Home > アーカイブ > 2014-01

2014-01

・3/16 『ゆびとま映画祭iam』第一回『標的の村』上映会に賛同してください!

・3/16 『ゆびとま映画祭iam』第一回『標的の村』上映会に賛同してください!

“ゆびとま映画祭”とは? 「この指とまれ映画祭」の略称です。

・2014,3,16(日)札幌市教育文化会館4階講堂を終日予約しました。

『標的の村』上映会は、上映料・会場費などの経費約10万円を賛同金一口1000円×100人で可能になります。

賛同申込み・問合せe-mail:yubitomacinema@gmail.com

電話・FAX 011-747-7314(札幌映画サークル気付)

☆賛同してくださる方は

①お名前 ②ご住所 ③ご連絡先 あれば④メールアドレスを

上記までご連絡ください。

ぜひ、ご一緒に上映会を成功させましょう。

上映が決まり次第、言いだしっぺチームからご連絡します。

・主催:「ゆびとま映画祭iam」(担当水上)

・1/24 稀代の悪法「秘密保護法」は廃止するしかない!1.24国会大包囲へ!

・1/24 稀代の悪法「秘密保護法」は廃止するしかない!1.24国会大包囲へ!

安倍首相は12月7日、「朝、目が覚めたら、国会のあたりが静かだったので、何か嵐が過ぎ去った感じがした。・・・・」

わたし達は絶対に諦めません!

国会開会日1,24には、多くの市民のみなさんの参加で国会大包囲を実現し、「秘密保護法」廃止の流れをつくりましょう!

・集合:2014,1,24(金)12:30~14:00(ヒューマンチェーンは13:30、14:00の2回) ・衆議院第二議員会館前

・同日14:30~15:30 参議院議員会館講堂で「秘密保護法」廃止へ!1.24院内集会

・主催:「秘密保護法」廃止へ!実行委員会

・連絡先:新聞労連(03-5842-2201)など

http://himituho.com

・1/26 原発のない北海道を!\100万人の声を知事に届けるゾー/@チカホ

・1/26 原発のない北海道を!\100万人の声を知事に届けるゾー/@チカホ

・2014,1,26(日)11:00~18:00

・チカホ:札幌駅地下歩行空間/北3条西スペース

・【出演者】

11:00~C.I.Project

12:00~タテタカコ

13:00~ソーラーライヴ&セミナー(川原茂雄さん『新作』など・・・)

16:00~GABBY

・主催:「原発のない北海道を」チカホ行動実行委員会

・協力:福島の子どもたちを守る会・北海道など

・問合せ:北海道民医連(tachibana@dominiren.gr.jp)

・1/24 新春平和学習会『沖縄の今と名護市長選後のこれから』~北海道が沖縄化する?~

・1/24 新春平和学習会『沖縄の今と名護市長選後のこれから』~北海道が沖縄化する?~

・2014,1,24(金)18:30~20:30

・札幌市教育文化会館4階 研修室403(札幌市中央区北1西13 地下鉄西11丁目駅徒歩3分)

・講師:前泊博盛さん(沖縄国際大学教授)

(まえどまり・ひろもり 琉球新報の記者時代に日米地位協定全文をスクープされました)

・参加費:500円

・主催:自由法曹団など

・連絡先:北海道平和委員会(011-737-7637)

Eメール hokkaido_heiwaiinkai@yahoo.co.jp

・2/11 第37回紀元節復活反対2.11道民集会

第37回紀元節復活反対2.11道民集会
日 時 2014年2月11日(火)10:00~12:00
     (開場9:30)         
会 場 さっぽろ芸術文化の館 3F「瑞雪の間」
    (札幌市中央区北1条西12丁目)
主 催 靖国神社国営化阻止道民連絡会議(略称:靖国共闘会議)
講 演 「99%の戦争支持・協力者と1%の戦争批判・抵抗者
    -国民はどのように戦争に熱狂したのか、
      戦争をどうして阻止できなかったのか-」  
 荻野 富士夫(おぎの ふじお)さん 小樽商科大学 教授
★チラシPDFへ

・1/18 「全道100万人署名」をがんばろう!さようなら原発北海道集会

「全道100万人署名」をがんばろう!さようなら原発北海道集会

日 時 2014年1月18日(土)15:00~17:00
会 場 かでる2.7 1Fかでるホール
    (札幌市中央区北2条西7丁目)
参加費 無料
主 催 「さよなら原発1000万人アクション北海道」実行委員会
内 容 ☆さようなら原発1000万人アクション北海道「呼びかけ人」発言
     ☆講演 慶応義塾大学 教授 金子 勝さん
     ☆「全道100万人署名」とりくみ提起
★チラシPDFへ

・1/5 「希望するすべての人に 放射能健康診断を!」取り組みに賛同してください!

「希望するすべての人に 放射能健康診断を!」

への署名協力に関するお知らせ

拡散、署名の集約等、宜しくお願いいたします。
次の署名締め切りは3月31日です。
震災から三周年の様々な集いで署名に取り組んでいただけましたら助かります。
http://hinan.jimdo.com/

【要求の趣旨】

福島県で「子ども43人に甲状腺ガンまたはその強い疑い」と、病変が多発する異常事態が公表されました。原発・放射能事故の恐怖の中で、国が繰り返した「直ちに健康に影響は出ない」の言葉を信じて耐えてきた人々の痛苦と後悔は、どんなに深く大きいでしょう。2011年3月15日、原発の2度目の大爆発で、放射能が東京を含む関東一帯を強く汚染しました。その時に避難した人も留まった人も被ばくし、また子どもを被ばくさせたことで自らを責め苦しむ人が、どんなに多いことでしょう。

放射能事故は加害者・国と東京電力による紛れもない人災、違法な公害事故です。しかし国は放射能による健康被害を認めず、福島県の小児甲状腺ガンは放射能のせいではないと言い張り、避難住民に汚染地帯への帰還を迫ります。いったいあと何人の被害者が出たら、国と東電は責任を認め、謝罪するのでしょうか。250ミリSvの放射線を浴びた原発事故の労働者や原発の放水作業の消防士らは、今どうしているでしょうか。国も東京電力も報道機関も真実を隠し、伝えません。

 チェルノブイリ事故は27年経つ今も避難区域外の住民に健康被害をもたらします。そして被災地では国の責任で健康診断が続けられています。福島原発は今も放射能を、空に海に放出し続けます。私たちも、日本中どこにいても、放射能被ばくから逃れられません。しかし希望者全員に放射能健診を、そして被害者に医療補償を実施し、病気の早期発見と治療で被害を防ぐことは可能です。

 私たちは被ばくした人々への、ふさわしい扱いを求めます。甲状腺ガンやその他の被曝の影響の見守りのため、血液や尿、心電図検査などを求めます。そして何より、私たち被曝した者をモルモットでなく、人間として扱うことを求めます。そのためには情報の開示と公開が不可欠です。

 もう国が動くのを待っては居られません。福島県近隣の市町村が独自に放射能健診を始めました

 私たちはこの事態に直面し、「希望する全ての人への放射能健康診断と医療補償の実施を求める署名」(どこでも誰でも放射能健診署名)の取り組みを呼びかけます。

 ぜひこの運動にご協力頂けますよう、お願い致します。

 目標は100万人です。

・1/27 市民自治を創る会・おしゃべりサロン「日本の過去清算を考えようシリーズ№15 私たちの歴史認識」

・1/27 市民自治を創る会・おしゃべりサロン「日本の過去清算を考えようシリーズ№15 私たちの歴史認識」

アジア太平洋戦争で、日本国民は多くの被害に会いました。

アジアの人たちにも多くの被害を与えました。

「ふたたび戦争はごめんだ、戦争をしてはならない」

それが私たちの共通の歴史認識ではなかったでしょうか。そして憲法が誕生しました。

憲法前文こそ私たちの歴史認識だと思います。

・・・・アジアの人々から、戦争被害、植民地支配について歴史認識の共有が求められています。・・・

日本はどうあるべきか、共通する歴史認識について、みなさんといっしょに考えたいと思います。申込み不要、ぜひ、ご参加ください。

・2014,1,27(月)18:30~20:30

・札幌エルプラザ4階 研修室2 (札幌駅北口正面)

・話題提供:小林久公さん(過去と現在を考えるネットワーク北海道 代表)

・参加費:500円(事前申込み不要)

・主催:市民自治を創る会 shiminzichi@gmail.com

Home > アーカイブ > 2014-01

キーワードで抽出する(タグ)
フィード
メタ情報

Return to page top