Home > アーカイブ > 2014-09

2014-09

・10/25 ついに来る来年10月から12ケタ!共通番号制度「マイナンバー」の真実・学習会

・10/25 ついに来る来年10月から12ケタ!共通番号制度「マイナンバー」の真実・学習会

いよいよ2015年10月「番号通知」カードが世帯ごとに送られてきます!

「社会保障と税の一体改革・番号法」により、2016年1月から運用開始する、「マイナンバー」(ICチップ付き写真カード)。

災害に便利?! 2019年から個人情報を民間利用に?!その先にあるものは?

政府税調は、預金口座にマイナンバーの登録を早急に義務付けるべき…と提言。

番号のもとで丸裸に管理され、個人情報は利用し尽される監視社会に暮らす・・・。

資料を読みながら参加者とともに学習します。

・2014,10,25(土)13:30~16:15

・北海道クリスチャンセンター2階(201研修室)(定員16先着)

・資料代:500円(申し込み不要)

・共催:プライバシーアクション・札幌(shiminzichi@gmail.com)

市民自治を創る会(070-5065-5014)

国民監視番号を許さない市民の会(0126-66-6171)

・10/19 第二回 秘密保護法退治フェスティバル(秘密保護法退治フェス2)

・10/19 第二回 秘密保護法退治フェスティバル(秘密保護法退治フェス2)の開催案内です。

昨年可決され、今年12月から施行予定の秘密保護法。
この法律はなぜ作られ、私たちの暮らしにどう影響していくのでしょうか。

秘密保護法退治フェス2では、元北海道警察釧路方面本部長で、 10年前に北海道警察の裏金問題を告発した原田宏二さんに、
警察と秘密保護法の関係についてお話いただき、 パネルディスカッションや質疑応答を通して、これからどうしていったらよいか、皆さんで考えたいと思います。
ぜひ、ご参加ください。

日時:2014年10月19日(日)14時より17時まで

会場:札幌市教育文化会館 3階 305号室 (定員158名)

http://www.kyobun.org/

参加費:前売り 一般800円、大学生300円、高校生以下無料、ペアチケット1,200円(前売りのみ)
当日  一般1,000円、大学生500円、高校生以下無料

プログラム:
一部 講演
「びっくり!元幹部が語る『秘密保護法』 警察の本当のねらいとは???」
原田宏二さん(元北海道警察釧路方面本部長、市民の目フォーラム代表)

二部 パネルディスカッション

最新情報は下記のサイトで、随時公開します。

http://himitsuhogohoutaiji.blog.fc2.com/

ボランティアで、スタッフとして、お手伝いいただける方や 実行委員として、活動していただける方も随時募集しています。

お問い合わせは、メールで a2014@freeml.com  あてへお願いします。
主催:秘密保護法退治フェス実行委員会

・10/16 上野千鶴子 憲法を語る ~もう一度、「平和」を選び直す~

・10/16  上野千鶴子 憲法を語る~もう一度、「平和」を選び直す~

ジェンダー研究の第一人者上野千鶴子さんが憲法を語ります。横浜での講演に加筆して今年4月に出版した『上野千鶴子の選憲論』では、改革の旗を掲げる改憲派に対して護憲派の方が守旧派に見えて分が悪い、何もしないことで解釈改憲に加担しているかもしれないと述べています。
では、どうするか。上野さんは第三の選択肢として、「選憲」を提示しています。現行の憲法を功罪ともに検討したうえで、もう一度選び直しましょうという提案です。
私たちはどんな憲法を望むのか、どんな社会をつくりたいのか、主権者として、上野千鶴子さんと共に考えたいと思います。

●10月16日(木) 17:30 開場 18:15 開演(~ 20:00)
●会 場 北海道自治労会館 5階大ホール
(札幌市北区北6条西7丁目5-3)
●参加費 前売1,000 円 当日1,200 円
●講 師 上野 千鶴子(うえの ちづこ)

プロフィール

1948 年富山県生まれ。東京大学名誉教授。東京大学大学院教授を2011 年退職。2012 年4 月から立命館大学特別招聘教授。認定NPO 法人WAN(ウィメンズアクションネットワーク)理事長。日本における女性学・ジェンダー研究のパイオニア。近年は介護とケアの領域へと研究範囲を拡大。

著書に『家父長制と資本制』『近代家族の成立と終焉』(以上、岩波書店)、『ナショナリズムとジェンダー』(青土社)、『おひとりさまの老後』(法研)など多数。近刊に『上野千鶴子が聞く、小笠原先生、ひとりで家で死ねますか?』(共著、朝日新聞出版)、『<おんな>の思想』(集英社インターナショナル)、『上野千鶴子の選憲論』(集英社新書) など。
主催:さっぽろ自由学校「遊」

〒060-0061 札幌市中央区南1条西5丁目 愛生舘ビル6F
TEl:011-252-6752 FAX:011-252-6751 syu@sapporoyu.org 郵便振替:02780-5-47036 自由学校「遊」

・10/2 函館で、原発・地層処分問題・再生エネルギーを考える日弁連の大集会!

・10/2  函館で、原発・地層処分問題・再生エネルギーを考える日弁連の大集会!

10月2日12時~18時半、函館で、日本弁護士連合会による大きな集会開催。
小出さんの講演や、訴訟を起こされた工藤函館市長のお話しもあります。
廃炉の会からは、小野共同代表が第二部で地層処分の話をするほか、調査に関わった弁護団のメンバーも参加の予定です。
大間原発に反対するためにも、多くの方が参加して、函館集会をもりあげましょう!

日本弁護士連合会第57回人権擁護大会シンポジウム第1分科会
「北の大地から考える、放射能汚染のない未来へ」
ー原発事故と司法の責任、核のゴミの後始末、そして脱原発後の地域再生へー

日時:2014年10月2日(木)12:00~18:30(受付開始11:00)
場所:函館市民会館大ホール(北海道函館市湯川町1-32-1)
函館市電「市民会館前」下車徒歩3分
参加申し込み不要、入場無料(当日報告書を1冊2,000円で販売予定)

内容(予定)

1 司法の責任
(1)基調講演~福島事故後の原発訴訟における司法判断のあり方~
(2)パネルディスカッション:原発事故と司法の責任
登壇者:首藤重幸氏(早稲田大学法学学術院教授)
山口栄ニ氏(朝日新聞記者)ほか

2 核燃料サイクル、高レベル放射性廃棄物
(1)北海道幌延町・ドイツビブリス町・青森県調査報告
(2)登壇者:小出裕章氏(京都大学原子炉実験所助教)
村上達也氏(茨城県東海村・元村長)ほか

3 工藤壽樹函館市長特別インタビュー~大間原発差止め訴訟について~

4 立地地域の経済と再生可能エネルギーを通じた地域再生
(1)オーストリア・北海道下川町調査報告
(2)基調講演~エネルギーの地産地消で地域を元気にしよう~

問い合わせ先:日弁連人権部人権第二課
TEL: 03-3580-9509
FAX: 03-3580-2896

========================
泊原発の廃炉をめざす会
〒060-0808
札幌市北区北8条西6丁目2-23-806号
TEL:011-594-8454 月、水、金(10時から16時)
FAX:011-594-8455
E-mail: info@tomari816.com
HP: http://tomari816.com

・10/10 集団的自衛権を考える市民集会「迷走する集団的自衛権と日本の民主主義」~講演と質問

・10/10  集団的自衛権を考える市民集会「迷走する集団的自衛権と日本の民主主義」~講演と質問

7月1日に閣議決定された集団的自衛権行使容認!

なぜ今、必要なのか? ・今後、何が起こるのか? ・デメリットは何か?

・なぜ安倍首相は、きちんと語らないのか?その真実とは?

・2014,10,10(金)18:30~20:30(開場18:00)

・かでる2.7 ホール(札幌市中央区北2条西7丁目)

・講師:柳澤協二さん(元防衛省防衛研究所長・元内閣官房副長官補)

・参加無料・申し込み不要

・主催:札幌弁護士会(011-281-2428)

・11/29 北海道平和委員会60周年企画「7,1閣議決定」後の日本とアジア―砂川・長沼一審判決の今日的意義―

・11/29  北海道平和委員会60周年企画「7,1閣議決定」後の日本とアジア―砂川・長沼一審判決の今日的意義―

・2014,11,29(土)13:15~15:40

・講師:水島朝穂さん(早稲田大学法学学術院教授・憲法)

・会場:札幌市教育文化会館(札幌市中央区大通西13丁目)

・参加費:500円

・主催:北海道平和委員会

・連絡問合せ先:070-5619-8558

Eメール:kurageyaro@msn.com

・9/27 泊原発の廃炉をめざす会記念講演「見てきたドイツの原発訴訟と大飯判決の意義」海渡雄一弁護士(原発訴訟弁護団全国連絡会事務局長)

・9/27 泊原発の廃炉をめざす会記念講演「見てきたドイツの原発訴訟と大飯判決の意義」

講師:海渡雄一弁護士(原発訴訟弁護団全国連絡会事務局長)

海渡弁護士は、原発訴訟弁護団全国連絡会事務局長を務められ、最近、ドイツでの原発訴訟の現状を調査してこられたばかりです。ドイツでは、どのようなことで原発訴訟に原告が勝訴しているのか、また大飯原発勝訴の意義も含めてお話しいただく予定です。多数、ご参加ください。

【日 時】2014年9月27日(土)
記念講演会(一般公開)15:30~17:00 資料代500円
海渡雄一弁護士(原発訴訟弁護団全国連絡会事務局長)講演
「見てきたドイツの原発訴訟と大飯判決の意義」

【会 場】北海道建設会館9F
札幌市中央区北4条西3丁目1 TEL:011-261-6188
旧西武百貨店東隣
地下鉄札幌駅5番出口(成友ビル)13番出口(東急)

========================
泊原発の廃炉をめざす会
〒060-0808
札幌市北区北8条西6丁目2-23-806号
TEL:011-594-8454 月、水、金(10時から16時)
FAX:011-594-8455
E-mail: info@tomari816.com
HP: http://tomari816.com

・9/6 2014年「秘密保護法の廃止を求めるジャーナリスト シンポジウム」

9/6 札幌中央区革新懇企画第2弾
2014年「秘密保護法の廃止を求めるジャーナリスト シンポジウム」
・2014,9,6(土)10時~12時
・札幌市中央区民センター視聴覚室(札幌市中央区南2西10)
・参加無料
・パネラー:外岡秀俊(元朝日新聞東京本社編集局長)
山科武司(毎日新聞北海道支社報道部長)
徃住嘉文(北海道新聞社編集委員)
主催:札幌中央区革新懇 090-2057-4150
http://kennpouikasukai.blogspot.com/

・9/11 辺野古への新基地建設は許さない!9.11緊急集会

辺野古への新基地建設は許さない!9.11緊急集会

日 時 2014年9月11日(木)18:00~20:00
会 場 北海道自治労会館5F大ホール
(札幌市北区北6条西7丁目)
主 催 北海道平和運動フォーラム
参加費 無料(事前申し込み不要)
内 容
①講演「沖縄・辺野古の今」
安次富 浩さん(ヘリ基地反対協共同代表・辺野古テント村村長)
②DVD上映「辺野古、着工-新基地建設に抵抗する人びと」
★チラシPDFへ

●つづきを読む

・10/17 市民自治を創る会おしゃべりサロン~日本の政治を変えようシリーズ⑤「ヘイト・スピーチと表現の自由」

・10/17 市民自治を創る会おしゃべりサロン~日本の政治を変えようシリーズ⑤「ヘイト・スピーチと表現の自由」

ネット右翼と呼ばれる人々が、在日コリアンなど外国人を「殺せ!」と叫ぶような街頭デモを頻繁に行うようになっています。

ジュネーブで開かれた国連人種差別撤廃委員会の対日審査会から、「ヘイトス・ピーチ(憎悪表現)」について暴力的だ、として早期に法規制が相次いでいます。

この法規制に乗じて、自民党PTは、反原発官邸前デモも規制する方向へ向かおうとしています。

憲法21条「表現の自由」との兼ね合いも・・・・。

今回はこの問題で発言・著書多数の前田朗・東京造形大学教授を迎えてお話を伺い、参加者と話し合います。

・2014,10,17(金)18:30~20:30

・札幌エルプラザ4階 研修室4 (札幌駅北口前)

・講師:前田朗さん(まえだ・あきら 東京造形大学教授)

・参加費:500円(定員24)

・主催:市民自治を創る会(090-2070-4423)

Home > アーカイブ > 2014-09

キーワードで抽出する(タグ)
フィード
メタ情報

Return to page top