Home > アーカイブ > 2014-12

2014-12

・12/28 「『慰安婦』問題を考える企画展」開催

・12/28  「『慰安婦』問題を考える企画展」開催

第50回目の「水曜デモ」・・・

・2014,12,28(日)11:00~17:00

・チ・カ・ホ(札幌駅前通地下歩行空間6番出口北 憩いの空間W-4)

・展示内容:DVD上映・被害女性たちの証言集・パネルなど

・当企画を妨害する人や団体に関しては、その場から退去していただきます。

・主催:日本軍「慰安婦」問題の解決をめざす北海道の会

・2015,1,16 日本中で大人気!なのにテレビにでないワケがある おしどりマコケン講演会

1/16(金)日本中で大人気!なのにテレビにでないワケがある おしどりマコケン講演会

日本中で大人気!なのにテレビにでないワケがある
マスコミのすべてが黙り込んでも マコケンの口はふさげない!

東電記者会見で誰よりも真っすぐに挙手するマコさん。そんなマコさんは、よしもとクリエイティブ所属の芸人さんなのです。ツッコミのマコさんとボケのケンさんの夫婦漫才。
原発事故後も脱原発を主張する芸能人はとても少ない。沢田研二さんに吉永小百合さんなど脱原発を訴えているなかでも、ピカイチの脱原発芸人のお二人。
マコさんは東電定例会見で誰よりも鋭い質問を、誰よりも粘り強く食い下がり、誰よりも勉強してて…と、マコさんの頑張りは誰もが認める。その隣でケンさんがさらりとフォロー。たくさんたくさん足を運び、原発作業員や福島の取材から現場の過酷さ、私たちの知らない驚きの事実を伝えてくれます。
今回のテーマはずばり「福島県民健康調査」。
2011年から福島の子どもたちの甲状腺エコー検査が行われ、約30万人が検査を終了しました。その結果、甲状腺がんは58人、疑いが46人と公表されました。この調査のあり方や結果等を検討する委員会では、「福島の事故と因果関係は考えづらい」としています。
それはホント?ウソ?是非、真実を確かめに来てください。

<日 時> 2015年1月16日(金)
第一部10:00~12:00 『子どもたちの甲状腺検査の問題』
第二部13:00~14:30 『福島で起こっていること』
<場 所> 札幌市教育文化会館 中央区北1西13丁目 4F講堂
<講 師> おしどりマコケンさん

<参加費> 無料 (申し込み要)
<託児>  200円 ※要事前申込、定員あり   参加申込・託児の〆切 1月9日(金)
<問い合わせ> 本部 谷口 TEL.011-665-1717 FAX.011-665-2325

https://www.s-coop.or.jp/HpContents/TopicDetailDisp?id=148

・12/30で閉館!映画館「蠍座」@札幌

・12/30で閉館!映画館「蠍座」@札幌

・「蠍座」通信(最終号)によると、この場所に来て18年6ヶ月、独自の「作品上映」を行ってきた映画館「蠍座」(札幌市北区北9条西3丁目タカノビル地下1階)が2014年12月30日で閉館!

今流行のシネコンでは取り上げない作品を上映してきました…とっても残念です。

12月16日からは、蠍座思い出の1本シリーズ(日本映画、外国映画、ドキュメンタリー)を上映。

最終日、最後の上映は、ドキュメンタリー「ヨコハマメリー」・・・

☆12月30日閉館までの上映作品と上映時間・料金☆

料金:1本だけ見る場合一般900円・2本1400円・3本2000円/学生・60歳以上1本800円・2本1200円・3本1700円

【上映作品】

12,9~12,15

・11:20、16:00「ある過去の行方」(フランス・130分)

・13:40「マイブラザー」(フランス、アメリカ・127分)

・18:20「昔々、アナトリアで」(トルコ、ボスニア、ヘルツェゴビナ・157分)(終21:00)

12,16~12,22

・11:20、17.10「愛の予感」(日本・102分)

・14:50 「ある過去の行方」(フランス・130分)

・13:10、19:00「友よ、さらばと言おう」(フランス・90分)(終20:30)

12,23~12,30

・10:00、13:25、18:30「ロゼッタ」(ベルギー、フランス・93分)

・15:10「友よ、さらばと言おう」

・11:45、16:50、20:15 ドキュメンタリー「ヨコハマメリー」(日本・92分)(終21:45)

★問合せ:「蠍座」(札幌市北区北9条西3丁目 タカノビル地下1階)

℡・fax 011-758-0501

・12/20 ~報道の自由、学問の自由、大学の自治を考える~「北星問題の根底にあるもの」講演会

・12/20  ~報道の自由、学問の自由、大学の自治を考える~「北星問題の根底にあるもの」講演会

・2014,12,20(土)13:20~16:10(開場12:30)

・北大学術交流会館・講堂 (札幌市北区北8条西5丁目 北大正門から左側)

・参加費:800円(予約不要)

講演:

■植村 隆(元朝日新聞記者) 「屈するわけにはいかない」

■山口 智美(モンタナ州立大学)「慰安婦問題はなぜ叩かれるのか」

■長谷川 綾(北海道新聞記者)「北星問題の経過」

・主催:負けるな!北星の会 makerunakai@yahoo.co.jp

・12/17 「辺野古新基地建設反対!許すな改憲!12.8北海道集会

「辺野古新基地建設反対!許すな改憲!12.8北海道集会」を開催します。

「辺野古新基地建設反対!許すな改憲!12.8北海道集会」

日 時 2014年12月17日(水)18:00~20:00
場 所 北海道自治労会館 4Fホール 札幌市北区北6条西7丁目
主 催 北海道平和運動フォーラム、戦後60年・北海道行動実行委員会
参加費 無料 ※事前申し込みは必要ありませんので、当日直接会場へお越しください。内 容
DVD上映「圧殺の海 沖縄・辺野古」
解説 藤本幸久さん(映画監督)

<「圧殺の海」上映について>
2014年7月1日、安倍首相が集団的自衛権の行使容認を閣議決定した同じ日に、辺野古の新基地建設が着工、ボーリング調査が始まった。映画『圧殺の海-沖縄・辺野古』は、巡視船・特殊警備艇ほか、最大80隻にもなる船で埋め尽くされた辺野古の海へ、カヌーを漕ぎ出し新基地建設へ反対の意思を訴え行動する人々、辺野古の浜に5500人集まった大集会。反対する人たちを力ずくで抑え込みながら、有無を言わさず工事をすすめる日本政府。海で、基地のゲート前で、毎日、激しい攻防が続けられている。
「辺野古に新基地は絶対につくらせない」と訴え、翁長雄志さんが勝利した沖縄県知事選などの、最新の映像も上映する。

「12.8北海道集会」は、1941年12月8日の太平洋戦争開始日を振り返り、二度とこのような悲惨な歴史を繰り返さないことをスローガンに掲げ、1994年から毎年開催しています。
11月16日の沖縄県知事選では、「辺野古新基地建設反対」を選挙公約とした「翁長雄志」さんが、現知事に約10万票の大差をつけ、得票率も51.22%と過半数を超えて当選しました。翁長さんは、辺野古新基地建設について「新知事としての権限の行使、あるいは法律的な瑕疵に基づく取り消し、知事選に勝ったことを含めて撤回も視野に入れる」と明言しています。しかし、政府は、「辺野古移設が唯一の解決策と一貫している。粛々と進めたい」と言い放ち、海底ボーリング調査の再開と100m桟橋の工事を年内にも行うとしています。
安倍首相がすすめる「戦争する国づくり」の最前線である沖縄・辺野古。報道だけでは伝えきれない真実を、私たちは知らなければなりません。
今年「12.8北海道集会」は、12月17日(水)に開催します。ぜひご参加ください。

・12/11 「戦禍を語り継ぐ」講演会のお知らせ

「戦渦を語り継ぐ」講演会のお知らせ

20141119-12.8 flyer.jpg
1941年12月8日に開戦した太平洋戦争を振り返り、二度とこのような悲惨な歴史を繰り返すことのないよう、戦禍を語り継ぐ講演会が開催されます。沖縄と日米同盟をテーマに辺野古への米軍基地移設問題について沖縄の現状をお伝えします。
多数のご参加お待ちしています。

「沖縄 基地と日米同盟」~明日の沖縄を考える~

講 師   屋良朝博(やら ともひろ)
元沖縄タイムス社論説員、琉球大学・沖縄国際大学非常勤講師
と き  2014年12月11日(木)
開 場   18:00
開 演   18:30
ところ   札幌市・西本願寺札幌別院
(札幌市中央区北3条西19丁目2-1)
参加費    1,000円
主 催   12・8戦渦を語り継ぐ会
後 援   北海道平和運動フォーラム/護憲ネットワーク北海道/念仏者九条の会

※お問い合わせ/浄土寺 札幌市北区篠路2条6丁目4-18
℡011-771-6433 Fax011-711-6456)

・12/20 第5次パレスチナ医療支援活動帰国報告会@札幌

・12/20  第5次(10/20~11/3)パレスチナ医療支援活動帰国報告会@札幌

・2014,12,20(土)15:00~17:00

・札幌・国際ホール(札幌市中央区北4西4 札幌国際ビル8階)

・参加費:500円

・主催:北海道パレスチナ医療奉仕団 医療九条の会・北海道

・問合せ:「医療九条の会・北海道」事務局 FAX(011)716-3927 c9jyo@dominiren.gr.jp

・12/14 かわはらしげお先生の出前授業300回達成記念!スペシャル授業inチ・カ・ホ

・12/14  かわはらしげお先生の出前授業300回達成記念!スペシャル授業inチ・カ・ホ

・2014,12,14(日)12:00~

・チ・カ・ホ(札幌駅地下歩行空間) 北3条交差点広場西特設ステージ

・一時間目12:00~13:30 原発出前授業

「いま福島はどうなっているのか?」かわはらしげお先生

・二時間目14:00~15:00 コラボ・ライブ授業

「いまさら聞けない 原発と東電のお話」特別ゲスト:おしどりマコ&ケン

・主催:原発のない北海道をキャンペーン実行委員会

・事務局:北海道反原発連合 info@h-can.net

・協賛:Shut泊、NGR、福島の子どもたちを守る会・北海道

・問合せ:090-8278-4990

・12/13 秘密保護法退治フェス VOL.3 「吉本芸人 おしどりマコ&ケンがやってくる!」

・12/13  秘密保護法退治フェス VOL.3 「吉本芸人 おしどりマコ&ケンがやってくる!」

・2014,12,13(土)13:30~16:30

・北海道自治労会館5階 大ホール(札幌市北区北6条西7丁目5-3)

・参加費:予約1500円 大学生以下1200円 (当日は各+300円)

・主催:秘密保護法退治フェス実行委員会

http://himitsuhogohoutaiji.blog.fc2.com/

・予約問合せ:a2014@freeml.com     FAX:020-4624-0571 TEL:050-3594-2951

・12/7 宮澤・レーン事件、秘密保護法廃止市民集会―安倍暴走政権はこの国をどこへ?―

・12/7  宮澤・レーン事件、秘密保護法廃止市民集会―安倍暴走政権はこの国をどこへ?―

73年前、札幌で起きた「スパイ冤罪事件」の無残を再度見つめ、安倍政権の暴走を阻止する決意を・・・。

そして北大に、今後この事件を風化させず、大学が戦争に加担することが無い証として「心の会の碑」)仮称)の建立を!

・2014、12,7(日)14:00~約2時間

・北海道大学学術交流会館1階 大会議室(札幌市北区北8条西5丁目・北大正門から入って左の建物)

・基調報告:山本玉樹 (北大生宮澤弘幸「スパイ冤罪事件」の真相を広める会代表)

・問題提起:齋藤耕弁護士「宮澤・レーン事件から考える特定秘密保護法」この国はどこへ向かおうとしているのか?

など

・主催:北大生宮澤弘幸「スパイ冤罪事件」の真相を広める会

・問合せ:090-6994-2524、090-1527-9009

Home > アーカイブ > 2014-12

キーワードで抽出する(タグ)
フィード
メタ情報

Return to page top