会議室(中央区大通西12丁目 ℡011-271-3627)

・講師:外岡秀俊氏(作家・北大公共政策大学院研究員・元朝日新聞東京本社編集局長)

・資料代:500円

どなたでも参加できます。友人・知人お誘いのうえ参加ください。

・連絡先:札幌中心街職場九条の会(090-6997-7892)

・6/10 2015平和を考える集い「教育と平和~ノーベル賞作家 大江健三郎さん来る!!」

・6/10 連合北海道主催2015平和を考える集い「教育と平和」講演会

ノーベル賞作家 大江健三郎さん来る!!
連合北海道は、これからの平和社会を志向する起点として、昨年より「平和を考える集い」を実施しておりますが、本年は戦後70年の節目でもあり、今回、大江健三郎さんを講師にお招きした記念講演を開催いたします。

日  時  2015年6月10日(水)18:00~19:45
場  所  かでる2.7「ホール」
演  題  「教育と平和」
講  師  大江 健三郎さん
入場料  無料

問合せ  連合北海道道民運動局(電話 011-210-0050)

参 照

・6/19&20 『戦争をさせない北海道委員会シンポジウム』&大通公園大集会

・6/19  『戦争をさせない北海道委員会シンポジウム』

「戦争をさせない!」シンポジウム&大集会のお知らせ

国会では日本の安全保障を大転換する「新たな安全保障法制」が審議されています。

しかしこの新たな安全保障法制は、自衛隊が武器をもって世界中「いつでも」「どこでも」
そして多国籍軍などの「だれとでも」後方支援を拡大させ、米国や同盟国の軍事戦略に全面
協力する「戦争法案」です。この法律が成立すれば、日本は世界の紛争に巻き込まれます。
戦争をさせない北海道委員会は、安倍政権が行う「戦争法案」の成立をストップさせるために
みなさんの参加を呼びかけます。

戦争をさせない北海道シンポジウムチラシ

「戦争をさせない北海道委員会」シンポジウム
日時:6月19日(金)18:00~ ※開場17:30
場所:共済ホール(札幌市中央区北4条西1丁目)
参加費無料
コーディネーター 山口二郎さん(法政大学教授)
パネリスト    雨宮処凜さん(作家・活動家)
パネリスト    半田 滋さん(東京新聞編集委員)
パネリスト    清末愛砂さん(室蘭工業大学大学院準教授)

戦争をさせない北海道大集会チラシ

http://peace-forum.org/article-2572.html

・5/30 戦後70年憲法最大の危機に立って-戦争法案(安保法制)を許さない札幌集会-

・5/30 戦後70年憲法最大の危機に立って-戦争法案(安保法制)を許さない札幌集会-

自衛隊員や若者たちを戦死させ、他国民に銃を向けさせるのでしょうか?
安倍首相の暴走が加速し、日本を「戦争しない国」から「戦争する国」に変えようとしています。憲法解釈の変更
で、他国(米国など)を武力で守る集団的自衛権行使を容認し、安全保障法制化(戦争法案)を急ぎ、憲法改正に弾みをつけようとしています。
しかも、安倍首相は、日本の国会での審議をしないまま米国で約束した「今夏までの成立」を達成するため、国会審議を大幅に短縮しようとしています。これは、まさに戦後70年、最大の憲法の危機といえます。
若者を海外の戦場に送ることのないよう、元衆議院議員の土井たか子さんの遺志を引き継いで、改めて平和憲法の意義を確認し、戦争法案(安保法制)を許さない札幌集会を開催します。今、私たちに何が出来るかをともに考えあう集いに是非ご参加ください。

日時:5月30日(土)15:00~
場所:北海道自治労会館(札幌市北区北6条西7丁目)
ゲスト:参議院議員福島みずほ社民党副党首
資料代:500円

・主催:実行委員会(011-708-0667社民党)

ファイル 295-1.pdf

ファイル 295-2.jpg

・6/11 緊急市民集会 日弁連集団的自衛権行使容認に反対する全国キャラバン「日本は再び『戦争』をするのか~集団的自衛権と安保法制の目的とは~森達也講演&パネルディスカッション」in札幌

6/11 緊急市民集会「日本は再び戦争をするのか? ~集団的自衛権と安保法制の目的とは~」

緊急市民集会「日本は再び戦争をするのか? ~集団的自衛権と安保法制の目的とは~」クリックすると拡大します

いよいよ閣議決定に基づく「安保法制」が国会に上程されます。政府は、国を守るためには集団的自衛権は必要だ、国際貢献のためには自衛隊派兵が必要だ、と言っています。しかし、それは本当でしょうか。
集団的自衛権は、本当にこの国を守るものなのでしょうか。
自衛隊派兵することが真の国際平和への貢献なのでしょうか。
国民は、世界の人々は、日本が戦争できる国に変わることを求めているでしょうか。
そもそも、このようなことは憲法上許されることなのでしょうか。

札幌弁護士会憲法委員会が「安保法制」の内容と問題点を解説。森達也氏の講演とパネルディスカッション、会場質疑で議論を深めます。

日時 2015年6月11日(木) 午後6時開場/午後6時30分開演
場所 札幌エルプラザ ホール(札幌市北区北8条西4丁目)
イベント概要 弁護士による集団的自衛権を巡る法改正の概要説明の後,作家でありドキュメンタリー映画作家の森達也氏に講演いただきます。
その後,森氏に弁護士を交えてパネルディスカッションを行い,問題点の整理を行います。
定員 250名
参加方法 事前申込不要
入場料 無料
主催 札幌弁護士会
共催 北海道弁護士会連合会,日本弁護士連合会
問い合わせ先 札幌弁護士会 TEL:011-281‐2428

・5/17 東日本大震災復興チャリティーライブ 吉川Family Presents 僕らの街からVol.8

・5/17 東日本大震災復興チャリティーライブ 吉川Family Presents 僕らの街からVol.8

想いを紡ごう。

今できる小さなことから始めればいい。

なお、今回の収益は「僕らの街から基金」がお預かりし、「みちのくkids」「福島の子どもたちを守る会」「LIGHT UP NIPPON HOKKAIDO」へ寄付いたします。

https://www.facebook.com/bokuranomachikara

・2015,5,17(日)大通公園ホール(札幌市中央区大通西9-3-12 札幌観光ブライダル・製菓専門学校8F)

・オープン 15:30/スタート 16:00

・前売り:2500円 当日:3000円 (全席指定)

・チケット取り扱い:■ローソンチケット0570-084-001(Lコード:14323) ■チケットぴあ0570-02-9999(Pコード:262-898) ■イープラス(携帯・PC共通)http://eplus.jp/

《出演》

・MC:吉川のりお

・TRIPLANE  C.L.Project   JARNZΩ(Guest Act) 桜庭 和(Guest Act)

・主催:僕らの街から実行委員会

・問合せ:M0unt Alive  011-211-5600

・特別協力:STVラジオ STVテレビ FM North Wave エイベックス・グループ など

・5/14 「戦争関連法案」の閣議決定に抗議する緊急街頭行動のお知らせ

・5/14 「戦争関連法案」の閣議決定に抗議する緊急街頭行動のお知らせ

「安保法制整備に関する与党協議会」が4月14日に再開され17日には戦争法案の内容が提示されました。「切れ目のない安全保障体制」「存立危機事態」「国際平和共同対処事態」「重要影響事態」「緊急対処事態」などとあいまいな文言を乱発し、政府の恣意的な判断で武力行使できるようにするものです。安倍政権は5月15日にも集団的自衛権を具体化する内容を含む11本に及ぶ戦争関連法案を閣議決定し国会に提出しようとしています。道平和フォーラムと戦争をさせない北海道委員会は、こうした戦争関連法案を阻止するために緊急抗議行動を展開しますので、みなさんの行動を呼びかけます。

日 時 5月14日(木) 18:00~19:00
場 所 大通西3丁目西側
主 催 北海道平和運動フォーラム/戦争をさせない北海道委員会
内 容 18:00~ 街頭宣伝行動 18:30~デモ行進

Home > アーカイブ > 2015-05

キーワードで抽出する(タグ)
フィード
メタ情報

Return to page top