Home > 賛同要請

・3/7 生きさせろ!サヨナラ貧困倍増内閣。―雨宮処凛(作家)&池田賢太(弁護士)トークセッション

・3/7 生きさせろ!サヨナラ貧困倍増内閣。

―雨宮処凛(作家)&池田賢太(弁護士)トークセッション―

派遣法改悪で生涯派遣のまま?6人に1人が貧困って地獄でしょ。奨学金は学生ローン地獄・・・破産地獄へ。このままじゃ結婚もムリゲー。未来が見えない。だったら、どうする・・・どう動けばいい。

元祖いきづらさ作家雨宮処凛と憲法・法律困りごと橋渡し弁護士池田賢太と一緒に出口を探すイベントです。

ぜひご参加ください!(※野党統一候補達成になっているかも・・・乞うご期待!)

https://www.facebook.com/events/1018736184850938/

・とき:2016,3,7(月)18:30~21:00

・ところ:札幌エルプラザ4階大研修室(札幌駅北口正面)

・参加費:500円(学生無料)※申し込み不要

・主催:「週刊金曜日」札幌読者会(問合せ:090-6448-1646)

・1/16 「市民の風キックオフ集会」&「市民の会賛同人の集い」開催

・1/16 「市民の風キックオフ集会」&「市民の会賛同人の集い」開催

【日時】 1月16日(土) 18時~20時

【場所】 札幌市民ホール第2会議室 (中央区北大通り1丁目・NHK西隣)

【内容】

第一部 「戦争させない北海道をつくる市民の会」賛同人の集い

第二部 「市民の風」キックオフ集会

「市民の会」は、戦争させない・戦争法の廃止・立憲主義をとりもどすことを目的に11月に設立されました。この間賛同してくださる方目標1000名をめざし、きたるべき北海道衆議院5区補欠選挙を、野党統一候補を擁立して闘うことを直近の課題として、野党各党へのはたらきかけや市民候補としての池田まきさんへの立候補要請などを行ってきました。年内には賛同人1000名を超えました。本当にありがとうございます。

野党統一候補実現は道なかばではありますが、活動は次のステップへ進むことが求められている時期になりました。そこで、選挙、政治活動を担える組織としてあらたに「市民の風・北海道」を立ち上げることにいたしました。これは、公職選挙法にのっとった活動ができるよう、市民運動団体「市民の会」とは一線を画して、統一候補実現のために全力をあげることが目的の会です。ぜひご参加ください。

主催:「戦争させない北海道をつくる市民の会」呼びかけ人一同・「市民の風」準備会スタッフ一同

※連絡先 事務局 090-2070-4423

http://notwar-tsukurukai.org/

・12/5 オール沖縄が問いかけるものー平和の意味・沖縄の道のり

・12/5 オール沖縄が問いかけるものー平和の意味・沖縄の道のり

・日時:2015,12,5(土)18:00~20:30(開場17:30)

・会場:かでる2.7 820研修室 (札幌市中央区北2条西7丁目)

*ゲスト:仲里利信さん(衆議院議員)&糸数慶子さん(参議院議員)

・参加費:前売り1000円 当日1200円

・主催:「オール沖縄が問いかけるもの」実行委員会

・連絡先:さっぽろ自由学校「遊」(011-252-6752 syu@sapporoyu.org )

https://www.facebook.com/all.okinawa1205

7/25~8/22 放射能のない夏休みを~親子でサマーキャンプin札幌

  • 2011-07-08 (金)

7/25~8/22 放射能のない夏休みを~親子でサマーキャンプin札幌

主催:福島の子どもたちを守る会・北海道

2011、3、11の大震災に伴う

東京電力福島第一原子力発電所の大事故は

現在でも未だ収束のめがつかない状況で、

世界各地に放射性物質が拡がるなか、

福島や東北各地から北海道へ避難される方が

増えています。

3月末に福島から札幌に避難してきた

矢内幸子代表のもとには、

連日、福島の親たちから子どもの被曝を

心配する相談が寄せられています。

短期間ですが、夏休みの間だけでも

マスクを外して外遊びができたら・・・

現在、約13家族が来る予定です。

皆様のご支援をお願いします。

賛同:個人一口千円/団体一口3千円 (何口でも)

ゆうちょ振替口座名義 「市民自治を創る会」

口座番号  02760ー5-93231

通信欄に「福島の子ども」とお書きください。

お名前の公表 可・不可もお願いします。

福島の子どもたちを守る会・北海道

共同代表:矢内幸子

矢口以文(北星学園大学名誉教授)

泉かおり(北海道赤いリボンアフリカ支援の会)

事務局長 山口たか

FAX 011-214-0031

賛同:吉武輝子(作家) 広瀬隆(作家) 

西尾正道(北海道がんセンター院長)

猫塚義夫(医師)ほか多数のみなさま

6/30 谷田部裕子さんを囲んで~「東海村JCO事故、そして福島 今、私たちにできること」

  • 2011-06-27 (月)

6/30 谷田部裕子さんを囲んで~「東海村JCO事故、そして福島 今、私たちにできること」

・2011,6,30(木)18:00~20:00

・札幌エルプラザ 4F 研修室3

・参加費:500円

1999年9月30日に起きた茨城県

東海村JCO原発事故のとき、

屋内退避された、福島出身の谷田部裕子さんが札幌にいらっしゃいます。

今回の「福島」のことを語りながら全国を回られています。

福島から避難されてきた方々ともぜひ囲む会

をと・・・。

ぜひご参加ください。

この会の連絡先:090-2695-1937

6/26 講演&報告の夕べ~福島の子どもたちを放射能から守るために、今、私たちができること~

  • 2011-06-20 (月)

6/26 「講演&報告の夕べ~福島の子どもたちを放射能から守るために、今、私たちができること~」

原発事故による子どもたちの健康被害を考える

講演:西尾正道さん(北海道ガンセンター院長)

・6月26日(日)18時半から

・札幌エルプラザ 4F 中研修室

・参加費:500円(事前申し込み不要)

・共催:

福島の子どもたちを守る会・北海道/市民自治を創る会

東日本大震災市民支援ネットワーク・札幌「むすびば」

連絡先:090-2695-1937

~プログラム~

・ご挨拶:矢口以文さん(詩人・北海学園大学名誉教授)

・講演:西尾正道さん

・報告:福島から札幌へ避難して・北海道サマーキャンプのよびかけ

3/20 社会保障と税・共通番号制度

3・20 考えてみませんか?

「社会保障と税・共通番号制度」

「より正確な所得」がつかめるって、本当?

政府は「年金・社会保障」、税の不公平是正で

国民に共通番号を付け「写真付ICカード」を全員に持たせようとしています。

情報漏えいの危険性や費用対効果など疑問だらけです。

今回急遽東京から白石孝さんをお招きしてこの制度が

施行されたらどうなるのか、をお聞きします。

とき:3月20日(日)14:00~16:30 

場所:札幌市民ホール2F(第3会議室)

講師:白石孝(プライバシー・アクション代表)

資料代:300円

問合せ:プライバシーアクション・札幌(℡&FAX011-214-0031)

4/29・自由と生存の連帯メーデー in札幌2010

わたしたちはここにいる!!!
自由と生存の連帯メーデー in札幌2010

http://maydaysapporo2010.blog118.fc2.com/

2008年の「自由と生存の連帯メーデーin札幌」、2009年の「つながりひろがり、わたしたちは増殖する! 自由と生存の連帯メーデーin札幌 ‘09」に続き、今年も札幌でインディー系・プレカリアート系のメーデーを開催します!

競争、能率、利益優先の社会に疑問を感じたり、その中で孤立し社会の中での生きづらさや働きづらさを感じる人たち同士が繋がることによって、ぬくもりを感じたり、諦めていた人が立ち上がったり、我慢を強いられている人が声を出す力を手に入れる機会にしたいと思っています。

フリーター・派遣・非正規労働者・ホームレス・ニートなどのプレカリアートや障害者・セクシュアルマイノリティ・在日コリアン・ニューカマー・アイヌ民族などの社会的マイノリティーはもちろん、正社員も学生さんも誰でも気軽に参加できます♪
●開催日:2010年4月29日(木曜日)
●開催場所:大通公園西6丁目広場
11:00 大通6丁目コモンズ広場 OPEN
ステージライブ、パフォーマンス、バックミュージックつきアピールタイム、自分たちのブース
14:15 サウンドデモ START
フリートーク
18:00 アフターパーティー

自由と生存の連帯メーデーin札幌2010実行委員会
問合せ先:〒003-0021 札幌市白石区栄通2丁目11-13 札幌働く人の家(鳥居)
TEL/FAX 011-859-2567
E-Mali maydaysapporo2010@gmail.com

◎賛同人・賛同団体
メーデーを成功させるため、多くの方の賛同を心よりお願い申しあげます。
個人:1口1,000円 団体:1口3,000円
郵便振替:02720-8-84725
口座名義:自由と生存の連帯メーデーin札幌実行委員会
※通信欄に個人/団体のお名前、所属など(無くても結構です)、氏名公表の可否、連絡先、賛同金の口数をご記入ください。

賛同人・賛同団体はこちらをご覧ください。

◎実行委員募集中
自由と生存の連帯メーデーin札幌2010実行委員会では一緒にメーデーを運営してくださる方を募集しております。
メーデーの趣旨に賛同してくださる方であれば年齢・性別関係なくどなたでも参加できます。
お問い合わせはmaydaysapporo2010@gmail.comまたは011-859-2567まで。

◎ブース出展者・アピール出演者
募集要項はこちらをご参考下さい。
※ステージ出演者につきましては一旦募集を締め切らせて頂きましたが欠員が出次第ブログで再度募集の呼び掛けを致します。御了承下さい。

◎メッセージ募集
注意事項をご確認の上maydaysapporo2010@gmail.comまで送信して下さい。
メッセージは随時ブログに掲載したり当日のパンフレットに掲載したり致します。

注意事項
1 メーデーの趣旨に関係の無い宣伝や主張は御遠慮下さい(メッセージの公表を致しません)。
2 特定団体、個人を批判する内容のものにつきましてはこちらの判断で名前を変更して公表する場合が
ございます。御了承下さい。

●賛同メッセージ募集!!
札幌メーデーへ連帯メッセージを送ってみませんか?
氏名(ハンドルネーム可)または団体名と賛同メッセージをご記入下さい。

●ブース出展者またはステージ・アピール出演者からのメッセージ
ブース出展者名またはステージ・アピール出演者名と紹介を兼ねてのメッセージをお願い致します。

●皆様の声
あなたを取り巻いている労働環境についてや、社会での生きづらさあるいは社会に対する疑問等を
語ってみませんか?
この生きづらい社会で生きている皆様への応援・励ましあいのメッセージも大歓迎です。弱音もどうぞ。
メーデーに当日参加できない方でも自分のおかれている現状や主張、当メーデーへの感想など
あなたの声を送ってみませんか?
以下の項目をご記入下さい
・メッセージ(1人300字程度まで)
・氏名(ハンドルネーム・匿名可)
・年齢(任意)
・住所(都道府県・市町村まで。任意)
・職業(任意)

4/11・北海道フォーラム~歴史をふまえ、東アジアに真の和解を

― 歴史をふまえ、東アジアに真の和解を ―

強制連行・強制労働犠牲者を考える
第 8  回  北 海  道  フ ォ ー ラ ム
2010年韓国併合100年をむかえて

■ 第3次浅?野遺骨発掘計画 ー 5月連休に実施
■ 和解の出会い ー 韓国より、別院遺骨5人のご遺族を招いて

基調講演  「韓国併合」100年と強制連行・NHk「坂の上の雲」
講   師   中 塚 明
1929年大阪生まれ、京都大卒(日本近現代史)、

奈良女子大名誉教授
近代東アジア、日朝関係史研究の第1人者として、近代日本の朝鮮観を覆す視点を切
り開いて来た。近著に「司馬遼太郎の史観」「これだけは知っておきたい日本と韓国・
朝鮮の歴史」「現代日本の歴史認識」(以上高文研)

■ 日 時  4月11日(日)14:00~
■ 会 場  本願寺札幌別院・本堂
( 札幌市中央区北3条西19丁目2-1 )

■ 参 加 費  1,000円(高校生以下無料)

フォーラム終了後引き続き講師・遺族を囲んで交流懇親会
会費 一般2,000円 学生1,000円

※ 主催 強制連行・強制労働犠牲者を考える北海道フォーラム
連絡先事務局 011-571-5876 堀口方 hkdforum@gmail.com
皆様の参加をお待ちしています

尚、遺骨発掘支援カンパを受け付けています

郵便振替口座 02720-7-93985
口座名 強制連行強制労働犠牲者・北海道フォーラム

☆皆様のあたたかい、支援をお待ちしています☆

3/3まで・「高校無償化」制度の朝鮮学校( 高級部)への適用を求める要請書

みなさまへ
以下の要請書を政府に提出します。ぜひ賛同してください。賛同は、個人でも団体でもかまいません。賛同の方は、3月3日午前7時までに、koshida@jca.apc.org あるいはFAX 011-596-3683 まで返信ください。また、お知り合いの方にもお知らせください。こんな理不尽なことを見過ごすわけにはいきません。越田

「高校無償化」制度の朝鮮学校( 高級部)への適用を求める要請書
2010年3月3日

内閣総理大臣 鳩山由紀夫様
文部科学大臣 川端達夫様

鳩山首相が、衆議院で審議されている高校無償化法案に関連して、在日朝鮮人の通う朝鮮学校を無償化の対象から外す方向で調整していることを明らかにし、その理由を「朝鮮学校がどういうことを教えているのか指導内容が必ずしも見えない」と述べたという記事(北海道新聞、2010年2月26日)を、私たちは読みました。
 私たち、教育問題や国際協力、差別問題などに関心をもつ市民は、この発言に驚いています。私たちは鳩山首相に対して。朝鮮学校も高校無償化の対象に含めるよう再考することを強く求めます。また川端文科相に対して、朝鮮学校を対象にしていた方針を変更することなく進めることを要請します。
朝鮮学校だけを、無償化の対象から外すことに合理的な根拠はありません。朝鮮学校は、各都道府県が各種学校として認定し、公立・私立大学の半数以上が独自の判断で受験資格を認めてきた学校です。国立大学で初めて受験資格を認めた京都大学は、朝鮮学校の授業や教科書を検討し「高校」と差がないことを確認しています(朝日新聞、2002年9月13日)。
この事実をみれば、朝鮮学校が「日本の高校に類する教育課程」をもつ学校を対象とするという文部省の方針に合致していることは明らかです。また「教育の機会均等」や「教育の国際化」という文部科学省の方針からしても、朝鮮学校だけを排除することはできないはずです。
朝鮮学校を学校教育基本法第1条の学校として認可しないというこれまでの文部科学省の方針に対しては、日本政府が批准(または加入)している国際人権諸条約の委員会から、これを民族差別とする「懸念と勧告」が何度も出されています。とくに社会権規約委員会は「朝鮮学校のようなマイノリティの学校がたとえ国の教育カリキュラムを遵守している場合でも正式に認可されておらず、したがって中央政府の補助金を受け取ることも、大学入学試験の受験資格を与えることもできない事について、懸念する」(2001年8月31日)と強い勧告を出しています。
もし、高校無償化から朝鮮学校をはずすことになれば、これまでの差別をさらに広げることにつながります。それは「友愛」を掲げる鳩山政権の本意に反することではないでしょうか。
私たちは、朝鮮学校を高校無償化から除外しないことを求めます。

呼びかけ人 林 炳澤、黒田秀之、越田清和、小林久公、高橋 一、高橋芳恵、七尾寿子、花崎皋平、秀嶋ゆかり、細谷洋子、堀口 晃、三澤恵子、宮内泰介、山口たか

ホーム > 賛同要請

キーワードで抽出する(タグ)
フィード
メタ情報

Return to page top