Home > アーカイブ > 2010-12

2010-12

12/9・札幌のペットたちは今

市民自治を創る会主催 ピース☆カフェ おしゃべりサロン

~札幌のペットたちは今~

今回のおしゃべりサロンは、今、札幌市内で「ドッグカフェながさき」を開いて活動されている長崎史明さんをお迎えして、愛すべきペットたちとパートナーとの良い関係…基本的なマナー…についてや、安易に飼い、そして捨てられる札幌のペット事情などについてもお聞きします。ぜひご参加ください。

●とき: 2010年12月9日(木) 18:30~20:30

●ところ: 札幌市民ホール 第4会議室(札幌市中央区北1西1 地下鉄大通31番出口)

●テーマ: 「札幌のペット事情」

●お話: 長崎史明さん(ドッグカフェながさき代表)

●参加費: 500円(申込み不要)

長崎 史明(ながさき・ふみあき)さんプロフィール
1954年6月28日生まれ。1977年~2002年の25年間を北海道盲導犬協会にて100頭以上の盲導犬を育成/元指導部長 イエストレーニング創始者。ドッグカフェながさき所在地 004-0805札幌市清田区里塚緑ヶ丘11丁目10-33

「ピース☆カフェおしゃべりサロン」は、平和・人権・自治・環境などの問題を、いろいろな方を迎えてお話を聞き、皆さんと考えます。不定期ですが、どなたでも参加できます。

●主催: 市民自治を創る会(代表 山口たか)
●問い合わせ: 011-214-0031(月・水・金 午後 ピース☆カフェ気付)

12/3・死刑と裁判員制度

いまあらためて裁判員制度を問う

死刑と裁判員制度 -北村肇講演会-

●とき: 12月3日(金) 18:30~21:00(開場18:10)
●ところ: 札幌エルプラザ4階大会議室(札幌市北区北8西3 札幌駅北口)
●講師: 北村肇さん(『週刊金曜日』発行人)
●資料代: 500円

昨年5月に裁判員制度が始まってから1年半。10月下旬、横浜で死刑求刑が予想される裁判員裁判が始まり、ついに市民が死刑判決にかかわる日がやってきます。検察や警察の不祥事が頻発しているなか、裁判員が市民感覚による多数決で死刑を言い渡すことが正しいことなのでしょうか。「死刑とは」「罪と罰とは」「市民感覚とは」「報道のあり方とは」。広告に依存しないジャーナリズム誌『週刊金曜日』の北村肇さんにお話をお伺いして一緒に考えましょう。

講師プロフィール

北村 肇(きたむら・はじめ)
1952年東京都生まれ。1974年毎日新聞社入社。社会部副部長、日本新聞労働組合連合委員長、『サンデー毎日』編集長、ブランド本部次長兼社長室委員を経て、2004年退社。同年より『週刊金曜日』編集長、2010年10月より現職。

Home > アーカイブ > 2010-12

キーワードで抽出する(タグ)
フィード
メタ情報

Return to page top